業務日誌

許せないヤツがいる 許せないことがある
だから倒れても倒れても立ち上がる立ち上がる
あいつの名はケアマネージャー

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

深く考えてませんでした 1

2007年12月17日 | 事例検討
コメントでご指摘いただきましたように、本文中におバカな計算間違いがございましたことをお詫びいたします。12/19更新。

ひがしヘルパーステーションとのゴタゴタはまだ継続中。

先日、併設ヘルステの歯くそに
「ハナシがあるんだけど」
と呼び止められ、相談(質問?)されたこと。

前々回のトピックに関連することです。
・利用者都合で90分⇒60分に時間短縮されたときには、ヘルパーの損失を補填していた。(つまり請求は60分で上げてきても、ヘルパーの実働時間は90分のままにして時給を与えていた)

このことに関しては、コメントでも書かせていただいたのですが、私は、介護サービスは、すべて実施(提供)されてナンボの仕事だと思ってます。
60分やっても90分のお給料がもらえるとしたら、悪徳ヘルパーは自己都合で仕事を短縮してしまいかねません。特にウチみたいな超悪徳ヘルステだったらと思うとおとろしや。
そういう不正を防ぐためにも、補填はすべきではないと私は思います。
実際私がヘルパーだったときも、お給料の保証なんてありませんでした。
ヘルパーに限らず訪問系の仕事はそんなもんなんです。
歩合で動く営業マンと同じですから、売れなければお金は入らないのが普通です。
もしもそんなこと=利用者の自己都合によるお休みや時間変更⇒が多いようなら、ケアマネがプランを変更すべきですよね。

話を元に戻して、歯くその相談とはこうでした。
(ちなみに、私の担当ケースではありません)

自宅に浴室のない利用者Gさん(女性)要介護3 独居 認知なし。
とっても不衛生で、まあゴミ屋敷といっても言いすぎではないお宅に住んでます。
居宅内はなんとか歩行移動出来ますが、屋外では車椅子などの介助なしでは外出できません。
ひがしヘルステのヘルパーが、週に2回の掃除と、週に2回の銭湯で入浴のための移動と介助に入っています。
生活3が2回と、身体2が2回です。

ところが、このGさんは、たいして清潔好きではありません。
外出もそんなに好きじゃない。なので通所での入浴がイヤで、銭湯で入浴介助となっているワケなのです。
で、入浴の予定の日には
「今日はお風呂には行かんでええわ」
となってしまうことがよくあるということなのですが---------------------

ここで、ケアマネさんやヘルパーさんに聞きたいことがあります。

外出や入浴の介助サービスが組んである利用者さんケースには
・雨が降って外出できない
・体調不良、気分不良で入浴できない
ことがときどきありますよね。

そんなとき、その日のサービスはどうしていますか?

身体介護のサービスが、やむを得ない理由で中止になった場合、居室の掃除とか他のサービスに変更するようになっていませんか。

買物の付き添いの「外出介助」が、ヘルパーのみの買物代行などに変更になる場合は別に構わないと思います(もともと必要があって買物に行くのですから、雨が降って利用者を連れて行けないとなればヘルパーが代行するのは必然ですよね)。
実際私もそんな利用者さんはいますし、居宅サ計画にも書いてます。

しかし、通院とか入浴とかの身体介護が、なにかの事情で生活援助に変更になるのってどうなのでしょうか。
たとえばこのGさんのように、前日もしくは前々日に掃除してあるお宅を、入浴が中止になったからってまた掃除する、なんて計画はどうでしょうか。

実際Gさん宅のサービスは、入浴が中止になったときは居室の掃除をすることとなっていました。
とっても不衛生な部屋なので、もともと週に2回程度の掃除では追いつかない。
だから入浴がない日にも掃除をしたほうがいい、という計画らしいです。

歯くそは言うんです。
もともとGさんはキレイ好きではない。
そりゃ汚い部屋に住んではいるけど、それはそれでGさんの生活スタイルなので掃除なんかしなくてもいいと思っているのに、ケアマネの感覚や価値観で汚いから掃除しろ、というのもおかしい。
しかし、それを「おかしい」と言えば、ケアマネは
「たとえ生活援助に変更になっても、仕事が無くなるよりはいいのでは?」
と返された、と。

「うーん」
歯くその話を聞いて、私はちょっと考えてしまいました。
今までもこんなケースはありましたが、恥ずかしいことに、私は特に疑問を感じたことはなかった。

身体2だと、ひがしの登録ヘルパーさんのペイは1500円。
生活3だと950×1.5で1425円です。
歯くそは常勤ですからお給料に影響はありませんが、登録さんだったら文句が出ても仕方ないかもしれません。
かといって、このような利用者さんを常勤だけに担当させるのも無理です。


私は、他のケアマネさんにこの話を聞いてどう思うか聞いてみたくなり、歯くそには返事を保留にして別れました。


                       つづく





コメント (10)

ハマってしまいました

2007年12月13日 | 個人情報
スワロフスキーをご存知ない方はいないでしょう。
実は今、ハリケンはデコ電にハマっています。

ハリケン制作・キティちゃんダイカットデコパーツ↓

au/w52pのパネルに、スワロとアクリルラインストーンでデコりました。
めちゃくちゃギラギラします(笑)。

現在キティちゃん3パターンと、ハートパターンでデコったものが出来上がっています。
このブログ読者の方で、ハリケンと同じ携帯(au/w52p)をお使いの方で、欲しい方がおられましたら無償でお分けします。
限定3個。色・パターンは選べませんのであしからず。
欲しい方がおられましたらメールでお知らせ下さい。
ただし、突然住所とか記載してきちゃダメですよ。
まずは「欲しい」「くれ」と書いてちょ。

