ナポリタンDEウィスキー 3

B級な食と酒と自分勝手な趣味の世界を綴る日々。ま、備忘録みたいなもんです。

天ぷら膳な日々

2016年06月27日 | 和食な日々
神奈川の相模大野にある[すし魚彩 かつまさ]で

天ぷら膳+キリンラガー 中瓶+地酒 久保田 千寿です。

天ぷら膳¥1,030-+キリンラガー 中瓶¥620-

+地酒 久保田 千寿¥864-で、¥2,514-也。

[小田急ホテルセンチュリー相模大野]にチェックインして遅めの昼飯をば。

ホテルから程近い所に鮨や天ぷらを出す和食屋が在ったので其方へ・・・





カウンター席やテーブル席もありますが、今回は奥の座敷へ通されまして、



メニューを見ようとすると「ランチメニューがお得ですよ」と言われたので

そっちの方を手に取ることに・・・ほほぅ、こっちで十分ですな。うっほっほ。





で、私は天ぷら膳とビール、相方は江戸前にぎりと単品の岩牡蠣とウニにぎり、

娘はお子様にぎりを注文。ビールを飲んでいると先に天ぷら膳が供されました。



天ぷらは鱚、海老、茄子、獅子唐、ベビーコーン、薩摩芋、南瓜という内容。

値段を考えるとなかなか充実しているし、味も良かったなと。ご馳走様でした。
コメント (2)

小田急ホテルセンチュリー相模大野な日々

2016年06月27日 | カメラと旅と宿な日々

神奈川の相模大野にある[小田急ホテルセンチュリー相模大野]です。

神奈川の十日市場で遅くなるのが分かっていた此の日、家族3人で泊まれる

近場のホテルを探した結果、小田急線の相模大野駅直結のホテルを見付けました。





地下の駐車場(非常に分かり難い!)に車を駐めてエレベーターでロビー階へ、



こぢんまりとしていますが、シンプルで清潔感がありますな・・・



今回は13階にある1330 (禁煙)プレミアムツインルーム

【特典付】まるでNゲージ!!小田急線まるみえ展望プラン♪♪≪朝食付≫

1泊朝食¥35,300-+子供朝食代¥730-+駐車代¥1,260-で、¥37,290-也。









部屋の広さが50㎡もあるのでゆったりとしていますね、窓外もイイ感じ・・・



バス・トイレは部屋の広さに比べると普通ですが文句はありません。十分です。









でもって、十日市場まで出向いてユルユルと過ごし、ホテルに戻ってのんびりと。



下を走る小田急線の車両を眺めながら飲むビールやウィスキーは格別ですなぁ。




翌朝、ロビー階にあるレストラン[グリルキッチン ボン・ロザージュ]へ・・・







和・洋バイキング形式の中、ソーセージ、ベーコン、スクランブルエッグ、

焼鮭、サラダ、お浸し、きんぴら牛蒡、ご飯、コーンスープ、果物、ジュース。



ご飯に味噌汁じゃなくご飯にコーンスープですが、意外といけました。ご馳走様。

コメント (2)

