付け焼き刃の覚え書き

 本や映画についての感想とかゲームの覚え書きとかあれこれ。(無記名コメントはご遠慮ください)

「RE:異世界から帰ったら江戸なのである2」 左高例

2023-02-08 | 戦国転生・歴史改変
「ではこうしよう。一両を受け取るか、己れの胸を揉むかの二択だ」
 だんだん男を惑わす悪女と化していく巨乳ロリ爺。

 蕎麦屋の用心棒として住み着いた九子だったが、彼女の呪符のおかげで光熱費も削減、未来知識の料理で商売も繁盛と順調だ。江戸の治安が悪いのか、押し込み強盗やら放火の被害に遭いそうにもなるけれど、そこは異世界帰りの元傭兵なのでちょちょいのちょいだ。
 そんなある日、九子は名刀を狙ったと思しき辻斬りの話を〈切り裂き〉同心こと中山影兵衛から聞かされ、たまには手伝ってもいいんだぞと黒い十手を手渡される……。

 今回もやけに風呂のシーンがイラスト付きで多い気がするRe:の2巻です。なんというか、「このシーンをイラストで見たい!」と思う箇所にはちゃんとイラストが入っている、かゆいところに手が届く編集です。
 難点は分厚いということ。せめてこの2/3くらいの厚さになると読むとき楽なんだけど、この厚さだと整体の予約をする必要がありそうです(重い本やファイルでよく手を壊すのよ)。

【RE:異世界から帰ったら江戸なのである~女天狗昔物語2~】【外伝「また今度、と貴方は言った」】【左高例】【ユウナラ】【カレヤマ文庫】【痛快ゴラク江戸ファンタジー】【異世界転性】【なめろう】【押し込み強盗】【辻斬り】【あらい白石鹸】【肩もみ券】【黄瓜】【パイヅナ落とし】【初鰹】【サメ映画】【鳴子疾風伝】【虫歯】【厄場】【ハイパー婚姻届】
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「美少女にTS転生したから大女優を目指す!1」 武藤かんぬき

2023-02-07 | アイドル・声優・芸能
 体調を崩して動けなくなっても家族にろくに心配してもらえなかった39歳、松田圭史は原因不明の闘病生活の末に死んだ。その今際の際の思考は「女性に生まれていたら、もっと違う人生があったのではないか」というもの。
 そして気がつけば赤ん坊になっていた。時間を遡っての人生やり直し。同じ両親の元に生まれ、2歳年上の姉もいてのおんぼろアパート暮らしも同じだ。ただ違うのは、今世は女の子になっていたのだ。
 松田すみれとしての新たな人生が始まった……。

 大人としての意識を持ち、曲がりなりにもアラフォーまで生きた人生経験でそつなく生きようとしてそれなりにうまくいくのだけれど、姉との関係は前世以上にこじれる一方で修復の目処が立たず、その果てにすみれの芸能界入りの話が降ってわくことになります。
 TSものはウェブではちょくちょく見かけますが、なぜTSにしなくちゃいけないのかわからないものが多いのですが、これはそのあたりを巧くストーリーに活かせている作品。男ではなく女だからこそ可愛がられ、可愛がられたからこそ姉妹仲がこじれていく展開です。鏡の方に焦点が合った表紙イラストも良いですね。

【美少女にTS転生したから大女優を目指す!1】【武藤かんぬき】【あって⇒七草】【HJ文庫】【TS人生やり直しヒューマンドラマ】【外郎売】【オーディション】
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「辺境の惑星」 アーシュラ・K・ル=グイン

2023-02-06 | その他SF(スコシフシギとかも)
 竜座の第三惑星の冬は厳しい。五千日も続くのだ。
 そんな冬の到来を前に、他部族の食糧を求めて北方の蛮族ガールの略奪遠征が始まろうとしていた。それに立ち向かうべく、各部族間で同盟の動きが出てくるが問題は多い。なにより主導しているファーボーン族は地球からの移民の末裔であり、ファーボーンが共闘を持ちかけているトバールはガールと同じ原住種族ヒルフなのだ……。

