けい先生のつぼにくる話

はりきゅう漢方の先生が教えてくれる健康に関する話

2019 大東流合気柔術米国セミナー用、基本術理の解説(日本語版)

2019-02-10 10:25:28 | 武術、大東流合気柔術、圓功禅拳


一般的な武術の多くは、膂力、いわゆるアームパワーを中心とした強い筋力と、スピードとタイミングを最大限に活用することによって勝者となることができます。

これは、腕っ節の強い者、スピードの速い者、体の大きい者が勝者となります。強いものが必ず勝つということです。
しかし、これでは、力の弱い者、若くないもの、体の小さい者はたまたまタイミングが合ったラッキーパンチでしか、勝つことができません。勝つどころか、自己防衛もできていないのが現状です。

しかし、本当の武術の世界においては、老人や体の小さいものでも、達人といわれる人たちがいることも事実です。

残念ながら、そういう人たちの体得したものは秘伝とされるか、あるいはその理合を教えることに不慣れな天才だけがその技に到達したために、いつしか、その真髄が伝わらずに失伝してしまいました。

現在、多くのアジアの武術は、基礎の稽古は簡単に終わらせ、そのあとは少しばかり型の稽古をして、そのまますぐにスパーリングに入ります。人の体に本来備わっている、素晴らしい可能性に気付くことなく、ほぼいきなりスパーリングを始めてしまうことで、いつの間にか力とスピード重視に堕してしまっています
古来の型の中には、多くの重要な秘伝が隠されていることに気付く人は少ないのが現状です。

日本伝大東流合気柔術では、ほかの武術と同じく、固め技、投げ技、打撃系技術が存在します。
しかし、それらの型や、技を習得するための大事な身体操作の稽古を徹底的に行います。
この身体操作の稽古を充実させることによって、力の大小、スピードの有無、体格の大小などに左右されない技を使いこなす体が出来上がります。

「手の内」「表層筋群」「深層筋群」を微妙に使い分ける稽古から始まります。
これに、相手と自分の体の各所に存在する重心の制御と、軸のコントロールに心法を加えることにより、武術的な身体操作が可能となります。

1.手の内:ぐい飲みの手の稽古に始まり、指と手首は極力やわらかく保ち、手掌部に張り付くように存在する、手掌腱膜を使ってつかまれた腕や手首を通して相手を制圧したり、この手掌腱膜の動きを相手の体に浸透させて、打撃を加えたりします。

2.表層筋群:主に僧帽筋、菱形筋、胸筋、前鋸筋、腹筋、広背筋及びそれに連なる腱や靭帯を使って、腕や肘の筋肉を使わずに、相手に影響を与えます。

3.深層筋群:とくに腸腰筋群といわれるところの、腸骨筋と大腰筋及びそれに連なる腱や靭帯を指します。
これらは主にお辞儀をするときに使われる筋肉群です。お辞儀をしようとしながら、あえてお辞儀をしないことによって発生するちからを、上記の表層筋群のどれかに乗せて、手の内とリンクさせて相手を制圧するのに使います。

ここで気がつくことは、腕のチカラ、いわゆる膂力というものが入っていません。
実は、腕の筋肉は全くといえるほど使いません。むしろ腕っぷしといわれるところの腕、肘、手首のチカラを使ってしまうと、上記の1.2.3.を合わせてできるパワーが止められてしまって、要をなさなくなってしまうのです。

人は格闘技をするときに、相手も同じ人間という動物同士ことで、相手が腕の力で組み付いて来たり、打撃を加えてきたときには、こちらも腕の力でこれを防御することになります。反対の場合もそうで、こちらの動きは同じ人間の腕同士である限り、読まれてしまいます。
すると、どうしても、チカラが強い方、スピードが速い方、体が大きい方が必ず勝つことになります。