日本酒な日々

2016年06月24日 | 酒な日々
銀座の[泰明庵]で日本酒 出羽桜 辛口×2+ビール(キリン) 中

+水なす漬+メゴチ天ぷら盛合+にら玉子とじです。

日本酒 出羽桜 辛口¥650-×2+ビール(キリン) 中¥580-

+水なす漬¥時価+メゴチ天ぷら盛合¥時価

+にら玉子とじ¥時価で、¥4,520-也。

19時過ぎに有楽町で打合せが終了しまして、10数年振りに居酒蕎麦屋へ。



「あれぇ?此の辺だった筈だけど??」と少し迷って店の在る路地に到着・・・



てっきり、角地に建っていたと思い込んでいたのですよ。そんなもんです。

カラカラッと引き戸を開けると1階席は満席。ま、混雑する時間帯ですしね。

ベテランの女性店員が2階を見てきてくれるというので待っていると

「どーぞー」という声が聞こえたので急な階段を上がって大テーブル席へ。



無理矢理空けてもらった感じなのでかなり窮屈でしたが、仕方ないですね。

先客に礼を言いながら腰を下ろして正面に張られた品書きを見まして、





瓶ビールと、酒肴は値段が書かれていないのが気になりましたが水なす漬を。

それと、はも天ぷら盛合かメゴチ天ぷら盛合で迷ってメゴチをお願いしました。

すると直ぐに水なす漬、10分程してメゴチ天ぷら盛合が運ばれて来ましたよと。





水なす漬は既製品かな、まぁまぁです。メゴチ天は小さいのが10尾くらい。

茄子(水なす漬とダブってるし)とピーマンが彩りを添えています。ウマー。

ここで日本酒に切り替え、又しても値段表記のないにら玉子とじを注文・・・



で、にら玉は熱々で登場。多量のニラが卵と出汁で綴じられています。旨し。





此のにら玉で羽桜 辛口を2杯飲んで此の日はお終いとしました。ご馳走様です。



ところで、冷静に考えると支払額が多い気が・・・おばちゃん、間違えたのかな?
(酒が入ると気が緩んでずぼらになってしまう・・・我ながら駄目な奴だ)
コメント (2)

A. ニラ玉な日々

2016年06月23日 | 中華と焼肉な日々
市ヶ谷の[安安餃子房]でA. ニラ玉です。¥750-也。

小雨降る中、昼飯を求めてブラブラと・・・「何を食べようかなぁ?」と。

朝、もしくは午前中に食べたいものが決まっている日は良いのですが

14時を回っても空腹感はあるのに食べたいものが決まらないのは気が重い・・・

此の日はそんな日、あっちへウロウロこっちをヘロヘロ。ただ歩くだけです。

「中流じゃないけど、昼飯を喰うくらいの小銭があるだけまだマシか」などと

考えながら彷徨っていると未訪問の中華屋が目に入りました。近寄ってみると、





私の好きなニラ玉があるじゃないですか?・・・決定です。今日はニラ玉で!!





入って店員のお姉さんに「カウンター」とぶっきらぼうに告げられ席へ・・・

すかさず「ニラ玉」と返して待つこと2分で供されました。物凄い早業ですね。





いただいてみると、炒め油多めで塩と化調の単調な味付け。¥600-が妥当かなと。
コメント (2)

生姜焼きな日々

2016年06月21日 | 和食な日々
赤坂の[かつの玄豚]で生姜焼き+コロッケ1個です。

生姜焼き¥1,000-+コロッケ1個¥200-で、¥1,200-也。

主要な仕事場が赤坂から市ヶ谷に移って数年・・・久し振りに私的赤坂時代の

ソウルフードの一つ、[かつの玄豚]の生姜焼が食べたくなったので「いざ!」



「まだやってるのかなぁ?」と少々不安になりながら赤坂通りから1本入ると、





「やってるやってる。健在じゃんか!」と喜び勇んで入ることにしました。



でもって、6年前と同じ「生姜に1コロで」と伝えて新聞を手に取って眺めます。

ですが、ご主人や女将さんの所作や店内が気になって文字が頭に入りません。



そんなこんなで待っていると、女将さんから「ご飯は普通でいいの?」と・・・

「え?えぇ、普通ので」と答えると「何時も小さいので食べてたから」と・・・

確かに、20年近く前のこと。痩せるためにご飯は少なめでお願いしてました。
(ダイエットしてるのに、とんかつや生姜焼きを食べていたわけだ・・・)

しかし、もう20年近く前ですよ!?・・・それだけ珍しい客だったんですかねぇ。







さておき、6年振りの「生姜に1コロで」は不変でした。馬勝った。ご馳走様。
コメント (4)

五目チャーハンな日々

2016年06月21日 | 中華と焼肉な日々
市ヶ谷の[福龍飯店]で五目チャーハンです。¥700-也。

久し振りに此方の五目チャーハンが食べたくなったので入ることにしました。



何と、五目チャーハンは約2年振りですよ!?・・・時が経つのは早いものです。



先客は1名、本を読みながら麺類を食しておられます。反面教師にしないとな。



さて、五目チャーハンを注文しましたが一向に作られる気配がありません。

何時もならチャチャっと6~7分で供される筈なんですけどねぇ?・・・

で、10分くらいジィ~~っと我慢して待っているとお手洗いへ行った料理人が

厨房へと戻り、15秒程して炒め音が聞こえてきました。今まで何してたんだ?