 ファーボーンの頭アガトとトバールの族長の娘ロルリーをメインキャラに据えた、異種族間の相克の物語。ル・グィンが好むモチーフの原点かな。
 ゲド戦記で有名なル=グインの初期作品、長編2作目で『闇の左手』にもつながるハイニッシュ・サイクル、未来史ものの1つ。翻訳した出版社や時期により、ル=グウィンだったりル・グィンだったりしますが、サンリオSF文庫はル=グイン表記です。
 SFなんだけれど語り口はファンタジーで、物理や科学より社会学とか人類学に寄っているタイプ。これが好みのタイプな人は、C・J・チェリイの『色褪せた太陽』三部作も合うかも。

【辺境の惑星】【ハイニッシュ・サイクル】【アーシュラ・K・ル=グイン】【竹宮恵子】【サンリオSF文庫】【叙事詩的ファンタジー】【ハイニッシュ・ユニバース・シリーズ】【エクーメン世界SF】【遺伝子工学】【剣と惑星】
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「好きな子に告ったら、双子の妹がオマケでついてきた 1」 鏡遊

2023-02-05 | 学園小説(不思議や超科学なし)
 なんとなく周囲から怖がられている真樹央だが、ある夏の日、同じクラスの翼沙雪月と二人きりになった機会に思い切って「好きだ」と告白してしまう。
 雪月は陽キャ女子でクラスの人気者。玉砕覚悟の告白だったが返ってきたのは「双子の妹と二股かけてくれるなら付き合ってもいいよ」という意外すぎる答えだった。
 雪月と彼女の妹・風華は単なる姉妹ではない。デュアル・ツインとも呼ばれる、強いリンクで結ばれている双子だ。テストだって全科目が同じ点数になってしまうし、なんとなく考えていることも分かるし、感情も共有している。片方が好きなものはもう片方も好きだという、愛情が極めて重い2人なのだ。
 富豪の娘だけあって、瞬く間に各方面に話がついて、央は姉妹のマンションに同居することになっていた……。

 双子がいっぱいでエッチな話。
 ブレイブ文庫って美少女文庫みたいなレーベルだったっけ?と思わずラインナップを確認してきました。『おでん屋春子婆さんの偏屈異世界珍道中』と同じレーベルなんだよなー。まあ、普通に面白く、続きが気になる展開なのでヨシッ!!

【好きな子に告ったら、双子の妹がオマケでついてきた 1】【鏡遊】【カット】【ブレイブ文庫 】【かなりエッチな学園双子ラブコメ】【メイド】【女子更衣室】【屋上】
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「戦国自衛隊」 半村良

2023-02-04 | 戦国転生・歴史改変
「もし我々をここへ運んだ時間変異が、自然界の復元力で我々を帰還させるとしたら、それは非常に短い時間に起こされる筈だからだ」
 地震の余震のように揺り戻しがあるならとっくに起こっているはずだと考える伊庭義明は、もとの時代に戻れるか望み薄だと思っている。
 もっともまだ復元力が発動されるほど歴史への干渉が足りていないだけという意見もあるのだ。

 大演習のさなか、富山湾沿岸に集結していた自衛隊1個中隊が接岸していた哨戒艇もろともタイムスリップした。
 接触した現地の武将の言葉によれば、今は永禄三年だというが、話を聞くに自分たちの知る歴史と微妙に異なることから、よく似た別の世界線であろうということになった。なにしろ織田家も松平家も存在しないのだ。
 最上位の指揮官となった伊庭三尉は、春日山城の長尾景虎と協力体制を取ることにしたのだが……。

 伝奇SF小説作家の生みの親である半村良が書いた、架空戦記の先駆けともいうべき作品。1971年にSFマガジンに掲載、75年にハヤカワ文庫JAから武部本一郎のイラストで刊行されていますが、これは78年に出た角川文庫版で、さらに79年の映画公開に合わせて表紙にスチール写真が使われた改訂版ですが、中身のイラストは永井豪です。
 テクノロジーレベルが極端に違う勢力同士の戦いはどうなるのかという命題は、ポール・アンダースンの『天翔ける十字軍』 (1966年) でも語られていましたけど、内容紹介でいうところの「現代兵器を駆使する自衛隊が乱世に殴り込みをかける痛快無比な異色SF」って、今では全然「異色」じゃないですよね。異世界転移で現代知識と現代装備で無双してブイブイいわせる話で、イラストは有名マンガ家ですから、これも広義でのライトノベルということになります。
 ただ、今の視点で読むと戦闘描写も簡素で、かなりあっさり風味。オチも70年代仮想戦記SFの定番です。今なら10倍の巻数で語られそうですね。