しかし、1.2.3.を合わせてできる筋肉群の力は強大なもので、相手の腕一本分のチカラではどれほど鍛え上げていても、これらの合力にはかないません。

腕全体の力を全く放棄して、その腕を体からのパワーを伝えるだけのパイプとしてだけに使い、
柔らかい手首のまま手掌腱膜をつかって、相手とうまく繋がっておいて、1.2.3.を合わせてできるパワーを使うと、一見同じ動きであっても、こちらの腕の力が抜けているために、出所のわからない異常に強い読めない力として、相手に認識されるわけです。

出所のわからない、異常なパワーを感じると、ヒトは、防御反応で固まる、あるいは防御反応すら放棄して、チカラが抜けてしまうという現象が起きてしまいます。
結果的に、
1.自分の体の一部が術者にくっついてしまって取れなって、きりきりと踊らされたように振り回されてしまう。
2.指一本で吹っ飛ばされる。
3.手先からおなかの中まで、ずっしんと響くような衝動が走って動けなくなる。

この時、術をかけている方は、ふわふわと相手をなでる程度しか力感はありません。

相手とうまく繋がって、こちらのエネルギーを十分に伝えるためには、相手の腕をぎゅっと握りしめたり、拳を固く握ってしまっては、そこ で伝達が止ってしまいます。

まずは、手の内を使いこなせること、そして表層筋群を使いこなせること、最後に深層筋群が使えるようになることが、日本伝大東流合気柔術の大切な基礎となります。

© 2017Makoto Okamoto/Kei Kurotani
コメント

The basic theory of The Daitoryu Aiki Jujutsu (Seminar date Mar.1st-3rd in San Mateo)

2019-02-06 12:30:15 | 武術、大東流合気柔術、圓功禅拳


© 2019Makoto Okamoto/Kei Kurotani/Aya Matsuba

The basic theory of the Nihonden Daitoryu Aiki Jujutsu.

There are many people who practice martial arts and rely mostly on strength and speed.

Those who utilize the techniques to the maximum usually become the winner or come out on top.

That means, an individual who is young, has a strong arm, a quicker speed, a large body person, etc…becomes advantageous. It also means that a strong individual who possesses these characteristics usually would prevail.

A person who does not possess these qualities may win through sheer luck.

However, in the true world of martial arts, it is a fact that there are people who are said to be masters even those who are physically small, or those who are old in age.

Unfortunately, their skills which are acquired through decades of experiences, are considered to be a secret. Or, they have been lost, and mistranslated by an individual who misunderstood the true theory of martial arts.

In many Asian martial arts schools, the classes are comprised of learning ‘kata’ (forms) and then these forms are used during sparring sessions. Perhaps, many do not understand the meaning of ‘kata’, so they depend on their muscle power and speed.

Only few people grasp the importance and meaning of the traditional ‘kata’.

In Daitoryu, there is the locking technique, the throwing technique, and the striking technique, same as in other martial arts.

However, we should first practice and understand the basics before applying the appropriate techniques and ‘kata’.

What are our basics? This means practicing body manipulation.

Once we understand body manipulation, we can attain a skill level which cannot be influenced by speed, power, or even having a larger muscle size.


Our basic ‘keiko’ (lesson) begins with delicately using the following the parts of our body.

1.Tenouchi (aponeurosis palmaris/Dendons in a palm)
2.Outer layer muscle group
3.Inner layer muscle group

In addition, learning the control of the centroid and axis of each part of our body and psychological approach, enables the physical operation of our practice.

Details about above 1.2.3.

1.Tenouchi (aponeurosis palmaris/Dendons in a palm)
Use Guinomi-no-te (Sake cup hand: details per the seminar day.) To keep the wrist and fingers as soft of possible. At the same time we use the tendons in the palm to link with the opponent. Then we can attack or gain control without it being sensed by the opponent.

2.Outer layer muscle group (trapezius muscle, rhomboideus m., pectoral m., serratus anterior m., abdominal m., latissimus dorsi m.)
We mainly use these 6 muscles to affect the opponent without arm power.


3.Inner layer muscle group (So called Iliopsoas muscle group: Iliac muscle and psoas major muscle)

These are the muscles we use for bowing. we use this force when we are about to bow or when we stop bowing. We allow this force to connect to those- one or more- of the outer layer muscle group, then we link to the ‘Tenouchi’ to affect the opponent.

