てのひらに太陽を

生涯、元気ハツラツOld Boy’s
70歳現役を目指し!
日々の気付きと思いと書き綴りたい
そんな気持ちのブログ

朝は、幸田露伴先生を読んでと思っていたが・・・

2008年05月01日 21時20分31秒 | Weblog
朝から、「洗心録」を読んでいた
こんな文章は、書けるものではない
含蓄に溢れた表現ばかりだと感心するばかり
と思いながら~

奥様から声がかかってきた!
玄関先の木に「毛虫」
この退治作戦に

昨日は風があったので薬をまくのを止めたが
きょうは、OKなのだ

私がやろうと思ったが、奥さんは「完全防備」の服装
手には手袋、頭もフードで防衛

薬を撒くのは奥様にまかした
私の声が大きかったらしく
近所の人が、「なにしとるん?」

その人と話していたら、そこの奥さんが出てきて
「なにしとるん?」

また話をしていたら、その隣の叔父さんが
「なにしとるん?」

オイオイ~

何匹、木から落ちてきたか
すごい数だった、また明日やることにした
そうすると、皆さんそれぞれ家に帰られた

「向こう三軒両隣」だね

図書館に行って、本を読もう
ヴォーヴナルグ「省察と箴言」

この本も、安岡先生が引用されている

  表現の明るさは、深い思想を美しくする

  曖昧は誤謬の住む国である

こんな、言葉が引用されていたと思う

ここから安岡先生は引用されたのかな
でも、この本は昭和23年発行の本だから
違うかなと、思いを広げつつ
こんな時間は楽しい!
と思って読んでいたが、「毛虫」の「毛虫退治」の
ことが気になって、本を探した

あるある
「庭木と害虫」とかいっぱいある

家に帰って、アマゾンにこの本を発注した
インターネットって便利じゃね~

すぐ行動しないと、奥様にナニ言われるか

シャキシャキ、明日も害虫噴霧の補助員
コメント