【戦国自衛隊】【半村良】【永井豪】【角川文庫】【異色SF】【歴史の修復機能】
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「1LDK、そして2JK。」 福山陽士

2023-02-03 | その他フィクション
 シングルマザーの叔母が行方不明になったので従妹の倉知奏音を預かって欲しいと頼まれた、独り身のサラリーマン・駒村和輝。8年ぶりに再会した奏音はすっかりギャルだ。
 ところが、その奏音を迎え入れた日の仕事帰りに、駒村は痴漢から助けた家出少女を泊めることになってしまう……。

 突然同居することになったアラサーの独身リーマンとJK二人の日常ラブコメ。露見したら(社会的に)死なのに、さらに近所の喫茶店でバイトをしている幼馴染みの美女がいて、最近節約してるというならと自宅までご飯を作りに来てくれる関係って。
 いわゆるライトノベルのレーベルで読者層の平均年齢が上がってるなーと感じるのは、アラサーやアラフォーが主人公の作品の点数が増え始めたときですね。アラサーリーマンが女子高生や女子大生を拾って同居するというのは、ひとつのジャンルになってしまった感もありますが、魔法もないのにスゴくファンタジーです!

【1LDK、そして2JK。~26歳サラリーマン、女子高生二人と同居始めました~】【福山陽士】【シソ】【ファンタジア文庫】【ほっこり温かいホームラブコメ】【コンビニスイーツ】【2人の女子高生とサラリーマン、1LDKで3人暮らしをはじめました】【カクヨム
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変 4」 二日市とふろう

2023-02-02 | 過去転移・人生やり直し
「変化を恐れない。味方を、特にキーパーソンを味方につける。わからないことは効く。それだけでも、失敗する可能性は大いに減ります」
 米パソコン企業ポータコンを買収したお嬢様が、日米にまたがる巨大通信事業のCEOとしてスカウトしたカリン・ビオラの言葉。

 世界情勢が悪化の一途をたどる中でも瑠奈は攻めの姿勢を崩さず、急成長を続ける桂華グループは内外からの圧力を受けて企業再編の対応に追われることになる。
 なにより味方のはずの陣営からさえ、桂華の行動を抑制しようという動きが出はじめ、麾下のPMCによるイラク戦争への介入は阻止される。そして、その理由を恋住総理は端的に言い放つ。まだ子供でしかない桂華院瑠奈には人殺しの手伝いをする資格がないと。
 彼女自身も自覚していないわけではない。子供だから責任を問われず、何かあったら罪を被るのは周囲の大人だ。しかし、彼女がギフテッドである時間は限られている。大人になるのを待っているほどの時間は残されていないのだ……。

 同時多発テロ事件から金融機関や通信事業の統合、イラク戦争の勃発から『マリア様がみてる』まで。彼女の時代は世の中がだんだん悪くなっていくのに、なにもできない子供だった自分たちの時代でもあります。そこが他のあまたの異世界転生ものやら戦国・幕末・明治転生ものなどとの違いです。読者の立ち位置がかなり主人公に近いのです。

【現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変 4】【二日市とふろう】【景】【オーバーラッピングノベルス】【現代悪役令嬢による日本再生譚】【小説家になろう】【ギフテッド】【レイニー止め】【京都議定書】
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「炉辺荘のアン」 L・M・モンゴメリ

2023-02-01 | その他フィクション
「わたしも、少し年をとったという気がするのは、雑誌のさし絵とか見るときだけよ。描いてある主人公も女主人公も、わたしにはあまり若すぎるように見えてきたの」
 アン・ブライスは親友ダイアナに老けたかどうかは見る人によると言う。

