業務日誌

許せないヤツがいる 許せないことがある
だから倒れても倒れても立ち上がる立ち上がる
あいつの名はケアマネージャー

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

DTN!! その9

2008年10月27日 | 業務日誌
期間が空きすぎてしまったもんで、もう愚痴みたくなってますがすみません。

結局ね、リュークですが、入院させてくれるところはなかったです。
限度額なんて知るかって具合にガンガンヘルパーを呼び出してくれるもんで、8月には200点ばかりオーバーもしましてね。
介護タクシーは、福祉タクシーのチケットが終了した時点で、ナマホ課に移送費の申請もしましたが、現金で戻ると支払わない可能性が高いので、直接タクシー会社に入金されるように手続きしました。
現在リュークはヤケドも治り、やっとフツーに生活できるようになりましたが、相変わらず私の抱える利用者さんの中でダントツの問題児です。
この10月に認定更新しましたので、もうすぐ結果が出ます。
今度は要介護4になってもらわなくては困るので、主治医とみっちり話し合いもしました。
審査会前に合計3度も介護保険課から電話で調査票の確認がありましたがその都度かみつかんばかりに必死に説明しました。
絶対絶対、要介護4になってもらわないと困るんです。

リューク、自分ひとりでは服薬ができません。
視力がすげー落ちてる上、指先の力がないので、クスリをシートから出すことが出来ません。
なのですぐ薄紙の袋に入れてもらうようにしたのですが、ポロポロ落としてしまうし拾うことも出来ない。
1回ぶんを小さな紙コップに入れてぱくっと飲めるようにしたりいろいろ工夫しましたが、まーもともと飲む気力もなけりゃ飲みたくもない薬ですから、やっぱり落としてしまって、リューク宅の床にはクスリがポロポロたくさん落ちています。
こんなリュークなのに、なぜか眠剤には異常なまでに依存しています。
最初デパスから始まって、リーゼ、レンドルミンとクスリを変えてったのですが、効かないと言ってまとめ飲みはするわ、落としてなくしたと言って自費購入までする。
これにはみんなどう対処していいものか悩んで、しまいにはHDのナースから
「リュークがまた眠剤くれって言うんだけど、ハリケンさん、出していい?」
と相談される始末。
うーん、うーん、結局出さないことにしましたが、そんなこんなでリュークは独居の限界をとうに超えてしまってるという気がします。
でも一体どうしたらいいんでしょ。
身寄りがなく、透析で、ナマホのリュークを受け入れてくれる施設なんかありませんし。
こんなケースはレアでもなんでもない、あり得ることですよね。
受け皿がなければ自宅で、サービスをどっさり投入してみていく他ない。
だとしたら私はケアマネとして、このリュークを、最後まで支援していく覚悟を決めなくてはなりません。
正直憂鬱です。
でもたぶん、厚生労働省が介護保険を、介護支援専門員を誕生させた理由のひとつはコレなんでしょう。
だとしたらやるしかないんでしょう。
やりゃいいんでしょ、やりゃ。やりますとも。



ハナシが飛びますが、先週、2箇所の阿呆迂闊私怨とトラブってしまいました。
次回はその愚痴をたっぷり吐き出します。


コメント (2)

忙しいんですホント。

2008年10月20日 | 業務日誌
はッ!!!!!!!

気がついたら約ひと月もブログ放置してた…

すみません、ホント忙しいんです。
仕事もアレなんですけど、PTAが…。

もうしばらくしたら落ち着きます。

それまでハリケンをどうか忘れないで下さい。





忙しい忙しいと言いながら、趣味のブログは定期的にUPしています。
それはそれなりに理由があるんですホントです。


ハリケンが平常モードに戻るまで、こちらのブログにもお越し下さい。

あ、でも、タイトルのギャルっぽさに吹き出したりはしないで下さい。

デコブログ FUCHSIA PINK

では再見!

コメント (1)