We then realize that we used zero arm power.
This means, in Daitoryu, we do not use any arm power.
If we use the power of the arms, elbows, or wrists, the resultant force of above 1.2.3. can be stopped by the strength of another arm.

In a physical confrontation, we mainly use our own arm power to attack and defend.

Therefore, as long as we use and rely on muscle strength, we can read and guess the opponent’s movement. Then, no matter if the individual has stronger power, faster speed, or a larger body, he/she will invariably be the winner.

However, the resulting force of the muscle group above 1.2.3. is beyond strength.
The arm power, even with very strong muscles, has no way to match the resultant force of them.

Abandon the arm power all together, and instead, use it as an antennae which transmits the force from the body, and keep the wrist soft and flexible, using the tendons in the palm to link with the opponent. Then, use the above resultant force 1.2.3.

Using this kind of force without any arm power, may appear to the eye as the same movement. When an individual feels this abnormal force, he/she will not be able to understand its source, and the opponent’s whole body will stiffen due to their protective reaction.

As a result, such a phenomenon will occur:

1. A part of the opponent’s body will latch to the person’s hand and his/her full body power will fall under the person’s control.
2. The opponent will be thrown back by one single finger .
3. The opponent will feel the strange force from the hand deep inside his/her body and become immobile.

When we use these techniques, we do not have the feeling of transferring power to the opponent. In Daitoryu, this is called Aiki-force and Jujitu-force.

We link energy with the opponent, and transfer our internal force to him/her. When doing so, we should not grip strongly onto the opponent’s arm, or make a strong fist. In doing so, the internal force will be halted at the fist and the invisible force will not occur.

Once you’ve mastered the above body manipulation, it can be applied to any type of martial arts.

Related Videos:
https://www.youtube.com/results?search_query=daitoryu+makoto+okamoto

© 2019Makoto Okamoto/Kei Kurotani/Aya Matsuba

About the seminar, Please contact;
Kei Kurotani, Ph.D
650-697-3123
japanesemedicine@gmail.com
コメント

[The next Daitoryu seminar will be in Mar. 1st -3rd 2019] (video no.60)

2019-02-03 08:56:14 | 武術、大東流合気柔術、圓功禅拳
[The next seminar will be in Mar. 1st -3rd 2019]Nihonden Daitoryu Seminar 2018 Feb 10th-60


2019 Daitoryu Aiki Jujutsu Seminar
大東流合気柔術

Makoto Okamoto-shihan is honored to introduce to the US, the deep secrets of
the ancient Japanese martial arts. When the theory behind the art form is
understood, the techniques become easier to comprehend. And if practiced
properly, one can also master it.
Every martial art is one truth. If you grasp this concept, you can apply it to any
martial art, healing art, and other art forms.
The purpose of this seminar is to shift your understanding of the fundamental law
of martial arts. I hope you will join us as we unveil the mystery of these far
eastern disciplines.

Seeing is believing . Please go to Youtube and watch “Daitoryu Makoto Okamoto”
or email me japanesemedicine@gmail.com and send you a handout of the basic
theory of the Daitoryu.

Seminar date: March 1st (Fri), 2nd (Sat), 3rd (Sun) 11am – 5pm
Location: World Oyama Karate San Mateo Dojo
719 South B Street (At 9th Ave.) San Mateo, CA 94401
Fee: $100 each day

You are welcome to attend a single day, two days, or all three days. Of course
the more days you attend, the more valuable information you will gain.
you can join anytime
We kindly ask that you are fully engaged during the lecture and you do not take
video. We will have our staff taking video of the seminar.

Kei Kurotani, Ph.D
650-697-3123
japanesemedicine@gmail.com

コメント

なんかすごい本が出てきたぞ 96年も前の本だ!