 新婚時代を過ごした夢の家を離れ、炉辺荘(イングルサイド)に引っ越した子だくさんのブライス一家。
 そこにギルバートの親戚のメアリ・マライア・ブライスおばさんがやってきた。2、3週間遊びに来るという話だったけれど、いつまで経っても帰る気配はない。子供たちに厳しく、何かにつけて口うるさく、物事には悲観的で、食事でも何でも好き嫌いの多いメアリおばさんだったが、ギルバートには彼女に「そろそろ帰ってくれ」ということができない。まったく男というやつは……。

 村岡訳の「赤毛のアン」シリーズをHACCANのイラストで今風にしてみたもので、今回は炉辺荘での子供たちの大騒ぎを中心にした大家族ものです。子供を育てた経験のある人には身につまされる回かも。懐かしい人との再会あり、新しい人との出会いあり。困った人やとんでもない人も出てくるのは仕方がありません。心の友っていうのは、だから貴重な存在なのです。そう、ちょっとふっくらしてきたダイアナも良いもんですよ?
 ちなみにタイトルの炉辺荘には「ろへんそう」とふりがな打ってますが、「イングルサイド」にしといて欲しいかな。

【炉辺荘のアン】【赤毛のアン6】【L・M・モンゴメリ】【村岡花子】【HACCAN】【青い鳥文庫】【サンタクロース】【真珠の首飾り】【ほら吹き】
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す7」 Schuld

2023-01-31 | 異世界転生
「力を貸してあげる。貴方の影を危ない誰かが踏まないように。危ない影を踏んでしまわないように。いつだった先を行って危機を払い、いつだって後ろに立って寝込みを守ってあげますわ」
 約束を守って冒険者になるから一緒に旅立ち、後ろを守ってほしいと語るエーリヒにマルギットは応える。

 3年ぶりの帰郷。そして春の訪れとともにエーリヒは再び故郷を出る。今度は幼馴染みのマルギットを伴って。
 そして隊商と共に西方辺境、州都マルスハイムへと足を踏み入れる。ここでのエーリヒはもうアグリッピナ氏の丁稚こと懐刀ではなく、ただの新米冒険者に過ぎない。さまざまな種族が集まり、冒険者とならず者の境界も曖昧な者たちが氏族(クラン)という名の徒党を組んで跋扈する大都市で、エーリヒとマルギットは家の修繕の手伝いから泥棒猫の追跡まで雑事に奔走することになる。
 マルギットはこの生活に少々不満げだが、エーリッヒはこういうゲーム序盤特有のカツカツ具合も大好物なのだ……。

 作者によれば、ここまでがキャラクターメイキングみたいなもんだそうです。前半は帰郷編、後半は州都での出会いやらトラブルの数々。6巻に引き続き、今回はなんと500頁超。
 クライマックスのないエピローグにエーリヒ自身はちょいと不満げですが、遠慮会釈もなく派手にクライマックスを盛り上げてしまった場合のIFが、いつもの巻末ヘンダーソンスケール1.0のVer0.6です。

【TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す7 ~ヘンダーソン氏の福音を~】【Schuld】【ランサネ】【オーバーラップ文庫】【WEB発データマンチ冒険譚】【小説家になろう】【猫の君主】
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「野獣の都~鳥人の森(3)」 マイクル・ムアコック

2023-01-30 | 異世界転移・召喚
「すべてに中庸であれってことだ。その言葉は人類の肉体面にだけしばしば適用されているが、精神面での発達に対しても同じように大切なものだと、ぼくは思うよ」
 古い中世の理想も悪くないとエドワード・P・ブラッドベリイに語るマイクル・ケイン。
 アリストテレスは感情の中庸が大事と言ってましたのに、言葉と思想は歴史の中に意味を変えていくのです。

 ヤクシャとは高度な文明で火星を支配していたものの滅び去った種族。その遺跡を調査すべく旅立ったマイクル・ケインだったが、立ち寄った街で人々が死の病〈緑死病〉に冒され感情を失っているのを目撃する。このままでは火星の文明が滅びてしまう。
 マイクルはその解毒剤を求めてヤクシャの遺跡に進入したのだが……。

