けい先生のつぼにくる話

はりきゅう漢方の先生が教えてくれる健康に関する話

豚肉とれんこんの甘辛炒め【作り置き】

2018-01-31 20:26:43 | 料理をつくる



いろいろあって、薄切りにしたレンコンをたくさんもらってしまいました。
なんでも、こちらのアジア系の仕出し屋さんに手違いがあって、レンコンを切りすぎてしまって、もらってくださいということになったのです。

傷んでしまう前に何とかしなければ。。。
残念ながらこれまでお世話になっている動画の「無駄無しまかない道場」では、わたしでもパット靴れそうな動画が上がっていませんでした。

そこで、この動画に倣って作ってみたのです。
https://www.youtube.com/watch?v=hTpmgy4HRY8

レンコンを扱うのは初めてだったのですが、何とかうまくいきました。
頂いたのは薄切りだったので、次回は自分で買ってきて厚切りにして作ってみようと思います。

楽しくておいしかった!









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Stonesetown mall裏手のレトロな映画館。

2018-01-24 16:19:08 | 映画大好きなんです

ストーンズタウンモールの裏手の静かな場所にある映画館です。
たしか、20年近く前に渡米したての頃に、大家さんに連れてきてもらったことを思い出しました。


劇場は二つしかなくて、映画も2本しかかかっていません。
THREE BILLBOARDS OUTSIDE EBBING, MISSOURI を観てきました。会話が多くて聞き取るのが難しい映画でしたが、とても面白い内容でした。

https://www.youtube.com/watch?v=Jit3YhGx5pU
本当に古ぼけた感じです。


確かこういう映画館を、ニッケルオデオンというと聞いたことがあります。
70年代くらいに米国の小さな町によく見かけられたとても小規模な映画館で、お菓子も、ゲームがあったりして、町の小さな社交場になっていたそうです。


このレトロな感じが大好きです。

聞くところによると、この映画館は、あと2年ほどでなくなってしまうそうです。寂しいですね。
このストーンズタウンモールのMacysデパートが閉店となり、そのあとに、ここと同じ系列の映画館ができるのだそうです。劇場が32個(劇場を数える単位がわからない、、、)もあって、サンフランシスコでも有数の大映画館となるそうです。

しかし、サンフランシスコ市内には、まだいくつかの小規模映画館が生き残っています。
これは Clement st.のチャイナタウンにある映画館です。15年くらい前に行ったことがありますが、全然変っていませんね。

Four Star Theatre
https://www.yelp.com/biz/four-star-theatre-san-francisco

こんな映画館もありました。
https://www.yelp.com/biz/roxie-theater-san-francisco?osq=The+Best+10+Cinema+near+Castro%2C+San+Francisco%2C+CA




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラッキーおやじのアンソニー、、ちょっと狂気あり。。

2018-01-23 16:48:53 | 雑記

この人はアンソニー、、自称ビックミュージシャン。BART地下鉄のMontgomery駅の階段でキーボードを弾いているおじさんです。


ずいぶん前にサンフランシスコ市内のユニオンスクエアのあたりで開業をしていた時に、移民局に行ったり、関連弁護士に会いに行ったりしたときによく見かけたおじさんです。なんか気が弱そうで憎めない男でした。


だからサンフランシスコで大事な用事があるときには、道すがらこのおじさんに声をかけると、人がよさそうな感じでとてもリラックスできたものです。
だから、「アンソニーはラッキーガイだね。覚えてるかい。またキーボードを弾いておくれよ。」とおねがいしたものです。
今回は、ずいぶん久しぶりなので、残念ながら私のことは覚えていないようでした。


98年にやってきて、アメリカで鍼灸漢方医の免許を取り直して、この町で開業したときのことを思い増します。夢いっぱいでしたね。


天気の良い昼下がりでした。


そして後日、日本領事館に行く途中に、またアンソニーに会いに行ってみました。すると様子が違います。
「おやあ~~このメガネは何だい?」と触ってきました。


「ところでさあ、あんた視覚障碍者だったんじゃねーの?」といったら、「あ!忘れてた。。。ファーーック!」だって。


なんか逆切れしだしましたが、しばらく相手をしてやりました。この日はドラックやってるみたいですね。目つきがかなりやばいです。。上の写真のぼくとつな感じから野獣の目つきになってますね。「薬をやめますか、人間やめますか?」ってか。。


これは、同じ黒眼鏡ネタを使う中華街のおじさんの過去記事です。
http://blog.goo.ne.jp/keisclinic/e/0c25c8762b1fc9f5d6d236f565ead712

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Daitoryu Aiki Jujutsu Seminar 2018, Feb. 9th~11th San Mateo, California. After 2 weeks!

2018-01-02 15:27:16 | 武術、大東流合気柔術、圓功禅拳





大東流合気柔術

Makoto Okamoto-shihan would like to introduce the mysterious secrets of the ancient Japanese martial arts to the people in the U.S.
Once you understand the theory behind the art form, the techniques can be understood by anyone. And if you practice properly, you can also acquire it.
Every martial art is one truth. If you grasp this essence, you can apply it to any martial art, healing art, etc.
The purpose of this seminar is to shift your understanding of the fundamental law of martial arts.  I hope you are able to join our seminar!             

Seeing is believing , Please go to Youtube and put “Daitoryu Makoto Okamoto
or email me japanesemedicine@gmail.com and send you the abstract.

Seminar date: 11am – 5pm, Feb. 9th(Fri), 10th(Sat), 11th(Sun)
Location: World Oyama Karate San Mateo Dojo
719 South B Street (At 9th Ave.) San Mateo, CA 94401
Fee: $90 for 1 day, $160 for 2days, $200 for 3days
Please contact us for your registration.


