BMW F800GS Adventure と Mercedes

バイクでキャンプ、星空と美味いものと、そして仲間との出会い。

「隊長」引退。

2018-07-16 | G650X

FredyがG650Xで、人生で最も林道を楽しめていたころお知り合いになった

「隊長」がバイクを降りて、ブログもクローズするということで、

敬意をこめてこの記事を投稿します。

 

毎週末、どこかのキャンプ場でお会いするほど「孤独を分かち合える大先輩」でした。

諸先輩の中でも、隊長は、大先輩らしく、酒が入ると無限の可能性を秘めておられました。

↓大先輩右側、小先輩左側(小先輩は、次元を超えていましたが)

隊長、引き続きご教示のほどよろしくお願いいいたします、おっす!

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2018 GS Camp Meeting in Fukushima part 2

2018-07-03 | F800GS Adventure

2018 GS Camp Meeting in Fukushima 雨が未明まで降り続いていましたが、朝から晴れました。

 

朝のキャンプ場は静かですが、そこら中に並んでいるオフロードバイクの中での目覚めは、わくわくな感じ。

朝食会場では、バイキング形式で、昨夜の夕食よりも充実していたか?

 

本日は、ディーラーチームのFさん、Mさんと林道ショートコースにチャレンジ。

このコースは、昨日のロングコースの後半の一部を切り取ったもので、

Fredyが果敢に挑んだChallengeコース分岐のあとのコース。

 

景色も良く快適なツーリングを楽しめます。

さすがに二日目になると、このリターンライダーにも多少勘が戻ってきました。

スタンディングのポジションも何となくしっくりしてきましたが、林道走行も残念ながらこれで終了。

毎日こんな林道は走っていたら、先輩方に後れを取らずに早く走れるようになるかもしれません

富士山演習場にでもしばらく毎週通って鍛えましょう。

 

 

昼頃ツーリングを終えキャンプ場に戻ると、昨日の雨で濡れていたテントもすっかり乾燥。

テントを撤収し、MさんとF800GS2台で高速をぶっ飛んで帰宅。

お土産の「バイクについた大量の泥↓」を洗い流して、チェーンに給油して終了。

 

今年のGS Camp Meetingですが、林道走行、キャンプ、 お友達づくりと適当にゆったり楽しめ、

ちょうど10年ほど前のGS Challengeに戻ったようで、大変良い思い出となりました。

 

最後に、期間中、快適な環境や気遣いをしてくれたモトラッド杉並のスタッフの皆様に感謝です。

リンクも見てください。

雨が止んだのは、いつものレインじじーがいなかったからかも、お留守番していたじじいにも感謝です!

お見積り待ってます!

 

おわり

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2018 GS Camp Meeting in Fukushima

2018-06-24 | F800GS Adventure

まず、Fredy、生きてます。

一年に一度更新するBlogではございません、諸般の事情によりバイクに乗っておらず、

「みなしリターンライダー」になってしまいました。

 

 

ということで、復活第一弾、愛機と共に気合を入れるため、GS Camp Meetingに

参加して泥んこになってきました。

開催日は、2018年16日土曜日~17日日曜日の2日間、福島県にあるエンゼルフォレスト那須白河

というキャンプ場付きのリゾート施設で開催されました。

 

金曜日から雨で、土曜日の集合場所である羽生PAにAM3時30分に着いた時も雨、その後終日ほぼ雨。

集合場所で、モトラッド杉並のスタッフの方と待ち合わせ、同じディーラーつながりで集合されていたのが、

Blogでつながっていた、こじこじさんと、いきなり世間の狭さを実感。

その3台と、途中で合流した以前からのGS de Camp仲間のYさんと3台で一路白河を目指します。

 

到着後、ブリーフィング、配布されたコマ図を貼り合わせマップケースに仕込み、いざ林道ツーに出発。

林道は、ご存知のように舗装されていません、そして、降り続く小雨です、泥+雨+GS=↓こうなります。

どろどろです、素敵です

こんな汚いバイク、この会場に250台もあるのが素敵です。

一台平均250万円として、ざっくり6億円、これがどろどろだったり、林道で転がってます。

それに加えて、このおじさんたちは、朝2時に起きて、雨の中高速道路走り、雨の中わざわざテント張って、

キャンプして、そして、迎える泥だらけのバイクと一緒の朝↓は最高。

 

毎度のことながら、このGSとオフロードを愛する皆様、S?M?、たぶんどっちもだろう、、、、

常識からの逃避行は、最高のバケーションです

 

このキャンプ場は、温泉付きでとっても快適です。テントサイトも整備されていて、一部の方は、

コテージで過ごされていました。

 

これは晩御飯↓、ごはん中心の満腹系です、雨で打たれた体には良いのか?↓

 

一日目の林道ツーは、Fさん(1200GS ADV)、Mさん(F800GS)、こじこじさん(F800GS ADV)と

4台で編隊を組んで167㎞のコマ図林道ツーにチャレンジいたしました。

日中は、何とか天気がもっていて、よく整備された林道を楽しむことができました。

途中、Fredyさんは、最終ステージの林道で、行ってはいけないChallengeコースなるものに突入して

しまい、

「みんないないなー」

「こんなクレバスみたいな林道みんなよく早く走り切るもんだな―」

「まるで、沢下りじゃん」

「やべー!」

「後ろから誰も来ないじゃん」

「すげー突き上げ」

「ミスコースかよ」

なんて独り言を、言い続け、結局、林道の終わりでほかの参加者の方に、

今の場所を確認すると「ここChallengeコースですよ」なる一言

ひとりでミスコースしたことを知り、この日のツーリングを終了。

テントに戻ると、先に戻っていた皆さんに拍手で迎えられたのでした。

 

続く、、、

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

秋の気配の中洗車

2017-08-28 | F800GS Adventure

気温はそこそこあるけれど、空気がカラッとしていて、日陰だと涼しい日曜日でした。

なんだかんだで秋なんでしょうか?

 

そんな気候なら、バイクでツーリングでも行けばよかったけれど、なんだか出遅れて、結局洗車。

 

先々週、雨の中を走ったので、下回りが汚れています。

とりあえずAfterです↓ ピカピカ✨

 

そして、雨の高速を走ったのがウソのような、ピカピカ、いやツルツルのタイヤ↓

リアタイヤ

 

フロントタイヤ

早く変えねばなりません。

 

どすS先輩が、諸般の事情でバイク活動休止中ですので、先輩のR1200R用に貸していたクラウザーケースを、移植↓

 

 

トップケースは、やっぱり便利で、渋滞時のすり抜けも、アルミパニアはひやひやものですが、これなら安心です。

 

右サイドにぶら下がってるのが、雨具を入れているバックです。

先般、ミリタリー関係の中古アパレルを売っている店で見つけて購入。どっかの国の軍隊の毒ガスマスク入れだとか。。。

こんな感じです↓

 

雰囲気がスクランブラー風で結構お気に入りです。

おしまい。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

同じアングルで比べてみました。

2017-08-25 | Mercedes

どっちがモノトーンに合うのでしょうか。

どっちも良いと思うFredy親バカ、ならぬオーナーバカでえす。

 

 

後ろにあるのは、山田温泉外来用の湯です。

すごく熱い湯ですが、澄んでいて、適度な硫黄の香り、そして、お肌すべすべになります。

300円で入浴できて、休憩所も使える超お得です。この建物の後ろにあるのが、高級旅館の藤井荘。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加