通訳案内士試験の<無料独学合格>を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

第2次口述試験問題(2013年~2018年)

2019年03月31日 05時04分45秒 | ●第2次口述試験の過去問

第2次口述試験問題(2013年~2018年)

下記は、2013年度から2018年度までのすべての第2次口述試験<通訳問題>と<プレゼン問題>(全外国語共通)を、年度別、時間帯別に整理したものです。

●下記のすべて、または、一部を無断で転載、使用することを固く禁じます。
Copyright © 2019 Hello Guide Academy All Rights Reserved.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第2次口述試験問題(2013年~2018年)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●凡例
(1)【10:00~11:00】は、出題された時間帯を示します。
(2)<通訳問題>の後の『日本の自然』などの名称は、私が便宜的に付けたものです。
(3)(「300選」P.16)は、「日本的事象英文説明300選」に掲載されているページを示します。

●第2次口述試験問題(2013年~2017年)のPDF(キレイに印刷できます)
http://hello.ac/2013.2017.pdf

━━━━━━━━━━━━━━
2018年度第2次口述試験問題
━━━━━━━━━━━━━━
【おことわり】
2018年度の<外国語訳問題>の後の質疑応答に関連して、試験官から<シチュエーション>と<条件>を示した用紙(A4版)を与えられますが、この<シチュエーション>と<条件>については、追って、公開させていただきます。

【お願い】
2018年度に受験した方で、下記の内容に間違いがあると思う方は、至急ご連絡いただけると大変ありがたいです。→ info@hello.ac

【金閣寺と浅草の<外国語訳の日本文>の出典が判明!!】
2018年度の【10:00~11:00】(金閣寺)と【16:30~17:30】(浅草)の<外国語訳の日本文>の出典が、『英語で説明する日本の観光名所100選』語研であることが判明しました。 
http://hello.ac/asakusa.kinkakuji.PDF 

【10:00~11:00】(その1)
●<外国語訳問題>(平等院鳳凰堂)
宇治平等院鳳凰堂は、古都京都の文化遺産のひとつとして世界文化遺産に登録されています。鳳凰堂は、池の中にある島の上に建てられています。建物の中には阿弥陀如来像があり、それは52体の供養菩薩像で囲まれています。その眺めは幻想的で、すばらしい極楽浄土を表しています。
●<プレゼン問題>
(1)正倉院
(2)集団登下校
(3)働き方改革

【10:00~11:00】(その2)
●<外国語訳問題>(金閣寺)
金閣寺は禅寺・鹿苑寺の境内に建つ金色の建物で、京都に17ある世界文化遺産の一つに指定されています。金閣寺は、回遊式庭園にある3階建ての建物で、2階と3階は純金箔で覆われています。創建時の建物は、戦後、放火により焼失しましたが、その数年後に再建されました。
(出典:『英語で説明する日本の観光名所100選』語研)
http://hello.ac/asakusa.kinkakuji.PDF 
●<プレゼン問題>
(1)鎌倉(P.20)
(2)無礼講
(3)スクランブル交差点

【11:00~12:00】(その1)
●<外国語訳問題>(和食A)
和食はユネスコ無形文化遺産に登録されています。一汁三菜を基本として、米を主食に、おかずと汁物で構成されています。自然や季節の行事に関連しており、健康にも良いと言われています。
●<プレゼン問題>
(1)根回し(P.118)
(2)除夜の鐘(P.96)
(3)太陽光発電

【11:00~12:00】(その2)
●<外国語訳問題>(和食B)
和食は、旬の食材を用いて調理するのが特徴です。天ぷら、寿司、すきやきは、日本を訪れる外国人旅行者に大変人気があります。もともと、和食は、貴族、僧侶、武士の食事でしたが、和食の本質的な魅力は、その作法の美しさや伝統にあり、中でも、寺の僧侶に育まれた精進料理は伝統的な和食の一つです。
●<プレゼン問題>
(1)日光東照宮(P.18)
(2)灯籠流し
(3)割り勘

【13:00~14:00】(その1)
●<外国語訳問題>(居酒屋)
日本には居酒屋というパブ風の飲食店があり、手頃な値段で、簡単なおつまみからボリュームのある肉料理まで用意されています。居酒屋は、グループでも一人でも楽しめます。
●<プレゼン問題>
(1)リボ払い
(2)流鏑馬
(3)猫カフェ

【13:00~14:00】(その2)
●<外国語訳問題>(ラーメン)
ラーメンは、元々中国から伝わった麺の料理です。最近では、日本で大変人気の食べ物で、海外でも人気があります。麺、具材、スープは、地方によって異なり、ご当地ラーメンと言われるものもあります。その手頃な値段から、ラーメンは観光客を惹きつける魅力の一つになっています。
●<プレゼン問題>
(1)元号
(2)盆踊り(P.90)
(3)路上喫煙

【14:00~15:00】(その1)
●<外国語訳問題>(旅館)
旅館は日本の伝統的な宿泊施設で、滞在しながら、日本文化と習慣に触れることができます。多くの旅館では、和室と食事、温泉、浴衣を提供します。夕食には、地元の食材を使った和食のコース料理が出されます。たいてい、宿泊料金には、夕食と朝食代が含まれています。
●<プレゼン問題>
(1)終活
(2)うち水
(3)食品サンプル

【14:00~15:00】(その2)
●<外国語訳問題>(刺青)
日本には公衆浴場がありますが、今では日帰り温泉もあって人気です。このような公衆浴場では、以前は、刺青をした人の入浴を断られてきました。しかし、最近では、公衆浴場や温泉でも入れ墨をしていても入れるように緩和されてきました。
●<プレゼン問題>
(1)琵琶湖
(2)ししおどし
(3)スタジオジブリ

【15:30~16:30】(その1)
●<外国語訳問題>(温泉)
日本は火山国で、2,000以上もの温泉があります。昔から、日本人は、病気療養や健康増進のために、温泉を利用してきました。露天風呂は、自然と触れ合うことができ国内外の観光客に人気です。長野県には、野生のサルが温泉に入る公園があり、このサルを見学するツアーが外国人旅行客に人気です。
●<プレゼン問題>
(1)水引
(2)鳥居(P.72)
(3)お花見(P.86)

【15:30~16:30】(その2)
●<外国語訳問題>(奈良)
奈良は、古くは日本の首都で平城京がおかれ、国際色豊かな天平文化が花開きました。歴史的、文化的遺産にめぐまれ、奈良にはいまも多くの寺院や神社があり、国宝の数は日本で最多を数えます。現在も年間を通じて多くの行事が行われ、国際観光都市として多くの観光客を集めています。
●<プレゼン問題>
(1)神対応
(2)三が日(P.80)
(3)グリーン車

【16:30~17:30】(その1)
●<外国語訳問題>(浅草)
浅草は、都内最古で最大の寺院である門前町として栄えてきました。山門の雷門は巨大な赤い提灯が浅草のランドマークとして非常に有名です。寺に延びる仲見世通りはには、土産物屋やお菓子屋がひしめき合い、多くの外国人観光客でいつも賑わっています。
(出典:『英語で説明する日本の観光名所100選』語研)
http://hello.ac/asakusa.kinkakuji.PDF 
●<プレゼン問題>
(1)杉玉
(2)賽銭箱(P.72)
(3)もんじゃ焼き

【16:30~17:30】(その2)
●<外国語訳問題>(京都)
京都には古都京都の文化財として世界遺産に登録されている寺院や神社、城郭が17か所あります。その多くが京都市内に点在しており、国宝となっているものもあります。それらの建造物や素晴らしい庭園は、多くの訪日外国人観光客を魅了しています。
●<プレゼン問題>
(1)リニアモーターカー
(2)彼岸(P.90)
(3)知床

━━━━━━━━━━━━━━
2017年度第2次口述試験問題
━━━━━━━━━━━━━━
【10:00~11:00】(その1)
●<通訳問題>カツ丼
カツ丼は、ご飯の上に、タレと卵でとじた豚カツを乗せた丼料理です。庶民的家庭料理ですが、外食としても人気があります。一般的なカツ丼は、一旦豚カツを作ってから玉ねぎとタレで軽く煮こんでからとき卵を入れ温かいご飯の上に乗せて食べます。
●<プレゼン問題>
(1)交番(「300選」P.112)
(2)奥入瀬渓流
(3)インスタ映え

【10:00~11:00】(その2)
●<通訳問題>梅雨
日本には、北海道を除き春と夏の間に梅雨と呼ばれる雨季があります。日本は南北に細長いので、梅雨は沖縄と東北では約1カ月ずれます。梅雨が終わると本格的な夏が来て、気温が上がります。梅雨は日本の農業、特に稲作にとって重要です。
●<プレゼン問題>
(1)たこ焼き(「300選」P.38)
(2)伏見稲荷
(3)待機児童問題

【11:00~12:00】(その1)
●<通訳問題>森ジブリ美術館
三鷹の森ジブリ美術館は、東京の三鷹市にある市立のアニメーション美術館です。館長は宮崎駿監督で、「となりのトトロ」や「魔女の宅急便」などの絵コンテを展示しています。台湾、香港、豪州(オーストラリアと読まれた受験者もいました)などから、多い時には一日1000人以上の訪日外国人が訪れます。
●<プレゼン問題>
(1)絵馬(「300選」P.76)
(2)燗酒
(3)シルバーウィーク

【11:00~12:00】(その2)
●<通訳問題>パクチー
パクチーは、独特な香りから好き嫌いが分かれます。近年の東南アジア料理の人気が高まるにつれ、専門レストランができたり、スーパーでも売られるようになりました。以前は中国語や英語で呼ばれていましたが、今ではタイ語でパクチーと呼ばれています。
●<プレゼン問題>
(1)前方後円墳
(2)夏祭り
(3)テレビ離れ

【13:00~14:00】(その1)
●<通訳問題>屋形船
屋形船は、船の上に屋根がついたもので、元々、貴族が舟遊びに使っていました。後になって、庶民が水上での飲食を楽しんだり、娯楽や観光に使うようになりました。今では、春には花見、夏には納涼や花火見物のために多くの人が利用しています。
●<プレゼン問題>
(1)宮内庁
(2)満員電車
(3)コミックマーケット

【13:00~14:00】(その2)
●<通訳問題>演歌
演歌は、日本人の心を歌う歌謡曲の一つのジャンルで、古くからあるものと思われがちですが、その歴史は意外と新しく1960年代に始まったと言われています。明治時代から戦前までは、ジャズやシャンソンといった外国音楽や唱歌、軍歌などが人気がありました。
●<プレゼン問題>
(1)神道(「300選」P.70)
(2)回転寿司(「300選」P.28)
(3)潮干狩り

【14:00~15:00】(その1)
●<通訳問題>道後温泉
道後温泉は、四国愛媛県松山市に湧出する温泉です。日本三古湯の一つとして、その存在は古代から知られ、万葉集にもその名が記されています。また、夏目漱石の小説「坊ちゃん」の舞台にも登場したことで有名で、愛媛県を代表する観光地となっています。共同浴場がある道後温泉本館は街のシンボルです。
●<プレゼン問題>
(1)門松(「300選」P.80)
(2)大相撲(「300選」P.64)
(3)ちらし寿司

【14:00~15:00】(その2)
●<通訳問題>プレミアムフライデー
プレミアムフライデーは、政府と経済界が作った政策で、月末の金曜日は仕事を早めに切り上げ退社し、買い物をしたり、友達と食事をしたり、旅行に出たりすることを促進する消費喚起が目的です。2017年2月24日から開始され、消費促進だけでなく、充実感を感じ、満足感の高い生活スタイルを構築することも目的です。
●<プレゼン問題>
(1)厳島神社
(2)割烹着
(3)夏目漱石

【16:00~17:00】(その1)
●<通訳問題>花火大会
日本では、花火大会が夏の風物詩です。7月から8月にかけて、各自治体で花火大会が開催されます。一部の地域では大きな花火大会がおこなわれます。特に、江戸中期からの伝統と格式がある東京の隅田川の花火大会は格別で、屋形船から見る花火はおすすめです。
●<プレゼン問題>
(1)千羽鶴(「300選」P.58)
(2)ジンギスカン
(3)民泊

【16:00~17:00】(その2)
●<通訳問題>ねぶた祭り
東北三大祭りの一つである青森のねぶた祭りは、8月上旬に行われます。歌舞伎をテーマにした人形の山車とともに、ハネトと呼ばれる踊り手が街を練り歩く大変勇壮な祭りです。最近では、ねぶた祭りはアメリカ、フランス、ブラジルでも行われており、国際交流に一役買っています。
●<プレゼン問題>
(1)お刺身(「300選」P.28)
(2)お歳暮(「300選」P.94)
(3)一富士二鷹三茄子

【17:00~18:00】(その1)
●<通訳問題>日光東照宮陽明門
日光東照宮の陽明門は、日本を代表する素晴らしい芸術作品で国宝にも指定されています。一日中見ていても飽きないので、ひぐらしの門とも呼ばれています。今年、44年ぶりに21回目の修復を終え、古代中国の故事や聖人をかたどった500以上の美しい彫刻がよみがえりました。
●<プレゼン問題>
(1)風呂敷(「300選」P.58)
(2)七草
(3)ドローン

【17:00~18:00】(その2)
●<通訳問題>摩周湖
摩周湖は北海道の東部に位置する湖です。火山の噴火によってできた窪地に水が溜まってできたカルデラ湖で、周囲は20キロメートル、最大水深は約212メートルあります。透明度がとても高く、青以外の光をあまり反射しないことから、よく晴れた日の湖面の色はとても美しい青色になり「摩周ブルー」と呼ばれています。
●<プレゼン問題>
(1)おせち料理(「300選」P.28)
(2)鯉のぼり(「300選」P.86)
(3)桜前線

━━━━━━━━━━━━━━
2016年度第2次口述試験問題
━━━━━━━━━━━━━━
【10:00~11:00】(その1)
●<通訳問題>そば
そばは厳しい気象条件の荒れ地でも育つことから、世界中に広く栽培されています。日本でも古くから食べられてきたもので、信州は冷涼でやせた土地が多く、良質なそばがとれたことからそばの名産地として知られていました。そばはそばがきやクレープのように食べられる例が世界的に多いのですが、日本独自の進化として麺状にして食べています。
●<プレゼン問題>
(1)盆栽(「300選」P.56)
(2)御朱印
(3)ラムサ-ル条約

【10:00~11:00】(その2)
●<通訳問題>干潟
日本各地の川の河口には干潟がたくさんあり、古くからのりの養殖などの漁業がさかんに行われてきました。しかし、臨海部の大都市で土地が不足しはじめると、工業用地や下水処理場などの施設をつくるために、干潟が大規模に埋め立てられることが多くなりました。このため現在は、とくに大都市の近郊で、干潟はほとんど姿を消しつつあります。
●<プレゼン問題>
(1)下駄(「300選」P.104)
(2)おばんざい料理
(3)日本の免税制度

【11:00~12:00】(その1)
●<通訳問題>鳥居
神社にお参りに行くと、最初に見えてくるのが「鳥居」です。「鳥居」は神聖な場所である神域への門です。語源は、「通り入る」がなまったという説や、日本最古の歴史書「古事記」に出てくる「鳥の止まり木」など、いくつか説があります。また造りや材質はさまざまで、地域や神社によって異なります。
●<プレゼン問題>
(1)ひな祭り(「300選」P.84)
(2)日本の世界遺産
(3)江戸城

【11:00~12:00】(その2)
●<通訳問題>眼鏡橋
長崎にある眼鏡橋は、アーチ形の石橋で中島川にかかっています。水面に写る二つの丸い輪が、眼鏡のように見えることから、そう呼ばれています。1960年に国の重要文化財に指定されました。1982年の大水害で一部崩壊しましたが、翌年には復元され、現在に至っています。
●<プレゼン問題>
(1)茶室の役割
(2)厄年
(3)国立西洋美術館

【13:00~14:00】(その1)
●<通訳問題>富士登山
富士山に登る人に対していくつかの禁止事項があります。花や実、昆虫を採取してはいけません。岩や溶岩を持ち帰ってはいけません。また位置を変えることも禁止です。決められたルート以外を通ってはいけません。岩や建物などへの落書き、火を焚いたり、テントを設営したりしてはいけません。登山者の動物を放すことも禁じられています。
●<プレゼン問題>
(1)川柳
(2)日本の城の種類
(3)人力車

【13:00~14:00】(その2)
●<通訳問題>酢飯
これから、寿司めしの作り方を説明します。まず、初めに、少し、米を硬めに炊きます。炊いたお米を、しゃもじで、寿司桶に移します。次に、寿司酢をしゃもじに伝うようにして、少しずつ、全体に行き渡るように、かけます。ここで、すぐに、混ぜないでください。5秒ほど、待ってから、やわらかく混ぜます。これは、米に、寿司酢を浸透させるためです。
●<プレゼン問題>
(1)合気道(「300選」P.62)
(2)神社(「300選」P.72)
(3)日本の家庭

【14:00~15:00】(その1)
●<通訳問題>山梨県のブドウ
山梨はフルーツの日本有数の生産地です。とりわけブドウの生産が盛んです。これは四方が山に囲まれた盆地気候によるものです。夏は暑く、冬は降水量が少ないブドウ栽培に適した気候によるものです。
●<プレゼン問題>
(1)お盆(「300選」P.90)
(2)江戸時代の身分制度
(3)鏡開き

【14:00~15:00】(その2)
●<通訳問題>チューリップ
富山平野では戦前から水田の裏作としてチューリップの球根を栽培してきました。チューリップの球根は国内だけでなく海外へも出荷されます。富山県の砺波市では毎年、となみチューリップフェアが4月から5月にかけて開催され、700種、300万本の色とりどりのチューリップが咲き乱れます。
●<プレゼン問題>
(1)天皇制度(「300選」P.123)
(2)高野山
(3)日本の国立公園

【15:30~16:30】(その1)
●<通訳問題>迎賓館
迎賓館、赤坂離宮は、かつて紀州徳川家の江戸中屋敷があった広大な敷地の一部に、1909年に東宮御所として建設されたもので、当時日本の一流建築家や美術工芸家が総力を挙げて建設した日本における唯一のネオ・バロック様式の西洋風宮殿建築です。
●<プレゼン問題>
(1)振袖(「300選」P.102)
(2)和紙
(3)グリーンツーリズム

【15:30~16:30】(その2)
●<通訳問題>日本橋
日本橋は文化財にも指定されている古い橋です。被るように高速があります。首都高は1964年の東京オリンピックを目指して建設されました。それは現在も大都市東京の大動脈です。日本橋は文化財に指定されている橋です。しかし、現在、日本橋の上は高速道路で覆われています。高速道路は1964年の東京オリンピックの年に整備されましたが、いまでも首都の重要な大動脈として機能しています。
●<プレゼン問題>
(1)初詣(「300選」P.82)
(2)七夕(「300選」P.88)
(3)文化の日(「300選」P.92)

【16:30~17:30】(その1)
●<通訳問題>偕楽園
偕楽園は金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ「日本三名園」のひとつで、1842年に水戸藩第九代藩主徳川斉昭によって造園されました。斉昭は、千波湖(せんばこ)に臨む七面山(しちめんさん)を切り開き、領内の民と偕(とも)に楽しむ場にしたいと願い、「偕楽園」をつくりました。
●<プレゼン問題>
(1)納豆(「300選」P.38)
(2)七五三(「300選」P.92)
(3)お伊勢参り

【16:30~17:30】(その2)
●<通訳問題>大阪
古来から、大阪はあらゆる地方から人が集まってくる場所。交通量の多い瀬戸内海と、内陸から大阪湾に向かって流れる川が合流する地点にある大阪。大昔、まだまだ電車や車が走っていなかった頃から、経済の中心地として発展し、アジア全域からの貿易商や旅人を迎える日本の玄関となっていました。
●<プレゼン問題>
(1)漆器(「300選」P.52)
(2)提灯(「300選」P.108)
(3)駅の自動改札
 
━━━━━━━━━━━━━━
2015年度第2次口述試験問題
━━━━━━━━━━━━━━
【10:00~11:00】(その1)
●<通訳問題>福岡県の看板
福岡県では、看板やバスの行先を示す表示などが中国語、韓国語、英語で書かれていることが多く、昔から中国や朝鮮半島と関係があったことに由来しています。また、防塁遺跡などの元寇に関連した史跡等、中国や朝鮮と歴史的に関連した史跡も多く見られます。
●<プレゼン問題>
(1)招き猫(「300選」P.58)
(2)小京都
(3)軍師

【10:00~11:00】(その2)
●<通訳問題>戻ってきた財布
外国人の友達が電車の中で財布を忘れましたが、後日、その財布が戻ってきました。日本の治安の良さ、日本人の親切さに感動したとSNSに投稿したら、世界中からたくさん反響がありました。私は日本人であることに誇り思いました。
●<プレゼン問題>
(1)札幌雪まつり(「300選」P.82)
(2)恵方巻き
(3)日本の数字の数え方

