goo

玉前神社の 例大祭の 幟(のぼり)は 加納さんの書

加納久宜公研究会 

私ども「加納久宜公研究会」は、九十九里の南端の一宮町で、最後の一宮藩主「加納久宜公」にまつわる事柄の調査研究を、2008年から細々と続けております。

釣ケ崎 志田下  
毎年9月13日には十二社祭り(はだか祭り)が開かれます。


左:午後には、釣ヶ崎祭場(志田下ポイント:東京オリンピック、サーフィン会場)に神輿が結集します。

中・右:玉前神社の例大祭の幟(のぼり)は、加納久宜公の書です(落款:明治39年9月13日)。


お祭りの期間しかみられません。

是非どうぞ見学にお出でください。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 外房地区での... 加納研だより... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。