HAYASHI-NO-KO

唐松岳からの五竜岳

ヒュウガミズキ(日向水木 イヨミズキ・伊予水木)

2021-01-23 | 木本 冬芽・葉痕

小さな花だから余り好まれないのだろうか。
トサミズキとの比較で色々と語られるようだけれど。






















ヒュウガミズキ(日向水木)
マンサク科トサミズキ属 Corylopsis pauciflora
(2021.01.20 須磨離宮公園)
長年の謎 自生地(最初の発見地は京都)はやはり四国だという。
日向(今の宮崎県)での自生は後年見つかっただけのことで、名前の日向水木とは切り離されて考えるべきだと言われる。
もう一つの、水木。植物学的にはマンサク科に分類されているのにミズキの名前がつくけれど、これは未だに謎のままだ。

 
▲ 左がトサミズキの花 右がヒュウガミズキの花。 ▲
--------------------------------------------------------------
ヒュウガミズキ 冬芽・果実殻 果実 トサミズキ(土佐水木) 果実 冬芽 シナミズキ(支那水木)
 トサミズキ(土佐水木)ヒュウガミズキ(日向水木)  


コメント   この記事についてブログを書く
« ヒメシャラ(姫沙羅) | トップ | ノアザミ(野薊) »

コメントを投稿

木本 冬芽・葉痕」カテゴリの最新記事