頼子百万里走単騎 "Riding Alone for Millions of Miles"

環境学者・地理学者 Jimmy Laai Jeun Ming(本名:一ノ瀬俊明)のエッセイ

留学生とBF大学の闇

2021-05-03 12:59:08 | 日記
Dラン以下の大学で教えた経験はほとんどないので、どこの世界の話だろうかと思って聞いてしまう。目の敵にされているベトナム人についても、小生が接しているのは英語が堪能な国費留学生だけである(確かに優秀)。しかし最近、仲介業者に数十万円払って日本語学校を経由し、筑波大学の学部研究生となって大学院受験準備をしているという学生と知り合ったり、少しでも費用を抑えたいから先生のところで学部研究生として受け入れて欲しい、というコンタクトをもらったりして、実際に闇が深いことは理解している。最近教えているのはもっぱらAラン大学なのであるが、リアクションにやばさを感じてしまうケースもなくはないので、BFの場合などは考えたくもない。そういう苦労は今後体験するのであろうか。 
「とにかく、出願、受験、そして合格してください。」以上のことは一切申しません。鬼だな、私は。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 人生はすごろく | トップ | 学歴ロンダリング(院だけ東大) »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本人)
2021-05-05 09:41:58
東京福祉大学のいう学部研究生の定義は間違い。予科生、別科生と呼ぶべき。学部既卒、大学院受験待ちの身分。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事