ナポリタンDEウィスキー 3

B級な食と酒と自分勝手な趣味の世界を綴る日々。ま、備忘録みたいなもんです。

つくだに唐辛子な日々

2018年05月28日 | 総菜と瓶・缶詰 他な日々

千葉の佐原にある[青柳食品]のつくだに唐辛子です。¥500-也。

神奈川の新百合ヶ丘にある[ザ・グロッサリー&ワインbyサンクゼール]で

唐辛子の佃煮を見付けまして、実家の父用と私用に2つ購入しました。





でもって、早速朝飯のお供に開封。思ったよりも辛味は無いけど・・・いや、

後から結構来ますね。でも、舌が麻痺するほどではないからご飯にピッタリ。



コレはラーメンや蕎麦、饂飩にも良いかも・・・てなことで、カップ麺に。



正解です。七味唐辛子も大好きですが、こっちの方が味に深みが出るかな。

コメント

牛丼の具5袋お試しセット日々

2018年02月25日 | 総菜と瓶・缶詰 他な日々

[吉野家]の牛丼の具5袋お試しセットです。¥2,480-也。

長年に想い続けていた[吉野家]の牛丼の具をようやく購入しました。



お試しセットなら2つか3つが適正な気もしますけど、仕方がないですね。

でもって、冷凍庫で寝かしておいたヤツを使う日がやって来ましたよと。

「予めネットで調べておけば良かった」と後で後悔するのは数分後・・・

準備段階では「いやぁ〜ついに此の時が来たかぁ」という感じでしたが

飯を丼によそってレトルトの具をブァっと・・・「ん〜?」・・・と

感じた時に中止するべきでした。つゆだくというか、つゆ多過ぎです。



てか、今思うと湯煎したレトルトを持った時の感覚を疑うべきですよね。



それでも、[吉野家]の味が自宅でいただけるのはありだと思いました。

コメント

大根葉の炒め煮な日々

2017年12月13日 | 総菜と瓶・缶詰 他な日々

大根葉の炒め煮です。

昨日、[セレサモス 麻生店]へ行ったところ大根葉が安かったので購入。

でもって、大根葉の炒め煮ですよ・・・私的に大根葉といえば炒め煮です。

いやまぁ、要は母の手料理ということなんですけどね・・・てなことで、



菜種油と胡麻油で大根葉と鷹の爪を炒めて醤油、酒、味醂で味付け。簡単♪

ところがですよ、たった10分で作れる此の総菜がご飯に合うんですよ。



胡麻や油揚げを入れるご家庭もあるようですが、我が家は鷹の爪ですね。



ピリ辛なのでご飯がススム君♪・・・でも、娘には不評でした。スマン。

コメント

元祖からあげな日々

2017年04月12日 | 総菜と瓶・缶詰 他な日々

駒込にある[吉吾 駒込店]の元祖からあげです。¥748-也。

近年、中津市の唐揚げがマスコミなどに取り上げられて東京人の私でも

「中津からあげ」というものを知るようになりましたが、未食でした。

しかし、[小田急百貨店 新宿店]の催事に出ていたのでここぞとばかり。
(駒込にも店が在ったのね・・・知らなかったわい)





紙にレンジで30秒の後、オーブントースターで3分と書いてあったので

大体そんな感じで温めてやりまして、「いただきマンモス♪」・・・



ふむふむ、かなりスパイス(特に大蒜)が効いていてパンチがあります。



ビールやハイボールには合いますが、4つで¥748-は高いと思いました。

コメント

鯖 醤油味付な日々

2017年04月12日 | 総菜と瓶・缶詰 他な日々

[リリーコーポレーション]の鯖 醤油味付です。





ここ数年(稲城に引っ越してきてから)、愛食している鯖の缶詰・・・

というのも、身近でコレを置いているのが[京王ストア 稲城店]なのです。
(それまではもっぱら[マルハニチロ]の月花さば煮付だったっけ)