それから5分くらいして五目チャーハンがようやく運ばれて来ました。ヨカッタ。





いただいてみると、サラサラパラリ、程良い油感。チャーハン類はお薦めです。

但し、卵スープは相変わらず作り置きで(普通だけど)ぬるいのが残念でした。
コメント (4)

ビールな日々

2016年06月20日 | 酒な日々
ハイネケン 缶です。

休日、相方から「多摩センターの公園に行こうよ」と誘われてプチピクニック。

ま、ピクニックといいましても、3駅隣の京王多摩センター駅の近くにある

[多摩中央公園]で出来合いのおにぎりと総菜を買って広げただけですけどね。



本来ならご飯を炊いておにぎりを握り、おかずも作るのが普通なんでしょうが

当日の9時過ぎに「行こうよ」と切り出された展開だったもんで・・・ははは。



で、私的には広い芝生の真ん中に陣取りたかったのですが、日焼けするのが

嫌な相方に押し切られて隅の方の木陰にレジャーシートを広げることに・・・



まぁね、娘のことを考えると長袖や帽子を着用していても木陰が賢明ですよね。

てなことで、ハイネケン 缶ビールで出来合いのおにぎりや総菜を♪・・・







屋外だと室内で食べる3倍美味しく感じられますね。太陽は偉大だなぁ・・・と。
コメント (2)

京揚げ(大)な日々

2016年06月18日 | 和食な日々
京都の河原町にある[賀茂とうふ 近喜]の京揚げ(大)です。

先日のこと某スーパーで購入した油揚げが酷かったのですんごく久し振りに

京都の河原町にある豆腐屋から油揚げと豆腐を取り寄せました。うひひ。

此処の油揚げは焼きに限ります。てなことで、メインは油揚げ焼きに決定!!

その前のアテを何にするか悩んだ結果、納豆という素朴な肴になりましたとさ♪



何てことのない(すみません)[タカノフーズ]のおかめ納豆 極小粒ですが

安くて安定した味なので我が家では常備食の一つなのです。むっふっふ。

でもって、白菜の浅漬けなぞをつまみつつ、主役の油揚げ焼きでございます。





オーブンで焼いた(正確には焼いてもらった)油揚げに九条葱と醤油をね~。



うん、これこれ、此ですよ・・・旨い・・・簡素ですが最良な酒肴ですなぁ。



尤も、食材が良いから「旨い」と思われる食べ方ですけどね。ごちそーさん。
コメント (2)

かけな日々

2016年06月18日 | 蕎麦と饂飩な日々
市ヶ谷の[大川や]でかけ+穴子天ぷら+グラスビール+升酒です。

かけ¥800-+穴子天ぷら¥1,000-

+グラスビール¥400-+升酒¥700-で、¥2,900-也。

13時過ぎ、昼飯を求めてウロウロするも「此処だ!」という気になかなかなれず

九段南界隈をグルグル回って「何やってんだ?俺・・・」と思ったその時、

ふと見ると、先日痛い目にあった店の先に希望の暖簾を見出すことが出来ました。

決定です。「混んでるかなぁ?」と引き戸を開けるとテーブル席が空いてます。

そのテーブル席(4人掛け)に腰を下ろして徐に「グラスビールを」と注文・・・

先に来たビールを呷って品書きを見て・・・ん?・・・種類が減ってるぞよ!?



ま、入っちゃいましたからね・・・で、思案した結果、穴子天ぷらと升酒をば♪



7分程で来たヤツはちょいと油切れが良くないけど許容範囲です。なかなかウマー。



〆は久し振りにかけを・・・ところが、つゆは良いのですが蕎麦は茹で過ぎ。



おまけに、蕎麦の一部が固まっているではありませんか。いい加減ですね~。

うーむ、此の日だけかも知れませんが、厨房とホール担当の私語が耳に障るし、

料理の種類が少なくなっていたり蕎麦が一部固まっていたり(前もあったが)と

以前に比べると店の質がぞんざいになっているのが気になりました。ご馳走様。
コメント (2)

