業務日誌

許せないヤツがいる 許せないことがある
だから倒れても倒れても立ち上がる立ち上がる
あいつの名はケアマネージャー

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

利用者との約束 3回め

2006年10月23日 | 業務日誌
※ 画像は『魔太郎が来る!』藤子不二夫著。…知っている人はもう少ないかもしれないなあ。

ちょっと言っときたいのですが、前ログ末に書いた私のポリシーみたいなもの
いくら併設事業所にでも、自己判断でタダ働き同然のことを依頼しない
とは、ゴリ押しというか無理ムリな仕事を頼んでしまう⇒借りを作る⇒あとあと自分の首が絞まる。なのでやらないと決めているというイミです。
自分の仕事に便宜を図ってもらったりする(ラクをさせてもらう)と、絶対にどこかでそれ相当のものを返さなくてはならなくなる。その覚悟やそうならない自信がないので頼まない。信念があるようで、実は逃げているポリシー。

少しでも自分に非があるときは口答えや言い訳をしない
とは、まあ社会人として当然のことですが、悪いことをしたら「すみません」でカタをつけられても、問題はそのあとだとよくM主任(元職場)が言ってました…大切なのは「もうしません」の約束だと。自分が間違っているところがあればそこは認めていかないと進歩がないんですよね。認めてしまえばあとは繰り返さなければいい。そう考えると、1番大事なことは「自分の何がいけなかったか」を理解できるようになることなんですね。それが出来れば口答えや言い訳はなくなるはず。
だとしたら逆に、口答えや言い訳しなければ、「あ、この人は自分が悪かったところがどの点なのかちゃんとわかってるんだな」ととりあえずは信用してもらえたりする…つまり自戒ではなく処世術(笑)

とにかく、偉そうなことを書いてしまったことがムズ痒いので“言い訳”してみました。

さて、肩を落として透析ルームへ上がってゆき、まずはケリーさんに謝罪。
ケリーさんに「ヘルパーに断られた」という心細い思いをさせたくないので「すみません、私がきちんと連絡をしなかったものだから、ヘルパーさんに予定が入ってしまって明日のA大hpにはヘルパーさんをつけられなくなりました」と。
ケリーさんはがっかりしてしまい、それまで忘れていられた受診の道行きに対する不安を思い出したかのような表情に。だったらやっぱり押し車を出しとかなきゃ。ひとりで行くのなら、鍵や保険証をまた失くしたりしないように注意しなきゃ。オロオロ。

ケリーさん、下肢はかなり弱っていますが意志の強い方なので、近医だと頑張って自分で歩いて通われます。しかし、このA大hpというのは、まるでひとつの町のように大きな病院で、私学というせいもあり患者が気後れしてしまうほど豪華絢爛な造りで、バカ広いため初診患者が行けばまず迷う(高齢者だしなあ)でしょう。
ケリーさんが普段行く病院のように床にダサいテープで方向指示がしてあるワケじゃなし。受付は全部自動化で、どこにどのカードを入れればいいのやらとまどってしまうだろうなあ。いまだに受付の機械に向かって「もしもし、整形の○○先生お願いします!」と叫ぶ高齢者いるし…。
もともとケリーさん、このA大でシャントを作った方なのですが、行ったのはそのとき1度、1週間のopeの間だけ。以後引っ越したため自宅から遠くなったし、シャントopeした数年後にA大が大改築しているので中の様子もわからない、なのでひがしドクターも近医に紹介状書こうかどうしようか迷ったらしい。
でも鼻くそが依頼を受けたので、だったらやはりシャントのデータのあるA大hpに行ってもらおうとなったんです。
すべては鼻くそが依頼を引き受けたことに繋がっていく。
しかもこのケリーさん、鼻くそヘルステのヘルパー利用者でもあるのです。
むーん、どう考えても鼻くそ頭に来るぞ。やっぱり1番悪いのはおまえだろ。