で、何時開けるかというと、朝です。ご飯の友にコレがあると最強・最高♪





脂の乗った腹身なんてヤバイくらいにご飯が進んでしまいます。うひひ。



缶を開けた日は半分はご飯、残り半分は晩酌の友に・・・だったのですが、

最近は娘も食すようになりまして、晩酌まで保たなくなってきました。はは。

コメント

生うに(生食用)な日々

2015年08月04日 | 総菜と瓶・缶詰 他な日々
長崎の[若宮水産]の生うに(生食用)です。¥3,880-也。

先週は長崎と佐賀に「しゅつぼっつ!」・・・しまして、帰りに空港でお土産を。

多くの売店と商品があって迷いましたが冷凍の生うに(生食用)に「けつてい!!」







最大の理由は相方が好きだから、それに最近は娘も好きになったようで・・・

「雲丹甘いねぇ♪」とか言いながら食べるようになりました。生意気な3才児だ。

さておき、冷凍品ですが解凍して食べたら美味い美味い。高いだけありますね。



でも、後日ネットでメーカーのHPを見たら同じ商品が¥3,000-でした。はは。
コメント

時鮭焼ほぐし身な日々

2013年08月07日 | 総菜と瓶・缶詰 他な日々
北海道の根室にある[平庄商店](販売者はHPI)の

時鮭焼ほぐし身です。¥1,050-也。

南大沢にある[スーパーサカガミ グランルパ 南大沢店]でえい!と購入。

普段、¥400-~¥600-の鮭瓶しか買わないので二人して悩みましたが

総理兼財務の相方の「欲しいな」という一言で我が家へやって来ました。





そんなこんなで早速開けてみると・・・ほほー、身が大きいですよ、



何時も買っているヤツなんて身が粒々で何だか分からないですからねぇ。

尤も、上には上があって中には¥2,000-というのもありますけど・・・。



さて、今回はいくらの塩漬けも載せてと・・・旨い、こりゃリピートだな。
コメント (6)

とりたま たれ味な日々

2013年07月29日 | 総菜と瓶・缶詰 他な日々
[ホテイフーズ]のとりたま たれ味です。

稲城にある[スリーエフ 稲城駅前店]で見付けた缶詰ですわ。



「おぉ、こんな缶詰を出していたのか・・・ホテイフーズ!」みたいな。

で、そのままですとタレが固まっていて食べ難いのでレンジでチン!



ふむ、ちょっと味が濃いとは思いますが酒の肴としてはなかなか秀逸、

流石に鶉の卵はちとパサパサしていますが目先が変わって良いですね。

味が濃い故、グビグビとビール&焼酎が進んでしまいます。うひひ。

〆は卵かけご飯、鶉の卵食べたくせにね・・・しかもですよ、



溶いた卵を掛けないでご飯の上に割り入れるという横着さ。飲み過ぎだな。


コメント (4)

ツナとタイカレー(グリーン) やや辛め 他な日々

2013年04月23日 | 総菜と瓶・缶詰 他な日々
[いなば食品]のツナとタイカレー(グリーン) やや辛めです。



最近、遅ればせながら巷で話題の缶詰にやられております。

タイ王国を商品の前面に出した画期的なタイ工場生産商品・・・

今まで「タイ生産?」と聞くとネガティブなイメージだったのが

此のシリーズで完全ではないものの払拭された気がします。

さておき、先ずはツナとタイカレー(グリーン) やや辛め・・・



原材料はかつお、ココナッツミルク、グリーンカレーペースト(唐辛子、

にんにく、レモングラス、ガランガル、食塩、

シャロット、クミン、こぶみかんの葉)、大豆油、砂糖、

唐辛子、食塩、バジル、こぶみかんの葉など。

コレを無精にも缶にサランラップをしてレンジでチ~ン!



ふむ、ちゃんとした本格的なグリーンカレーです。手軽な量もイイ感じ。

続いてチキンとタイカレー(イエロー)・・



原材料は鶏肉、ココナッツミルク、カレーペースト(にんにく、

唐辛子、食塩、シャロット、ガランガル、カレーパウダー、

こぶみかんの葉、こしょう、クミン)、大豆油、砂糖、唐辛子、食塩など。

此方はツナとタイカレー(グリーン)より若干マイルドかな。でも旨し。



う~ん・・・安いときは¥98-とかで手に入る素晴らしいCP。素敵過ぎる。
コメント (4)

鮪ブツ切りといくらな日々

2012年11月08日 | 総菜と瓶・缶詰 他な日々
下高井戸にある[長谷川商店]の鮪ブツ切り+いくらです。

鮪ブツ切り¥700-+いくら¥700-で、¥1,400-也。

久し振りに此方の鮪ブツを食べてみたくなったので途中下車しました。





で、相変わらず混み混みの店頭でタイミングを見計らっていくらと共に注文。
(横から割り込んでくるオバサンやオジサンに負けないようにするのは大変)

てなことで、自宅での晩酌のお供に我が家の食卓に上がりました。うひひ。



ふむ、鮪ブツ切りはまぁいけますが(以前は¥600-じゃなかったかなぁ?)



いくらがもの凄~~くショッパイ!!・・・あらら!?・・・どうしたことか!?

そーいやー、以前もこういう事があったっけ。次回に期待することにしよう。
コメント (4)