【10:00~11:00】(その3)
●<通訳問題>東京湾の埋め立て地
東京湾の埋め立て地は、かつては工場や港湾施設が立ち並んでいましたが、現在では、オフィスビルや高層住宅、レジャー施設などが多く見られるようになりました。
●<プレゼン問題>
(1)カプセルホテル(「300選」P.18)
(2)一万円札に描かれた人物
(3)ゴールデンルート

【10:00~11:00】(その4)
●<通訳問題>着物
一口に着物と言っても、さまざまな種類があり、着て行く場所、着る人の年齢などにより素材、袖の長さ、模様やランクが分けられています。着物には格式があるので、カジュアルな着物をフォーマルな場所で着ないように、気をつけなければいけません。
●<プレゼン問題>
(1)火祭り
(2)お受験
(3)仏像の種類と特徴

【11:00~12:00】(その1)
●<通訳問題>駅弁
駅弁は駅や車内で売られている弁当です。郷土色豊かな食材を使ったものもあります。冷めても美味しく食べられるように様々な工夫がされており、中には、化学反応を利用して温められるものもあります。
●<プレゼン問題>
(1)のれん(「300選」P.106)
(2)家元制度
(3)渋谷スクランブル交差点

【11:00~12:00】(その2)
●<通訳問題>山梨県
山梨県は山に囲まれているのに、なぜ「山なし」県と呼ばれるのでしょうか。一説には、山梨は、山また山、山成す地であることからきているとのことです。山がたくさんあるのに、「山梨県」とは大変興味深い。
●<プレゼン問題>
(1)銭湯(「300選」P.112)
(2)書院造
(3)出羽三山

【11:00~12:00】(その3)
●<通訳問題>町人文化
17世紀後半から18世紀前半にかけては、平和な時代で、大坂や京都で町人文化が栄えました。歌舞伎が発達し、人形浄瑠璃や俳句とともに庶民の間で流行しました。

●<プレゼン問題>
(1)日本の湖
(2)聖徳太子
(3)一年を表す漢字

【11:00~12:00】(その4)
●<通訳問題>灘の酒
神戸の灘は昔から酒造りで有名なところです。灘の酒が美味しい理由は、六甲山系から流れる宮水と呼ばれる良質な水と近隣でとれる良質な米、丹波の杜氏の優れた技術があるからです。
●<プレゼン問題>
(1)西国三十三箇所
(2)大奥
(3)流行語大賞

【13:00~14:00】(その1)
●<通訳問題>扇子
芸者さんが踊りに欠かすことのできない扇子は、もともと九世紀に朝鮮から伝わったもので、高貴な女性が顔を隠すのに使われたうちわのようなものでした。これは、木で出来ていて重かったので、木の枠に紙を張って軽くし、折り畳んで持ち歩けるように改良されました。
●<プレゼン問題>
(1)日本で人気のスポーツ(「300選」P.62)
(2)鍋料理
(3)ししおどし

【13:00~14:00】(その2)
●<通訳問題>ラジオ体操
日本には、ラジオ体操という、ラジオから流れる音楽あるいは号令にあわせて行う体操があります。ラジオ体操は、工場や工事現場で始業前に行われたり、また、小学生の子供たちが早起きの習慣をつけるために、夏休みの早朝に近くの公園などに集まって行われます。
●<プレゼン問題>
(1)合掌造り
(2)金沢の名産品
(3)坂本龍馬

【13:00~14:00】(その3)
●<通訳問題>日本の城
日本の城の多くは堀に囲まれています。これは、敵の侵入を防ぐためだけではなく、適度な距離を取ることで、敵の矢や鉄砲が届かないようにする工夫でした。
●<プレゼン問題>
(1)冬至
(2)けん玉
(3)街コン

【13:00~14:00】(その4)
●<通訳問題>野猿公苑
長野県の地獄谷にある野猿公苑は、猿が温泉につかるので有名です。これは、開発による山林の伐採などによって、住む場所を追われたサルたちが人里に降りて作物を荒らしたため、餌場として公苑を作ったのが始まりです。
●<プレゼン問題>
(1)日本の城の種類とその特徴
(2)鬼
(3)日本のバレンタインデー

【14:00~15:00】(その1)
●<通訳問題>神道
日本古来の宗教である神道では、神々は山や森の木々に宿ると考えられ、参道の両側に広がる森は神の領域とされています。大きく息を吸って、この神聖な空気を味わってください。
●<プレゼン問題>
(1)お茶漬け(「300選」P.34)
(2)新撰組
(3)日本の野生動物

【14:00~15:00】(その2)
●<通訳問題>日本の家電製品
日本の家電製品は信頼性が高く、海外でもよく知られています。また、最近では、日本を訪れる外国人観光客の中で、母国へのお土産として日本の家電製品を買う人が増えています。そのため、家電量販店では様々な外国語を話せるスタッフを雇って対応しています。
●<プレゼン問題>
(1)漆器(「300選」P.52)
(2)風林火山
(3)田んぼアート

【14:00~15:00】(その3)
●<通訳問題>築地市場
築地市場は、1日8,800トンの水産物、野菜、果物を扱う世界的にも巨大な市場で、この分量が1日で取引され、東京の胃袋を支えているのは驚くべきことです。
●<プレゼン問題>
(1)お地蔵さん(「300選」P.76)
(2)立山黒部アルペンルート
(3)徳川家康

【14:00~15:00】(その4)
●<通訳問題>おせち料理
おせち料理には、縁起の良いものが入れられます。穴から将来を見通せるようにれんこん、一生懸命に通じるマメで元気さを表す黒豆、子孫繁栄を願う数の子などです。
●<プレゼン問題>
(1)千円札に描かれた人物
(2)地下足袋
(3)道の駅

【15:30~16:30】(その1)
●<通訳問題>忍者
忍者には主に二つの使命がありました。一つは、敵陣に忍び込んで破壊工作や要人を暗殺すること。もう一つは、一般人を装い、謀略活動やスパイ活動をすることでした。
●<プレゼン問題>
(1)忍者
(2)神楽
(3)日本の蒸気機関車

【15:30~16:30】(その2)
●<通訳問題>和食
2013年に、和食がユネスコの無形文化遺産に登録され、和食は世界中から注目されるようになりました。訪日外国人観光客が増える中、日本食レストランは、品質や値段だけではなく、おもてなしという付加価値を高めようとしています。
●<プレゼン問題>
(1)日本のミュージカル
(2)路面電車
(3)卑弥呼

【15:30~16:30】(その3)
●<通訳問題>歴史的地区
現在、京都の祇園などの歴史的地区では、電柱や電線は地下に埋められ、コンビニやファーストフード店の看板も落ち着いた色にするなど、景観に配慮した様々な取り組みが行われています。
●<プレゼン問題>
(1)金閣寺の構造
(2)中山道
(3)日本のアイドル

【15:30~16:30】(その4)
●<通訳問題>青森県のりんご
青森県は、気温が低いので、それに耐えるりんごの栽培が盛んです。消費者が、より甘く、みずみずしいりんごを求めるので、りんご農家は、品種改良によって、様々な種類のりんごを作り出しました。
●<プレゼン問題>
(1)高山祭
(2)殺陣
(3)東海道五十三次

【16:30~17:30】(その1)
●<通訳問題>相撲力士
力士は、土俵にあがる前に、身を清めるために水で口をすすぎ、塩をまいて土俵を清め、悪霊と邪気を地面に踏みつけるために四股を踏み、最後に、神への挨拶として柏手を打ちます。
●<プレゼン問題>
(1)懐石料理(「300選」P.28)
(2)出雲大社
(3)源氏物語

【16:30~17:30】(その1)
●<通訳問題>歌舞伎
歌舞伎は踊り、鮮やかな服装と舞台が融合した伝統芸能です。セリから女形が登場し、回り舞台で踊りながら花道を通る。花道は観客席に近く、歌舞伎を堪能できます。
●<プレゼン問題>
(1)おでん(「300選」P.30)
(2)日本人のくせ
(3)ナマハゲ

【16:30~17:30】(その2)
●<通訳問題>日本建築
日本建築は、座敷に座ったときの目線を基準に、すべてが設計されています。庭でさえも、目線の高さを意識して作られており、部屋に座って、縁側越しに見る鴨居と敷居と障子またはふすまで四角く切り取られた風景は、まるで一幅の絵画のようです。
●<プレゼン問題>
(1)精進料理(「300選」P.34)
(2)棚田
(3)打ち水

【16:30~17:30】(その3)
●<通訳問題>桜
日本人は桜が大好きです。春になってあたたかくなると、桜は一斉に花を咲かせます。満開の桜は、それはそれは見事です。でも、一週間たつと、一斉に散ってしまいます。その散り際の潔さが、日本の武士道に通じるものがあり、桜は日本人に好まれているのです。
●<プレゼン問題>
(1)風鈴(「300選」P.106)
(2)日本のハロウィン
(3)血液型

【16:30~17:30】(その4)
●<通訳問題>源氏物語
源氏物語は、11世紀初めに書かれた全54巻からなる長編小説です。天皇の皇子である光源氏という架空の人物と多くの女性たちとの恋愛を描いた物語です。登場する女性の数は400人にも上ります。
●<プレゼン問題>
(1)お彼岸(「300選」P.90)
(2)優先席
(3)デパ地下

【16:30~17:30】(その5)
●<通訳問題>古墳
3世紀頃の日本では、高貴な人が亡くなると古墳と呼ばれる小山の墓を造りました。棺とともに、鏡、玉、剣、農具、馬具などが副葬品として納められました。
●<プレゼン問題>
(1)横綱
(2)付き出し
(3)おすすめの日本のおみやげ
 
━━━━━━━━━━━━━━
2014年度第2次口述試験問題
━━━━━━━━━━━━━━
【10:00~11:00】
●<通訳問題>日本の祭り
日本の祭りは、元々は、豊作の祈願や感謝など農業や人々の生活と深い関係がありました。現在は、その多くが観光客を呼び寄せ、地域興しを目的として行われています。
●<プレゼン問題>
(1)初詣(「300選」P.82)
(2)明治維新
(3)日本アルプス

【11:00~12:00】
●<通訳問題>日本の城
日本の城には天守閣があり、戦闘用の要塞でした。城主や家臣は、城の中の御殿に住んでいました。美しい天守閣は権力の象徴でもありました。
●<プレゼン問題>
(1)古墳(「300選」P.8)
(2)風鈴(「300選」P.106)
(3)日本の自然災害について

【13:00~14:00】
●<通訳問題>ICカード
日本の交通網を利用するときは、ICカードの利用が便利です。事前にチャージしておけば、全国ほとんどの電車やバスが、一枚のICカードで利用できます。
●<プレゼン問題>
(1)鎖国(「300選」P.12)
(2)日本三景(「300選」P.22)
(3)宝くじ(「300選」P.110)

【14:00~15:00】
●<通訳問題>白川郷
岐阜県の白川郷に見られる合掌造りは、雪の多い地域でよく見られる建築方式です。急な傾斜をつけた屋根は、雪が滑り落ちて、雪の重みで家がつぶれないための工夫です。

●<プレゼン問題>
(1)厄年
(2)高野山
(3)日本における最大の木造建築

【15:30~16:30】
●<通訳問題>ひらがなとカタカナ
現在日本で使用されている文字に表音文字であるひらがなとカタカナがあります。これらの文字は2世紀から3世紀に中国から伝わった表意文字の漢字の一部を抜き出したり、簡素化して作られました。
●<プレゼン問題>
(1)ハッピーマンデーについて
(2)黒船について
(3)北陸新幹線について

【16:30~18:00】
●<通訳問題>マナー
日本では、お茶を飲む時だけではなく、麺類を食べるときや、汁物を飲む時にも、わざと音をたてます。これは主人にたいして、美味しいという気持ちを伝えるためで、日本では正しいマナーなのです。
●<プレゼン問題>
(1)福袋
(2)東海道五十三次
(3)草津温泉の特徴と行き方
 
━━━━━━━━━━━━━━
2013年度第2次口述試験問題
━━━━━━━━━━━━━━
【10:00~11:00】
●<通訳問題>日本の自然
日本は、四方が海に囲まれており、国土の7割が山地で、七つの火山帯があります。日本の川は、川幅が狭く急流で、海に注ぐ所に平野を形成しています。
●<プレゼン問題>
(1)旅館について(「300選」P.16)
(2)浮世絵について(「300選」P.52)
(3)東京が日本の他の地域と異なる点について

【11:00~12:00】
●<通訳問題>秋葉原
東京の秋葉原は日本最大の家電商店街です。600以上の専門店が立ち並び、国内外から多くの人が訪れます。また、アニメのキャラクターのコスプレをしたウェイトレスがいるメイドカフェも人気です。
●<プレゼン問題>
(1)日本の宗教について
(2)温泉に入る時に気をつけること(「300選」P.70)
(3)日本の季節ごと見られる草花について

【13:00~14:00】
●<通訳問題>新幹線
東京オリンピックが開催された1964年に、新幹線が開通しました。当時は世界一の速さで、世界が注目しました。現在、新幹線は8路線が運行されていますが、さらに、全国の主要都市をつなぐ計画が進行中です。
●<プレゼン問題>
(1)居酒屋について(「300選」P.42)
(2)日本の伝統芸能について(「300選」P.44)
(3)2011年の東日本大震災の最も被害を受けた地域とその現状について

【14:00~15:00】
●<通訳問題>祇園祭
祇園祭は、京都三大祭の一つで、7世紀に疫病を払うために始まりました。7月1日から1ヶ月間行われますが、17日には、山鉾巡行が執り行われ、32基の山車が京都の街を練り歩く様は圧巻です。
●<プレゼン問題>
(1)侍について(「300選」P.10)
(2)日本で年末年始に行われること(「300選」P.80・82・94・96)
(3)日本でお薦めのスキ―場

【15:30~16:30】
●<通訳問題>温泉
日本人の余暇の過ごし方で、最も人気があることの一つは温泉旅館に行くことです。温泉は、さまざまな病気の治療に効き目があると言われています。山々を見ながら、露天風呂に浸かることが好きな人もいます。
●<プレゼン問題>
(1)富士山(「300選」P.18)
(2)絵馬について(「300選」P.76)
(3)19世紀の日本に起こった大きな変化について

【16:30~18:00】
●<通訳問題>浮世絵)
浮世絵は、江戸時代に庶民の間で人気があった風俗画で、大量生産が可能な木版画でした。浮世絵は、19世紀のヨーロッパの印象派の画家であるヴァン・ゴッホなどに強い影響を与えました。
●<プレゼン問題>
(1)新幹線について(「300選」P.16)
(2)江戸について
(3)東北の魅力的なスポットについて

━━━━━━━━━━━━━━
「日本的事象英文説明300選」からの出題
━━━━━━━━━━━━━━
「日本的事象英文説明300選」から、2013年度~2017年度の5年間に、合計58題が出題されました。
凡例:(P.10)は、「日本的事象英文説明300選」に掲載されているページを示します。

●2013年度(10題出題)
侍について(P.10)
旅館について(P.16)
新幹線について(P.16)
富士山(P.18)
居酒屋について(P.42)
日本の伝統芸能について(P.44)
浮世絵について(P.52)
日本の宗教について(P.70)
絵馬について(P.76)
日本で年末年始に行われること(「300選」P.80・82・94・96)

●2014年度(6題出題)
古墳(P.8)
鎖国(P.12)
日本三景(P.22)
初詣(P.82)
風鈴(P.106)
宝くじ(P.110)

●2015年度(14題出題)
カプセルホテル(P.18)
懐石料理(P.28)
おでん(P.30)
お茶漬け(P.34)
精進料理(P.34)
漆器(P.52)
招き猫(P.58)
日本で人気のスポーツ(P.62)
お地蔵さん(P.76)
札幌雪まつり(P.82)
お彼岸(P.90)
風鈴(P.106)
のれん(P.106)
銭湯(P.112)

●2016年度(15題出題)
納豆(P.38)
漆器(P.52)
盆栽(P.56)
合気道(P.62)
神社(P.72)
初詣(P.82)
ひな祭り(P.84)
七夕(P.88)
お盆(P.90)
文化の日(P.92)
七五三(P.92)
振袖(P.102)
提灯(P.108)
下駄(P.104)
天皇制度(P.123)

●2017年度(13題出題)
交番(P.112)
たこ焼き(P.38)
絵馬(P.76)
神道(P.70)
回転寿司(P.28)
門松(P.80)
大相撲(P.64)
千羽鶴(P.58)
お刺身(P.28)
お歳暮(P.94)
風呂敷(P.58)
おせち料理(P.28)
鯉のぼり(P.86)

●「日本的事象英文説明300選」の購入申込み方法
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最新の<受験情報>をご希望の方は。。。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私が、頻繁に配信する<通訳案内士試験受験情報>(メルマガ)に是非ご登録ください。(無料)

・バックナンバー
http://e9.wingmailer.com/wingmailer/backnumber.cgi?id=E741

・登録サイト
http://www.hello.ac/mailmag/mailmag.php

以上

以上

コメント

2019年度無料独学合格に役立つ2018年度<合格体験記>のご紹介(その19)

2019年03月31日 02時57分43秒 | ●2018年度<合格体験記>

2019年度無料独学合格に役立つ2018年度<合格体験記>のご紹介(その19) 

●私は、絶対に無料独学合格します! 

無料独学合格するには、無料独学合格した方の体験記を参考にすることが一番です! 

今回は、2019年度無料独学合格に役立つ2018年度<合格体験記>のご紹介(その19)をお送りします。 

あなたは、無料独学合格したいですか? 

それとも、無駄に高い授業料を払って予備校に行きますか? 

創立以来、一万人以上の合格者を輩出してきたハロー通訳アカデミーの無料<動画・資料>で、無料独学合格を果たしてください! 

●すべての2018年度<合格体験記>は、下記をご覧ください。 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/6a82b85065bd867c005ab7a3e9ff9112 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
本日の格言 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

「私は現在に自己のすべてを賭けている-1枚のトランプに人が大金を賭けるように。 私は現在をそっくりそのままで、できるだけ高価なものにしようと努力しているのだ」ゲーテ 

「気分がどうのこうのといって、何になりますか。ぐずぐずしている人間に気分なんか湧きはしません。今日できないようなら、明日も駄目です。一日だって、無駄に過ごしてはいけません」ゲーテ 

「千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を練とす」宮本武蔵 

「人生とは自転車のようなものだ。倒れないようにするには走らなければならない」アルベルト・アインシュタイン(かのアインシュタインでも倒れそうになったことがあったとは!) 