しかしそんなことを言ってる場合じゃないな。

結局ケリーさんは健気にも「ヘルパーさんに迷惑かけられないから、自分で行ってみる」ということになりました。そして透析ルームの主任やユミちゃんと相談し(森師長はお休みだったのです)、一応家族に報告して了解を得て、その上でもし明日朝の出発前ひとりで受診させるのが不安な状態であればそのときは私が連れて行く、ということになりました。
それから今回のことを森師長にご報告申し上げなくてはならないのですぐさま連絡票を作成し明日イチにお目を通していただけるよう透析主任経由で提出。
事務長に事情を話して、A大hpの医事課に頼んで本来なら予約のとれない初診の予約をとってもらいました。(事務長も大変に鼻くそに憤慨してました)A大ナースや受付宛に私の携帯番号を書いた手紙も持たせた。
治まらない腹の虫と、ケリーさんへの申し訳なさでいっぱいになり、もうこの法人ではやっていけないのではないかと悩んだり(とはいえ、その想いはほぼ毎日私のココロを襲うのですが)しましたが、とにかく現時点で出来ることはすべてやって、明日森師長のお叱りを受けるしかない。
人事を尽くして天命を待つ。

そして次の日、ケリーさんのご家族から「今無事にタクシーに乗って行きました、大丈夫だと思います」との電話をいただき、ホッとひと安心。帰りに気分が悪いときは必ず連絡して下さい、と念を押して、その報告をもって森師長のところへ。


...................森師長との会話を記載する前に...................

この直後に判明したことですが…
やっぱり私、ケリーさんのこの受診に関する依頼、受けていませんでした。
森師長が『ケアマネに確認済』と記録されていたのは、私が不在のときに森師長が居介に内線で「ケリーさんの限度額はどうなっているのかしら?」とお尋ねになり、カニちゃんやアイリンさんが私の代わりにワイズマンを開けて「まだまだ余裕があります」と応えてくれた、つまり私ではないけどひがし居介のケアマネに、限度額の確認をなされたという意味だったのです。
受診や通院がいま訪問介護でどう扱われているのかなどご存知ない森師長は、限度の枠さえあれば鼻くそに依頼できるものとお思いになり、ケアマネを介さずにこの受診を組んで下さったのです。

..........絶句...........

悔しさや怒りよりも、とりあえず森師長に叱られる材料半減でハリケン泣くほど安心。


出来るだけ短くまとめようと思ったのですが、このようなミスを2度と犯さないための備忘録なので長文すみません…。

つづく



コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 利用者との約束 2回め | トップ | 利用者との約束 4回め »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これって。。 (sakura)
2006-10-23 21:49:53
ハリケンさんの罪か?

医療法人の妖精、うちにもいるんだけど、とにかく浮世はなれしている。とってもいい人なんだけど、世間しらず。で、師長なんかやっている。まわりは迷惑する。彼女が動けば動くほど迷惑する。でもいい人。だれも彼女に鈴はつけられない。

ガンバレハリケン!
私も (ちゃかぽん)
2006-10-23 23:03:35
これはハリケンさんのミスではないと思います。

だいたい、透析室の師長から鼻くそが依頼を受けた時点で鼻くそが師長に「私達はケアマネからの依頼がないと動けないので、先にハリケンさんに相談してください」と言うべきだと思います。

偉い人が相手だか何だか知らないけれど、

鼻くそが言うべき相手にきちんと説明しなかったのが悪い



あまり気を落とさないでくださいね。

所詮、介護保険を知らない看護師が勝手な思い込みで始まったことです。

ハリケンさんのせいではないですよ。
Unknown (hemp)
2006-10-23 23:27:47
いつも楽しく拝見させていただいております。

ハリケンさんの周囲は本当に話題に事欠かないですね・・・。

今回の内容とは関係ないのですが、ちょっとお聞きしたいことがありまして・・・。

青田主任さんは、どういった内容のお仕事をされているのでしょうか?プランを一切持っていらっしゃらなくて、今後も持つ気がないなら、管理者だけの仕事ってほとんどないような気がするのですが・・・?

出勤前のひととき (ハリケン)
2006-10-24 08:07:11
♪sakuraさん♪

医療法人の妖精…(笑)言い得て妙。

どこにでもおられますもんね。

みんな苦労してるんだよなあ。



♪ちゃかぽんさん♪

弁護に感謝です!

