糸崎公朗ブログ1・路上ネイチャー協会

写真家・糸崎公朗のブログです。『子供の科学』と『デジカメWatch』で連載をしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

キチョウ

2008年09月30日 | チョウ目

昼間はちょっと雨が上がりましたが、相変わらず寒い一日・・・風邪を引いたみたいです。
近所の空き地にて。

国分寺市
R10
コメント

ヤガの一種

2008年09月30日 | チョウ目

頭に雨粒が付いてます。

国分寺市
R10

×シャクガの一種
○ヤガの一種
コメント欄参照。
コメント (3)

ヨコヅナサシガメ

2008年09月29日 | カメムシ目

一日中冷たい雨でした。
小学校裏の雑木林にて撮影。

国分寺市
R10
コメント

クサカゲロウの一種

2008年09月29日 | カゲロウ目・アミメカゲロウ目

ピンクに惹かれました。
近所の歯科医の看板です。

国分寺市
R10
コメント

ハマオモトヨトウ

2008年09月28日 | チョウ目

自宅の近所ですが、今までこんなハデなイモムシがいたことに全く気付きませんでした。


単体で写すとこんな感じ。


葉の中に潜ってるのもいます。


ネットで調べたらハマオモトヨトウの幼虫で、食草のハマオモト(ハマユウ)も覚えられて一挙両得です。

国分寺市
R10
コメント

ニホンミツバチ

2008年09月28日 | ハチ目

連日観察しているオオスズメバチに攻撃されたニホンミツバチの巣ですが、昼ごろ見たらちょっとだけ働きバチがいました。
ミツバチもなかなかしぶといです。

R10
小平市玉川上水沿い
コメント

アワフキムシの一種?

2008年09月28日 | カメムシ目

ハンバーガーショップの窓の外に止まってました。
今日は曇りでちょっと肌寒い感じです。

小平市
R10
コメント

ツユムシ

2008年09月27日 | バッタ目・ナナフシ目・ハサミムシ目

近所の畑の脇に植えられたブルーサルビアにいたツユムシ。
この固体は羽化に失敗したためか、前羽がよれてます。


こちら、その近くのコスモスにいた正常な固体です。

国分寺市
R10
コメント

ヨモギエダシャク

2008年09月27日 | チョウ目

ツユムシがいた同じコスモスで、葉っぱをモリモリ食べるシャクトリムシ。


ぼくの手と比べてこんな大きさ。
本当は手に乗せたかったのですが、ストレスを与えても申し訳ないのでやめましたw

国分寺市
R10
コメント

オオスズメバチ

2008年09月27日 | ハチ目

教も念のためミツバチの巣をのぞいてみましたが、オオスズメバチの兵隊が一匹だけいました。


こんな感じ・・・

小平市玉川上水沿い
R10
コメント

チャバネセセリ

2008年09月27日 | チョウ目

羽の白い斑紋が少ないのでチャバネセセリでしょうか?
立川駅構内のルミネのショーウィンドーにいました。

R10
コメント

オオスズメバチ

2008年09月26日 | ハチ目

連日観察しているニホンミツバチを襲うオオスズメバチですが、今日は仕事が忙しかったりで夕方行ったら、すでに戦いは終わったようで、巣穴の中はご覧のとおり空でした。


もうひとつの穴をのぞくと・・・こちらは深くて照明がなかなかうまくいきませんが・・・おとといに比べ明らかに死体が増えてます。
オオスズメバチが返り討ちにあってるのは、ニホンミツバチの「蜂玉攻撃」のせいでしょう。
ニホンミツバチが大勢でオオスズメバチを包み込んで「蜂玉」を作り、体温を上昇させ中のスズメバチを「熱死」させるという攻撃です。


戦闘は終わったようですが、たまにオオスズメバチがやってきて、ミツバチの死体を巣に持ち帰ってました。
オオスズメバチの巣は、多分デス・スターみたいに巨大になってるんじゃないかと思います。
その中で、新たな「クローン軍団」が養成されるわけです。
いや、働きバチは決してクローンじゃないのですが・・・ともかくこの時期のスズメバチの巣は拡大した結果、大量の幼虫の餌を必要とします。
それでより効率の良い餌集めとして、ミツバチの巣が狙われるそうです。
実は、スズメバチの働き蜂は立派な大顎を持っているにもかかわらず、自分では昆虫などの肉食をすることが出来ません。
働き蜂は獲物の昆虫をまず幼虫に食べさせ、その幼虫が餌を消化した液体を、高エネルギー流動食として口移しで摂取するのです。
つまりオオスズメバチ帝国の兵隊は、自分だけで食物が摂取できない故に、帝国に忠誠を誓わざるを得ないのです。
こんな設定SFで使えそうですが、誰でも思いつきそうなのでもうすでにあるかもしれませんw

小平市玉川上水沿い
R10
コメント

オオスズメバチ

2008年09月25日 | ハチ目

昨日と同じような写真ですいません。
同じ場所で同じ被写体を撮ったのですが、今日はフラッシュを二灯にしたので、不自然な影がなくなりました。
昨日もちょっと気になったのですが、アブが巣穴の周りをうろついています。


中もきれいに照明されてます。
R10の望遠200mm相当で撮ってますが、ハチが怖くて近づけないこともありますが、望遠でちょっと離れたところからフラッシュを焚いた方が、狭い穴の奥にまで照明が届きやすいようです。

でスズメバチですが、しばらく巣穴の奥にこもっていたり、わらわらと出てきて羽を震わせたり身づくろいしたりしてます。
しかしエサとなるミツバチの幼虫を盛んに運び出しているという感じではないので、まだ完全に攻略できないでいるようです。


子供たちが恐る恐る見てましたが、近所の子供たちはみんな知ってるようでした。
まぁ、地上最強の動物はオオスズメバチではなくて人間なので、無下に駆除されないことを願うばかりです。


で夜ですが、巣穴の中はこんな風になってました。
昨日に比べると働きバチがずいぶん減っているし、巣盤も崩されているような感じです。


そして巣穴の下では、ミツバチの死体を持ち去るアリが・・・
このアリはあまり見たこと無い種類のようですが、何でしょう?

小平市玉川上水沿い
コメント (2)

ヒョウタンゴミムシの一種?

2008年09月25日 | 甲虫目

ヒョウタンゴミムシに似てますが、足が赤いので違う虫のような気がします。


駅のホームで潰されてました・・・

西武線鷹の台駅構内
R10
コメント

オオスズメバチ

2008年09月24日 | ハチ目

以前にも紹介したニホンミツバチの巣ですが、ちょっと様子が変・・・?


怖えええええぇーーーーー!!!!!!!!
オオスズメバチの襲撃です、しかもデカイ!!


中を覗くと、さらに怖EEEEEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!!!!!!
これはまさに戦争です。
というか、スターウォーズのクローン大戦をナマで見てる感じです。


巣穴の下にはミツバチの屍骸が累々・・・
オオスズメバチはニホンミツバチを噛み殺しては巣穴から引きずり出し、捨てているようです。


こちらはもうひとつの穴ですが、ハチの出入りはほとんどありません。
中を覗くと・・・


ここにも死体の山が・・・画面下のオオスズメバチも死んでます。
この穴は木の根元にまで達していると思われます。


通りすがりのおじさんも、嬉しそうにバシバシ撮ってます。
ぜんぜん物怖じせずに近づくので、傍で見てる方がハラハラしますが・・・


以上、全部まとめるとこんな感じです。

小平市玉川上水沿い
R10
コメント (2)