●決心する重要性(植山源一郎) 
https://www.youtube.com/watch?v=oXF9u2_7tgA&feature=youtu.be 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
2018年度<合格体験記>(38)(英語) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●植山先生 
1年間親身のご指導頂きどうも有難うございました。お陰様で一発合格できました。一重にハローの素晴らしい教材と先生のセミナー及び動画で発せられておられた心に沁み渡り、また刻まれた数々の叱咤激励のお言葉のお陰と心より感謝しております。 
思えば昨年1月開催された「通訳ガイドで食べていく方法」セミナーをいきなり受講した際に2017年合格したばかりの方々が半数以上おられて、その希望に燃える瞳と植山先生への厚い信頼を肌身に感じ、かつ絶対合格するんだと「決心」したことが今回の合格につながったと思います。 
このセミナーは決して合格してから受講するだけのものではなく、これから受験してみたいと漠然と考えておられる方にも是非お薦めしたいと思います。 

●ハローとの関係:メルマガ読者+セミナー参加者+無料動画利用者+教材利用者 

①受験の動機 
長年商社マンとして海外駐在したり、いろいろな国々の方をアテンドしたりされたりという仕事をしてきました。60歳定年後を考えた時、今まで食べてこられたのは外国の方々に支えられたお陰と感謝し、ついては第二の人生はお世話になった外国人の方になにか恩返しが出来て、かつ社会に貢献できる仕事をしたいと思い受験を決意しました。 

②第1次試験対策 

〈英語〉73点 

ハローの無料教材では唯一英語筆記試験対策〈教本A〉〈教本B〉を出力したものの実際〈教本A〉4講座しか勉強しない劣等生でした。 
内容は大変充実しているので、全16+16=32講座しっかり勉強しておけば、もっと自信をもって試験に臨めたと思います。 

「日本的事象英文説明300選」は昨年1月セミナー参加時に早速購入し、昼休みとか空き時間をみつけて根気よく1頁ずつ試験まで3回程繰り返し読み込みました。 
CDは遅れ馳せながら5月のセミナー参加時に2次試験対策用に追加購入しましたが1次試験までは全く聞きませんでした。 
後はTOEIC900点対策用の単語帳を購入して1回読んで知らなかったり、忘れていた語彙をさらいました。 

 <第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/711462afa4fdc4cd349cf4ad68891db8 
 <無料動画学習コーナー>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667 
 <無料音声学習コーナー>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/6e31df702f013d8b758d47dcb48ec919 
 「日本的事象英文説明300選」(本+CD)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154 


〈日本地理〉74点 

どうせ日本地理を勉強し直すなら総合旅行業務取扱管理者と国内旅行業務取扱管理者試験も受験しようと思い、通訳案内士過去問含めそれぞれ2013年と14年の2年分だけ先にやってみて自分の弱みを洗い出しました。  
その上で結構細かいことまで問われる国内旅行業務取扱管理者の受験参考書の日本地理を勉強しつつ昭文社の「旅地図日本」が観光地の写真入りで紹介されていて記憶しやすかったので暇をみつけては北は北海道から虱潰しに読み込んでいきました。 
仕上げは直前セミナーに出席し、過去問3年分の植山先生の解説をお聞きしつつ、重点ポイントを確認して試験直前まで直前セミナー用資料を読んでおりました。 

 <第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/711462afa4fdc4cd349cf4ad68891db8 
 <直前対策セミナー>(日本地理資料)→ http://hello.ac/2018.geo.seminar.pdf 
 <日本地理動画>→ https://youtu.be/tPXvP4yETwk 


〈日本歴史〉78点 

元々日本歴史は大好きだったので、日本地理同様2013年と14年の過去問だけ先にやってみて弱みを把握した上で、2017年試験対策用の過去動画と資料を暇をみつけてはもっぱら読み込んでいました。 
仕上げは直前セミナーには仕事の都合で出席できなかったのですが、セミナー終了後わずか1日半で公開頂いた動画と直前資料を徹底的に読み込みました。 
特にお寺と神社、世界遺産、京都と奈良に関する事象を中心に復習しました。 
ハローの教材と奇跡的に保存していた高校時代の日本歴史参考書しか目を通しませんでしたが十分だと思います。 

 <第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/711462afa4fdc4cd349cf4ad68891db8 
 <直前対策セミナー>(日本歴史資料)→ http://www.hello.ac/2018.his.seminar.pdf 
 <日本歴史動画>→https://youtu.be/Y2YSS7LDJUo 


〈通訳案内業務〉46点 

観光丁研修テキストを全頁3回熟読し、かつ直前対策資料も3回熟読しました。正直これしかやりませんでしたが、直前資料の精度が高く的確ですのでこれで効率的に勉強できました。 

 <直前対策セミナー>(通訳案内の実務資料) → http://hello.ac/2018.jitumu.seminar.pdf 
 <通訳案内の実務動画> → https://youtu.be/O6_IUPFXsIk 
 <観光庁研修テキスト> → http://hello.ac/jitumu.122.pdf 

観光白書を2回閲覧し、気になったところを試験前に読み返したくらいです。出題範囲が広すぎるので、あとは新聞を毎日読んでTVのニュースや文化、芸能、スポーツ等の話題も気にしながら過ごしました。 

 <第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/711462afa4fdc4cd349cf4ad68891db8 
 <平成30年度観光白書(要旨)→ http://hello.ac/hakusho30.youshi.pdf 


③第2次試験対策 

「日本的事象英文説明300選」のCDが大活躍しました。 
実際は10月中旬からですが、車の中でも家の中でも常にCDを流しっぱなしにし、声に出して復唱しました。ラジオを聞くときは昔から親しんでいるFEN(在日米軍放送)、TVを観る時は出来るだけ副音声の英語といった具合に、気分転換もすべて英語でやることで英語漬けの環境をつくりました。 
また有馬温泉や下呂温泉、直前セミナーで先生がお薦めされた延暦寺など気になったところはネットで案内文(英文紹介あるものは英文も)を探しては自分の語彙でどう言えるかイメージトレーニングを行いました。 

試験本番では「琵琶湖」を選択し、近郊比叡山の紹介も絡めて説明することが出来ました。 
また日本の観光地の英文案内文を読んでいると拠点となる都市からの所要時間が必ず紹介されているのを思い出し、琵琶湖にも具体的に京都と名古屋から快速電車で何分かかるかを伝えた時にアメリカ人試験官が大きくうなずいてくれていました。 

「入れ墨」問題は完全にアドリブで質疑応答しましたが、従前よりゴルフ場のお風呂がどこへ行っても入れ墨禁止だったことに疑問を持ち、日本の彫り物の歴史をネットで閲覧した時の情報を思い出しながら応答しました。 

特に大きなお風呂にどうしてもはいりたいというお客様がおられたら街の銭湯に事前に確認した上でお連れする。 
なぜなら公衆浴場は日本では人々の健康で最低限度の生活をおくるために不可欠な施設になっており、入れ墨だけを理由に原則入場を断ることは法律で許されていないことを伝えた時もアメリカ人試験官がそんな法律あるんだという顔をされていたのが印象的でした。

実は2次試験の前日仕事で一日中外にいて風邪をひき、熱はありませんでしたが、喉をやられて絞り出す様なかすれ声で小さな声しか出ませんでした。これでは発音もしっかり出来ませんし、ホスピタリティはおおいに減点となるので今回は不合格だと諦めていました。 
しかしそれでも合格出来て、最後まで諦めなければなんとかなる事もあるなと実感した次第です。 

教訓として面接試験は声が命、プロのガイドになっても体調不良や声がでなくては良い仕事が出来る訳がないので、歌手や声優、俳優さん同様、プロのガイドになるためには常日頃喉を労ろうと心に固く誓いました。 

 「日本的事象英文説明300選」(本+CD)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154 


④ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材等で役にたったこと 

教材ひとつひとつの素晴らしさを勿論ですが、なんといってもこの道のプロ中のプロである植山先生のお話される、長年のご経験に裏打ちされた「心構え」や「試験への臨み方」等の精神的な訓示が大変有難かったです。 
特に独学だと時として気が弱くなったり勉強をサボりたくなったりする時が必ずあります。 
そういった際に「心の拠り所、支え」になってくださった事に深く感謝しております。 


⑤今後の抱負 

60歳になったらスッパリと定年退職し、気力と体力と知力の続く限り、決心の通りプロの通訳ガイドとして精一杯頑張りたいと思います。 
余力があれば駐在していたイタリアのイタリア語検定受験やイタリア語の全国通訳案内士資格取得も目指します。 
また通訳案内士の諸先輩や今年合格された同期の方々と積極的に交流を行い、「歳はくってるけど頼れるね!」と言われるプロの通訳ガイドになりたいと思います。 

ありがとうございました! 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
2018年度<合格体験記>(39)(英語) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●植山先生 

この度、先生の熱い情熱のおかげで合格することができましたこと報告させていただきます。 
無料の資料や動画、セミナー、詳細な分析をありがとうございました。 

●英語(メルマガ読者、セミナー参加者、無料動画利用者、教材利用者) 

①受験の動機 

子供が1年生になり多少自分の時間ができ、もう一度きちんと英語の勉強をしなくては、と思っていたところに、通訳案内士という資格があることを知り、そこを目指してブラッシュアップしていこうと考えました。 

②第1次試験対策 

<英語>(免除:昨年合格) 

 <第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/711462afa4fdc4cd349cf4ad68891db8 
 「日本的事象英文説明300選」(本+CD)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154 


<日本地理>(87点) 

まずはマラソンセミナーを網羅しました。聞いたことを全部白地図に全部書きながら覚えました。そして、隙間時間にフラッシュカードを何度もトライしました。 

 <第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/711462afa4fdc4cd349cf4ad68891db8 
 <直前対策セミナー>(日本地理資料)→ http://hello.ac/2018.geo.seminar.pdf 
 <マラソンセミナー>(日本地理)(12講義24時間)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667  
  
 <項目別地図帳> → http://hello.ac/geography/map.pdf 
 <都道府県別地図帳> → http://hello.ac/map.prefectures.pdf 
<特訓1800題>を使い倒せ! → http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2 
 <Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ! → https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105 


<日本歴史>(免除:昨年合格)  

 <第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/711462afa4fdc4cd349cf4ad68891db8 

<一般常識>(免除:昨年合格) 

昨年に先生がまとめてくださった資料のみ、目を通すくらいしかできませんでした。ただ、そこから面白いように出題されたので、この資料だけでパスできたようなものです。 

 <第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/711462afa4fdc4cd349cf4ad68891db8 


<通訳案内の実務>(45点) 

観光庁テキストと、ハローの動画、資料をくまなく目を通し、問題形式の参考書を一つ買いました。 

 <直前対策セミナー>(通訳案内の実務資料) → http://hello.ac/2018.jitumu.seminar.pdf 
 <通訳案内の実務動画> → https://youtu.be/O6_IUPFXsIk 
 <観光庁研修テキスト> → http://hello.ac/jitumu.122.pdf 


③第2次試験対策 

プレゼンテーションに関しては、途中までは自分で文章を作って暗唱したりしていましたが、圧倒的に日本事象や観光地など、日本のことについて知らないと説明できないと悟り、旅番組、ネットで日本の勉強をしました。 
逐次通訳対策は、先生の資料の中にある過去問と英訳のある日本語部分を自分で録音して英訳練習しました。 

 <2次セミナー>(その1)の資料 → http://www.hello.ac/2018.10.14.2nd.seminar.koukai.pdf  
 <動画> → https://youtu.be/LircL1N9sDc 

 <2次セミナー>(その3)の資料 → http://www.hello.ac/2018.11.17.seminar.conbined.pdf 
 <動画> → https://youtu.be/9zaW5t6cdNE 


 第2次口述試験対策(英語)<特訓セミナー> → https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/20d3293874c2107664d6a9ed22eae8f2 
 「日本的事象英文説明300選」(本+CD)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154 
 「日本的事象英文説明300選」<鉄板厳選128題> → http://www.hello.ac/teppan128.pdf 
 第2次口述試験対策<切腹鉄板予想問題70題> → http://www.hello.ac/teppan70.pdf 
 <プレゼンテーション・外国語訳>質疑応答予想問題60題 → http://www.hello.ac/yosou60dai.pdf 
 「通訳案内の現場で必要とされるトラブル対応方法」 → http://hello.ac/troubleshooting.pdf 


④ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと 

子供がいるのと、少し東京からは離れているため、セミナーになかなか参加できなったので、動画を公開してくださったのがとても助かりました。 
特に、2次試験の2分間の組み立て方や、困った時の対処法など非常に勉強になりました。 

また、セミナーはいつも先生の情熱が伝わってきて、モチベーションが落ちた時の最高の薬でした。 
合間の休憩時間に、先生が廊下でこそっとサンドウィッチを立って食べていたのが忘れられません。 
そこまでご自身の時間を削って、我々のためにしてくださっているのだと感動しました。先生のためにも頑張らねばと。 


⑤今後の抱負 

笑顔とユーモアの絶えない通訳案内士を目指します。 

以上

コメント

2018年度<合格体験記>(67)(フランス語)

2019年03月29日 23時32分55秒 | ●2018年度<合格体験記>

2018年度<合格体験記>(67)(フランス語 

●植山先生、

たいへん遅くなりましたが、合格の御報告をさせていただきます。 
ありがとうございました。 

●フランス語(メルマガ読者、セミナー参加者) 

①受験の動機 

2014年度に英語で合格。その後、埼玉県の通訳ガイド研修を受けましたが、いつの間にか年月が経過してしまいました。  
同じ年に合格したスーパー高校生の方が、フランス語でも合格し、現役ガイドとして活躍されているのを知り、すごいなあと思いました。  
植山先生のお宅で一緒に面接練習をしたこともあり、自分も頑張ってみようかなと思いました。   

②第1次試験対策 

<フランス語>(免除)  
2017年に合格のため免除。フランス語は若い時に準1級を取っていたのですが、20年以上のブランクがあり、基本からやり直しました。 
一次の過去問をハローの資料サイトでダウンロードし、5、6年分やってみました。フランス語の資料は少なく、本当に貴重なので有り難かったです。 

 <第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/711462afa4fdc4cd349cf4ad68891db8

アテネ・フランセの通訳ガイド一次対策のクラスにも参加しました。短時間(5分!)で読解問題をこなしたり、仏作文を書く練習ができて、よかったです。 
ハローの過去問を勉強してから参加すると、とても効果的だと思います。(自分の答えと正解を比べて確認できるので。) 
おかげさまで、一次は一回で合格できました。 

日本的事象についての勉強は『300選』を参考にして、同じような項目をノートにまとめました。     
少し古いですが、『仏文日本絵とき事典11 文化風俗編』が、分かりやすくとても役に立ちました。巻末に日本史年表もついています。 

時事や新しい事項については『フランス人が日本人によく聞く100の質問 全面改訂版』が参考になりました。 

 「日本的事象英文説明300選」(本+CD)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154 

<日本地理>(免除)  
2014年合格のため免除 

<日本歴史>(免除) 
2014年合格のため免除 

<一般常識〉(免除) 
2014年合格のため免除 

<通訳案内の実務>(免除)   

2014年英語で合格のため、事前の観光庁研修レポートにて、免除。 
 <観光庁研修テキスト> → http://hello.ac/jitumu.122.pdf 


③第2次試験対策 
2017年の二次は、実戦形式の練習不足と緊張で、あえなく撃沈。 
2018年は、英語の時にお世話になった、植山先生の2次セミナーに参加しようと決意。やはり、効果は抜群でした。 
予想問題にしぼって、優先順位に従って勉強することができ、確実に覚えていくことができたと思います。 
一次の時のノートをもとに予想問題の答えをつくり、CD付きの教材『フランス語日本紹介ジャパペディア』で音声練習もしました。  
試験本番では、まさに予想問題の中の奈良が出題。通訳は、少しつまりましたが、なんとかこなすことができました。 

あなたならどうする? は東大寺、興福寺、春日大社、法隆寺に行く予定だが、時間が足りない!でした。 

→一つを削って3ヶ所にします。 
いちばん重要でないのはどれ? 

→このなかでは、春日大社。 
なぜか。 

→東大寺は大仏があり、世界最大の木造建築である。法隆寺は世界最古の木造建築である。(ここで試験官が世界で!と驚く) 

興福寺はなぜ重要なのか。 
→素晴らしい仏像が多いから。阿修羅像は必見である。 
なるほど。それでは、まず東大寺に行きましょう! 

という感じになりました。試験官がとても感じの良い方でそれも幸運でした。 

プレゼンは、三が日を選びました。 
これは、定番でもあり、一応準備していたのでなんとか話せました。 

受験を終えて感じることは、やはり定番が重要ということです。二次セミナーの資料にある定番を押さえて、よく練習をしておくことが一番だと痛感しました。 
今回は幸運なことに、試験の直前に、職場の同僚のフランス語のできる方にご協力いただき、面接の練習をすることができました。とてもありがたかったです。 
また、植山先生の二次セミナー参加する前には、アテネ・フランセの通訳ガイド二次対策のクラスにも参加しました。レベルの高い受講生の方々に刺激を受けることができ、とても勉強になりました。 
そして、家族(主人)の協力も大きかったです。家事の手抜きも我慢してもらい、面接では最初の挨拶が大事だ、というアドバイスももらえました。 

植山先生を始めとして、いろんな方々に助けていただき合格できたと思っております。 

 <2次セミナー>(その1)の資料 → http://www.hello.ac/2018.10.14.2nd.seminar.koukai.pdf  
 <動画> → https://youtu.be/LircL1N9sDc 

 <2次セミナー>(その3)の資料 → http://www.hello.ac/2018.11.17.seminar.conbined.pdf 
 <動画> → https://youtu.be/9zaW5t6cdNE 


 第2次口述試験対策(英語)<特訓セミナー> → https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/20d3293874c2107664d6a9ed22eae8f2 
 「日本的事象英文説明300選」(本+CD)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154 
 「日本的事象英文説明300選」<鉄板厳選128題> → http://www.hello.ac/teppan128.pdf 
 第2次口述試験対策<切腹鉄板予想問題70題> → http://www.hello.ac/teppan70.pdf 
 <プレゼンテーション・外国語訳>質疑応答予想問題60題 → http://www.hello.ac/yosou60dai.pdf 
 「通訳案内の現場で必要とされるトラブル対応方法」 → http://hello.ac/troubleshooting.pdf 

④ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと  
やはり二次対策セミナーが合格の秘訣であると確信しました。受験する方は、その年のセミナーに参加されることをおすすめします。 

⑤今後の抱負 
もっとフランス語も日本の文化観光のことも勉強して、実力を高めていきたいと思います。 

以上

コメント

2019年度無料独学合格に役立つ2018年度<合格体験記>のご紹介(その18)

2019年03月29日 12時12分57秒 | ●2018年度<合格体験記>

2019年度無料独学合格に役立つ2018年度<合格体験記>のご紹介(その18) 

●私は、絶対に無料独学合格します! 

無料独学合格するには、無料独学合格した方の体験記を参考にすることが一番です! 

今回は、2019年度無料独学合格に役立つ2018年度<合格体験記>のご紹介(その18)をお送りします。 

あなたは、無料独学合格したいですか? 

それとも、高い授業料を払って予備校に行きますか? 

創立以来、一万人以上の合格者を輩出してきたハロー通訳アカデミーの無料<動画・資料>で、無料独学合格を果たしてください! 

●すべての2018年度<合格体験記>は、下記をご覧ください。 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/6a82b85065bd867c005ab7a3e9ff9112 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
本日の格言 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

「毎日、今日が人生最後の日かもしれない、と考えるとすれば、いつか、必ずその考えが正しい日が来る」スティーブン・ジョブズ 

「人生は一冊の書物に似ている。馬鹿者たちは、それをパラパラとめくっているが、賢い人間はそれを念入りに読む。なぜなら、彼はただ一度しかそれを読むことが出来ないのを知っているから」ジャン・パウル 

●福沢諭吉の名言 
・世の中で一番楽しく立派なことは、一生涯を貫く仕事を持つことです。 
・世の中で一番みじめなことは、人間として教養のないことです。 
・世の中で一番寂しいことは、する仕事のないことです。 
・世の中で一番醜いことは、他人の生活をうらやむことです。 
・世の中で一番偉いことは、人のために奉仕し、決して恩にきせないことです。 
・世の中で一番美しいことは、総てのものに愛情を持つことです。 
・世の中で一番悲しいことは、嘘をつくことです。 

●決心する重要性(植山源一郎) 
https://www.youtube.com/watch?v=oXF9u2_7tgA&feature=youtu.be 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
2018年度<合格体験記>(37)(英語) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●植山先生 
このたび合格しました! お世話になった先生にうれしいご報告ができることをとても幸せに思います。 
ほかのどこにもない情報をハローで教えていただき、ここまでこれました。感謝の気持ちでいっぱいです。 
せめてもの恩返しに私の経験をハローを通じて皆様と共有したく、このメールをお送りします。 
長めで恐縮ですが、どうかご容赦のほどお願いいたします。 

●英語(メルマガ読者、セミナー参加者、無料動画利用者、教材利用者) 

①受験の動機 
今が東京オリンピックに向けてインバウンドの仕事を始めるよい機会だと思いました。 
以前から通訳案内士に関心がありましたが、2020年の前に資格をとりたいと考えて2017年より勉強を始めました。 

②第1次試験対策 

<英語>免除(英検1級) 
免除だからといって何もしないでいると2次試験でしわ寄せがきて大変です。去年はそれで失敗しましたので、「日本的事象英文説明300選」を横において過去問だけは解いてみました。 

「日本的事象英文説明300選」(本+CD)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154 


<日本地理>免除(昨年合格) 
<日本歴史>免除(昨年合格) 

<一般常識>免除(昨年合格) 
今年だめなら来年はゼロからのスタートですし、また2次試験、通訳実務にも関係すると思い観光白書は読みました。 
ハローのアーカイブですぐダウンロードできるのはとても利便性が高いです。 
平成30年度観光白書(要旨)→ http://hello.ac/hakusho30.youshi.pdf 

<通訳案内の実務>48点 
初回で何もわからないため、下記のハローの直前対策セミナー、無料教材をすべて活用させていただきました。観光庁の研修テキストにも目を通しました。結果的にはこれだけで充分でした。 

 <直前対策セミナー>(通訳案内の実務資料) → http://hello.ac/2018.jitumu.seminar.pdf 
 <通訳案内の実務動画> → https://youtu.be/O6_IUPFXsIk 
 <観光庁研修テキスト> → http://hello.ac/jitumu.122.pdf 


③第2次試験対策 
昨年度2次で敗退したので、今年は気合を入れたつもりですが、冷静に考えて1年で飛躍的に英語力が伸びるはずもなく、最後は「やるだけやって後悔のないようにすればそれでいい」と半ばあきらめの気持ちが強かったです。 
二度の受験を通して思ったことは、とくに2次試験には試験官や試験問題との相性が大きく影響する、もっと言えば運次第の部分が多くあるということです。 
突き詰めて考えればほかのどの試験もそうなのかもしれませんが。なので一度で合格しなくても何度か受験するうちに、自分の得意分野を披露する機会が回ってきて日の目を見ることができると信じることが大切なように思います。 
英語が堪能でも(知らないことが出れば話せないから)落ちる試験、と言われている所以はそこにあるのかもしれません。 

