HAYASHI-NO-KO

唐松岳からの五竜岳

ヒメシャラ(姫沙羅)

2021-01-23 | 【独り言】

ナツツバキをシャラノキと呼ぶ、その小型版なのでヒメシャラ。
平家物語には「沙羅の木」の名前は出てくるけれど、シャラノキは出てこない。
読み方が違うだけで「サラノキ」でも「シャラノキ」でも同じことだろうけれど
ナツツバキの花が平家物語に登場している筈も無い。
仏教の聖樹・娑羅樹(さらのき)が日本には育たないのでこの木が「代用」されている。
何でもありだから、何でも良いのだろう。
中には植物学的な話にはロマンがない…などと一蹴される御仁もいらっしゃるのだが
ヘクソカズラに雅名を付ける事をロマンだという輩もいる。




























(2020.11.21 須磨離宮公園)

秋に撮った頃はまだ葉が残っていた。
冬になって葉はすっかり散り敷いている。










ヒメシャラ(姫沙羅)
 ツバキ科ナツツバキ属 Stewartia monadelpha
(2021.01.06 須磨離宮公園)

 
 ▲ ヒメシャラの花  ナツツバキの花 ▲
--------------------------------------------------------------
ヒメシャラ コウライシャラ  冬芽 大昔のナツツバキ
ヒメシャラ・冬芽 ヒメシャラ(姫沙羅)の冬芽


コメント   この記事についてブログを書く
« フラサバソウ(ツタバイヌノ... | トップ | ヒュウガミズキ(日向水木 ... »

コメントを投稿

【独り言】」カテゴリの最新記事