株式会社イイダアックス 社長日記

長野県は南信州の自然豊かな下伊那郡高森町から日々の経験、感じた事、気が付いた事などを日記として発信しています。

ゴーヤの種植えと温室ハウスを作りました

2013年04月28日 | 日記




子供達も手伝ってくれて、今日はゴーヤの種植えを行いました。



昨年と一昨年に採った種を植える為にポットに土を入れて名前を書き込んだプレートを用意して、120個程の種を植えました。



ゴーヤは変わったものを中心に緑のカーテンとしており、皆さんにお配りしたりしてきました。
最近では種が欲しいとか言われるんですが、この地方では朝晩の気温が低くなかなか上手く発芽しないんです。
昨年もだいぶ苦労して苗を作ったんですが、今年は苗を配れればとたくさん植え付けました。



ミニゴーヤ、スーパーゴーヤ、アバシゴーヤ、中長ゴーヤ、白ゴーヤ、純白ゴーヤ等々色んな種類が有るんですが、問題は発芽です。
普通でも発芽率が70%程度なんですが、素人が繰り返しで年を重ねていると30%位まで発芽率は落ちるのでは無いかと思うんです。
こんなに要らないわなぁ~なんて思いながら種まきをするんですが、実際に発芽するのは半分以下程度と成るので寂しいものです。



昨年も一番遅くに発芽したものは心配で人にはあげられず自宅に植えたんですがやはり駄目で30センチ程度迄しか成長しませんでした。
その前に苗をプレゼントした先では実が付かなかったと言われた所も有ったのですが、よっぽど肥料が足りなかったのか水が無かったのか
こちらでは同じ時の苗からたくさんのゴーヤが収穫出来ているので不思議でした。



今年も自分でまいた種から苗を作り、色んなゴーヤが収穫出来るように成れば良いと思うんですけどどうでしょう。
明日からしばらくはミニチュアビニールハウスの明け締めを毎日繰り返しながらの水撒きが必要に成ります。



ゴーヤの種から目が出て土をもたげながら頭を出して来るかわいいやつを、今年もたくさん見られることを祈って居ます。

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 綺麗に成った芝生と練習場で... | トップ | 腰痛再発、激痛が走りやむ無... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。