・プレゼン対策 
「日本的事象英文説明300選」を購入し、CDも流しっぱなしで飽きるほど聞きました。(でもすべては覚えきれていません) 
その後、A4の大判ノートに1ページ1テーマで試験にでそうな「お題」を関連性を持たせて英作文し、それを暗記する作業にとりかかりました。 

A4ノートに1行アキで1ページにぎっしり上から下まで書いたものをゆっくり読むと、私の場合ほぼ2分かかりましたので(ペースにより1分40秒から2分弱)、このサイズがちょうどよいことに気づき作文していきました。 
ページの一番上のタイトルを書くところにテーマを書きます。 

たとえば「富士山→浮世絵」と記入し、そのテーマに沿って「300選」を拝借しながら肉付けしました。 
これは富士山というお題で話し始めてその後の展開として富嶽三十六景など浮世絵の話にもっていく、という意味です。 

「世界遺産→国立西洋美術館→上野公園→西郷隆盛」や「和食→すきやき・天ぷら・寿司→無形文化遺産」といった具合です。 
英文自体はかなり簡単なものですが、流れを頭に入れるように毎日書いた分を5回ほど音読しました。 

それでもなかなか暗誦まではこぎつけられませんでした。これを30ページ分くらい書いたところで試験日が来ました。 
最後の方はほとんど書いただけでしたが、とりあえずこのノートと「300選」を持って試験場に行きました。 

・試験当日のプレゼン 
上記ノートによる猛練習?にもかかわらず、試験のために暗記したお題は、渡された紙にはひとつも書かれていませんでした。 
とくに今年は「将棋」が出ると読んでいたのですが、どの回にもでませんでした。試験範囲が広すぎてヤマかけするにはリスクが高いことを思い知りました。 

3つのお題はリニアモーターカー、お彼岸、知床でした。どれも自信が持てず消去法でしかたなく「お彼岸」を選びました。 
「300選」で数回くらいは目を通したはずの(でも暗記まではしていない)基本説明をうろ覚えでして、そのあと急に思いついて毎年80代の母親と一緒に春と秋の「お彼岸ウィーク」に墓参りに行く話題を出しました。 

東京郊外にある高台の墓地に行く日には、母は必ず祖母が好きだったバナナを持っていくこと、戦後の日本ではバナナは高級品だったこと、このほかおはぎというごはんでつくった甘いお団子が定番なこと、お墓の前でお供えの食べ物をピクニックのようにして母と食べること(これはうちだけかも)、お墓をていねいに洗い、一対の生花を飾ること、最後に母が、暗誦しているお経を唱え、ナムアミダブ~~で終わること、墓地は屋根のないだだっ広い場所にあるのでこれらすべてのことをするには天気のよい日が適していること、などをトツトツと話しました。初めて話すことばかりでしたので、言い直したり考えこんだりしてお世辞にも立て板に水ではなかったですが、試験官は二人ともうんうんとうなずきながら一生懸命に聞いてくれました。 
ノートを音読する練習をしていたおかげで、2分の感覚が身につき、ストップと言われる前にやめました。 

たぶんほぼ2分だったと思います。試験官から2つほど質問がでました。 
①お盆とお彼岸の違いは何ですか(お彼岸のほかにお盆にも墓参りをすることがある、と言ったためか)  
②お墓に供える食べ物の例を挙げてください。(バナナとおはぎのほかにという意味か)

ぶっつけ本番でしたのであまり自信はなかったのですが、合格した今、思い当たることは、この話には「ストーリー」があったのかな、と。 
お墓参りという日本特有のしきたりを日常生活の一部として語れたことを評価してもらったのかもしれません。 
高い旅行代金を払って来日した外国人観光客の方々は、きっとこういう(ガイドブックには載っていない)話を(もっと筋道立ててではありますが)ガイドからじかにたくさん聞くことを期待しているのかなとも思いました。 

・通訳問題 
私は通訳問題が苦手で(情けないのですが、緊張感と年齢による記憶力の低下から日本語を言われるそばから忘れてしまう、メモを取ろうにもこれも緊張感からか手がうまく動かずあとで読めない汚さ)去年ダメだったのはそれが大きな理由かと振り返りました。今年は、植山先生が毎年再現してくださっている過去問(2013年頃からのもの)をすべて自分の声でスマホに録音し、ストップウォッチを使って問題を解いてみました。しかしこのやり方の欠点は何度も繰り返すうちに問題文をある程度覚えてしまうことです。本番では努力むなしく試験官の先生が心なしか2人とも悲しそうな顔をしていたように思いました。それを見て「また今年もやっちまった!」とがっくりきました。ただ、今年の問題文のテーマは京都の世界遺産で、初めて聞く話ではなかったこと(去年は摩周湖でそもそもノーマークでしたから、それよりはずっとよかった)、そのため数字や文法の正確性(過去形、受身形、複数形など、まあ1次通過した人ならできて当たり前のことではありますが)に気を配る余裕があったこと、が多少底上げに貢献したのかな、と。とはいえ7割できたとは思えませんが…。 

・あなたならどうする? 通訳案内実務 
通訳問題の後、心の中ではほぞを噛みましたが、気を取り直し、いわゆるロールプレイ形式の質疑応答に臨みました。「あなたならどうする?」とは絶妙のネーミングですね。 
実はこの問題が私にはいちばんしっくりきました。 

私は旅程管理者の資格を持っています。日本人のツアー客を海外に連れて行く海外添乗員の仕事の経験がそこそこあります。 
ただ、別に添乗経験がなくてもコツをつかめばそれほどむずかしいものではないと思います。 
コツとは「客の気持ちになって寄り添うこと」です。イメージトレーニングで慣れることができるはずです。 
参考になるかもしれませんので再現してみます。 

最初に紙を渡され、そこに書いてある以下の質問に答えるよう、日本人試験官から日本語で言われる。 
紙を渡すのは外国人試験官。 

今日半日ツアーの予定で、客と清水寺、平安神宮、金閣寺、平等院を回ることになっているが、平等院が離れているため、時間内では全部回り切れない。 

ツアーは自由に組んでよいが、時間延長はできないことはエージェントから言われている。さてどのような対応をすべきか。 

私の解答 

私「私の日程表では、本日、これこれ(と確認のためにすべてを言う)を観光するご希望とうかがっていますが、実は全部回るには時間が足りません。この中で削ってもいい箇所があったらあなたの希望に従いますので教えてください」 
外「うーん、あなたはどれをはずした方がいいと思いますか。」 
私「むずかしい質問ですが、個人的には、平安神宮を削るのがよいかなと思っています。いちばん新しく建造されたものですので。ただ、平安神宮は市内の中心部にあり、交通の便はいいです。平等院が少し南の方にあり、市内中心部からは離れています。そのため、平安神宮を削っても、やはりあとの3か所を見学するにはかなり急ぎ足になって十分な時間が足りない可能性があります。平等院を削ると、あとの3つはゆっくり見学できます。どちらがいいですか?」 
外「そうですね。ほかの日に1つだけ観光することはできますか?」 
私「できると思います。ただ、ほかの日の日程を再調整しなくてはいけないかもしれません。私は別の日のガイドを引き受けていないので、今OKと言えません」 

ここで終了しました。 


私が客なら、見どころが多い平等院ははずしたくない、という意識がありました。時間がないからといって遠いところを削るという機械的な対応だと納得してくれないのではないかとも考えました。 
4つのうちで自分が客なら見なくてもいいかも、と思えたのは平安神宮でしたのでそのような答えをしました。 
ただし、実際問題として「時間が足りない」ことの解決策としては弱いので、最後に「平等院が遠い」という話を持ち出しました。 
あとは客の判断次第というところまで持っていきました。 
この問題のキモは表面上は4つ行けないときの対処の仕方ですが、さらには「平等院がいちばん遠い」と誘導し、それに対する対応力をも見たのではないかと推察します。うがちすぎ?でしょうか。 

2つ目のキモは「別の日に見たい」という客の言葉です。こう言われれば何かをはずす必要はなくなりますので、「ラッキー、あとは野となれ」と思ってしまいそうですが、アサインされていない日のことを決めることはガイドにはできません。 
それを認識しているかどうかを試されたと感じました。 

とはいえ頭から「そんなこと知らない」とニベもなく断ったのでは客はムッとするかもしれません。 
別の日に見れる可能性が高いと判断したなら、ここでも客の気持ちになって「できるとは思います、でもね・・・」と条件付きの解答をしました。 

この問題の正解はひとつではないでしょう。 
極端な話、強引に「全部行きましょう、大丈夫、大丈夫」と言っても、時間内に全部回れれば現場では問題ないわけですから。 
いずれの解答でも試験官を納得させられる会話ができるかどうか、がカギだと感じます。


しつこいですが、私の考えるポイントを以下にまとめます。 
ガイドにとって一番こわいのは「クレーム」だと思いますので、それを意識した書き方になっています。 
客にとってネガティブな話をするとき(観光箇所を削るなど)は、まず相手の意向を聞く。 
とはいっても客もよくわかっていないこともあるのでそのときにはいくつかの選択肢を出して、相手に選んでもらう。(その方が自分で選んだという意識があり後で後悔やクレームが少ない) 
もちろん最終的には平等院を削るという方向にもっていきたいが、ストレートに平等院を削ることにしたいと言っても(それは客の都合ではなくエージェントやガイドの都合なので)、もし客が「いやそこは絶対に行きたい」と言ったら交渉が難航します。そこで別の案と並べて選んでもらう。そのときにさりげなく、もしほかを削って平等院に行くならすべての見学場所で時間が足りなくなるというデメリットがあることは言っておく。できるだけかぎりの情報を与えて最後は客に決めさせる方がクレームになりにくい。(違う考え方もあると思います) 
また別の日の話をされたら自分はアサインされていないことを言う。勝手に旅行会社の日程を変えることはガイドには許されていないはず。 
自分が責任を持てる範囲の中で最大限のサービスをすることが求められると思います。 
えらそうに長々と書いて申し訳ありません。でもみなさんの速報やレポートを見て、実務面の詳細に触れたレポートは数少なかったので、何かの参考になればと思って勇気を出して書いた次第です。 


・ハローの教材について 

以下の動画はメモを取りながら2度見ました。 

 <2次セミナー>(その1)の資料 → http://www.hello.ac/2018.10.14.2nd.seminar.koukai.pdf  
 <動画> → https://youtu.be/LircL1N9sDc 

 <2次セミナー>(その3)の資料 → http://www.hello.ac/2018.11.17.seminar.conbined.pdf 
 <動画> → https://youtu.be/9zaW5t6cdNE 

頻繁に使用した教材 

特訓セミナーはときに長く苦しいときもありますが、必ず役に立ちます。教材をコピーしてメモを取りながらみるといいです。 
第2次口述試験対策(英語)<特訓セミナー> → https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/20d3293874c2107664d6a9ed22eae8f2 
  
おそらくガイドになった後もお世話になると思います 
「日本的事象英文説明300選」(本+CD)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154 

記憶力が衰えている(私のような)人にピッタリです。2次試験前のまとめに最適です。
 「日本的事象英文説明300選」<鉄板厳選128題> → http://www.hello.ac/teppan128.pdf 
 第2次口述試験対策<切腹鉄板予想問題70題> → http://www.hello.ac/teppan70.pdf 
 <プレゼンテーション・外国語訳>質疑応答予想問題60題 → http://www.hello.ac/yosou60dai.pdf 
 「通訳案内の現場で必要とされるトラブル対応方法」 → http://hello.ac/troubleshooting.pdf 


④ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと 
直前に公開してくださった鉄板128題、60題、70題は、300選を全部暗記できない身には、メリハリがついてとても参考になりました。見やすくて重要度もわかり、頭に入りやすかったです。 
セミナーは今年は時間が合わずにうかがえませんでした。残念です。(昨年模擬面接にうかがいました) 

メルマガは欠かさず読んでいます。試験勉強中は、情報提供していただいただけでなく、がんばろうという励みにもなりました。 
試験当日は午後の最後の組でしたので、受験速報をぎりぎりまで読みました。速報をお送りくださった、銀河系のような広い心をお持ちの皆様にも深く感謝しています。 

⑤今後の抱負 
昨夜、早々とJFGの事前説明会に行きました。50名ほどの方が参加していました。 
先輩ガイドさんの話を聞き、道のりは険しくまだ始まったばかりだと気持ちを引き締めました。 
理事長をはじめスタッフのみなさん方のいきいきした様子がとてもまぶしかったです。私も早く一人前のガイドになりたいと切に思いました。 
また、私はこれまで海外添乗員として数多くの優秀なヨーロッパのライセンスガイドの方たちと仕事をしてきました。 
彼らのプロフェッショナルな態度には見習うべきことが多々あります。 
国内外の先輩ガイドの方々の仲間入りを果たすべく、今後努力を続けたいと思います。目標は「感動を与えるガイド」です。 
長々とお読みくださりありがとうございました。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
2018年度<合格体験記>(36)(中国語) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●中国語(メルマガ読者、セミナー参加者、無料動画利用者、教材利用者) 

①受験の動機 
もともと中国語を勉強していたのですが、通訳案内士を取得するにあたり、英語を優先にして2017年取得したので、2018年中国語で挑戦しました。 

②第1次試験対策 

<中国語>免除(HSK6級) 
<日本地理>免除 
<日本歴史>免除 
<一般常識>免除 

<通訳案内の実務>( ?点) 

勉強法→官公庁研修テキストを一通り読みながら、ハローのテキスト、直前対策セミナーを拝見いたしました。 

 <直前対策セミナー>(通訳案内の実務資料) → http://hello.ac/2018.jitumu.seminar.pdf 
 <通訳案内の実務動画> → https://youtu.be/O6_IUPFXsIk 
 <観光庁研修テキスト> → http://hello.ac/jitumu.122.pdf 

③第2次試験対策 
ご自分の勉強法→昨年作った二次対策ノートを見て、英語から中国語に変える練習をしました。昨年の英語のノートは全てハローの教材を元に作成したものです。また、中国語の学校に4回通い、口語の復習をしました。 

④ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと 
昨年の英語に引き続き、中国語での対策でもいつもハローの教材をベースに作りました。先生の受験者を思う情熱が一番の力になりました。 

⑤今後の抱負 
ラグビーワールドカップ、オリンピックに向けて、日本の素晴らしさを世界にアピールする一員になります。 

以上

コメント

2019年度全国通訳案内士試験の試験日程など

2019年03月29日 01時45分36秒 | ●2019年度 受験対策

2019年度全国通訳案内士試験の試験日程など

観光庁によりますと、2019年度全国通訳案内士試験の試験日程、施行要領配付・願書受付開始時期は、現時点ではまだ未定だが、概ね、下記の予定とのことです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019年度試験日程、施行要領配付・願書受付開始
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●試験日程は、4月下旬、または、5月連休明けに、日本政府観光局(JNTO)より公開の予定です!

●施行要領配付・願書受付開始は、5月下旬の予定です!

●試験日程、施行要領配付・願書受付開始の詳細については、発表され次第、本メルマガにてお知らせしますのでご注意ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
全国通訳案内士試験ガイドライン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
観光庁によりますと、ガイドラインは、毎年必ず更新されるものではなく、今年度に更新されるかどうかは、現時点ではまだ未定とのことです。
ご参考までに、現行のガイドライン(平成30年3月30日改正)を下記に示します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現行の全国通訳案内士試験ガイドライン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Ⅰ.試験全体について

(1)目的
・試験の目的は、「全国通訳案内士として必要な知識及び能力を有するかどうかを判定すること」(通訳案内士法第5条)であり、出題方針も、通訳案内の実務に沿った内容、レベルの問題を出題することとする。

(2)試験方法
・受験資格は、不問とする。
・試験科目は、筆記(第1次)試験については外国語、日本地理、日本歴史、産業、経済、政治及び文化に関する一般常識(以下単に「一般常識」という。)並びに通訳案内の実務とし、口述(第2次)試験については通訳案内の実務とする。
・外国語についての筆記試験(以下「外国語筆記試験」という。)は、全国通訳案内士の業務を適切に行うために必要な読解力、日本文化等についての説明力、語彙い力等の総合的な外国語の能力を問うものとする。
・日本地理、日本歴史及び一般常識についての筆記試験は、外国人観光旅客が多く訪れている又は外国人観光旅客の評価が高い観光資源に関連する地理、歴史並びに産業、経済、政治及び文化についての主要な事柄(日本と世界との関わりを含む。)のうち、外国人観光旅客の関心の強いものについての基礎的な知識を問うものとする。
・通訳案内の実務についての筆記試験は、全国通訳案内士が通訳案内を行うに当たって必要となる関係法令に関する知識や旅程管理の実務に関する知識、訪日外国人旅行者の国別・文化別の特徴等に関する知識、災害発生時等における応急的な医療対応や危機管理に関する知識について、基礎的な内容について問うものとする。
・口述試験は、総合的な外国語の能力並びに日本地理、日本歴史、一般常識及び通訳案内の実務に係る正確な知識を活用して行われる、通訳案内の現場で必要とされるコミュニケーションを図るための実践的な能力について判定するものとする。
・口述試験は、日本の観光地等に関連する地理、歴史並びに産業、経済、政治及び文化についての主要な事柄のうち、外国人観光旅客の関心の強いものを題材として、受験者に通訳案内の業務を擬似的に行わせることにより実施するものとする。

(3)試験委員
・全国通訳案内士試験委員(以下単に「試験委員」という。)は、原則として、外国語筆記試験については外国語ごとに2人以上、日本地理、日本歴史、一般常識及び通訳案内の実務についての筆記試験(以下「日本地理等筆記試験」という。)については科目ごとに2人以上、口述試験については外国語ごとに2人以上選任されるものとする。
・試験委員は、筆記試験においては、試験問題の作成、答案の採点及び合否の判定に関する事務を行い、口述試験においては、試験問題の作成及び合否の判定に関する事務を行う。
・試験問題の作成に当たっては、問題案を作成する試験委員と内容をチェックする試験委員を分けるなど、十分なチェック体制を確立し、一部の受験者だけに有利になる問題や、内容に偏りがある問題等の出題を回避する。

(4)合否判定
・筆記試験の合否判定については、科目ごとに合格基準点を設定し、すべての科目について合格基準点に達しているか否かを判定することにより行う。受験者には筆記試験の合否のほか、科目ごとに合格基準点に達したか否かを通知する。
・実際の平均点が、合格基準点から著しく乖離した科目については、当該科目の試験委員と試験実施事務局から構成される検討会を開催する。その結果、必要があると判断された場合には、合格基準の事後的な調整を行う。この調整は、平均点の乖離度及び得点分布を考慮して行う。
・口述試験の合否判定については、本ガイドラインに従い、あらかじめ評価項目ごとに具体的な評価基準を設定した上で、合格基準点(原則として7割)に達しているか否かを判定することにより行う。