2019-01-16 19:50:37 | 易経、東洋哲学

こんな本が出てきました。奥秘観相霊妙の巻(全)。

15年ほど前ですが、ある日系の方が、「うちの書庫にあったんだが、ずいぶん昔にもらったものなんだ。わしも読まないと思うから先生にあげるよ。」といっていただいたご本です。
忙しさにかまけてそのまましまい込んでいた本が、たまたま出てきました。


東京帝国人相学院発行とあります。。


大正12年発行の初版本です。96年前の和綴じの書籍です。定価金二十五銭と書いてあります。
著者は目黒玄龍子。
ググってみると大正から昭和初期にかけて活動された観相学史上の巨星とのことです。
http://souryuanzuisou.blog.fc2.com/blog-entry-135.html

なんか、すごく価値のある書籍なのかもしれませんね。

日本の東洋医学校は鍼灸学校も漢方医学の講習でも、きちんと西洋的な解剖学、生理学、病理学を毎日の授業で学ぶのですが、おなじく東洋的な考えを身に着けるために、運命学、易学、観相学を学び、東洋的な身体操作を学ぶために、武術や舞踊を経験することが奨励されております。特に易学は易経哲学として、正規の科目となっている学校が多いのです。
易学は陰陽の考えを最初に述べた最古の書籍であり、観相学はのちに東洋医学の診断学へと発展した学問であります。


東洋医学的には、目、舌、口、鼻、耳がそれぞれ、東洋的な意味合いでの肝、心、脾、肺、腎の五臓と関連があるとして、お顔を拝見いたします。


これは眼ですね。東洋医学的な意味合いでの「肝」と関連があります。ざっくりと言いますと足の親指からずっと上まで行って、眼に開いて、その一部は頭頂部に至る経絡を含めた概念です。
そこまでの組織や内臓である、肝、胆、そして怒る、完璧主義的な考えなどの情動も含まれます。


これは耳。東洋医学的な意味合いでの「腎」と関連があります。こちらは足の小指の下から始まって、脚の裏をとおって、ずっと上の喉まで行って、一部は耳に開いている経絡を含みます。そして、腎、膀胱などの臓器にも連なり、恐れる、細かく気にするなどの情動も含まれます。

これまでの東洋医学の書籍の内容と比べながら、この書籍を読み込んでみようかと思います。
いろいろ新しい発見がありまそうです。
コメント

謹賀新年

2019-01-01 19:58:40 | 雑記


昨年中は大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

皆様のご健康とお幸せを願っております。

コメント

日本国紀 これは素晴らしい本だ!こういう歴史教育を受けたかったなあ。。

2018-12-30 21:48:40 | 國を思う


虎ノ門ニュースを観ていて、この本をどうしても読んでみたくなりました、予約購入をして、発売と同時に日本の親戚から郵送してもらいました。
多忙に任せてまだ読み終わっていないのですが、読み進めるほどに「ああ日本人に生まれてよかったなあ。私もこんな人物たちの生き方に少しでも近づきたいものだ。。」と思える書籍であります。

正直に言いまして、自分は日本人として胸を張れていない時期というのがありました。特に30代前半くらいまではそうでした。ちなみに来月57歳になります。。

たまたま縁あって、小学生の頃から友人の台湾系華僑のご両親(日本が大好きな日本教育時代の方)や親の知人で満州国で特務機関に身をささげていた人物(川島芳子に社交ダンスや諜報の所作を教わった。ある時は京劇団の団長として中国人に化けて中国全土を回って興行をしながら諜報活動をしていた。)などに薫陶を受けていたので、「日本人はなにも人に嫌われるようなことはしていない。みんなに好かれている民族です。安心してアジア諸国の人と付き合えばいいのです。」とは言われてきました。

しかし、当時の日本の学校の歴史や公民の時間の授業や、大学や就職の時の面接の際は、日本人であることを恥じるような記事が満載された朝日新聞の天声人語や社説を熟読するように言われておりました。なので、どうしても変な後ろめたさを感じたり、「だから日本はだめなんだ。ああ恥ずかしい。。」と思ってしまう自分がいたのも確かです。。ああ恥ずかしい。。

