業務日誌

許せないヤツがいる 許せないことがある
だから倒れても倒れても立ち上がる立ち上がる
あいつの名はケアマネージャー

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

負けるもんか その3

2008年11月24日 | 業務日誌
※ し、白いワニだよ!!白いワニが襲ってくるんだよ!!←江口寿史覚えてます?


さて、野比しずかさんを実際に認定調査をしたのは、区役所から調査を受託したケアプランナー21センチュリーという、名前だけはやたらカッコいい事業所のケアマネ。
区役所のアホ職員でなかっただけマシかと思いましたが、それにしたって不安です。

ひがし区東部阿呆迂闊の海田およぐが代行申請からウチにふっていれば----------
区役所に調査依頼なんかしなければ-----------------------
ええい、考えるだけでも口惜しい。



さて、ここでやっと主治医山田のぼるドクターの登場です。

野比しずかさんの認定が下りるまで、一体何日かかったと思います?
ちなみに海田およぐが申請した日は8月21日。


9月も末になりました。
しずかさんは、多少?の混乱はあったもののなんとか要支援1のご主人と一緒にデイケアに通い始めていました。
野比さんのご主人やご家族は、しずかさんをもっとデイケアに行かせたいんです。
しかしご主人と一緒でないと行かない、と拒否される。
(ご主人は要支援1ですから、週に1日しか通所できません)

野比さん宅は自宅1階の店舗で雑貨屋さんを経営していますが、後継者不在のためここを今年いっぱいで閉めることになっています。
現在この雑貨屋『野比ショップ』は、閉店感謝半額セールの真っ最中。
しずかさんもお店番を手伝っています。
しかし、認知症のしずかさんがレジを打てば、980円の商品を1000円出して買おうとするお客に9020円のお釣りを渡してしまうし、逆に『半額』で買おうとするお客には
「お金が足りないよ!!」
と怒鳴る。
お客が
「ええっ、半額だと書いてあるじゃないですか!」
と言うと
「バカなこと言うんじゃないよ!半額なんかで売ったらウチはつぶれるわ!!」
と言い返す始末。
そんなやりとりを聞きつけて、慌てて従業員が飛んでくるという毎日。
もういっときも家においておけない状況なのです。

「ハリケンさん、ヨメの介護保険証はまだ出来ないんですか?」
のび太さんから電話がかかるたびに区役所に確認するのですが、そのたんびに
意見書未到着
の返答。
「すみませんね、もう何度も何度も先生に催促しているのですが…」
とボヤく区役所介護保険課の職員。
ご家族も心配です。切実です。崖っぷちです。
認定が出るまで週に1回の利用で我慢しているものの、しずかさんのおかげで店はめちゃくちゃです。
もし、もしもですよ。
海田さんが「ほぼ大丈夫ですよヌハハハ」と言ってくれたので大丈夫だとは思いますが、もし要支援に(なんか)なったらどうしますか?

私はご家族にそう聞いてみました。
すると即座に
区分変更をお願いします
のお答えが。
そりゃそうだ。
ナットク出来ないだろうし、困るだろう。
でも、見ず知らずの客にツケで品物を買わせたり、渡してもいないお釣りを「もう釣銭はやっただろうこの恥知らずが!!」と怒ったりしているしずかさんが、間違っても要支援になることなんかないだろう。
海田およぐのセリフじゃないが、ほぼ大丈夫だよねフハハハハハハ。



そして10月になりました。
意見書はまだ届かず、しずかさんは暫定でデイケア通所を続けることになりました。
トーゼン、ケアマネである私は心配で心配で仕方ないワケです。
もしも要支援になるなんてことになったらどうしよう。
10月のアタマくらいなら、1日の日付で区分変更を受け付けてくれるだろうか。
もしダメだったら、あのヒチ面倒くさい日割り計算というヤツをしなきゃならない(ハリケンはこれで返戻を出したことがあるもんで、苦手意識があったり拒否反応が出たりラジバンダリ)。
それより、要支援の区変だとまたまた調査は区役所がやることになる。
サラにそんなことより、主治医の山田先生は、こんなに遅れてもまだ意見書出さないのに、また区変で意見書作成依頼なんてことになったら
年内に判定出るだろうか。

ああ心配、ああ心配。
しかし待てど暮らせど来ぬ意見書。

そして

やっとのことで意見書が届いたのは

10月24日でした。

判定の結果は

要支援1。
要支援1。
要支援1!!