(5)試験免除
・一の外国語による全国通訳案内士試験の筆記試験に合格した者が、当該外国語による次回の全国通訳案内士試験を受験する場合は、筆記試験を免除する。ただし、平成 29年度の通訳案内士試験において一の外国語による筆記試験に合格した者が、当該外国語による平成 30 年度の全国通訳案内士試験を受験する場合は、筆記試験のうち、通訳案内の実務について受験を要する。
・一の外国語による全国通訳案内士試験に合格した者が、他の外国語による全国通訳案内士試験を受験する場合は、日本地理等筆記試験を免除する。ただし、平成 29 年度以前の通訳案内士試験において一の外国語による通訳案内士試験に合格した者が、他の外国語による全国通訳案内士試験を受験する場合において、日本地理等筆記試験のうち、通訳案内の実務について免除を受けるためには、通訳案内士法附則第3条第3項に基づき観光庁長官が行う研修を修了していることを要する。
・全国通訳案内士試験の筆記試験の一部の科目について合格基準に達した者が、次回の全国通訳案内士試験を受験する場合は、当該科目(外国語については同じ種類の外国語に限る。)についての筆記試験を免除する。なお、平成 29 年度の通訳案内士試験において筆記試験の一部の科目について合格基準に達した者が、平成 30 年度の全国通訳案内士試験を受験する場合についても、当該科目(外国語については同じ種類の外国語に限る。)についての筆記試験を免除する。
・一の外国語による地域限定通訳案内士試験に合格した者が、当該外国語による全国通訳案内士試験を受験する場合は、外国語筆記試験を免除する。
・平成 29 年度の地域限定通訳案内士試験において、一の外国語による地域限定通訳案内士試験の外国語筆記試験について合格基準に達した者が、平成 30 年度に実施される当該外国語による全国通訳案内士試験を受験する場合は、外国語筆記試験を免除する。
・総合旅行業務取扱管理者試験又は国内旅行業務取扱管理者試験に合格した者が全国通訳案内士試験を受験する場合は、日本地理についての筆記試験を免除する。
・公益財団法人日本英語検定協会が実施する実用英語技能検定の一級に合格した者が、英語による全国通訳案内士試験を受験する場合は、外国語筆記試験(英語)を免除する。
・Educational Testing Service が制作する TOEIC Listening & Reading Test(公開テストに限る。)について900点以上、TOEIC Speaking Test(公開テストに限る。)について160点以上又はTOEIC Writing Test(公開テストに限る。)について170点以上を得た者(当該得点を得たテストの行われた日の属する年度又は当該年度の翌年度に実施される全国通訳案内士試験を受ける者に限る。)が、英語による全国通訳案内士試験を受験する場合は、外国語筆記試験(英語)を免除する。
・公益財団法人フランス語教育振興協会が実施する実用フランス語技能検定試験の一級に合格した者が、フランス語による全国通訳案内士試験を受験する場合は、外国語筆記試験(フランス語)を免除する。
・公益財団法人日本スペイン協会が実施するスペイン語技能検定の一級に合格した者が、スペイン語による全国通訳案内士試験を受験する場合は、外国語筆記試験(スペイン語)を免除する。
・Instituto Cervantesが制作するDELEのC1又はC2若しくはSuperiorに合格した者が、スペイン語による全国通訳案内士試験を受験する場合は、外国語筆記試験(スペイン語)を免除する。
・公益財団法人ドイツ語学文学振興会が実施するドイツ語技能検定試験の一級に合格した者が、ドイツ語による全国通訳案内士試験を受験する場合は、外国語筆記試験(ドイツ語)を免除する。
・一般財団法人日本中国語検定協会が実施する中国語検定試験の一級に合格した者が、中国語による全国通訳案内士試験を受験する場合は、外国語筆記試験(中国語)を免除する。
・中国政府教育部 孔子学院部/国家が制作する漢語水平考試HSK6級180点以上(旧HSK高等試験9級以上)の資格を有する受験者が、中国語による全国通訳案内士試験を受験する場合は、外国語筆記試験(中国語)を免除する。
・特定非営利活動法人国際市民交流のためのイタリア語検定協会が実施する実用イタリア語検定試験の一級に合格した者が、イタリア語による全国通訳案内士試験を受験する場合は、外国語筆記試験(イタリア語)を免除する。
・特定非営利活動法人ハングル能力検定協会が実施する「ハングル」能力検定試験の一級に合格した受験者が、韓国語による全国通訳案内士試験を受験する場合は、外国語筆記試験(韓国語)を免除する。
・国立国際教育院が制作する韓国語能力試験(TOPIK)の6級に合格した受験者が、韓国語による全国通訳案内士試験を受験する場合は、外国語筆記試験(韓国語)を免除する。
・公益財団法人日本余暇文化振興会が実施する地理能力検定の日本地理一級又は日本地理二級に合格した者が全国通訳案内士試験を受験する場合は、日本地理についての筆記試験を免除する。
・歴史能力検定協会が実施する歴史能力検定の日本史一級又は日本史二級に合格した者が全国通訳案内士試験を受験する場合は、日本歴史についての筆記試験を免除する。
・大学入試センター試験の日本史Bについて60点以上を得た者(当該得点を得た試験の行われた日の属する年度又は当該年度の末日から起算して五年以内に実施される全国通訳案内士試験を受ける者に限る。)が全国通訳案内士試験を受験する場合は、日本歴史についての筆記試験を免除する。
・大学入試センター試験の現代社会について80点以上を得た者(当該得点を得た試験の行われた日の属する年度又は当該年度の末日から起算して五年以内に実施される全国通訳案内士試験を受ける者に限る。)が全国通訳案内士試験を受験する場合は、一般常識についての筆記試験を免除する。

Ⅱ.外国語筆記試験について

(1)試験方法
・試験は、全国通訳案内士の業務を適切に行うために必要な読解力、日本文化等についての説明力、語彙い力等の総合的な外国語の能力を問うものとする。
・出題する外国語は、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語及びタイ語とする。
・試験の方法は、記述式とする
・試験時間は、120 分とする。
・試験の満点は、100 点とする。
・出題は概ね、外国語文の読解問題2題(配点 25 点程度)、外国語文和訳問題1題(15点程度)、和文外国語訳問題1題(30 点程度)、外国語による説明(あるテーマ、用語等について外国語で説明する)問題1題(30 点程度)を基準とする。
・言語によっては、完全な多肢選択式(マークシート方式)または、多肢選択式及び記述式の組み合わせによる出題とする。後者の場合、和文外国語訳問題1題、外国語による説明問題1題は記述式により出題するものとする。

(2)合否判定
・合否判定は、原則として 70 点を合格基準点として行う。
・実際の平均点が、合格基準点から著しく乖離した科目については、Ⅰ(4)において記載した合格基準の事後的な調整を行うこともある点に留意すること。

Ⅲ.日本地理筆記試験について

(1)試験方法
・試験は、外国人観光旅客が多く訪れている又は外国人観光旅客の評価が高い観光資源に関連する日本地理についての主要な事柄(日本と世界との関わりを含む。)のうち、外国人観光旅客の関心の強いものについての基礎的な知識を問うものとする。
・試験の方法は、多肢選択式(マークシート方式)とする。
・試験時間は、40 分とする。
・試験の満点は、100 点とする。
・問題の数は、40 問程度とする。
・内容は、地図や写真を使った問題を中心としたものとする。

(2)合否判定
・合否判定は、原則として 70 点を合格基準点として行う。
・実際の平均点が、合格基準点から著しく乖離した科目については、Ⅰ(4)において記載した合格基準の事後的な調整を行うこともある点に留意すること。

IV.日本歴史筆記試験について

(1)試験方法
・試験は、外国人観光旅客が多く訪れている又は外国人観光旅客の評価が高い観光資源に関連する日本歴史についての主要な事柄及び現在の日本人の生活、文化、価値観等につながるような日本歴史についての主要な事柄(日本と世界との関わりを含む。)のうち、外国人観光旅客の関心の強いものについての基礎的な知識を問うものとする。
・試験の方式は、多肢選択式(マークシート方式)とする。
・試験時間は、40 分とする。
・試験の満点は、100 点とする。
・問題の数は、40 問程度とする。
・内容は、地図や写真を使った問題を中心としたものとする。

(2)合否判定
・合否判定は、原則として 70 点を合格基準点として行う。
・実際の平均点が、合格基準点から著しく乖離した科目については、Ⅰ(4)において記載した合格基準の事後的な調整を行うこともある点に留意すること。

V.一般常識筆記試験について

(1)試験方法
・試験は、現代の日本の産業、経済、政治及び文化についての主要な事柄(日本と世界との関わりを含む。)のうち、外国人観光旅客の関心の強いものについての基礎的な知識(例えば、試験実施年度の前年度に発行された「観光白書」のうち、外国人観光旅客の誘客に効果的な主要施策及び旅行者の安全・安心確保に必要となる知識、並びに新聞(一般紙)の 1 面等で大きく取り上げられた時事問題等)を問うものとする。
・試験の方式は、多肢選択式(マークシート方式)とする。
・試験時間は 20 分とする。
・試験の満点は、50 点とする。
・問題の数は、20 問程度とする。

(2)合否判定
・合否判定は、原則として 30 点を合格基準点として行う。
・実際の平均点が、合格基準点から著しく乖離した科目については、Ⅰ(4)において記載した合格基準の事後的な調整を行うこともある点に留意すること。

VI.通訳案内の実務筆記試験について

(1)試験方法
・試験は、通訳案内の現場において求められる基礎的な知識(例えば、旅行業法や通訳案内士法等の業務と密接に関係する法令に関する基本的な内容や実際に通訳案内業務に就くにあたっての訪日外国人旅行者の旅程の管理に関する基礎的な内容等)を問うものとする。
・本科目については、原則として、観光庁研修のテキストを試験範囲とする。
・試験の方式は、多肢選択式(マークシート方式)とする。
・試験時間は 20 分とする。
・試験の満点は、50 点とする。
・問題の数は、20 問程度とする。

(2)合否判定
・合否判定は、原則として 30 点を合格基準点として行う。
・実際の平均点が、合格基準点から著しく乖離した科目については、Ⅰ(4)において記載した合格基準の事後的な調整を行うこともある点に留意すること。

Ⅶ.口述試験について

(1)試験方法
・試験は、総合的な外国語の能力並びに日本地理、日本歴史、一般常識及び通訳案内の実務に係る正確な知識を活用して行われる、通訳案内の現場で必要とされるコミュニケーションを図るための実践的な能力について判定するものとする。
・試験を受けることができる外国語は、受験者が筆記試験において選択したものと同一のものとする。
・試験は、外国人観光旅客が多く訪れている又は外国人観光旅客の評価が高い観光資源に関連する地理、歴史並びに産業、経済、政治及び文化についての主要な事柄のうち、外国人観光旅客の関心の強いものを題材として、受験者に通訳案内の業務を擬似的に行わせることにより実施するものとする。
・試験時間は、10 分程度とする。
・終了者からの問題の漏洩を避けるため、当該時間帯の間、終了者を未受験者と別の部屋に待機させ、通信機器を預かる等の措置を取るとともに、時間帯によって大きな差が出ないように質問内容のレベルを合わせるなど、受験者間で不公平が生じないような方法とする。
・内容は、試験委員が読み上げる日本語を外国語訳し、その問題文に関連した質疑を行う「通訳案内の現場で必要となる知識等に関する外国語訳及び全国通訳案内士として求められる対応に関する質疑」、提示される3つのテーマから受験者が1つを選び、外国語で説明を行い、そのテーマについて試験委員と外国語で質疑応答を行う「プレゼンテーション問題」の2題とする。なお、「通訳案内の現場で必要となる知識等に関する外国語訳及び全国通訳案内士として求められる対応に関する質疑」において、試験委員が読み上げる問題内容については、メモを取ることを認める。
・「通訳案内の現場で必要となる知識等に関する外国語訳及び全国通訳案内士として求められる対応に関する質疑」については、試験委員に対して、受験者は全国通訳案内士としての適切な受け答えをすること。

(2)合否判定
・合否判定に当たっては、試験委員ごとに基準が大きく異なることがないよう、あらかじめ以下の評価項目ごとに、具体的な評価基準を設定しておくものとする。合否判定は、原則として7割を合格基準点とし、当該合格基準点に達しているか否かを判定することにより行う。

評価項目
・プレゼンテーション
・コミュニケーション(臨機応変な対応力、会話継続への意欲等)
・文法及び語彙
・発音及び発声
・ホスピタリティ(全国通訳案内士としての適切な受け答え等)

●全国通訳案内士試験ガイドライン
https://www.jnto.go.jp/jpn/projects/visitor_support/interpreter_guide_exams/guideline30.pdf

以上

コメント

「日本的事象英文説明300選」価格改定のお知らせ

2019年03月27日 14時01分15秒 | ●「日本的事象英文説明300選」のご案内

「日本的事象英文説明300選」価格改定のお知らせ

昨年、2018年度全国通訳案内士試験において、「日本的事象英文説明300選」からは、例年同様に、下記のように、多く出題され、受験者から高く評価されておりますが、著者の私としましては、大変嬉しいことです。

●2018年度<合格体験記>をご覧ください。
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/6a82b85065bd867c005ab7a3e9ff9112

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2018年度の出題実績
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
下記の(〇〇ページ)は、「日本的事象英文説明300選」書籍本文のページ数を示します。

●2018年度第1次筆記試験の出題実績

・受験外国語(英語):だるま(74ページ)
・受験外国語(スペイン語):立ち食いそば(40ページ)
・受験外国語(イタリア語):おみくじ(76ページ)、枯山水(56ページ)
・受験外国語(ポルトガル語):歌舞伎(44ページ)
・受験外国語(ロシア語):年功序列(118ページ)

●2018年度第2次口述試験の出題実績
(全受験外国語共通)

・鎌倉(20ページ)
・日光東照宮(18ページ)
・根回し(118ページ)
・除夜の鐘(96ページ)
・盆踊り(90ページ)
・鳥居(72ページ)
・花見(86ページ)
・三が日(正月)(80ページ)
・賽銭箱(72ページ)
・彼岸(90ページ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「日本的事象英文説明300選」価格改定のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

全国通訳案内士試験受験者のバイブルと言われている「日本的事象英文説明300選」(書籍)ですが、諸般の理由により、この度、下記のように、価格を改定させていただくことになりましたのでお知らせいたします。

現在、「日本的事象英文説明300選」(書籍)の在庫が、約40冊ありますが、これについては、現行価格(下記)にて販売させていただきますので、ご希望の方は、お早めにお申し込みくださるようご案内申し上げます。

在庫がなくなり次第、新価格にての販売となります。

●「日本的事象英文説明300選」(受験者のバイブル)の購入方法
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「日本的事象英文説明300選」価格表(新価格)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●(A)書籍 + CD2枚

・書籍定価(2,000円)→ 2,160円(税込)
・CD定価(3,000円)→ 3,240円(税込)

 2,160円 + 3,240円 = 5,400円(税込)

・送料・手数料=500円

・合計:5,400円 + 500円 = 5,900円(税込)

●(B)書籍のみ

・書籍定価(2,000円)→ 2,160円(税込)

・送料・手数料=500円

【合計】 2,160円 + 500円 = 2,660円(税込)

●(C)CD2枚のみ

・CD2枚定価(3,000円)→ 3,240円(税込)

・送料・手数料=500円

【合計】 3,240円 + 500円 = 3,740円(税込)

<CDの音声サンプル>
UNIT(1):Geography and History(地理・歴史)
http://hello.ac/300sen/unit1.geographyandhistory.mp3

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「日本的事象英文説明300選」価格表(現行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
書籍の在庫がなくなり次第、新価格にての販売となります。

●(A)書籍 + CD2枚

・書籍定価(1,600円)→ 1,728円(税込)
・CD定価(3,000円)→ 3,240円(税込)

 1,728円 + 3,240円 = 4,968円(税込)

・送料・手数料=500円

・合計:4,968円 + 500円 = 5,468円(税込)

●(B)書籍のみ

・書籍定価(1,600円)→ 1,728円(税込)

・送料・手数料=500円

【合計】1,728円 + 500円 = 2,228円(税込)

●(C)CD2枚のみ

・CD2枚定価(3,000円)→ 3,240円(税込)

・送料・手数料=500円

【合計】 3,240円 + 500円 = 3,740円(税込)

<CDの音声サンプル>
UNIT(1):Geography and History(地理・歴史)
http://hello.ac/300sen/unit1.geographyandhistory.mp3

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
申込みから商品お受取りまでの流れ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(1)下記の<申込書>を作成し、メールにてお送りください。(必須)

(2)ご注文の商品の代金を下記の指定銀行口座にお振込みください。(必須)

・振込み銀行口座:
  みずほ銀行 浜田山支店
  普通口座 1928500
  名義:植山源一郎(ウエヤマ ゲンイチロウ)

(3)入金を確認後、速やかに、ご注文の商品を発送させていただきます。

(4)振込完了後、3営業日を過ぎても商品が届かない場合は、info@hello.ac にお問合せください。

(5)なお、ご不明のことがあれば、090-8689-5514(植山携帯)に直接お電話ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<申込書>(現行価格)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
下記をコピー&ペイストして、お送りください。
件名:「300選」申込み(ご自分の氏名)←必ず、ご自分のお名前をお書きください。
宛先:info@hello.ac

        記

下記を申込みます。(希望する商品に〇を付けてください)

( )(A)「300選」(書籍 + CD2枚)(5,468円)

( )(B)書籍のみ(2,228円)

( )(C)CD2枚のみ(3,740円)

・振込み予定日: 月  日に振り込む予定です。

・メルマガ<通訳案内士試験受験情報>(無料)についてのアンケート(該当するところに〇を付けてください)

( )現在、すでに読者です。

( )登録を希望します。→ 当方にて登録させていただきます。

( )登録を希望しません。

●氏名(ハロー太郎)(ふりがな)
●お届け先住所(〒123-4567 東京都〇〇〇〇)
●連絡の取れる電話番号(090-        )
●第1次受験外国語:(     語)
●第1次受験邦文科目:(日本地理、日本歴史、一般常識、通訳案内の実務)(←不要なものを削除して下さい)
●第1次試験免除の方の第2次受験外国語(    語)
●特に学習したい科目(      )
●ハローに対するご意見、ご希望、ご感想(        )

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
特定商取引に関する法律に基づく表記 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名称:ハロー通訳アカデミー

運営責任者:植山源一郎

所在地:〒168-0065 東京都杉並区浜田山4-33-3-303

電話番号:090-8689-5514

メールアドレス:info@hello.ac

ホームページ:http://www.hello.ac/

商品以外の必要代金:手数料、送料、消費税

注文方法:インターネットの申し込みページより

支払方法:銀行振り込み

支払期限:注文から1カ月以内

返品・交換について:不良品は交換します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「日本的事象英文説明300選」の出題実績
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
通訳案内士試験受験者のバイブル「日本的事象英文説明300選」からは、毎年、第1次筆記試験、第2次口述試験に出題されています。

●「300選」からの出題実績(キレイに印刷できます)
http://hello.ac/2ji.300sen.pdf

・凡例:(   )内は、出題された年度、(1次/2次)別、(逐次通訳/プレゼンテーション)別を示します。

【地理・歴史】
日本の気候
梅雨(2007年2次)(2010年2次)
台風(2007年2次)
古墳(2014年2次通訳)(2015年2次通訳)
縄文文化
弥生文化
埴輪
朝廷
将軍(2006年2次)(2007年2次)
幕府(2010年1次ドイツ語)(2013年1次英語)
大名(2008年2次)
(2013年2次プレゼン)
武士道
鎖国(2012年2次)(2014年2次通訳)
踏絵
寺子屋
浪人
君が代

【観光】
新幹線(2013年2次通訳・プレゼン)
旅館(2013年2次プレゼン)
民宿
ビジネスホテル
ペンション
カプセルホテル
芸者(2012年1次ポルトガル語)
日光
箱根(2008年2次)
富士山(2006年2次)(2012年2次)(2013年2次プレゼン)
熱海
鎌倉
広島
青函トンネル
京都(2008年2次)(2010年2次)
奈良(2008年2次)
阿蘇山
松島(2014年2次通訳)
天橋立(2014年2次通訳)
宮島(2014年2次通訳)
後楽園
兼六園
偕楽園

【料理】
天ぷら
緑茶
抹茶
すきやき(2017年1次英語)
にぎり鮨
海苔巻
回転寿司(2017年2次プレゼン)
刺身(2017年2次プレゼン)
酢の物
しゃぶしゃぶ(2013年1次ドイツ語)(2017年1次英語)
お節料理(2015年1次独語)(2015年2次通訳)(2017年2次プレゼン)
懐石料理(2015年2次プレゼン)
焼鳥(2013年1次イタリア語)
おでん(2017年1次英語)
かば焼
茶わん蒸し
味噌
みそ汁
うどん
そば
そうめん
石焼きいも(2012年1次イタリア語)
(2008年2次)
焼酎(2008年2次)(2015年1次独語)
とそ
雑煮
もち
汁粉(2012年1次中国語)
精進料理(2015年2次プレゼン)
ちゃんこ鍋(2017年1次英語)
お茶漬(2015年2次プレゼン)
漬物
赤飯
丼物
牛丼
幕の内弁当
雑炊
佃煮
こんにゃく
かつお節
竹輪
かまぼこ
納豆(2016年2次プレゼン)
お好み焼き
たこやき(2015年1次ポルトガル語)(2017年2次プレゼン)
まんじゅう
ようかん
おはぎ
せんべい
立ち食いそば(2018年1次スペイン語)
屋台(2012年1次ドイツ語)
ファミリーレストラン
居酒屋(2013年1次イタリア語)(2013年2次プレゼン)
割箸
おしぼり

【伝統演劇・音楽】(2013年2次プレゼン)
落語(2015年1次独語)
尺八
歌舞伎(2009年2次)(2015年2次通訳)(2017年1次英語)(2018年1次ポルトガル語)
(2017年1次英語)
狂言(2017年1次英語)
文楽(2009年2次)(2017年1次英語)
浄瑠璃
雅楽(2017年1次英語)
花道(2013年1次ロシア語)
黒衣(2012年1次ロシア語)
漫才
三味線

琵琶
演歌(2007年2次)

【美術・工芸】
生け花
茶の湯(2010年2次)(2014年1次イタリア語)
書道
書き初め(2010年1次韓国語)
すずり
水墨画
浮世絵(2013年2次通訳・プレゼン)
菊人形
磁器(2014年1次英語)
陶器
漆器(2015年2次プレゼン)(2016年2次プレゼン)
七宝焼
西陣織
友禅
十二支
重要文化財
有形文化財
無形文化財(2013年1次フランス語)
日本庭園(2008年2次)(2010年1次タイ語)
枯山水(2012年1次ロシア語)(2018年1次イタリア語)
借景
石灯籠
盆栽(2009年2次)(2016年2次プレゼン)
俳句(2009年2次)(2012年1次英語)
和歌(2012年1次英語)
風呂敷(2013年1次英語)(2014年1次ドイツ語)
扇子(2014年1次スペイン語)(2015年2次通訳)
うちわ
こけし
招き猫(2009年2次)(2015年2次プレゼン)
折紙
千羽鶴(2017年2次プレゼン)
のし
根付
判子

【スポーツ・娯楽】
柔道
合気道(2016年2次プレゼン)
空手(2015年1次英語)
剣道
弓道
長刀
道場
相撲(2008年2次)(2017年2次プレゼン)
高校野球
ゲートボール
はねつき
たこあげ
将棋

マージャン
パチンコ
カラオケ(2012年1次英語)
じゃんけん

【宗教】(2013年2次プレゼン)
神道(2012年2次)(2013年1次イタリア語)(2015年2次通訳)
仏教(2012年2次)(2013年1次イタリア語)
儒教
禅宗
座禅
神社(2007年2次)(2008年2次)(2016年2次プレゼン)(2017年2次プレゼン)
(2006年2次)(2007年2次)
鳥居(2006年2次)(2012年1次英語)
大仏
日本の塔
さいせん箱
だるま(2013年1次ドイツ語)(2018年1次英語)
大安
仏滅
檀家
釣鐘
数珠
木魚
観音
地蔵(2015年2次プレゼン)
お守り(2014年1次英語)
絵馬(2013年2次プレゼン)(2014年1次ドイツ語)(2017年2次プレゼン)
おみくじ(2018年1次イタリア語)
神輿
こま犬
しめ縄
七福神
稲荷神社

【文化行事・祝祭日】
正月(20010年2次)
締め飾り
門松(2015年1次ロシア語)(2015年1次スペイン語)(2017年2次プレゼン)
初夢
年賀状
お年玉(2013年1次英語)
初詣(2014年2次通訳)(2016年2次プレゼン)
新年会
成人の日(2012年1次ポルトガル語)(2015年1次イタリア語)
節分
雪祭
建国記念の日
ひな祭(2013年1次スペイン語)(2015年1次中国語:簡体字)(2016年2次プレゼン)
春分の日
みどりの日
憲法記念日
花見(2010年2次)(2015年1次ポルトガル語)
ゴールデンウィーク(2013年1次ドイツ語)
端午の節句
子供の日(2012年1次イタリア語)
こいのぼり(2017年2次プレゼン)
田植え
七夕
海の日
暑中見舞状
中元
お盆(2009年2次)(2016年2次プレゼン)
盆踊り(2012年2次)
敬老の日
秋分の日
彼岸(2015年2次プレゼン)
体育の日
月見
紅葉狩
文化の日(2016年2次プレゼン)
七五三(2009年2次)(2014年1次ドイツ語)(2016年2次プレゼン)
勤労感謝の日
天皇誕生日
歳暮(2017年2次プレゼン)
忘年会(2010年2次)(2015年1次イタリア語)
大晦日
年越しそば
除夜の鐘
国民の祝日
祇園祭(2013年2次通訳)(2017年1次英語)
時代祭(2017年1次英語)
葵祭(2017年1次英語)
昭和の日

【生活様式】
浴衣
はかま
はちまき
角隠し
紋付
着物(2006年2次)(2010年2次)(2015年2次通訳)
振袖(2010年1次韓国語)(2016年2次プレゼン)

羽織
はっぴ
十二単衣(2012年1次ロシア語)
足袋
草履
下駄(2016年2次プレゼン)
日本髪
団地
玄関
障子
ふすま

床の間
掛軸
屏風
のれん(2015年1次韓国語)(2015年2次プレゼン)
風鈴(2014年2次通訳)(2015年2次プレゼン)
ちょうちん(2016年2次プレゼン)
座布団
布団
お見合い
結納
仲人
三三九度
せんべつ
心中
家紋
宝くじ(2014年2次通訳)
歩行者天国
ビアガーデン
銭湯(2012年1次英語)(2015年2次プレゼン)
自動販売機
交番(2017年2次プレゼン)

【教育】
予備校

日本の学校制度
修学旅行
ローマ字
漢字(2010年2次)
ひらがな(2010年2次)(2014年2次通訳)
かたかな(2014年2次通訳)

【ビジネス】
終身雇用(2010年1次フランス語)
年功序列(2018年1次ロシア語)
根回し
稟議
単身赴任
ボーナス
社宅

【日本人】
わび・さび
義理・人情(2009年2次)
本音・建前(2012年2次)
天皇(2013年1次タイ語)(2016年2次プレゼン)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第2次口述試験(全受験外国語共通)の出題実績
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2013年度(10題出題)
侍について(P.10)
旅館について(P.16)
新幹線について(P.16)
富士山(P.18)
居酒屋について(P.42)
日本の伝統芸能について(P.44)
日本の宗教について(P.70)
絵馬について(P.76)
日本で年末年始に行われること(P.80・82・94・96)
浮世絵について(P.52)

●2014年度(6題出題)
古墳(P.8)
鎖国(P.12)
日本三景(P.22)
初詣(P.82)
宝くじ(P.110)
風鈴(P.106)

●2015年度(14題出題)
カプセルホテル(P.18)
懐石料理(P.28)
おでん(P.30)
お茶漬け(P.34)
精進料理(P.34)
漆器(P.52)
招き猫(P.58)
日本で人気のスポーツ(P.62)
お地蔵さん(P.76)
札幌雪まつり(P.82)
お彼岸(P.90)
風鈴(P.106)
のれん(P.106)
銭湯(P.112)

●2016年度(15題出題)
納豆(P.38)
漆器(P.52)
盆栽(P.56)
合気道(P.62)
神社(P.72)
初詣(P.82)
ひな祭り(P.84)
七夕(P.88)
お盆(P.90)
文化の日(P.92)
七五三(P.92)
振袖(P.102)
提灯(P.108)
下駄(P.104)
天皇制度(P.123)

●2017年度(13題出題)
おせち料理(P.28)
回転寿司(P.28)
お刺身(P.28)
たこ焼き(P.38)
千羽鶴(P.58)
風呂敷(P.58)
大相撲(P.64)
神道(P.70)
絵馬(P.76)
門松(P.80)
鯉のぼり(P.86)
お歳暮(P.94)
交番(P.112)

●2018年度(10題出題)
日光東照宮(P.18)
鎌倉(P.20)
鳥居(P.72)
賽銭箱(P.72)
花見(P.86)
三が日(正月)(P.80)
盆踊り(P.90)
彼岸(P.90)
除夜の鐘(P.96)
根回し(P.118)

以上

コメント

第2次口述試験問題(2013年~2018年)を公開します。(訂正版)

2019年03月27日 12時30分14秒 | ●<第2次口述試験対策>アーカイブ

第2次口述試験問題(2013年~2018年)を公開します。(訂正版)

第2次口述試験問題は、観光庁からも実施機関であるJNTOからも一切公開されていませんが、第2次口述試験問題を正確に再現して公開しているのは、日本では、ハロー通訳アカデミーのみです。(と言って自慢する)(笑)

下記は、2013年度から2018年度までのすべての第2次口述試験<外国語訳問題>(2017年以前は<通訳問題>)と<プレゼン問題>(全外国語共通)を、年度別、時間帯別に整理したものです。これから、受験する方は、是非参考にして、無料独学合格を果たしていただきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
盗用(無断転載)を固く禁じます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●盗用(無断転載)を固く禁じます
下記は、ハロー通訳アカデミーのセミナー参加者、メルマガ読者、ブログ読者などの皆さんのご協力により作成されたものです。
一部の予備校では、これを、こっそり、ちゃっかり盗用(無断転載)していますが、これは著作権法違反であり、刑事犯罪です。刑事犯罪が確定すると前科がつきます。
前科者になりたくなければ、盗用(無断転載)は、過去に溯って、直ちにおやめください。
本警告を無視して、盗用(無断転載)を続ける場合は、今後、法的手段を取りますので、くれぐれもご注意ください。

●下記のすべて、または、一部を無断で転載、使用することを固く禁じます。
Copyright ©2018 Hello Guide Academy All Rights Reserved.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第2次口述試験問題(2013年~2018年)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●凡例
(1)【10:00~11:00】は、出題された時間帯を示します。
(2)<外国語訳問題>(2017年以前は<通訳問題>)の後の(平等院鳳凰堂)などの名称は、私が便宜的に付けたものです。
(3)(「300選」P.16)は、「日本的事象英文説明300選」に掲載されているページを示します。

━━━━━━━━━━━━━━
2018年度第2次口述試験問題
━━━━━━━━━━━━━━
【おことわり】
2018年度の<外国語訳問題>の後の質疑応答に関連して、試験官から<シチュエーション>と<条件>を示した用紙(A4版)を与えられますが、この<シチュエーション>と<条件>については、追って、公開させていただく予定です。

【お願い】
2018年度に受験した方で、下記の内容に間違いがあると思う方は、至急ご連絡いただけると大変ありがたいです。→ info@hello.ac

【金閣寺と浅草の<外国語訳の日本文>の出典が判明!!】
2018年度の【10:00~11:00】(金閣寺)と【16:30~17:30】(浅草)の<外国語訳の日本文>の出典が、『英語で説明する日本の観光名所100選』語研であることが判明しました。
http://hello.ac/asakusa.kinkakuji.PDF

【10:00~11:00】(その1)
●<外国語訳問題>(平等院鳳凰堂)
宇治平等院鳳凰堂は、古都京都の文化遺産のひとつとして世界文化遺産に登録されています。鳳凰堂は、池の中にある島の上に建てられています。建物の中には阿弥陀如来像があり、それは52体の供養菩薩像で囲まれています。その眺めは幻想的で、すばらしい極楽浄土を表しています。
●<プレゼン問題>
(1)正倉院
(2)集団登下校
(3)働き方改革

【10:00~11:00】(その2)
●<外国語訳問題>(金閣寺)
金閣寺は禅寺・鹿苑寺の境内に建つ金色の建物で、京都に17ある世界文化遺産の一つに指定されています。金閣寺は、回遊式庭園にある3階建ての建物で、2階と3階は純金箔で覆われています。創建時の建物は、戦後、放火により焼失しましたが、その数年後に再建されました。
(出典:『英語で説明する日本の観光名所100選』語研)
http://hello.ac/asakusa.kinkakuji.PDF

●<プレゼン問題>
(1)鎌倉(P.20)
(2)無礼講
(3)スクランブル交差点

【11:00~12:00】(その1)
●<外国語訳問題>(和食A)
和食はユネスコ無形文化遺産に登録されています。一汁三菜を基本として、米を主食に、おかずと汁物で構成されています。自然や季節の行事に関連しており、健康にも良いと言われています。
●<プレゼン問題>
(1)根回し(P.118)
(2)除夜の鐘(P.96)
(3)太陽光発電

【11:00~12:00】(その2)
●<外国語訳問題>(和食B)
和食は、旬の食材を用いて調理するのが特徴です。天ぷら、寿司、すきやきは、日本を訪れる外国人旅行者に大変人気があります。もともと、和食は、貴族、僧侶、武士の食事でしたが、和食の本質的な魅力は、その作法の美しさや伝統にあり、中でも、寺の僧侶に育まれた精進料理は伝統的な和食の一つです。
●<プレゼン問題>
(1)日光東照宮(P.18)
(2)灯籠流し
(3)割り勘

【13:00~14:00】(その1)
●<外国語訳問題>(居酒屋)
日本には居酒屋というパブ風の飲食店があり、手頃な値段で、簡単なおつまみからボリュームのある肉料理まで用意されています。居酒屋は、グループでも一人でも楽しめます。
●<プレゼン問題>
(1)リボ払い
(2)流鏑馬
(3)猫カフェ

【13:00~14:00】(その2)
●<外国語訳問題>(ラーメン)
ラーメンは、元々中国から伝わった麺の料理です。最近では、日本で大変人気の食べ物で、海外でも人気があります。麺、具材、スープは、地方によって異なり、ご当地ラーメンと言われるものもあります。その手頃な値段から、ラーメンは観光客を惹きつける魅力の一つになっています。
●<プレゼン問題>
(1)元号
(2)盆踊り(P.90)
(3)路上喫煙

【14:00~15:00】(その1)
●<外国語訳問題>(旅館)
旅館は日本の伝統的な宿泊施設で、滞在しながら、日本文化と習慣に触れることができます。多くの旅館では、和室と食事、温泉、浴衣を提供します。夕食には、地元の食材を使った和食のコース料理が出されます。たいてい、宿泊料金には、夕食と朝食代が含まれています。
●<プレゼン問題>
(1)終活
(2)うち水
(3)食品サンプル

【14:00~15:00】(その2)
●<外国語訳問題>(刺青)
日本には公衆浴場がありますが、今では日帰り温泉もあって人気です。このような公衆浴場では、以前は、刺青をした人の入浴を断られてきました。しかし、最近では、公衆浴場や温泉でも入れ墨をしていても入れるように緩和されてきました。
●<プレゼン問題>
(1)琵琶湖
(2)ししおどし
(3)スタジオジブリ

【15:30~16:30】(その1)
●<外国語訳問題>(温泉)
日本は火山国で、2,000以上もの温泉があります。昔から、日本人は、病気療養や健康増進のために、温泉を利用してきました。露天風呂は、自然と触れ合うことができ国内外の観光客に人気です。長野県には、野生のサルが温泉に入る公園があり、このサルを見学するツアーが外国人旅行客に人気です。
●<プレゼン問題>
(1)水引
(2)鳥居(P.72)
(3)お花見(P.86)

【15:30~16:30】(その2)
●<外国語訳問題>(奈良)
奈良は、古くは日本の首都で平城京がおかれ、国際色豊かな天平文化が花開きました。歴史的、文化的遺産にめぐまれ、奈良にはいまも多くの寺院や神社があり、国宝の数は日本で最多を数えます。現在も年間を通じて多くの行事が行われ、国際観光都市として多くの観光客を集めています。
●<プレゼン問題>
(1)神対応
(2)三が日(P.80)
(3)グリーン車

【16:30~17:30】(その1)
●<外国語訳問題>(浅草)
浅草は、都内最古で最大の寺院である門前町として栄えてきました。山門の雷門は巨大な赤い提灯が浅草のランドマークとして非常に有名です。寺に延びる仲見世通りはには、土産物屋やお菓子屋がひしめき合い、多くの外国人観光客でいつも賑わっています。
(出典:『英語で説明する日本の観光名所100選』語研)
http://hello.ac/asakusa.kinkakuji.PDF
●<プレゼン問題>
(1)杉玉
(2)賽銭箱(P.72)
(3)もんじゃ焼き

【16:30~17:30】(その2)
●<外国語訳問題>(京都)
京都には古都京都の文化財として世界遺産に登録されている寺院や神社、城郭が17か所あります。その多くが京都市内に点在しており、国宝となっているものもあります。それらの建造物や素晴らしい庭園は、多くの訪日外国人観光客を魅了しています。
●<プレゼン問題>
(1)リニアモーターカー
(2)彼岸(P.90)
(3)知床

━━━━━━━━━━━━━━
2017年度第2次口述試験問題
━━━━━━━━━━━━━━
【10:00~11:00】(その1)
●<通訳問題>カツ丼
カツ丼は、ご飯の上に、タレと卵でとじた豚カツを乗せた丼料理です。庶民的家庭料理ですが、外食としても人気があります。一般的なカツ丼は、一旦豚カツを作ってから玉ねぎとタレで軽く煮こんでからとき卵を入れ温かいご飯の上に乗せて食べます。
●<プレゼン問題>
(1)交番(P.112)
(2)奥入瀬渓流
(3)インスタ映え

【10:00~11:00】(その2)
●<通訳問題>梅雨
日本には、北海道を除き春と夏の間に梅雨と呼ばれる雨季があります。日本は南北に細長いので、梅雨は沖縄と東北では約1カ月ずれます。梅雨が終わると本格的な夏が来て、気温が上がります。梅雨は日本の農業、特に稲作にとって重要です。
●<プレゼン問題>
(1)たこ焼き(P.38)
(2)伏見稲荷
(3)待機児童問題

【11:00~12:00】(その1)
●<通訳問題>森ジブリ美術館
三鷹の森ジブリ美術館は、東京の三鷹市にある市立のアニメーション美術館です。館長は宮崎駿監督で、「となりのトトロ」や「魔女の宅急便」などの絵コンテを展示しています。台湾、香港、豪州(オーストラリアと読まれた受験者もいました)などから、多い時には一日1000人以上の訪日外国人が訪れます。
●<プレゼン問題>
(1)絵馬(P.76)
(2)燗酒
(3)シルバーウィーク

【11:00~12:00】(その2)
●<通訳問題>パクチー
パクチーは、独特な香りから好き嫌いが分かれます。近年の東南アジア料理の人気が高まるにつれ、専門レストランができたり、スーパーでも売られるようになりました。以前は中国語や英語で呼ばれていましたが、今ではタイ語でパクチーと呼ばれています。
●<プレゼン問題>
(1)前方後円墳
(2)夏祭り
(3)テレビ離れ

【13:00~14:00】(その1)
●<通訳問題>屋形船
屋形船は、船の上に屋根がついたもので、元々、貴族が舟遊びに使っていました。後になって、庶民が水上での飲食を楽しんだり、娯楽や観光に使うようになりました。今では、春には花見、夏には納涼や花火見物のために多くの人が利用しています。
●<プレゼン問題>
(1)宮内庁
(2)満員電車
(3)コミックマーケット

【13:00~14:00】(その2)
●<通訳問題>演歌
演歌は、日本人の心を歌う歌謡曲の一つのジャンルで、古くからあるものと思われがちですが、その歴史は意外と新しく1960年代に始まったと言われています。明治時代から戦前までは、ジャズやシャンソンといった外国音楽や唱歌、軍歌などが人気がありました。
●<プレゼン問題>
(1)神道(P.70)
(2)回転寿司(P.28)
(3)潮干狩り

【14:00~15:00】(その1)
●<通訳問題>道後温泉
道後温泉は、四国愛媛県松山市に湧出する温泉です。日本三古湯の一つとして、その存在は古代から知られ、万葉集にもその名が記されています。また、夏目漱石の小説「坊ちゃん」の舞台にも登場したことで有名で、愛媛県を代表する観光地となっています。共同浴場がある道後温泉本館は街のシンボルです。
●<プレゼン問題>
(1)門松(P.80)
(2)大相撲(P.64)
(3)ちらし寿司

【14:00~15:00】(その2)
●<通訳問題>プレミアムフライデー
プレミアムフライデーは、政府と経済界が作った政策で、月末の金曜日は仕事を早めに切り上げ退社し、買い物をしたり、友達と食事をしたり、旅行に出たりすることを促進する消費喚起が目的です。2017年2月24日から開始され、消費促進だけでなく、充実感を感じ、満足感の高い生活スタイルを構築することも目的です。
●<プレゼン問題>
(1)厳島神社
(2)割烹着
(3)夏目漱石

【16:00~17:00】(その1)
●<通訳問題>花火大会
日本では、花火大会が夏の風物詩です。7月から8月にかけて、各自治体で花火大会が開催されます。一部の地域では大きな花火大会がおこなわれます。特に、江戸中期からの伝統と格式がある東京の隅田川の花火大会は格別で、屋形船から見る花火はおすすめです。
●<プレゼン問題>
(1)千羽鶴(P.58)
(2)ジンギスカン
(3)民泊

【16:00~17:00】(その2)
●<通訳問題>ねぶた祭り
東北三大祭りの一つである青森のねぶた祭りは、8月上旬に行われます。歌舞伎をテーマにした人形の山車とともに、ハネトと呼ばれる踊り手が街を練り歩く大変勇壮な祭りです。最近では、ねぶた祭りはアメリカ、フランス、ブラジルでも行われており、国際交流に一役買っています。
●<プレゼン問題>
(1)お刺身(P.28)
(2)お歳暮(P.94)
(3)一富士二鷹三茄子

【17:00~18:00】(その1)
●<通訳問題>日光東照宮陽明門
日光東照宮の陽明門は、日本を代表する素晴らしい芸術作品で国宝にも指定されています。一日中見ていても飽きないので、ひぐらしの門とも呼ばれています。今年、44年ぶりに21回目の修復を終え、古代中国の故事や聖人をかたどった500以上の美しい彫刻がよみがえりました。
●<プレゼン問題>
(1)風呂敷(P.58)
(2)七草
(3)ドローン

【17:00~18:00】(その2)
●<通訳問題>摩周湖
摩周湖は北海道の東部に位置する湖です。火山の噴火によってできた窪地に水が溜まってできたカルデラ湖で、周囲は20キロメートル、最大水深は約212メートルあります。透明度がとても高く、青以外の光をあまり反射しないことから、よく晴れた日の湖面の色はとても美しい青色になり「摩周ブルー」と呼ばれています。
●<プレゼン問題>
(1)おせち料理(P.28)
(2)鯉のぼり(P.86)
(3)桜前線

━━━━━━━━━━━━━━
2016年度第2次口述試験問題
━━━━━━━━━━━━━━
【10:00~11:00】(その1)
●<通訳問題>そば
そばは厳しい気象条件の荒れ地でも育つことから、世界中に広く栽培されています。日本でも古くから食べられてきたもので、信州は冷涼でやせた土地が多く、良質なそばがとれたことからそばの名産地として知られていました。そばはそばがきやクレープのように食べられる例が世界的に多いのですが、日本独自の進化として麺状にして食べています。
●<プレゼン問題>
(1)盆栽(P.56)
(2)御朱印
(3)ラムサ-ル条約

【10:00~11:00】(その2)
●<通訳問題>干潟
日本各地の川の河口には干潟がたくさんあり、古くからのりの養殖などの漁業がさかんに行われてきました。しかし、臨海部の大都市で土地が不足しはじめると、工業用地や下水処理場などの施設をつくるために、干潟が大規模に埋め立てられることが多くなりました。このため現在は、とくに大都市の近郊で、干潟はほとんど姿を消しつつあります。
●<プレゼン問題>
(1)下駄(P.104)
(2)おばんざい料理
(3)日本の免税制度

【11:00~12:00】(その1)
●<通訳問題>鳥居
神社にお参りに行くと、最初に見えてくるのが「鳥居」です。「鳥居」は神聖な場所である神域への門です。語源は、「通り入る」がなまったという説や、日本最古の歴史書「古事記」に出てくる「鳥の止まり木」など、いくつか説があります。また造りや材質はさまざまで、地域や神社によって異なります。
●<プレゼン問題>
(1)ひな祭り(P.84)
(2)日本の世界遺産
(3)江戸城

【11:00~12:00】(その2)
●<通訳問題>眼鏡橋
長崎にある眼鏡橋は、アーチ形の石橋で中島川にかかっています。水面に写る二つの丸い輪が、眼鏡のように見えることから、そう呼ばれています。1960年に国の重要文化財に指定されました。1982年の大水害で一部崩壊しましたが、翌年には復元され、現在に至っています。
●<プレゼン問題>
(1)茶室の役割
(2)厄年
(3)国立西洋美術館

【13:00~14:00】(その1)
●<通訳問題>富士登山
富士山に登る人に対していくつかの禁止事項があります。花や実、昆虫を採取してはいけません。岩や溶岩を持ち帰ってはいけません。また位置を変えることも禁止です。決められたルート以外を通ってはいけません。岩や建物などへの落書き、火を焚いたり、テントを設営したりしてはいけません。登山者の動物を放すことも禁じられています。
●<プレゼン問題>
(1)川柳
(2)日本の城の種類
(3)人力車

【13:00~14:00】(その2)
●<通訳問題>酢飯
これから、寿司めしの作り方を説明します。まず、初めに、少し、米を硬めに炊きます。炊いたお米を、しゃもじで、寿司桶に移します。次に、寿司酢をしゃもじに伝うようにして、少しずつ、全体に行き渡るように、かけます。ここで、すぐに、混ぜないでください。5秒ほど、待ってから、やわらかく混ぜます。これは、米に、寿司酢を浸透させるためです。
●<プレゼン問題>
(1)合気道(P.62)
(2)神社(P.72)
(3)日本の家庭

【14:00~15:00】(その1)
●<通訳問題>山梨県のブドウ
山梨はフルーツの日本有数の生産地です。とりわけブドウの生産が盛んです。これは四方が山に囲まれた盆地気候によるものです。夏は暑く、冬は降水量が少ないブドウ栽培に適した気候によるものです。
●<プレゼン問題>
(1)お盆(P.90)
(2)江戸時代の身分制度
(3)鏡開き

【14:00~15:00】(その2)
●<通訳問題>チューリップ
富山平野では戦前から水田の裏作としてチューリップの球根を栽培してきました。チューリップの球根は国内だけでなく海外へも出荷されます。富山県の砺波市では毎年、となみチューリップフェアが4月から5月にかけて開催され、700種、300万本の色とりどりのチューリップが咲き乱れます。
●<プレゼン問題>
(1)天皇制度(P.123)
(2)高野山
(3)日本の国立公園

【15:30~16:30】(その1)
●<通訳問題>迎賓館
迎賓館、赤坂離宮は、かつて紀州徳川家の江戸中屋敷があった広大な敷地の一部に、1909年に東宮御所として建設されたもので、当時日本の一流建築家や美術工芸家が総力を挙げて建設した日本における唯一のネオ・バロック様式の西洋風宮殿建築です。
●<プレゼン問題>
(1)振袖(P.102)
(2)和紙
(3)グリーンツーリズム

【15:30~16:30】(その2)
●<通訳問題>日本橋
日本橋は文化財にも指定されている古い橋です。被るように高速があります。首都高は1964年の東京オリンピックを目指して建設されました。それは現在も大都市東京の大動脈です。日本橋は文化財に指定されている橋です。しかし、現在、日本橋の上は高速道路で覆われています。高速道路は1964年の東京オリンピックの年に整備されましたが、いまでも首都の重要な大動脈として機能しています。
●<プレゼン問題>
(1)初詣(P.82)
(2)七夕(P.88)
(3)文化の日(P.92)

【16:30~17:30】(その1)
●<通訳問題>偕楽園
偕楽園は金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ「日本三名園」のひとつで、1842年に水戸藩第九代藩主徳川斉昭によって造園されました。斉昭は、千波湖(せんばこ)に臨む七面山(しちめんさん)を切り開き、領内の民と偕(とも)に楽しむ場にしたいと願い、「偕楽園」をつくりました。
●<プレゼン問題>
(1)納豆(P.38)
(2)七五三(P.92)
(3)お伊勢参り

【16:30~17:30】(その2)
●<通訳問題>大阪
古来から、大阪はあらゆる地方から人が集まってくる場所。交通量の多い瀬戸内海と、内陸から大阪湾に向かって流れる川が合流する地点にある大阪。大昔、まだまだ電車や車が走っていなかった頃から、経済の中心地として発展し、アジア全域からの貿易商や旅人を迎える日本の玄関となっていました。
●<プレゼン問題>
(1)漆器(P.52)
(2)提灯(P.108)
(3)駅の自動改札

━━━━━━━━━━━━━━
2015年度第2次口述試験問題
━━━━━━━━━━━━━━
【10:00~11:00】(その1)
●<通訳問題>福岡県の看板
福岡県では、看板やバスの行先を示す表示などが中国語、韓国語、英語で書かれていることが多く、昔から中国や朝鮮半島と関係があったことに由来しています。また、防塁遺跡などの元寇に関連した史跡等、中国や朝鮮と歴史的に関連した史跡も多く見られます。
●<プレゼン問題>
(1)招き猫(P.58)
(2)小京都
(3)軍師

【10:00~11:00】(その2)
●<通訳問題>戻ってきた財布
外国人の友達が電車の中で財布を忘れましたが、後日、その財布が戻ってきました。日本の治安の良さ、日本人の親切さに感動したとSNSに投稿したら、世界中からたくさん反響がありました。私は日本人であることに誇り思いました。
●<プレゼン問題>
(1)札幌雪まつり(P.82)
(2)恵方巻き
(3)日本の数字の数え方

【10:00~11:00】(その3)
●<通訳問題>東京湾の埋め立て地
東京湾の埋め立て地は、かつては工場や港湾施設が立ち並んでいましたが、現在では、オフィスビルや高層住宅、レジャー施設などが多く見られるようになりました。
●<プレゼン問題>
(1)カプセルホテル(「300選」P.18)
(2)一万円札に描かれた人物
(3)ゴールデンルート

【10:00~11:00】(その4)
●<通訳問題>着物
一口に着物と言っても、さまざまな種類があり、着て行く場所、着る人の年齢などにより素材、袖の長さ、模様やランクが分けられています。着物には格式があるので、カジュアルな着物をフォーマルな場所で着ないように、気をつけなければいけません。
●<プレゼン問題>
(1)火祭り
(2)お受験
(3)仏像の種類と特徴

【11:00~12:00】(その1)
●<通訳問題>駅弁
駅弁は駅や車内で売られている弁当です。郷土色豊かな食材を使ったものもあります。冷めても美味しく食べられるように様々な工夫がされており、中には、化学反応を利用して温められるものもあります。
●<プレゼン問題>
(1)のれん(「300選」P.106)
(2)家元制度
(3)渋谷スクランブル交差点

【11:00~12:00】(その2)
●<通訳問題>山梨県
山梨県は山に囲まれているのに、なぜ「山なし」県と呼ばれるのでしょうか。一説には、山梨は、山また山、山成す地であることからきているとのことです。山がたくさんあるのに、「山梨県」とは大変興味深い。
●<プレゼン問題>
(1)銭湯(「300選」P.112)
(2)書院造
(3)出羽三山

【11:00~12:00】(その3)
●<通訳問題>町人文化
17世紀後半から18世紀前半にかけては、平和な時代で、大坂や京都で町人文化が栄えました。歌舞伎が発達し、人形浄瑠璃や俳句とともに庶民の間で流行しました。

●<プレゼン問題>
(1)日本の湖
(2)聖徳太子
(3)一年を表す漢字

【11:00~12:00】(その4)
●<通訳問題>灘の酒
神戸の灘は昔から酒造りで有名なところです。灘の酒が美味しい理由は、六甲山系から流れる宮水と呼ばれる良質な水と近隣でとれる良質な米、丹波の杜氏の優れた技術があるからです。
●<プレゼン問題>
(1)西国三十三箇所
(2)大奥
(3)流行語大賞

【13:00~14:00】(その1)
●<通訳問題>扇子
芸者さんが踊りに欠かすことのできない扇子は、もともと九世紀に朝鮮から伝わったもので、高貴な女性が顔を隠すのに使われたうちわのようなものでした。これは、木で出来ていて重かったので、木の枠に紙を張って軽くし、折り畳んで持ち歩けるように改良されました。
●<プレゼン問題>
(1)日本で人気のスポーツ(「300選」P.62)
(2)鍋料理
(3)ししおどし

【13:00~14:00】(その2)
●<通訳問題>ラジオ体操
日本には、ラジオ体操という、ラジオから流れる音楽あるいは号令にあわせて行う体操があります。ラジオ体操は、工場や工事現場で始業前に行われたり、また、小学生の子供たちが早起きの習慣をつけるために、夏休みの早朝に近くの公園などに集まって行われます。
●<プレゼン問題>
(1)合掌造り
(2)金沢の名産品
(3)坂本龍馬

【13:00~14:00】(その3)
●<通訳問題>日本の城
日本の城の多くは堀に囲まれています。これは、敵の侵入を防ぐためだけではなく、適度な距離を取ることで、敵の矢や鉄砲が届かないようにする工夫でした。
●<プレゼン問題>
(1)冬至
(2)けん玉
(3)街コン

【13:00~14:00】(その4)
●<通訳問題>野猿公苑
長野県の地獄谷にある野猿公苑は、猿が温泉につかるので有名です。これは、開発による山林の伐採などによって、住む場所を追われたサルたちが人里に降りて作物を荒らしたため、餌場として公苑を作ったのが始まりです。
●<プレゼン問題>
(1)日本の城の種類とその特徴
(2)鬼
(3)日本のバレンタインデー

【14:00~15:00】(その1)
●<通訳問題>神道
日本古来の宗教である神道では、神々は山や森の木々に宿ると考えられ、参道の両側に広がる森は神の領域とされています。大きく息を吸って、この神聖な空気を味わってください。
●<プレゼン問題>
(1)お茶漬け(「300選」P.34)
(2)新撰組
(3)日本の野生動物

【14:00~15:00】(その2)
●<通訳問題>日本の家電製品
日本の家電製品は信頼性が高く、海外でもよく知られています。また、最近では、日本を訪れる外国人観光客の中で、母国へのお土産として日本の家電製品を買う人が増えています。そのため、家電量販店では様々な外国語を話せるスタッフを雇って対応しています。
●<プレゼン問題>
(1)漆器(「300選」P.52)
(2)風林火山
(3)田んぼアート

【14:00~15:00】(その3)
●<通訳問題>築地市場
築地市場は、1日8,800トンの水産物、野菜、果物を扱う世界的にも巨大な市場で、この分量が1日で取引され、東京の胃袋を支えているのは驚くべきことです。
●<プレゼン問題>
(1)お地蔵さん(「300選」P.76)
(2)立山黒部アルペンルート
(3)徳川家康

【14:00~15:00】(その4)
●<通訳問題>おせち料理
おせち料理には、縁起の良いものが入れられます。穴から将来を見通せるようにれんこん、一生懸命に通じるマメで元気さを表す黒豆、子孫繁栄を願う数の子などです。
●<プレゼン問題>
(1)千円札に描かれた人物
(2)地下足袋
(3)道の駅

【15:30~16:30】(その1)
●<通訳問題>忍者
忍者には主に二つの使命がありました。一つは、敵陣に忍び込んで破壊工作や要人を暗殺すること。もう一つは、一般人を装い、謀略活動やスパイ活動をすることでした。
●<プレゼン問題>
(1)忍者
(2)神楽
(3)日本の蒸気機関車

【15:30~16:30】(その2)
●<通訳問題>和食
2013年に、和食がユネスコの無形文化遺産に登録され、和食は世界中から注目されるようになりました。訪日外国人観光客が増える中、日本食レストランは、品質や値段だけではなく、おもてなしという付加価値を高めようとしています。
●<プレゼン問題>
(1)日本のミュージカル
(2)路面電車
(3)卑弥呼

【15:30~16:30】(その3)
●<通訳問題>歴史的地区
現在、京都の祇園などの歴史的地区では、電柱や電線は地下に埋められ、コンビニやファーストフード店の看板も落ち着いた色にするなど、景観に配慮した様々な取り組みが行われています。
●<プレゼン問題>
(1)金閣寺の構造
(2)中山道
(3)日本のアイドル

【15:30~16:30】(その4)
●<通訳問題>青森県のりんご
青森県は、気温が低いので、それに耐えるりんごの栽培が盛んです。消費者が、より甘く、みずみずしいりんごを求めるので、りんご農家は、品種改良によって、様々な種類のりんごを作り出しました。
●<プレゼン問題>
(1)高山祭
(2)殺陣
(3)東海道五十三次

【16:30~17:30】(その1)
●<通訳問題>相撲力士
力士は、土俵にあがる前に、身を清めるために水で口をすすぎ、塩をまいて土俵を清め、悪霊と邪気を地面に踏みつけるために四股を踏み、最後に、神への挨拶として柏手を打ちます。
●<プレゼン問題>
(1)懐石料理(「300選」P.28)
(2)出雲大社
(3)源氏物語

【16:30~17:30】(その1)
●<通訳問題>歌舞伎
歌舞伎は踊り、鮮やかな服装と舞台が融合した伝統芸能です。セリから女形が登場し、回り舞台で踊りながら花道を通る。花道は観客席に近く、歌舞伎を堪能できます。
●<プレゼン問題>
(1)おでん(「300選」P.30)
(2)日本人のくせ
(3)ナマハゲ

【16:30~17:30】(その2)
●<通訳問題>日本建築
日本建築は、座敷に座ったときの目線を基準に、すべてが設計されています。庭でさえも、目線の高さを意識して作られており、部屋に座って、縁側越しに見る鴨居と敷居と障子またはふすまで四角く切り取られた風景は、まるで一幅の絵画のようです。
●<プレゼン問題>
(1)精進料理(「300選」P.34)
(2)棚田
(3)打ち水

【16:30~17:30】(その3)
●<通訳問題>桜
日本人は桜が大好きです。春になってあたたかくなると、桜は一斉に花を咲かせます。満開の桜は、それはそれは見事です。でも、一週間たつと、一斉に散ってしまいます。その散り際の潔さが、日本の武士道に通じるものがあり、桜は日本人に好まれているのです。
●<プレゼン問題>
(1)風鈴(「300選」P.106)
(2)日本のハロウィン
(3)血液型

【16:30~17:30】(その4)
●<通訳問題>源氏物語
源氏物語は、11世紀初めに書かれた全54巻からなる長編小説です。天皇の皇子である光源氏という架空の人物と多くの女性たちとの恋愛を描いた物語です。登場する女性の数は400人にも上ります。
●<プレゼン問題>
(1)お彼岸(「300選」P.90)
(2)優先席
(3)デパ地下

【16:30~17:30】(その5)
●<通訳問題>古墳
3世紀頃の日本では、高貴な人が亡くなると古墳と呼ばれる小山の墓を造りました。棺とともに、鏡、玉、剣、農具、馬具などが副葬品として納められました。
●<プレゼン問題>
(1)横綱
(2)付き出し
(3)おすすめの日本のおみやげ

━━━━━━━━━━━━━━
2014年度第2次口述試験問題
━━━━━━━━━━━━━━
【10:00~11:00】
●<通訳問題>日本の祭り
日本の祭りは、元々は、豊作の祈願や感謝など農業や人々の生活と深い関係がありました。現在は、その多くが観光客を呼び寄せ、地域興しを目的として行われています。
●<プレゼン問題>
(1)初詣(「300選」P.82)
(2)明治維新
(3)日本アルプス

【11:00~12:00】
●<通訳問題>日本の城
日本の城には天守閣があり、戦闘用の要塞でした。城主や家臣は、城の中の御殿に住んでいました。美しい天守閣は権力の象徴でもありました。
●<プレゼン問題>
(1)古墳(「300選」P.8)
(2)風鈴(「300選」P.106)
(3)日本の自然災害について

【13:00~14:00】
●<通訳問題>ICカード
日本の交通網を利用するときは、ICカードの利用が便利です。事前にチャージしておけば、全国ほとんどの電車やバスが、一枚のICカードで利用できます。
●<プレゼン問題>
(1)鎖国(「300選」P.12)
(2)日本三景(「300選」P.22)
(3)宝くじ(「300選」P.110)

【14:00~15:00】
●<通訳問題>白川郷
岐阜県の白川郷に見られる合掌造りは、雪の多い地域でよく見られる建築方式です。急な傾斜をつけた屋根は、雪が滑り落ちて、雪の重みで家がつぶれないための工夫です。

●<プレゼン問題>
(1)厄年
(2)高野山
(3)日本における最大の木造建築

【15:30~16:30】
●<通訳問題>ひらがなとカタカナ
現在日本で使用されている文字に表音文字であるひらがなとカタカナがあります。これらの文字は2世紀から3世紀に中国から伝わった表意文字の漢字の一部を抜き出したり、簡素化して作られました。
●<プレゼン問題>
(1)ハッピーマンデーについて
(2)黒船について
(3)北陸新幹線について

【16:30~18:00】
●<通訳問題>マナー
日本では、お茶を飲む時だけではなく、麺類を食べるときや、汁物を飲む時にも、わざと音をたてます。これは主人にたいして、美味しいという気持ちを伝えるためで、日本では正しいマナーなのです。
●<プレゼン問題>
(1)福袋
(2)東海道五十三次
(3)草津温泉の特徴と行き方

━━━━━━━━━━━━━━
2013年度第2次口述試験問題
━━━━━━━━━━━━━━
【10:00~11:00】
●<通訳問題>日本の自然
日本は、四方が海に囲まれており、国土の7割が山地で、七つの火山帯があります。日本の川は、川幅が狭く急流で、海に注ぐ所に平野を形成しています。
●<プレゼン問題>
(1)旅館について(「300選」P.16)
(2)浮世絵について(「300選」P.52)
(3)東京が日本の他の地域と異なる点について

【11:00~12:00】
●<通訳問題>秋葉原
東京の秋葉原は日本最大の家電商店街です。600以上の専門店が立ち並び、国内外から多くの人が訪れます。また、アニメのキャラクターのコスプレをしたウェイトレスがいるメイドカフェも人気です。
●<プレゼン問題>
(1)日本の宗教について
(2)温泉に入る時に気をつけること(「300選」P.70)
(3)日本の季節ごと見られる草花について

【13:00~14:00】
●<通訳問題>新幹線
東京オリンピックが開催された1964年に、新幹線が開通しました。当時は世界一の速さで、世界が注目しました。現在、新幹線は8路線が運行されていますが、さらに、全国の主要都市をつなぐ計画が進行中です。
●<プレゼン問題>
(1)居酒屋について(「300選」P.42)
(2)日本の伝統芸能について(「300選」P.44)
(3)2011年の東日本大震災の最も被害を受けた地域とその現状について

【14:00~15:00】
●<通訳問題>祇園祭
祇園祭は、京都三大祭の一つで、7世紀に疫病を払うために始まりました。7月1日から1ヶ月間行われますが、17日には、山鉾巡行が執り行われ、32基の山車が京都の街を練り歩く様は圧巻です。
●<プレゼン問題>
(1)侍について(「300選」P.10)
(2)日本で年末年始に行われること(「300選」P.80・82・94・96)
(3)日本でお薦めのスキ―場

【15:30~16:30】
●<通訳問題>温泉
日本人の余暇の過ごし方で、最も人気があることの一つは温泉旅館に行くことです。温泉は、さまざまな病気の治療に効き目があると言われています。山々を見ながら、露天風呂に浸かることが好きな人もいます。
●<プレゼン問題>
(1)富士山(「300選」P.18)
(2)絵馬について(「300選」P.76)
(3)19世紀の日本に起こった大きな変化について