Kei Kurotani, Ph.D
650-697-3123


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年

2018-01-02 07:27:31 | 雑記


あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
今年も皆様にとって、最良の年であることを願っております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サツマイモと鶏肉の煮物。 はじめて煮物を作りました

2017-12-26 22:12:50 | 料理をつくる

近くのコリアンマーケットでたくさんサツマイモを買ってきてしまいました。早速これを作りました。


https://www.youtube.com/watch?v=Ew_gtz00jcc&t=7s

このお嬢さんが気になってしまったので、思わず作ってしまったのです。
マスクの下はどうなっているのだろう。。この眼光は緊張しているからなのか、それとも闇が隠れているのか。。

1.本当は幸せなお嬢さんで、あんなこともこんなこともできて、料理も上手にできる才媛なのかもしれない。

2.いろいろあって、あんなこともこんなこともしてきた人で、でも料理も上手で家庭的な面もあるおねえさんかもしれない。。


地味な色合いなのですが、結果的にとてもおいしくできました。

その後、これも作っちゃいました。こっちの方が簡単で美味しくできちゃいました。
https://www.youtube.com/watch?v=OZomRXk1EPc

えりかさん、ありがとう!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日22日は冬至です。 一陽来復 だんだん明るくなるぞ!

2017-12-22 00:11:00 | 易経、東洋哲学


また冬至がやってまいりました。
日本の東洋医学校では、疾病をきちんと知るための解剖、生理、病理の授業のほかに、鍼灸漢方医学の科目もまんべんなく学ばせてもらいました。

そして、東洋哲学として、「易経」を学ぶ機会を与えてもらいました。
易経は一般的に占いのための学問とされていますが、神羅万象、天地陰陽の理を学ぶことにより、小宇宙として人体をとらえて、東洋医学的な発想と哲学を身に着けることによっていっそう奥行きの深い臨床ができるようにとの配慮でした。

易学的に観て、冬至は一陽来復、陰極まって陽に転ずる最初の卦であります。
実際には、陰陽のバランスが大事でどちらも大切なものということで、陰が悪くて陽がよろしいということではないのです。しかし、これまでの寒い冬の時期がようやく終って、陽の始まりというのは、まだまだ寒さは残るものの、ある意味では希望の灯がともるという、うれしい状態と解釈することもできます。

また、冬至は天と地の距離が一番近くなって、翌年いっぱいの運勢(年筮ねんぜい)の易占が一番当たりやすい日とされています。
私が学んだ日本の学校では、普段はギンギンの科学者である解剖学の先生が、いきなり「今日は冬至だ!解剖の授業はお休みして、みんなの年筮をたててやるぞ!」といきなり筮竹を取り出して、占いが始まって、クラス全体が大いに盛り上がったものです。

そういえば、以前お話をした、命相卜仙医の話題は、最初の「命学」で止まっておりました。
http://blog.goo.ne.jp/keisclinic/e/65125911d99ff6cac5966ff1069d306c
そろそろ次を書かなければと思いつつ、時間が過ぎてしまいました。近日中にということでご容赦ねがいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Stones Town Mallの裏手のファーマーズマーケットにいってきました。

2017-12-20 12:49:05 | 漢方アメリカOnline


この日曜日は、天気が良かったので、サンフランシスコのファーマーズマーケットに行ってまいりました。

ファーマーズマーケットは大好きなのですが、ここは初めてです。

Stonesetown mallの裏手の恐ろしくさびれた映画館UA Cinema(たった2本の映画しかかかっていませんでした)の右奥にあります。




広々としています。


カントリーミュージックを満喫しました。


アーモンドミルクは初めて飲みましたね。、、まあまあかな、、


おいしそうな野菜です。


こ、これは、、ちょっと怖いコケ玉アニマル。。こんな動物が庭から出てきたら、わしは逃げますね。。


やっぱりこわい。。。


これはこちらの屋台のインド料理コンボです。結構おいしかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の行きつけのお粥屋さんです。それ以外のおかずも抜群です。

2017-12-13 14:16:09 | 食べ歩き



このお店が大好きなんです。朝8時からやっていますし、ほかのおかずも大変おいしいです。

https://www.yelp.com/biz/joyful-kitchen-san-francisco-3

このお店の特徴は、「嘘みたいに愛想のよい礼儀正しい中国人の店員さん」たちがいることです。
皆さん日本人の血が入ってるんじゃないですか?と疑いたくなるような笑顔とホスピタリティーです。
いつもびっくりいたします。


招牌粥 House Special Porridge これはいろいろ入っていて一番楽しめます。


叉焼腸粉 Special Rice Noode Roll wit BBQ Pork
上新粉で作った料理です。おいしいです。

粟米猪肉蛋腸粉 Special Rice Noodle Roll with Corn, Pork and Egg.腸粉ではわし的にはこれが好きですね。
持ち帰りには、特製しょうゆを入れてくれます。


雪菜肉糸米粉 Noodle in Soup with Shredded Pork & Preserved Snow cabbage
これも抜群においしいです。

この丼がステンレスでできていて、外側と内側の間が空洞になっているので、いつまでも冷めません。これほしいなあ、どこで売っているんだろう。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ed Leeサンフランシスコ市長の逝去 アジア系移民のために立派な人ではあったが、歴史の件では残念至極でありました。

2017-12-12 13:43:27 | 國を思う


https://www.youtube.com/watch?v=RUn8z9wO7OY
65歳で亡くなるのは若すぎましたね。大阪市長と正々堂々と話し合って、けじめをつけてもらいたかったと思います。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加