Mr.Dashのぶろぐ館

奈良・大阪・日本アルプスの山々が大好きな、Mr.Dashのブログです。

2019年2月5日(火) [大峰]笙ノ窟、石ノ鼻、底無井戸、和佐又山を歩く!

2019年02月06日 | 山登りの記録
■メイン写真
石ノ鼻から大普賢岳を望む


■今回のコース
和佐又山ヒュッテ→笙ノ窟→石ノ鼻→(岩本新道)→底無井戸→和佐又山→和佐又山ヒュッテ


プライベートガイドで、「雪景色の大峯」を歩くはずだったが、ぽかぽか陽気で
ほとんど雪がない山歩きとなった。
青空が広がり遠くまで見渡せ、ワイドビューを楽しめたが、季節感は1ヶ月以上
ズレている感じだった。



ヒュッテの前にて。雪の気配があまりない。



和佐又のコル。風もなく、のどかな春の風情すら感じた。



笙ノ窟では、上から尖ったツララが断続的に落下してきて、危ない危ない。
これもあって、この日はヘルメット装着で臨んだ。



窟の湧き水は凍りついていたが、氷柱は融けかけで前衛芸術のよう。
窟の古い温度計はマイナス5度を指していたが、これは絶対違うと思う。



石ノ鼻から北側の眺め。



こちらは南西側。弥山、八経から、仏生、孔雀までの大峰主稜線がキレイに見えた。

鷲ノ窟の手前から、岩本新道を下る。



新道に入ってすぐ、両側に岩が切り立った岩屋がある。



新道はゆるやかにジグザグを切ってあるので、斜面そのものは急でも、
実際はたいへん歩きやすい。
ブナ、カエデ、ヒメシャラ、そしてトチノキなどの巨樹が多く、心がなごむ。



岩本新道は、無双洞と和佐又のコルを結ぶ山道に合流する。
そのまま底無井戸へと向かう。
ヘッ電の光を照らしても底が見えない、石灰岩質の竪穴だ。
世の中にはすごい人がいるもので、「レーザー距離計」を用いて深さ28mと
はじき出した人もいるようだ。



元の道を戻る。トチノキの巨木に感動。

振り向くと水太覗から国見岳への稜線が見える。



和佐又山ピークから大普賢岳を望む。


※初心者から楽しめる遊山トレッキングサービスの登山教室は、「ここをクリック」!!

コメント   この記事についてブログを書く
« 2019年2月3日(日) 金剛山の... | トップ | 2019年2月9日(土)~11日(月)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

山登りの記録」カテゴリの最新記事