【16:30~18:00】
●<通訳問題>浮世絵)
浮世絵は、江戸時代に庶民の間で人気があった風俗画で、大量生産が可能な木版画でした。浮世絵は、19世紀のヨーロッパの印象派の画家であるヴァン・ゴッホなどに強い影響を与えました。
●<プレゼン問題>
(1)新幹線について(「300選」P.16)
(2)江戸について
(3)東北の魅力的なスポットについて

━━━━━━━━━━━━━━
「日本的事象英文説明300選」からの出題
━━━━━━━━━━━━━━
「日本的事象英文説明300選」から、2013年度~2018年度の6年間に、合計68題が出題されました。
凡例:(P.10)は、「日本的事象英文説明300選」に掲載されているページを示します。

●2013年度(10題出題)
侍について(P.10)
旅館について(P.16)
新幹線について(P.16)
富士山(P.18)
居酒屋について(P.42)
日本の伝統芸能について(P.44)
浮世絵について(P.52)
日本の宗教について(P.70)
絵馬について(P.76)
日本で年末年始に行われること(「300選」P.80・82・94・96)

●2014年度(6題出題)
古墳(P.8)
鎖国(P.12)
日本三景(P.22)
初詣(P.82)
風鈴(P.106)
宝くじ(P.110)

●2015年度(14題出題)
カプセルホテル(P.18)
懐石料理(P.28)
おでん(P.30)
お茶漬け(P.34)
精進料理(P.34)
漆器(P.52)
招き猫(P.58)
日本で人気のスポーツ(P.62)
お地蔵さん(P.76)
札幌雪まつり(P.82)
お彼岸(P.90)
風鈴(P.106)
のれん(P.106)
銭湯(P.112)

●2016年度(15題出題)
納豆(P.38)
漆器(P.52)
盆栽(P.56)
合気道(P.62)
神社(P.72)
初詣(P.82)
ひな祭り(P.84)
七夕(P.88)
お盆(P.90)
文化の日(P.92)
七五三(P.92)
振袖(P.102)
提灯(P.108)
下駄(P.104)
天皇制度(P.123)

●2017年度(13題出題)
交番(P.112)
たこ焼き(P.38)
絵馬(P.76)
神道(P.70)
回転寿司(P.28)
門松(P.80)
大相撲(P.64)
千羽鶴(P.58)
お刺身(P.28)
お歳暮(P.94)
風呂敷(P.58)
おせち料理(P.28)
鯉のぼり(P.86)

●2018年度(10題出題)
日光東照宮(P.18)
鎌倉(P.20)
鳥居(P.72)
賽銭箱(P.72)
花見(P.86)
三が日(正月)(P.80)
盆踊り(P.90)
彼岸(P.90)
除夜の鐘(P.96)
根回し(P.118)

●「日本的事象英文説明300選」の購入申込み方法
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154

以上

コメント

2019年度無料独学合格に役立つ2018年度<合格体験記>のご紹介(その17)

2019年03月26日 11時45分47秒 | ●2018年度<合格体験記>

2019年度無料独学合格に役立つ2018年度<合格体験記>のご紹介(その17) 

●私は、絶対に無料独学合格します! 

無料独学合格するには、無料独学合格した方の体験記を参考にすることが一番です! 

今回は、2019年度無料独学合格に役立つ2018年度<合格体験記>のご紹介(その17)をお送りします。 

あなたは、無料独学合格したいですか? 

それとも、高い授業料を払って予備校に行きますか? 

創立以来、一万人以上の合格者を輩出してきたハロー通訳アカデミーの無料<動画・資料>で、無料独学合格を果たしてください! 

●すべての2018年度<合格体験記>は、下記をご覧ください。 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/6a82b85065bd867c005ab7a3e9ff9112 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
本日の格言 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

Take the first step in faith. You don't have to see the whole staircase, just take the first step.(Martin Luther King) 
「疑わずに最初の一段を登りなさい。階段のすべて見えなくてもいい。とにかく最 
初の一歩を踏み出すのです」(キング牧師)  

Take time to deliberate, but when the time for action comes, stop thinking and go in.(Napoleon) 
「じっくり考えろ。しかし、行動する時が来たなら、考えるのをやめて、進め」 
(ナポレオン・ボナパルト)  

He can who thinks he can, and he can't who thinks he can't. This is an inexorable, indisputable law.(Pablo Picasso) 
「できると思えばできる、できないと思えばできない。これは、ゆるぎない絶対的な 
法則である」(パブロ・ピカソ) 

●決心する重要性(植山源一郎) 
https://www.youtube.com/watch?v=oXF9u2_7tgA&feature=youtu.be 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
2018年度<合格体験記>(35)(英語) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●植山先生 
2017年は一般常識で失敗して二次に進めませんでしたが今回やっと合格できました。ありがとうございます。 

●英語(メルマガ読者) 

①受験の動機 
定年退職後の生き方を考えている中で、友人が通訳案内士の資格を取得したので自分もチャレンジしたいと思いました。 

②第1次試験対策 

<英語>(79点) 
2017年はTOEIC免除でしたが2018年は基準の引き上げにより受験しました。 
過去問を見たら、問題4と5が高配点なので観光、文化、世界遺産の英語を中心に勉強しました。 
基本はハローの「日本的事象英文説明300選」ですが、それに加えて、語研の「英語で説明する日本の観光名所100選」 、「英語で説明する日本の文化 必須表現グループ100」も繰り返し学習しました。  
観光名所100選は実際の試験の出題者が参考にしたと思われる箇所が多く、とても役に立ちました。 
  
 「日本的事象英文説明300選」(本+CD)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154 

<日本地理>免除(前年合格) 

<日本歴史>免除(前年合格) 
   
<一般常識>(33点) 
今回も一般常識で冷や汗をかきました。 訪日外国人旅行者数などの基本事項はハローの資料で勉強しておりましたが、各地のICカード名や相撲の雲竜型などの奇問に苦しめられました。 
また、二つ正解を選ぶところで一つしか選択しなかったミスもありました。 

 <直前対策セミナー>(一般常識資料) →http://www.hello.ac/gappon.pdf 
 <平成30年度観光白書(要旨)→ http://hello.ac/hakusho30.youshi.pdf 


<通訳案内の実務>(46点) 
ハローの資料だけで十分でした。 

 <直前対策セミナー>(通訳案内の実務資料) → http://hello.ac/2018.jitumu.seminar.pdf 
 <観光庁研修テキスト> → http://hello.ac/jitumu.122.pdf 

③第2次試験対策 
毎日、「日本的事象英文説明300選」と語研の観光名所100選、日本の文化100のテープを最低でも20分聞いて反復練習しました。 
外国語訳の対策は過去問の一部をICレコーダーに吹き込んでメモを取り、すぐに訳す練習をしましたが練習不足でした。  
本番ではメモをとることに集中しすぎて後で内容を思い出すことが上手くできず、また、自分の書いたメモの文字が読み取れず大苦戦しました。 


 <2次セミナー>(その1)の資料 →http://www.hello.ac/2018.10.14.2nd.seminar.koukai.pdf  
 <動画> → https://youtu.be/LircL1N9sDc 

 <2次セミナー>(その3)の資料 → http://www.hello.ac/2018.11.17.seminar.conbined.pdf 
 <動画> → https://youtu.be/9zaW5t6cdNE 

 「日本的事象英文説明300選」(本+CD)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154 
 「日本的事象英文説明300選」<鉄板厳選128題> → http://www.hello.ac/teppan128.pdf 
 第2次口述試験対策<切腹鉄板予想問題70題> → http://www.hello.ac/teppan70.pdf 
 <プレゼンテーション・外国語訳>質疑応答予想問題60題 → http://www.hello.ac/yosou60dai.pdf 
 「通訳案内の現場で必要とされるトラブル対応方法」 → http://hello.ac/troubleshooting.pdf 

④ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと 
ハローの教材やセミナーで基本的な受験対策は十分できると思いました。 

⑤今後の抱負 
地方在住なので実際の仕事に結び付くかが問題ですが、できるだけ頑張りたいと思っています。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
2018年度<合格体験記>(36)(中国語) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●中国語(メルマガ読者、セミナー参加者、無料動画利用者、教材利用者) 

①受験の動機 
もともと中国語を勉強していたのですが、通訳案内士を取得するにあたり、英語を優先にして2017年取得したので、2018年中国語で挑戦しました。 

②第1次試験対策 

<中国語>免除(HSK6級) 

<日本地理>免除 

<日本歴史>免除 

<一般常識>免除 

<通訳案内の実務>( ?点) 

勉強法→官公庁研修テキストを一通り読みながら、ハローのテキスト、直前対策セミナーを拝見いたしました。 

 <直前対策セミナー>(通訳案内の実務資料) → http://hello.ac/2018.jitumu.seminar.pdf 
 <通訳案内の実務動画> → https://youtu.be/O6_IUPFXsIk 
 <観光庁研修テキスト> → http://hello.ac/jitumu.122.pdf 

③第2次試験対策 
ご自分の勉強法→昨年作った二次対策ノートを見て、英語から中国語に変える練習をしました。昨年の英語のノートは全てハローの教材を元に作成したものです。また、中国語の学校に4回通い、口語の復習をしました。 

④ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと 
昨年の英語に引き続き、中国語での対策でもいつもハローの教材をベースに作りました。先生の受験者を思う情熱が一番の力になりました。 

⑤今後の抱負 
ラグビーワールドカップ、オリンピックに向けて、日本の素晴らしさを世界にアピールする一員になります。 

以上

コメント

2019年度無料独学合格に役立つ2018年度<合格体験記>のご紹介(その16)

2019年03月25日 03時51分49秒 | ●2018年度<合格体験記>

2019年度無料独学合格に役立つ2018年度<合格体験記>のご紹介(その16) 

●私は、絶対に無料独学合格します! 

無料独学合格するには、無料独学合格した方の体験記を参考にすることが一番です! 

今回は、2019年度無料独学合格に役立つ2018年度<合格体験記>のご紹介(その16)をお送りします。 

あなたは、無料独学合格したいですか? 

それとも、高い授業料を払って予備校に行きますか? 

創立以来、一万人以上の合格者を輩出してきたハロー通訳アカデミーの無料<動画・資料>で、無料独学合格を果たしてください! 

●すべての2018年度<合格体験記>は、下記をご覧ください。 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/6a82b85065bd867c005ab7a3e9ff9112 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
本日の格言 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

「人がこの世に生きていく限り、やはり何かの理想を持ちたい。希望を持ちたい。それも出来るだけ大きく、出来るだけ高く」(松下幸之助) 

「人と比較をして劣っているといっても、決して恥ずることではない。けれども、去年の自分と今年の自分とを比較して、もしも今年が劣っているとしたら、それこそ恥ずべきことである」(松下幸之助) 

●決心する重要性(植山源一郎) 
https://www.youtube.com/watch?v=oXF9u2_7tgA&feature=youtu.be 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
2018年度<合格体験記>(33)(イタリア語) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●イタリア語(メルマガ読者、セミナー参加者) 

①受験の動機 

イタリア人と仕事をする際、観光につきあう機会がよくあるので仕事としてもいいのではないかと思ったので。 

②第1次試験対策 

<イタリア語>

特に取り組みはしていませんが、長文読解を中心に配点の高いものから確実に点数を取りにいくように心がけました。 


<日本地理>(83点) 

受験1年目に合格したものの期限切れで無効になってしまったので勉強しなおしました。植山先生にご紹介いただいた高田先生のクラスにも参加しました。 
自分では白地図を使って書き込みしながら名所旧所観光地など色分けして覚えていきました。 

 <直前対策セミナー>(日本地理資料)→ http://hello.ac/2018.geo.seminar.pdf 
 <項目別地図帳> → http://hello.ac/geography/map.pdf 
  

<日本歴史>(77点) 

受験2年目に合格したものの、また無効になってしまい勉強しなおしました。文化や美術に関しては資料や写真をスクラップしたノートを作って目で覚えるようにしました。 

 <直前対策セミナー>(日本歴史資料)→ http://www.hello.ac/2018.his.seminar.pdf 
 <日本歴史動画>→https://youtu.be/Y2YSS7LDJUo 


<一般常識>(免除) 


<通訳案内の実務>(48点) 

高田先生のクラスにも参加。植山先生の直前対策資料と合わせて観光庁研修テキストの内容に沿って実践的なケースを勉強しました。 

 <直前対策セミナー>(通訳案内の実務資料) → http://hello.ac/2018.jitumu.seminar.pdf 
 <通訳案内の実務動画> → https://youtu.be/O6_IUPFXsIk 
 <観光庁研修テキスト> → http://hello.ac/jitumu.122.pdf 


③第2次試験対策 

「日本的事象英文説明300選」を自力でイタリア語に訳し始めたものの、時間がかかりすぎて間に合いそうになくなり、イタリア人の先生に助けてもらいつつ、それも途中で断念・・。 
直前対策で絞りこんでいただいたお題を中心にバタバタとイタリア語に訳し、十分な準備ができたとは言えませんでした・・・ 
個人的な印象ですが、イタリア語の試験では正確な訳、というよりやはりコミュニケーション能力が求められた気がします。 

 「日本的事象英文説明300選」(本+CD)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154 
 「日本的事象英文説明300選」<鉄板厳選128題> → http://www.hello.ac/teppan128.pdf 
 第2次口述試験対策<切腹鉄板予想問題70題> → http://www.hello.ac/teppan70.pdf 
 「通訳案内の現場で必要とされるトラブル対応方法」 → http://hello.ac/troubleshooting.pdf 


④ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと 

植山先生のセミナーはほぼ全参加しました。やることが膨大に感じてくじけたり、面倒くさくなって立ち止まっても、先生のセミナーでとにかく勇気づけられ、元気をもらって再び頑張ることができました。 
ゴールまでたどりつけたのは、先生の無償の愛のお陰です! 


⑤今後の抱負 

通訳案内士という仕事は思っていた以上にとても大変で責任の重い仕事だと感じるようになりました。 
常に向上心を忘れずに、少しでもお客様に喜んで頂けるガイドを目指して勉強を続けていかなくてはと改めて思っています。 
先生には本当にお世話になりました。私たちに見せてくださったサービス精神は、まさしくガイドとしてあるべき理想の姿だと気が付きました!  
先生の姿勢を見習って頑張ります。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
2018年度<合格体験記>(34)(英語) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●植山先生 

お蔭様で、無事合格することができました。 
的を得た「切腹」資料やセミナーと、日々励ましのお言葉をいただいた事に、御礼を申し上げます。 
こうして、先生に合格体験記をお送りできる喜びをかみしめております。 
どうかお体を大切にされて、今後も受験生や合格者にエールをお送り続けてください。 

●英語(メルマガ読者、セミナー参加者、教材利用者) 

①受験の動機 

人生100年といわれる時代に、会社員退職後も働くための何かを身につけたいと思い始めたところ、とりあえずTOEICで免除されるこの試験をやってみよう、というぐらいの気持ちでスタートしました。 


②第1次試験対策 

<英語> TOEICで免除 

<日本地理>85点 

『旅に出たくなる日本地図』(帝国書院)で確認しながら、「マラソンセミナー」のテキストを読みこみました。7月の直前対策セミナーに参加。 

 <第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/711462afa4fdc4cd349cf4ad68891db8 
 <直前対策セミナー>(日本地理資料)→ http://hello.ac/2018.geo.seminar.pdf 
 <マラソンセミナー>(日本地理)(12講義24時間)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667    
 <都道府県別地図帳> → http://hello.ac/map.prefectures.pdf 

<日本歴史>免除(前年合格) 

<一般常識>免除(前年合格) 

<通訳案内の実務>46点 

6月の直前対策セミナーに出席し、いただいたテキストを利用。観光庁研修テキストも2回通しました。 

 <直前対策セミナー>(通訳案内の実務資料) → http://hello.ac/2018.jitumu.seminar.pdf 
 <観光庁研修テキスト> → http://hello.ac/jitumu.122.pdf 


③第2次試験対策 

『日本的事象英文説明300選』を土台とするのは勿論のこと、9月の2次セミナーに出席し、資料を常に活用。 
市販の参考書も、5冊購入しました。一部しか読んでいないものもありますが、今後実務で利用することもあろうかと思い、ケチらずに購入しました。英語は色々出版されているので、どれを選ぶかは好みの問題だと思います。 
これらをもとに、予想プレゼンを約120題作成しました。ネットの情報も活用。japan-guide.comが便利でした。 

 <2次セミナー>(その1)の資料 → http://www.hello.ac/2018.10.14.2nd.seminar.koukai.pdf  
 <動画> → https://youtu.be/LircL1N9sDc 
 <2次セミナー>(その3)の資料 → http://www.hello.ac/2018.11.17.seminar.conbined.pdf 

 「日本的事象英文説明300選」(本+CD)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154 
 「日本的事象英文説明300選」<鉄板厳選128題> → http://www.hello.ac/teppan128.pdf 
 第2次口述試験対策<切腹鉄板予想問題70題> → http://www.hello.ac/teppan70.pdf 


④ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと 

1年目からメルマガを拝読したり、無料教材を利用させていただいたものの、セミナーに参加したのは2年目からでした。 
面白くて記憶に残りやすくて、忘れたくても忘れられない(笑)!1年目も出ればよかった~と後悔。 
他校の講座や面接対策は、一切受けませんでした。 
植山先生からいただいた励ましとパワーは、今後も、通訳案内士以外の勉強にも役立ていきたいです。 

⑤今後の抱負 

まだまだ伝統文化に関する知識・経験が足りないので理解を深めながら、徐々に実務経験を積んでいけたら、と考えています。 

以上

コメント

「全国通訳案内士試験への招待」(法学書院)が刊行されました。

2019年03月24日 22時48分13秒 | ●日記

「全国通訳案内士試験への招待」(法学書院)が刊行されました。

●「全国通訳案内士試験への招待」~通訳ガイドになろう~(法学書院)が刊行されました。

この度、法学書院より、全国通訳案内士試験の概説書である「全国通訳案内士試験への招待」~通訳ガイドになろう~(JFG:(協)全日本通訳案内士連盟 監修)が刊行されました。

全国通訳案内士試験の初学者の皆さんが、本試験の全体像を知るためには、有益な本であると思います。

本書は、下記の12の Chapter から構成されていますが、私(植山源一郎)は、Chapter 5(試験合格へのツール)、Chapter 9(口述試験対策の一部)、Chapter 10(英語口述試験再現集)の三つの Chapter を執筆させていただきました。

ご関心のある方は、できれば、実物を本屋さんでご覧になってからご購入ください。

●本書の表紙
http://hello.ac/shoutai.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「全国通訳案内士試験への招待」の目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Chapter 1:全国通訳案内士=通訳ガイドを知る!

Chapter 2:試験制度はどうなっている?

Chapter 3:試験のその後

Chapter 4:短期合格へのスケジュール

Chapter 5:試験合格へのツール(植山担当)

 ①どんな参考書があるの?
 ②受験機関ってどんなところ?
 ③情報の集め方

Chapter 6:英語筆記試験対策

Chapter 7:日本語筆記試験対策

Chapter 8:「通訳案内の実務」対策

Chapter 9:口述試験対策(下記の一部を植山担当)

 ①口述試験ってどんな試験?
 ②試験の内容
 ③受験の実際~Aさんのケース~
 ④受験の実際~Bさんのケース~
 ⑤受験の実際~Cさんのケース~
 ⑥どうやって勉強すればいいの?
 ⑦独学の場合の勉強のポイントは?
 ⑧効果的なテキストの読み方は?
 ⑨口述再現の効果的な活用法は?
 ⑩本試験当日に注意することは?
 ⑪本番であがってしまうのですが?

Chapter 10:英吾口述試験再現集(植山担当)

 ①プレゼンテーション
 ②通訳
 ③最新!2次試験リポート

Chapter 11:地方からの受験対策

Chapter 12:子育て中の受験対策~初仕事まで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「全国通訳案内士試験への招待」の購入方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「全国通訳案内士試験への招待」は、下記により購入できます。
https://www.amazon.co.jp/%E5%85%A8%E5%9B%BD%E9%80%9A%E8%A8%B3%E6%A1%88%E5%86%85%E5%A3%AB%E8%A9%A6%E9%A8%93%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%8B%9B%E5%BE%85%E2%80%95%E9%80%9A%E8%A8%B3%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8D%E3%81%86-JFG-%E5%85%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%80%9A%E8%A8%B3%E6%A1%88%E5%86%85%E5%A3%AB%E9%80%A3%E7%9B%9F/dp/458741378X/ref=sr_1_fkmrnull_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E5%85%A8%E5%9B%BD%E9%80%9A%E8%A8%B3%E6%A1%88%E5%86%85%E5%A3%AB%E8%A9%A6%E9%A8%93%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%8B%9B%E5%BE%85&qid=1553434546&s=gateway&sr=8-1-fkmrnull

以上

コメント