焼肉な日々

2016年06月13日 | 洋食な日々
稲城の[こいけ]で焼肉+モロキュー+ほうれん草炒め

+あさりワイン蒸し+瓶ビール+酎ハイ×4です。

焼肉¥980-+モロキュー¥400-

+ほうれん草炒め¥450-+あさりワイン蒸し¥700-

+瓶ビール¥500-+酎ハイ¥400-×4で、¥4,830-也。

久し振りに家族3人で隠れ家のような洋食屋、[こいけ]へ行くことに・・・



ま、実は手前にある[梅月]が満席では入れなかったことに因るんですけどね。



でもって、実は夜は初めて・・・なので、「おつまみから選んじゃおっと♪」
(ま、昼でもおつまみは作ってくれるんだけどね)

ということで私の独断と偏見でモロキュー&ほうれん草炒めを注文・・・
(相方と娘は焼肉を半分こという注文、私もちょいとね)

ソレ等が来るまでお通しの牛蒡の素揚げでビールをグイッと・・・ウマー。



そこへモロキュー、そしてほうれん草炒め、暫くして焼肉が運ばれて来ました。





相変わらず味は濃いめですが酒のアテとご飯の友と考えるとイイ感じかなと。



で、酎ハイに移行してあさりワイン蒸しを追加。バター多めで杯が進みました。



コメント

サッポロ一番 塩らーめんな日々

2016年06月13日 | ラーメンとつけ麺な日々
[サンヨー食品]のサッポロ一番 塩らーめんです。



私的に、インスタントラーメンで何が好きかって・・・コレに尽きるんですよね。

同じ[サンヨー食品]の味噌ラーメンも甲乙付け難いけど、僅差でこっちかなー。

具はハム(コレに関しては叉焼より断然ハム!)、分葱、メンマ、卵が定番。
(少量のカレー粉や刻み大蒜もありっちゃ~ありですけど・・・)



プチ贅沢でバターをこんもり入れるとリッチ感&旨味感倍々増で「サイコー♪」



卵は茹で卵でもなければ温泉卵でもない、麵を茹でる鍋にポトン!と落とすだけ。



見た目は悪くても簡単な上に味は旨いとくりゃあ、此の方法から抜けられません。

「ポトン!卵」は絶対に半熟。てか、「半熟ポトン!卵」以外に考えられません。
コメント (4)

鰻づくしな日々

2016年06月12日 | 丼と重な日々
一本杉公園の[うなぎ 四季の詩]で

鰻づくし+ビール(中瓶) サッポロ黒ラベル×2です。

鰻づくし¥4,120-+ビール(中瓶) サッポロ黒ラベル¥570-×2で、¥5,260-也。

相方の家族と会食をすることになり、多摩センターからちょいとある此方へ・・・



知ってはいたけど不便な立地で行く機会はないと思っていたので渡りに船です。

私的には焼き物と鰻重に酒が良かったのですが一律コースだそうで・・・







大人しく(?)ビールをお願いして待っていると肝焼とカブト焼が来ました。



ふむ、小振りな上にカブト焼はかなり歯応えがありますね。てか、硬いですわ。

続いて白焼き。ま、コレは普通かな・・・続いてうざく、そして鰻丼ですか・・・





うざくも鰻丼も味的にはまぁまぁですが、鰻丼はちょっと寂しいですよね~。



白焼きは無くてもいいから鰻丼に鰻を回してほしいと思いました。ごちそーさま。
コメント (2)

日本酒な日々

2016年06月09日 | 酒な日々
宝町の[銀座 長寿庵]で日本酒 浦霞 純米酒+瓶ビール(中瓶)

+角ハイボール+旬のおひたし+キスの天ぷら+鴨焼+お通しです。

日本酒 浦霞 純米酒¥680-+瓶ビール(中瓶)¥630-

+角ハイボール¥500-+旬のおひたし¥530-

+キスの天ぷら¥840-+鴨焼¥730-+お通し¥310-で、¥4,220-也。

京橋で仕事が終わり、悩んだ末に又しても昭和通りを渡りまして・・・



「鴨せいろ発祥の店」という蕎麦屋で軽く飲み食いして帰ることにしました。
(神奈川の湘南台にある[元祖 鴨南ばん 本家]も謳ってるけど・・・)