ガ━━Σ(゜Д゜|||)━━ン!!


ケアマネになってはや2年と半月。
このときほど
阿呆迂闊私怨を
憎んだことは
ありませんでした。


チキショ----------------------------------------------------!!!!!

どうしてくれよう、海田およぐ。


コメント (3)

負けるもんか その2

2008年11月21日 | 業務日誌
※ 寺社奉行さんへ/ガンダムのデコ、私には無理です…せめて拾い画像をお楽しみ下さい。

意見書の遅いことでは区で1番、なのにやたらと流行っている⇒患者多い⇒意見書依頼多いとゆーチョー厄介なドクター、山田のぼる先生(仮名)。
そして
能力があるんだかないんだかわからないが若くて人だけはよい⇒気安く仕事受ける⇒担当多いとゆー、これまたチョー厄介なひがし区東部阿呆迂闊私怨、海田およぐ(仮名)ケアマネ。
このふたりによって木の葉のように翻弄された、不幸なケアマネの物語の続編。


今年5月に、ウチの法人のデイケアを見学にやってきた利用者がおりました。
名前は野比のび太さん(仮名)78歳。
要支援1です。
デイケアの相談員が介護保険証を確認したところ、いまだケアマネが不在であることがわかりました。包括も入っていない。
ならばウチのケアマネにお世話させましょう、となり、私が面談することになりました。
しかし結果的に野比さんは、ウチのデイケアには通わないことに。
となると、正直この方を担当するウマみはナッシングなワケです。
当時私の担当する利用者は、介護給付だけで35人・要支援は5人おり、要支援の新規を持つ余裕はありませんでしたつかそのくらいなら要介護の人をもちたいし、いつか要介護のひとをふられたときにソク担当出来るように余力も必要。
そこで主任にも相談し、
『申し訳ないが、現在ウチは新規要支援(しかもウチの法人を利用しない人)を受託する余裕はない。よそのデイに行かれるのなら、そこに居介があるかもしれないので』
と、野比さんを包括にお返しすることにしました。

ただし、この野比さん、一見フツーの要支援ですが、ひとつだけ、ただの要支援と違ったところがありました。

実は野比さんの奥様は
要介護1・認知症
だったのです。←『奥様は魔女』のナレーション風にお読み下さい。
だもんで私は野比さんに
『もしも奥様が介護サービスをお使いになる際は、是非是非このハリケンをご指名下さい!!』
と言い置いて、野比家をあとにしたのでした。
もちろん包括にも
『野比さんは今回このような理由で担当をお引き受け出来ませんが、これも何かのご縁ですから、奥様がサービスを利用されるときは私が担当させていただきますよ』
ツバをつけるお知らせすることも忘れませんでした。

それから3ヶ月の月日が流れ、8月も末の頃。

ひがし区東部の阿呆迂闊私怨ケアマネ、海田およぐからハリケンに1本の電話が。
なんとあの野比さんの奥様が、デイケアに通いたいと言っているので、担当をお願いしたいという新規の紹介だったんです。

通いたいデイケアはウチではなく、ウチ見学のあと野比さんが通い始めた老健デイランラン園(仮称)。
それでも介護給付の利用者なら文句はない私です。
ヘタに担当利用者数に余力など残していると、いつまた要支援をふられるかわかったもんじゃない。少々キツい思いをしてでも、MAX40人介護給付で埋めたいんです。
そのくらいハリケンは要支援の担当がキライなんです。
いえいえ、要支援がキライなんじゃありませんよ。
阿呆迂闊が(以下自粛)

コホン、わかりました。担当いたしましょう。
このハリケンにお任せ下さい。
と、すぐさま初回面談に伺いましたとも。
怒涛のスピードで契約書作って。
旨の届けと資料請求承諾書の2点セットも忘れず持って。

3ヶ月ぶりにお会いした野比さん。
初めてお会いした野比さんの奥様しずかさん(仮名)74歳・要介護1。
ご挨拶もそこそこに、介護保険証に飛びつくと-----------------------

出てきたのは暫定資格者証でした。

ん?
認定期間が9月末までになっているじゃないスか。
ということは更新申請済みか。
野比さんのご家族に聞くと、もう認定調査は済んだとのこと。
一体誰がこれをやってくれたんだろう。