もうおっしゃる通りその通り、と思います。

結局みんなが偉い人と対峙するのを避けていて、

押し付けあっているかんじです。

情けない法人ですよねえ。



♪hempさん♪

いいところにお気付きです(笑)

青田主任は医事課の主任を兼務されており、

介護保険法か労規かはわかりませんが

........................................

1日8時間勤務のうち

1/2にあたる4時間は医事の仕事

1/2にあたる4時間は居宅管理者の仕事

と、分けて勤務にあたらなくてはならない

........................................

となっています。

で、居介の仕事として何をしているかというと、

・ケアマネの勤務表作成

・国保連へレセ提出

・包括との契約や各団体への連絡

・更新等の書類に印鑑をつく

のようなことをして日々過ごしておられます。

これではさすがにおヒマでお気の毒なので、

ケアマネに合格された暁には、VIPなケースを

担当していただいたり、

MSW的役割もしていただき、透析ルームと居介との

パイプ(矢表)の仕事をしていただこうと

事務長と画策中です。

うまくいくといいなあ。
う~ん・・・ (はな)
2006-10-24 11:02:04
この場合って、「誰が悪い」というより、それぞれのちょっとした思い込みや行き違いで起こった事で、果たしてケアマネの責任なのかなあ。



それより私個人的には、事の責任はどこにあるかはともかく、鼻くそにもっともらしいところを突かれたことが一番腹立たしいですな。

そういえば。 (sakura)
2006-10-24 19:56:07
いままでいろいろ相談にのってくれて、ありがとうございます。

私の退職理由は「うつ」です。上に「あんたは病気」と認められ、11がつ末で退職します。そういえばハリケンさんに報告してませんでした。職場の人にも「私病気だからやめるね。」といっています。

外来、ショート、医事、にあいさつすると、きまって皆さん聞くのはどうやって成功したかをきいてきます。失敗した人も知っています。退職届をだしてから2年が経過しています。ありえない!とおもうかもしれませんが、魔界ではありえるのです。

とりあえず2ラウンド目は私の勝利です。
個人的うらみ (ハリケン)
2006-10-25 07:51:13
♪はなさん♪

そうなのです!鼻くそや透析ルームには、犯人探しや責任の所在よりも原因をわかってほしい。

でも、鼻くそへの個人的な感情から、つい「負けまいぞ」と躍起になってしまう自分もいかんなあと思います。

でも悔しいもんは悔しい。ガキか私は(笑)。



♪sakuraさん♪

2年間!…すごい!

しかし、うちの魔界も同様…

古い職員は決して辞めさせない、イコール内部を知ったものを手放さない。

そりゃ欝にもなります。

実は私も最近また、セントジョーンズワートを飲み始めました。

こんなお気楽な薬で魔界に立ち向かえるかどうかわかりませんが…

sakuraさん、とりあえずはよかったですねともうしあげます。

これからは人間界でご活躍されますように、ホントに祈ってます。
越権と怠慢 (ふく)
2006-10-25 20:14:28
ハリケンさん、お疲れ様でした。



善意かも知んないけど・・・かましてくれやがって~、でますね、師長。

鼻クソ、怠慢こきすぎ。「なんちゃって」でも、一応サー責なら、サービス提供のキモなんなのか理解してくれんと・・・



モチベーション下げんように、体にエエモンを

見て・聞いて・食べて・飲んで・寝ましょう!

腹立たしいが、こだわらずに。

次やらかしてくれたら・・・倍返しで!

(鼻クソ、ソッコーやらかしそうだけど・・ってか?)





きっちり倍返しでw (ハリケン)
2006-10-26 01:12:36
♪ふくさん♪

ゲキレーありがとうございます!

ご進言に従い、今日はもつ鍋作って食べました!

充電完了です。

しかしニンニクすごい(笑)

明日訪問だいじょうぶかしら…
Unknown (hemp)
2006-10-27 00:09:15
なるほど!ほんとうにうまくいくといいですね♪(爆)

ケアマネ合格したらしたで、お祝いの言葉を心から送れそうですね。

しかし、ハリケンさんが担当されている以上にVIPなケースって・・・(笑)

コメントを投稿

業務日誌」カテゴリの最新記事