2階のテーブル席に通されて瓶ビールと旬のおひたし、キスの天ぷらを注文。



暫くしてビールとお通しが運ばれて来ました。ふむ、なかなか旨いお通しです。
(小松菜のお浸しは良いけど「お通しはお浸しだと言ってくれ!」みたいな)



それから10分程で旬のおひたしが登場・・・ほうれん草です。ま、いっか。



そして、更に10分程してキスの天ぷらが運ばれて来ました。4尾もありますよ。



キスの他にアスパラとカボチャも載っているし・・・お、キス天良い。ウマー。

身が厚く(撮ってませんが)ホッコリと揚がっていて油臭さも感じません。

ここで日本酒へチェンジ・・・私の好きな浦霞の純米酒ですよ。イイ感じです。



でもって、「やっぱ〆は鴨せいろだろ」と行きたいところではありますが・・・

キス天が思った以上にお腹に来たので鴨焼DE角ハイボールに落ち着きました。





ふむ、鴨せいろは分かりませんが、鴨焼は硬くてイマイチでした。ご馳走様。
コメント

かき揚げ 玉子 せいろな日々

2016年06月09日 | 蕎麦と饂飩な日々
京橋の[小諸そば 京橋店]でかき揚げ 玉子 せいろです。¥400-也。

朝、仕事で8時過ぎに京橋へ・・・で、朝蕎麦を求めて[そばよし 京橋店]へ。



ところが、路地に入ると何やら寂しい雰囲気・・・近づいてみるってぇと・・・





「どっひゃ~・・・へ、閉店してるがなっ!」という展開に・・・ガビーン!!

ま、閉店したものは仕方ないですね、来た道を引き返してお馴染みの此処へ。



店頭の自販機でかき揚げ 玉子の券を購入して「せいろで」とお願いしました。



店内の品書きを見ながら「揚げ茄子おろしそばにすりゃあ良かったなぁ」と

ボォ~っと考えてると「かき揚げ玉子のせいろの方~」と呼ばれましたとさ。





まぁ、何時もの味ですな。かき揚げがカチカチなのも同じです。ごちそーさま。
コメント

ウイスキーハイボールな日々

2016年06月08日 |  居酒屋とBarな日々
埼玉の南越谷にある[居酒屋 あかさたな]でウイスキーハイボール×2

+樽生ビール(小)×2+ウイスキーあかし ダブル×2+ポテトサラダ

+アジフライ(大)一枚+豚バラなんこつ煮+お通しです。

ウイスキーハイボール¥450-×2+樽生ビール(小)¥400-×2

+ウイスキーあかし ダブル¥550-×2+ポテトサラダ¥350-

+アジフライ(大)一枚¥280-+豚バラなんこつ煮350-

+お通し¥200-で、¥3,980-也。

蒲生で打合せをした帰り、乗換駅の南越谷(新越谷)で一杯やることにしました。

駅ビルのレストラン街を覗くも今一つ・・・なので、駅の周りを見てみることに。

するってぇと、何だか良さげな一角が在るじゃあないですか・・・「ハケーン!!」



短いゴールデン街を2往復して店先を吟味しまして、[居酒屋 あかさたな]へ。





なかなか渋いですね。正直、此の町でこんな店に出会えるとは思いませんでした。



さて、品書きを見て樽生ビール(小)と私的ド定番のポテトサラダを注文・・・

直ぐにビールとお通し、そしてポテサラが運ばれて来ました。お通し旨いなー。



何てことのない糸コンニャクのピリ辛炒め煮ですけど。肴としては抜群ですね。



ポテサラも値段の割に量も多く、水菜と千切りキャベツが載っているのも

身体を気遣うオッサンには嬉しいです(実はマヨネーズも載ってたりするけど)。

そして、2品目の肴に迷った結果、これまた私的ド定番のアジフライをば♪・・・



コレは、まぁまぁかな・・・色は良いけど揚げ過ぎで衣がガチガチです。惜しい。

ま、¥280-ですし、あまり文句は言えません。で、ここでハイボールにチェンジ。



ラストは此処の名物らしき豚バラなんこつ煮。コレですな。えぇ、コレですよ。





正に軟らかく煮込んだ豚バラ軟骨、¥350-。ハイボールにピッタリ、安くて旨い。
コメント (4)