 マイクル・ケインはこれでお話は終わりだと言うけれど、ブラッドベリイはいつだって地球と行き来できるんだろ!?といずれ聞かせろと譲りません。
 イラストは『青い空を、白い雲がかけてった』のあすなひろしから、石原春彦(石原はるひこ)に交代。いやはやまったく、版元が変わるとイラストも変わるのは当たり前なのだけれど、1年ちょいで連続刊行されたシリーズ物のイラストが1巻毎に全部違うというのはなんだろう? 1巻の松本零士で飛びつき、2巻のあすなひろしに当惑し、3巻の石原春彦に涙する読者。表紙の女性はいずれも王女シザーラなのです。

【火星の戦士3】【永遠の戦士ケイン】【鳥人の森】【マイクル・ムアコック】【石原春彦】【ハヤカワ文庫SF】【犬族】【猫娘】【非能率者】
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「前略、山暮らしを始めました。」 浅葱

2023-01-29 | 異世界結合・ゲート・ゾーン
 25歳の佐野昇平は結婚直前に彼女都合で白紙に戻り、人間関係に嫌気がさして仕事も辞めて田舎に山を買って引きこもった。麓にある稲荷神社の春祭りの縁日でカラーひよこを買い、悠々自適な田舎暮らし。ところが、いつのまにかヒヨコは恐竜みたいな尻尾を生やした巨大なニワトリに成長し、あげくに片言ながら言葉まで喋り始めた。
 ところで、昇平が買った山の東隣の山にはやはり山を買った女性が隠棲しており、東隣の山には若い男が住んでいるという……。

 ニワトリと一緒に山村暮らしする日々の物語。
 特にちょっと不思議なこととかは起こらず、猪やマムシに遭遇したりするけれど、基本的には平穏な山暮らしが語られます。ただ、みんな神社の縁日で買ったものがちょっとヘンだっただけなのです。

【前略、山暮らしを始めました。】【浅葱】【しの】【カドカワBOOKS】【ニワトリ(?)たちと癒やしのスローライフ】【ひよこ】【トカゲ】【ヘビ】
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「あなたのお城の小人さん2」 美袋和仁

2023-01-28 | 異世界転生
「楽しいは伝播するんだよ。同じ阿呆なら、踊らないと損なんだよ!!」
 踊らされるは悪いことの代名詞なはずなのに、小人さんは率先して踊るのだ。

 この世界には魔物の跋扈する森がいくらもあるが、建国の王の血が色濃く出たチィヒーロにとっては魔物たちも意思疎通が可能で、契約して手下にできる頼もしい仲間に過ぎない。その女王蜂メルダの願いでチヒロは世界各地の森を救う巡礼に出ることになった。
 しかし、周囲の国は友好的な国ばかりではないし、友好的な国であってもチヒロの力を知ったら何をしでかすか分からない。チヒロは森の主と契約する事で森を活性化させることができ、活性化した森の周囲では失われたはずの魔法が蘇るのだ。フロンティアの王たちは反対したいが、彼らではチヒロを止めることができないことも理解していた。そこで可能な限りの支援をおこなおうとするのだが……。

 小人さんの異世界漫遊記篇。だんだんチート転生ものっぽくなって来ましたが、一方でしばしば異世界から神様が死ぬ運命にあった日本人を送り込んで非魔法文明を発達させていた、隣国の帝国に舞台が移りつつあり、語られぬ神々の意図が気になり始めます。

【あなたのお城の小人さん~御飯下さい、働きますっ~(2) 】【美袋和仁】【п猫R】【SQEXノベル】【密漁】【スタンピード】【転移者】【遊郭】
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「銀河英雄伝説 愛蔵版」 田中芳樹

2023-01-27 | 宇宙・スペースオペラ
 貧乏貴族の息子であるラインハルト・フォン・ミューゼルは、母親代わりであった姉アンネローゼが皇帝フリードリヒ4世の後宮に召し出されたのを契機に家を捨て、隣家の少年ジークフリード・キルヒアイスと共に帝国軍幼年学校に進む。そして2人の少年は密かに誓った。力を手に入れ、ゴールデンバウム王朝を倒して銀河帝国を倒し、アンネローゼを取り戻すと。
 それは大それた野望かと思われたが、ラインハルトはキルヒアイスと共に着々と実績を積み重ね、門閥貴族の妨害をはねのけて「常勝の英雄」として上級将官への道を歩み始める。だが、その野望の前に立ちはだかる男がいた。
 彼の名はヤン・ウェンリー。帝国にとっては叛乱の徒である自由惑星同盟の軍人であり、歴史家志望で金に困らなければ軍人になどならなかった男。だが、その戦いは帝国の侵攻を幾度も食い止め、「不敗の魔術師」と呼ばれるようになっていく……。