ちなみにハリケン、ヤフオクでこの携帯のクリアパネルを10枚落札し、現在もせっせと制作中です。
セメダイン臭のせいで毎日クラクラしながら仕事に通っています(馬鹿)。

利用者さんにはまだこの携帯、見られていません。
もし見せたら何と言われるだろうか…



いつかやろうと思っているデコ文具↓





コメント (4)   トラックバック (1)

ゴネ得か

2007年12月08日 | 担当者会議
ご無沙汰していました。

ひがしケアプランは、たぶん私を殺す気です。
12月に入ってまだ1週間だというのに、新規利用者4人ふられました。
しかもそのうち3人予防。
予防が6人になってしまいました。
包括1ヶ所じゃないんですよ!
ひがし区東部1人、みなみ区北部2人、それにキタ区中部1人。
どないせーっちゅーねん。

新規のくるような時期でもないのにこの忙しさ。
そして、そのクソ忙しい中にまたまた巻き起こるクソ騒動。

そうです。
ハリケンの天敵であるクソ事業所、訪問介護のクソ溜め。
ひがしヘルステとの戦いがまた始まってしまったのです。



コトの起こりは、のどかな昼食時、オリーブが放ったひとことでした。

オリーブ:ねえハリケンさん、ここのヘルステは、予防の利用者さん宅のサービスでも、買物・外出や通院介助を行うと、身体介護のお給料をもらえるのでしょうか。

一緒に食事をしていた私とアイリン女史は内心
『なに言ってるのかしらオリーブったら。予防のヒト宅の派遣に身体介護ぶんのペイなんかするワケないのに』
と思いましたが、一体なぜオリーブがそんな質問をするのか聞いてみました。

そしたら、オリーブが

オリーブ:私の担当の予防の利用者さん宅に入っている登録ヘルパーさんは、予防の人でも身体介護をやっているのなら身体介護で(お給料を)申告してる、と言うんですよ。

と、不思議そうに言うんです。

そんなバカな。
そんなことしてたらヘルステはえらい減収じゃないですか。
事務長がそんなこと認めるはずはない。
なので私とアイリン女史は
「それはオリーブの勘違いですよ。」
と言い、そのハナシはそこで終り。

のハズでした。



どうしても納得できなかったオリーブが、その後目くそに確かめたんです。
そしたら目くそが
「事務長の許可をもらって、確かにそうしてる(予防宅でも身体介護をしたら、派遣されたヘルパーは身体介護のお給料をもらっている)」
と言うじゃありませんか。

その会話は居宅の事務所内でされたものだから、その場にいたケアマネ全員がぶったまげてしまいました。
まさかと思ったカニちゃんがその後事務長に確認してみると事務長は、私たちケアマネよりもさらにおったまげてしまい、すぐさま目くそを呼んでどういうことかと聞きました。
そしたら目くそ、ついさっきまで私たちケアマネに、堂々と
たとえ予防の利用者でも、外出や通院の介助があればやることは身体介護と同じ。だから身体介護のぶんのお給料を払っている
と言ったのに、事務長には
「いいえやっていません」
と答えたんです。

それを聞いたケアマネ一同、:( ゜д゜)ポカーン
目くそ、私たちの反応を見て「やぶぁい!」と思ったらしく、逃げたんですね。

もちろん事務長とカニちゃんはその日、無作為にある月の報告を選び出して調べましたが、たまたまその月は予防の人の外出が入っていなかった。
ヘルパーの業務記録と時間数、利用者の名前などをすべて突合するのはすげー面倒な作業ですから、全部の記録を調べるワケにはいかなかったんです。
そもそもヘルパーのお給料を計算して「身体○○時間○○分・生活○○時間○○分」というところまでにして出すのは目くそですから。
この件はそれで終りとなったかに思えました。
もちろん次の月から、目くそは慎重に記録を改ざんしてくることでしょう。

しかし、その後私が野ぐそや歯くそからこっそり事情聴取を行ったところ
まー出てくる出てくる、目くその不正の数々。
ざっと聞いただけでも
・利用者都合で休みになってしまったとき、利用者と示し合わせて報酬を請求していた。
・利用者都合で90分⇒60分に時間短縮されたときには、ヘルパーの損失を補填していた。
(つまり請求は60分で上げてきても、ヘルパーの実働時間は90分のままにして時給を与えていた)
・予防のお宅の外出支援も、やはり何度か、ヘルパーのお給料は身体で与えたことがある。
とゆー結果に。

しかも、そんな優遇にありつけるのは、ゴネたりスネたりキレたりする、タチの悪い登録ヘルパーだけなんです。
目くそはそんな登録さんたちを統率する能力がないってことです。

そして今日、アイリンさん担当の利用者宅に入っているヘルパーさんから
「○○さんはこんなに身体状況が悪いのになぜ予防なのか」
と聞かれた目くそが
「ケアマネの判断で決まる」
と答えていたらしいことがわかり、炎のケアマネアイリン女史が臨戦態勢に突入しました。

またしばらく、ひがしケアプランVSひがしヘルステ、荒れそうです。


コメント (4)