事務所に戻って海田およぐケアマネに確認すると、私に担当をふる少し前に、区役所に申請を済ませたとのこと。
「いきなり認定調査からやってもらうんじゃ、ハリケンさんに悪いと思ってテヘヘ」
と、親切でやりましたと言わんばかりです。
私は不安になりました。
「それは余計なことをしやがってド素人が大変ありがたいですが、海田さん、しずかさんは確実に要介護と認定されるんでしょうねえ。一面識もないような区役所職員が調査なんぞして、要支援に落とされるようなことはないでしょうねえぇぇ?」
とオドシをかけてみましたら、海田ケアマネは
「いやあ、かなりハッキリした認知症ですし、大丈夫っしょタハハハ。」
とカルく答えるんですわ。
「本当でしょうねええ?もしも要支援になったら海田さんにもってもらっていいですかあ?」
と聞くと、彼は
「い、いやあ、ボクもこれで相当担当もってるもんで、出来ればこのままハリケンさんに受託していただきたいと思ってますがナハハハ」
とヘラヘラ言うんです。
「はァ?だんなさんの野比さんを海田さんが担当して、奥様を受託だなんて、野比さんのご家族が不信感を持ちませんか?とはいえ、ウチはいっぺんに2人も新規要支援を担当する余裕なんかないですからね、もしもしずかさんが要支援になったら包括に返すってことでひとつお願いしますよ」

答えにつまって何も言えずにいる海田ケアマネ。
私は構わずそのまま「じゃ、そゆコトで」と電話を切りました。

だいたい、野比さんの奥様がサービスを利用する⇒新規利用者になるときは私が担当するんだと、ハナから決まっていたのに、ご家族だってそのつもりでいたのに、なんでわざわざ区役所なんぞに調査をふるんだ。
ウチの自治体は、過去に一度でも認定を受けたことのある利用者なら『純然たる新規とは見なさず』担当もしくは担当予定のケアマネが認定調査を受託できるんです。
最初っから、代行申請からウチにふればいいものを、手間を省いてくれようとしたのかなんだか知らんが、区役所に調査依頼なんかしやがるから
あとあとこんな
面倒なことに
なったんだ!!



                     あとあとの出来事は次回につづく



追記:きんちゃん、コメントありがとうございました。
   あの画像は確かにダ・ヴィンチでしたようでした(ハリケンってば無知)。
コメント

介護の日設立記念プレゼント当選者発表

2008年11月11日 | 重要事項説明書
※ いえ、このガンダムは私が作ったんではありません。オークションで見つけて思わず載せてしまいました。

思いがけず多数のご応募をいただきありがとうございました。
このようにいいかげんな、かつウソの多い当ブログを見ていてくださる方がこんなにいらっしゃったとは嬉しいかぎりです。
感激のあまり、思わずプレゼントを増量してしまいました。

名刺入れ部門 中アタリ

名刺入れ部門 小アタリ

ミラー部門 中アタリ

ミラー部門 小アタリ

抽選は、厳正かつ公正に行われました。
先進的な抽選ツール↓

このようにあみだを作って、テキトーにあたりを記入。

応募先着順に名前を書き込み。


とゆーワケで

高収入なケアマネにぴったり!スワロフスキー名刺入れ
当選者は はなさん!!
中アタリ さくらさん!!
小アタリ ちゃかぽんさん!!


身だしなみが大切!!セレブケアマネ専用デコミラー
当選者は たろすけさん!!
中アタリ syounosukeさん!!
小アタリ みちこさん!!


見事当選された方、gooメールにてまずご連絡下さい。
また、中アタリ・小アタリでもいい!という方もメールでお知らせ下さい。
いらねーよという方は放置して下さって結構です。
追ってハリケンより、発送のお手続きについてご連絡させていただきます!!

皆様、たくさんのご応募本当にありがとうございました。
残念ながら今回抽選にもれてしまった方ごめんなさい。
ハリケン、すっかり調子に乗りましたし、クリスマスにもデコグッズプレゼントキャンペーンを開催することにしましたので、是非またご応募下さいませ。
また、この企画には公正取引委員会はまったく関与しておりませんので、1度当選した方でもまた当選してしまうこともあります。ふるってご応募下さい♪















コメント (31)