 日本スペオペのターニングポイントともなった田中芳樹の出世作であり、銀河帝国と自由惑星同盟の150年に渡る攻防の決着、王朝や政権の興亡を描いた大河SF。さまざまな陣営の個性豊かな登場人物たちが遙か未来の歴史絵巻を彩り、現れては消えていきますが、これで本編が全10巻。それでこれだけの物語が語れるんですね。
 1992年に第1巻の刊行から10年を記念して発売された愛蔵版は、各2巻を1冊に合本した全5巻+小冊子「黄金の翼」付き。挿絵はないけれど、各巻に道原かつみのカラー口絵がついてます。1巻がヤン・ウェンリー、5巻がラインハルト・フォン・ローエングラム。
 2022年には刊行40周年記念ということで、今度は東京創元社から同じく正伝5巻、徳間版の時には出そろっていなかった外伝を時系列順に再編して2巻に収めた全7巻で刊行が始まりました。こちらもイラストは創元SF文庫版を描いた星野之宣によるものだそうです。

銀河英雄伝説】【田中芳樹】【道原かつみ】【徳間書店】【スペオペ】【大河ドラマ】【みんなヤンが好き】
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「魔術師クノンは見えている3」 南野海風

2023-01-26 | 学園小説(不思議や超科学あり)
 魔術学園での商売を早くも軌道に乗せ、生計に目処がついたクノンは各派閥の先輩と共同研究を開始する。水魔術でエラそうに空を飛んだり、水中での呼吸法を研究したりしていたが、そこから実践篇として難破船の財宝探しへと話が広がっていくのだが……。

「先生、女の子をその気にさせるテクニックって何かないですかね?」
 目標はと魔術師サトリ・グルッケに訊かれて、まずその発想に至る、無敵なクノン。こんな男に誰が育てた?(ヒント:メイド)

 盲目の天才の魔術師、美人局にひっかかる!?な3巻。
 海底の財宝探しやら学級崩壊を食い止めたり、狂炎王子と魔法談義したりとにぎやかな学園生活が続きます。

【魔術師クノンは見えている3】【南野海風】【Laruha】【カドカワBOOKS】【天才少年の発明ファンタジー】【牛の頭】【ハニートラップ】【美人局】
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ザ・ゲーマーズ」 監督・脚本:マット・ヴァンシル

2023-01-25 | ヒロイックファンタジー・ハイファンタジー
「君は寝ているはずだから、会話に加われない!」

 学生寮に集まったゲーマーたちが、あらたなセッションを開始した。物語そのものは、囚われているお姫様を救うため"The Shadow"と知られる存在を打ち破ろうとするステロな冒険譚だ。
 しかし、セッションはなかなか進まない。プレイヤーはルールの裏をかこうとあれこれ画策するし、ストーリーに関係ない細かいところにまでツッコミを入れまくる。さらにはあまりにも騒がしすぎて、隣の部屋の女学生が「五月蠅くて勉強できない!」の怒鳴り込んでくるのだ……。

 ロールプレイングゲームに没頭しているプレイヤーと彼らの演じているキャラクターの2つの視点で進められる、現実とファンタジーが交錯する物語。2002年に制作された製作費1000ドルの低予算カルト映画で、マイナーすぎて劇場公開どころかDVD販売が一般流通に乗ることなくネット通販とイベント販売に。
 カルト映画というか、仲間と酒飲みながらバカ笑いしつつ流し見するべき映画。日本でもTRPGのリプレイ小説がちょくちょく刊行されるけど、あれはマスター兼作者がうまく手を入れて読める形にしているから形になっているのであって、そのまま右から左に流したらこんな感じになっちゃうぞ!?という教訓的作品。

【ザ・ゲーマーズ】【The Gamers】【マット・ヴァンシル】【en:Dead Gentlemen Productions】
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする