自然を体験する旅

エコツーリズム・プロデューサーの壱岐健一郎がお届けする旅に関するスローなブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自然エネルギーの国オーストリア旅日記①

2006-11-29 00:03:17 | 環境


先週末、久し振りの添乗帰国。本当は下見だけで一緒に楽しめるはずだったが
やはり世間はそれを許さない。あまり役にたたない最年長の添乗員として旅を終えた。
それでも私に期待してくれる人のために、自分らしくライフワークをまっとうしたい!
久し振りの添乗日記を毎日書きました。これが素人の書き下ろし。誰か読んでくれるかな?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
定刻にウイーン到着。
前野君の出迎えを受け,地下駅からCATでウイーン・ミッテ駅へ。
10枚70ユーロのチケット。
地下鉄U4Hutteldorf行きに乗り換えPilgramgasseへ。




駅から徒歩1分でホテルアナナス(駅まん前)。
団体客が多い。

後藤さん、山中君(留学生吉井さんも同行)と合流し、
地下鉄U4で終点ベートーベンゆかりの地Heiligenstadtへ。
路線バスに乗り換え、ウイーンの森に続くブドウ畑をGrinzingへ。










ここはホイリゲ(居酒屋とも、新酒ともいう)がたくさん集まる場所。
飲物はテーブルで各2ユーロ。新酒白ワインHeurigeで乾杯!。
ビールはダークはなし。
アップルジュース。

食べ物は取りにいき、各自払い。
10,60ユーロ。

バイオリンとアコーディオンの演奏。チップ5ユーロ。
帰り際にまた演奏。山中君のバイオリンの飛び入りもあり、
チップ集金5ユーロくらい渡した。

22時過ぎ帰着。2名の学生の到着を待つために
ロビー待機。
成田出発依頼、機内で「月の癒し」第2巻を精読した上、
同席の国田さん、平良さん、酒井さんとしゃべりまくっていたので
睡眠不足。ロビーでは時々意識を失った。
24時半頃。無事タクシーで到着。就寝。よかった





コメント   この記事についてブログを書く
« 渡良瀬オーガニックコットン... | トップ | 自然エネルギーの国・オース... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

環境」カテゴリの最新記事