負けるもんか その1

2008年11月08日 | 業務日誌
※ 左側ってダレでしたっけ。

悔悟の日記念企画当選者発表までもうすぐです。
『趣味ブログはほぼ毎日更新しとるやん!』
寺社奉行さんに突っ込まれてしまいましたガー、ええそのとおりですすみませんです。
実はもーすぐガキの小学校のバザーがありまして、その上、当法人の神である森の神様が、最近なぜかデコに目覚めてしまわれたらしく、名刺入れ・ファンデーションケースと立て続けにデコをオーダーなされるため、ホント毎晩スワロノック(ただひたすらにスワロフスキーを貼り続ける作業の意)なんですわ。
ひとつぶでも貼り間違えようものならあなた、森の神様のお手打ちですからあなた。
というわけで、介護の日までにはたぶん絶滅とかしてそうな予感のハリケンです。


さて。

ハリケンの苦手なお医者様ベスト3の発表です。
ダダダダダダダダダ(ドラムロール)。

第3位 字の汚いドクター。

入所診断書、読めません。
主治医意見書、読めません。
漢字、仮名、ひどいときには数字もわかりません。
いらいらします。キーッてなります。
日ペンの美子ちゃんでもやって、副詞や形容詞すべてカタカナで書くようになれよって思います(例:上達スゴク速い・今スグ始めてみて)。

第2位 横文字をたくさん使うドクター。

ひがし中央病院(仮称)のT医師。
ある日お電話いただきました。
どっか英語圏に留学して帰国間もないとは聞いてましたが、やたらめったら英語を挟むんです。
大手術をメジャーオペ(レーション)というなんてのはまだ許せるですガー、
「ひがしクリニックのビジティング・ナースが」
だの
「あの患者さんはクレバーだから」
だの言われるとなんかムカムカします。ギーッてなります。

しかし!!

どんな医者がおらりょーとも、第1位の方には敵いませんね!!

そうです!!

堂々の第1位は!!!!!
意見書の遅い医者
に決まってますね!!


ケアマネを何年かやってる方なら皆さん経験おありでしょうが、先日私も、あるドクターのおかげでどえらい目に遭ってしまいました。
いえ、実はドクターだけのせいではありません。
意見書の遅いことでは区で1番、なのにやたらと流行っている⇒患者多い⇒意見書依頼多いとゆーチョー厄介なドクター、山田のぼる先生(仮名)。
そこにくわえて
能力があるんだかないんだかわからないが若くて人だけはよい⇒気安く仕事受ける⇒担当多いとゆー、これまたチョー厄介なひがし区東部阿呆迂闊私怨、海田およぐ(仮名)ケアマネが関わってきたんでは、いかに優秀なハリケンでもとても太刀打ちできませんでしたわ。

このふたりのおかげで私、私、私、ホントにホントに壊れてました。

                               その2へつづく












コメント (1)

介護の日記念プレゼント企画

2008年11月01日 | 業務日誌
突然ですが。

厚生労働省においては、“介護について理解と認識を深め、介護従事者、介護サービス利用者及び介護家族を支援するとともに、利用者、家族、介護従事者、それらを取り巻く地域社会における支え合いや交流を促進する観点から、高齢者や障害者等に対する介護に関し、国民への啓発を重点的に実施するための日”として、「11月11日」を「介護の日」と決めました。
※ 平成20年7月27日の「福祉人材フォーラム」において、厚生労働大臣より発表しました。

介護の日。これはまさにケアマネという、選ばれた職業に従事する私たちに厚生労働省が与えてくれた祝福の宝石。
これを記念して、当ブログにて記念プレゼント企画をおったてました。

A:高収入なケアマネにぴったり!スワロフスキー名刺入れ

B:身だしなみが大切!!セレブケアマネ専用デコミラー

A・Bともに最高級スワロフスキーラインストーン使用。
どちらも、庶民の憧れ高額所得者であるケアマネージャーにしか使いこなせない逸品です。
※この企画は、ケアマネという職業が平成20年度『現役女子大生が選ぶ憧れの職業ランキング』で第一位を獲得した記念企画を兼ねています。


さあ!!ご応募ください!!
応募についてのご注意
・介護業に携わっている女性なら誰でも応募できます。つか、誰でもいいです。
・当選品の送付にあたり、ハリケンに住所を明かせる方限定です。
個人情報は決して悪用しません。
・トーゼンハリケンの住所もバレますのでリスクはフィフティフィフティです。
・海外発送はいたしません。


ご応募はコメント欄より、ハンドルネームで『A希望』『B希望』とご記入下さい。締め切りはだいたい11月9日あたりです(テキトー)。
11日当日に当選者を発表し、こちらからgooメールにてメッセージを送信いたします。


コメント (13)