J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ

岡山サッカーファミリー(ファジアーノ岡山等)、スポーツ文化等「岡山からJリーグ百年構想を」・・・情報ライブラリ的ブログ。

フットサルを体験してみる会(F.T.K)

2017-10-14 00:01:25 | フットサルを体験してみる会

 浅口レポです。
 先日久しぶりに浅口市フットサル場で開催された、F.T.K(フットサルを体験してみる会)の練習会に参加してきました。16時からでしたが、ちょっと暑さが残っていましたね。今回は9名の参加で、時々Cスタに参戦していた丹弁理士と、玉島在住の20代の若手高氏がフットサルデビュー。コーチ役として、元OSSで語る会メンバーの熊氏、福山からいつも来られる豊氏、女性は若手の阿さん&金さん。あとはシマカズと若手佐君。
   
 今回は佐君がヘッドコーチとして仕切ってくれました。ランニングからウオーミングアップです。ボールを蹴り方がわからない丹氏と高氏に豊氏が別メニューでコーチングです。シュート練習にも熱が入ります。インサイドキックはいいとして、インフロントキックが思うようにできない。難しいです。
 そして早めの時間から試合形式になりました。黄色いビブス組とビブス無し組に4人ずつ分かれます。佐君はフリーマンとして、あっちについたり、こっちについたりするのですが、キックインの時に「今はどっちだっけ?」といちいち聞いてしまう始末(笑)。
   
 元サッカー部のシマカズ氏が相手ゴールに迫り、シュートを何本も打つが、ことごとく外す。まるで某J2チームのFWのように、先日の日本代表の香川選手のように。確かFSSのフットサル練習会にも参加して、試合勘があるはずなのにおかしい・・・ 聞いてみるとFSSのフットサル練習会には当分行っていないし、ここ最近は連絡も来ないと。そりゃ試合勘も薄いわなと。FSSの練習会も最後に聞いた顔ぶれを思い出してみると、そうかもしれんなと思ってみたり。
 職場のフットサル部で頑張っているはずの熊氏も動きがおかしい。聞いてみると、全然活動していないと。しかも2人ともゼイゼイ言っている。ただ、一番ゼイゼイ言っているのは当方かもしれません。とにかくしんどかった。みんな歳を取っていくわけですな。

 ビックリしたのが初参加組。丹氏も高氏も試合になると、何かフェイントやってるし・・・ 豊氏の魔法のコーチングの賜物なのか。特に丹氏は普段スポーツとかやっていない典型的なインドア系なのに、どうしてそんなプレーができるのか摩訶不思議でした。昔からそうですが、フットサルという競技はこういうミステリーを起こします。
 今回の参加者は9人で、やや少なかったですが、これでもかというくらいに満喫できました。11人以上になると交代休憩する参加者が出てきます。逆に6人だとフルコートでは試合できません。なので、昔から当F.T.Kでは8~10人がベスト人数だと思っています。とにかく交代が無く、ひたすらプレーできます。普通は疲れますが、下手くそフットサルなので、そんなにあくせくプレーしないので、長くプレーできます。という事で次回はぜひ10人ちょうどでプレーしたいですね。
   
 プレー後、いつものように焼肉をみんなで食べに行きました。早めにお店に電話を入れたのですが、3連休の最後の祝日という事で「混んでるから待ってもらうと思う」と言われる。それでも行きました。30分待ちました。こちらはやはり人気店である事がよくわかりました。通されたテーブルですが、7人で囲んだのですが、焼くスペースが小さく、面白い光景です。よこを見ると、男ばかりの7人グループが同様にテーブルを囲んでいる。これがこの日のスタンダードなのだと(笑)。千円くらいの焼肉定食と、倍のボリュームで1,700円くらいのダブル定食。昼ならともかく夜にこのメニューはなかなかないよなぁと感心しるメンバーも。こういう状況だったので、ダブル定食の人はとにかく肉が減らない。時間が経つにつれて、何となくお腹が満ちてくる。まぁよく食べました。普通のお店に行くよりは、「あそこすごかったよなぁ」と後に語り草になるくらいでないと。そんなお店でした。みんなお腹を摩りながら、家路に着きました(笑)。F.T.Kでは現在メンバー募集中です。問い合わせはsoccerkatarukai@gmail.com まで。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 欧州リーグの事情11      | トップ | Jリーグへの道について37 »
最近の画像もっと見る

フットサルを体験してみる会」カテゴリの最新記事