心が元気になるものイロイロ!

暮らしの中でみつけた、ちょっと幸せを感じるものの事を書いています。
元気をくれる料理、絵、植物、本の事等。

大徳寺、芳春院へ

2016-06-02 06:51:44 | アート
電車とバスを乗り継ぎ、鞍馬から大徳寺、芳春院へ。



芳春院は前田利家の正室「まつ」の菩提寺だそうです。こちらで特別公開されている、竹内浩一先生と下保昭先生の襖絵を見に行ってきました。

墨絵の襖絵はとても素晴らしく、

立派な楼閣や緑の美しいお庭も撮影禁止だったので、残念ながら写真はないのですが、、、。


お寺は早く閉められるので、ゆっくりできなかったのがちょっと心残りです。

その他の大徳寺の塔頭でも、今だけ一般公開されているところありますので、ゆっくり行かれることをお勧め。
(芳春院の襖絵の公開は6月5日まで)


大徳寺内の大きな石榴の木が、沢山の花をつけてました。

ところどころに実が成っていましたが、スマホでは撮れてなし、写真では見えないですね



スマホで歩数計を確認したら何と2万2千歩位!よう歩きました

一緒に行った友達は1万8千歩位!おかしいなぁ。4千歩も違うって、、、

私の足が短いって事の証明かな、、
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 新緑の鞍馬寺と貴船神社 | トップ | 2016年6月の気功・プチ薬膳教... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ラルの家来)
2016-06-03 17:36:35
二万二千歩!よく歩きましたね~~
なかなか一万歩にならないですもんね
でも個人差があるとは知らなかったです
Unknown (Rin)
2016-06-08 18:31:49
でしょ~。
この違いは足の長さ?、、、又は振動数でしょうか?
かばんを振って歩いた記憶はないのですけどね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アート」カテゴリの最新記事