その後たまたま、そのようなバカげた自虐的歴史観の呪縛から解き放たれたものの、きちっと人に説明できるほどの知識や教養がついてきていなかったというのが本音です。
来年からは、この本とその副読本をもとに、もう一度、我らが日本国の歴史と、日本のために貢献した人たちの生き様を学びなおしてみたいと思います。

アマゾンで発売前から予約購入をいたしました。
「日本国紀」

この副読本は、アマゾンの海外発送サービスで予約購入しました。送料が思ったよりずっと安いので驚きました。ほかの書籍と一緒に買うと送料がもっとお得になりました。28日発売なので、もうこちらに向かっていることでしょう。
「日本国紀の副読本」
コメント (2)

そば殻のまくらを買ったぞ。

2018-12-26 10:52:56 | 雑記

以前はこちらにあるいくつかの日系のマーケットで、そば殻のまくらをうっていたのですが、今はどこにもありません。
アマゾンで探してみると、ありましたありました!


少し平たいかなと思いましたが、まくらカバーを使って厚みをつけると、たいへん使い心地の良いまくらでした。


詰め替え用そば殻も売っていました。

https://www.amazon.com/gp/product/B007MI23L2/ref=oh_aui_detailpage_o01_s01?ie=UTF8&psc=1

快適な睡眠も大事なQOL(Quality of Life)の一つですね。
コメント

ステーキを作りました。

2018-12-24 22:59:29 | 料理をつくる

これはおいしかったです。
このソースが絶品で、あとでうす味に仕上げたチキンソテーでたべても大変おいしくいただけました。。

これを観て作りました。
https://www.youtube.com/watch?v=po2frNT9sOo&t=303s


近くのTreader Joeで肉を買いました。


安いです。400gぐらいありますね。


焼き過ぎないようにそ~~っと焼きます。


これでいいかな。


すりおろした玉ねぎとリンゴが入ったソースです。これがおいしい。まちがいない!

コメント

嗅覚(きゅうかく)と臭気(しゅうき)、字を混同している方が多いみたいです。

2018-12-05 21:20:57 | 雑記


「嗅」と「臭」
ある偉い米国での医療関連の博士号を持つ日本人の先生が、いつも嗅覚のことを「しゅうかく、しゅうかく」と発音なさいます。
でも、あれはやはり「きゅうかく」なのであります。
70代の偉い先生なので、とても「きゅうかく、、、ではないでしょうか。。」と言いにくくて、、でも言いたくて、、

自分でもちゃんと調べてみると、においを感じる感覚は「嗅覚 きゅうかく」(口片有りで下は犬、シュウカクとは発音しない)
臭いは口片がなくて、下は犬ではなく大でシユウと発音する。だから、消臭剤や加齢臭は共にシユウと発音する。

ずいぶん前にも載せましたが、鼻腔は解剖学的には(びくう)であります。しかし文学的には慣習的に(びこう)と発音してよろしいし、そう発音する場合が多いようです。
「サンマを焼く馥郁とした香りが、鼻腔(びこう)を刺激した」と浅田次郎氏の小説にも出ておりました。
医学的には鼻腔は(びくう)であって、(びこう)ではありません。だから、副鼻腔炎(ふくびくうえん)、腹腔鏡(ふくくうきょう)であります。ビコウと発音してしまうと鼻のあなを指す鼻孔(びこう)となります。

あ~~すっきりした。
しかし、どうでもよいことにこだわってしまう、めんどくさい性格ですね。わたしは、、、
コメント

かつサンドがたべたい! いきなり作ってしまいました。

2018-11-29 09:11:18 | 料理をつくる

この動画を観ていたら、どうしても作りたくなってしまいました。
https://www.youtube.com/watch?v=9b-Qkw4lXUo


すぐにできました。


この赤ワインソースが決め手です。ハムサンドにかけてみても十分いけました。


とんかつはとんかつで大変おいしゅうございました。
肉はサンマテオのスルキさんで買いました。あそこは肉も魚もよいものを置いてますね。

コメント