糸崎公朗ブログ1・路上ネイチャー協会

写真家・糸崎公朗のブログです。『子供の科学』と『デジカメWatch』で連載をしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

チャタテムシの一種

2012年05月05日 | チャタテムシ目

2mm足らずの粒のような幼虫が集まっています。


みんなお尻をこちらに向けてます。
CX6の最大倍率で撮影しましたが、本格的なマクロレンズに比べてピント面にクセがあり、独特の描写になります。

多摩市桜ヶ丘公園
コメント

チャタテムシの一種

2010年12月26日 | チャタテムシ目

三溪園の園内ですが、ヤツデの葉っぱの裏にいました。
体長4mmほどです。

GXR P10改
コメント

チャタテムシの一種

2009年07月15日 | チャタテムシ目

チャタテムシとしては巨大で1cmくらいありました。

小平市玉川上水沿い
GX200
コメント

チャタテムシの一種

2009年06月22日 | チャタテムシ目

高倍率マクロで昆虫を、ということで自販機に止まっていたチャタテムシを撮ってみました。
まずは最大倍率で。


次は同じレンズの最小倍率ですが、長い触角が画面に入り切りませんでした。
このレンズは倍率変化が少ないことが欠点といえば欠点です。

国分寺市
E-3 14-42mmリバースマクロ
コメント (5)

チャタテムシの一種

2009年04月26日 | チャタテムシ目

ワイワイと身を寄せ合うチャタテムシの幼虫。
最高にカワイイと思うんですが、いかがでしょう?w


誰か来た・・・

町田市相原町
上:GX200
下:CX1
コメント (2)

チャタテムシの一種

2009年02月06日 | チャタテムシ目

自販機の内側に止まっていた、2mmくらいの小さな虫・・・


上の画像のピクセル等倍拡大です。
チャタテムシのようですが、死んでますね・・・お腹が干からびで縮んでます。

国分寺市
GX200
コメント (2)

チャタテムシの一種

2008年06月25日 | チャタテムシ目

同じく夜の自販機にて。
胸部が妙に盛り上がったデザインです。

国分寺市
スーパーマクロR8
コメント

チャタテムシの一種

2008年01月10日 | チャタテムシ目

2mmほどの小さな虫。
チャタテムシの一種としましたが、カメムシ目のようにも思えてしまいます。


何枚か撮ってるうちに歩き出しました。
おしりにイソギンチャクのような突起が一対あります。


こんな風に生えたマテバシイの葉に一匹だけいました。

国分寺市
上中:E-410 14-45mmリバース
下:GRDⅡ
コメント (2)

チャタテムシ

2007年04月13日 | チャタテムシ目
小さいながら、キレイな柄です。

東村山市
R6(上の写真は望遠マクロのトリミング)
コメント

チャタテムシ

2007年02月24日 | チャタテムシ目
アオキの葉で見つけましたが、このチャタテムシはまだ撮ってなかったと思います。
ストロボによる影で立体的に写ってますが、肉眼ではもっとフラットに見えて目立ちません。
被写界深度を深くするためCaplio Gx8に高倍率クローズアップレンズを装着しましたが、倍率が足りないのでトリミングしました。

国分寺市エックス山
コメント (2)

チャタテムシ

2007年02月23日 | チャタテムシ目
ヤツデの葉裏にありました。
糸でつづった卵のようなものは以前から気になっていましたが、どうやらチャタテムシの卵のようです。
新開孝さんに教わった、 このページに証拠写真が上がってましたが、ものすごくレベルの高いブログです。
この方はどうもコンパクトデジカメにクローズアップレンズを装着されてると推測されるので(高倍率にしては深度が深い)、この写真もその手法で撮りました。
少しケラレてますが、ピントはまずまずシャープです。

国分寺市エックス山
コニカミノルタ ディマージュA2+クローズアップレンズ
コメント

チャタテムシ1

2007年01月19日 | チャタテムシ目
チャタテムシの幼虫がいましたが、自宅近所では見たことのない種類です。

E-330 ズイコーマクロ20mmF2
コメント

チャタテムシ2

2007年01月19日 | チャタテムシ目
先ほどの幼虫の近くにいたので、これが成虫でしょうか?

E-330 ズイコーマクロ20mmF2
コメント

チャタテムシ3

2007年01月19日 | チャタテムシ目
別の葉にいたチャタテムシ。
偽瞳孔と、翅のハートマークがチャームポイント。

E-330 ズイコーマクロ20mmF2
コメント

チャタテムシ

2007年01月12日 | チャタテムシ目
ヤツデの葉の裏にいたチャタテムシの幼虫です。
画面の長辺が約5mmですから、この虫の大きさが大体分かります。
絞りF5.6で被写界深度が浅いですが、F8にすると回折現象で全体にピントがボケてしまいます。
高倍率マクロの世界なので、レンズの特性がシビアにあらわれるようです。

E-330+ズイコーマクロ20mm F2
国分寺市エックス山
コメント