カメラぐらし

暮らしの中で身近にあるものをカメラに収め、美しい!を一日何回感じるか挑戦中です。

9月写真教室のお知らせ

2014-08-31 20:32:06 | 写真教室

 

夏休みも明けました。

9月4日(木)With 遊さんでの写真教室行います。
10:00~12:00
講習領料:2.000円 印刷付き
地図
http://cafewithyou.web.fc2.com/map.html

充電済みのカメラ、あればマニュアルお持ちください。

すっかり涼しい日が続いています。
秋を思わせる素材を用意したいと思います。
ご参加お持ちしております。


  

コメント

平成26年度東京都・杉並区合同総合防災訓練

2014-08-30 18:30:22 | ミニ旅

 朝から防災訓練行ってきました。

広大な桃井原っぱで参加者多数、当たり前ですが若い人が中心です。
東京都、杉並区、近隣病院のお医者さん、看護師、輸血の赤十字、消防署、消防団
町内防犯係、ボランティアの高校生などの連携組織が出来上がっていることを実感しました。
この会場は主に負傷者のトリアージ等の医療救護活動、他の会場では消火、救助、
避難訓練が行われました。
テレビの生中継も入り、他会場の様子も同時に大画面で見られると言う大規模なもの。

雨予報だったのに朝からからりと晴れて、しかも涼しい気候で順調に行われました。

 

コメント

カメラぐらし

2014-08-28 21:01:58 | 食べ物

まさにくらしの一部を切り取る「カメラぐらし」
家事をしていても色がきれいだとついつい写真を撮ってしまいます。

水道水を流しながら超高速シャッタースピードで撮りました。

 

  

コメント

第53回東京阿波踊り高円寺2

2014-08-26 13:58:00 | ミニ旅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

順番待ちして並んでいるところも整然として、規律が守られて静かなんですよ。

待ち時間をさざめきあってる踊り子さんたち、ほんと素敵なんです。

踊り終えて汗みどろのはずなのに化粧が全然崩れていないのも不思議に

思っていることのひとつ。

 

  

コメント (2)

第58回東京阿波踊り高円寺

2014-08-26 12:44:10 | ミニ旅

 

 

 貫禄の熟女と塾男、お二人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 下3枚、影の主役鳴り物
腹の底まで響く鳴り物は非常に重要、この状況で見せる表情がその人の最高の表情だと思われる。
男女ともきれいな顔だよね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

24日、第53回東京阿波踊り、高円寺に行ってきた。
この阿波踊り来年パリに渡るらしい。フランス人ジャーナリストがこの豊かな祭りに興味を持ち
両国の大使館、企業に呼びかけ、パリの広場で開催されるとのこと、今回そのことを想像しながら
見物した。
フランス人がこれを見たらどう思うか、きっと狂喜乱舞に違いない・・・と思うと胸がいっぱいになる。
同じリズムを共感する喜びにだ。

 

コメント (1)

里芋の皮むき

2014-08-25 20:37:06 | 食べ物

テレビでやっていたので真似して実行。
軽く洗って包丁で十字に切込みを入れて
ゆでます。8分がたゆでたところで取り出すと
写真のようにきれいにむけます。めんどうだなと思った
のですが、やってみたらいけると思いました。

コメント

「僕ほど働いてた人いない」田原俊彦が振り返る芸能生活

2014-08-23 22:28:00 | 俊ちゃんのこと

 

 婦人公論をまだ読んでいない方、ここ読んでください。

http://news.livedoor.com/article/detail/9176438/

トシちゃーん!!と呼ばれ、軽いのりではちゃめちゃやってると
思われてた若き日のトシちゃんは、信念を持って先を見通して
一日一日積み重ねて働いていたのです。
ジャニーズ時代の10年間、休みは片手で数えられるくらいだったと
いろんなところで言っています。
今私は、そうして積み重ねて完成されたトシちゃんブランドを
楽しんでいるのです。

死ぬほど働かなければならない人、しっかりとした自分の土台を
作るためだと思ってください。

 

  

 

 

コメント

婦人公論9/7号

2014-08-23 10:09:28 | 俊ちゃんのこと

現在本屋さんに並んでいる「婦人公論」ご覧ください。
田原俊彦が取り上げられています。
彼の真摯な生き方が仕事、家族、友人について見事に
語られています。

これを読んだらテレビに出る田原俊彦の見方が変わります。
ちなみに25日(月)フジテレビ13:00~「ごきげんよう」小堺さん司会
に出演します。

仕事は入れず待機します。お見逃しなく。


 

  

コメント (4)

ほのかな色彩に

2014-08-21 11:11:33 | 花・植物

 

おすそわけにいただいたバレエ発表会の花束、どうしても自分流にアレンジしたくて優しい色彩で
纏めました。

この優しいほのかな色彩、夕方の西日ががんがん当たる時刻で撮った時、どうしても優しい色彩が出なくて
不満だらけだったのが、翌朝、同じ場所で早朝の光で撮ったら一発でお気に入りの色彩に。

どこで、どの時間帯で・・・も大事な要素。



 

  

コメント (2)

MBLバレエ発表会「シンデレラ」

2014-08-20 08:33:29 | 人物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優美ちゃんのバレエ発表会、いずれもリハーサルでの撮影です。

最年少3歳から、そういえば今回は間違える子がいなかったですね。
大舞台に立ってよくあんなに踊れるものだと思います。
この経験は絶対一生を左右する良い経験だと思いますね。

前に行ったニコンショールームにバレエの写真が展示されて設定データが
添付されていました。
それを目盛ってきて、おおよそそれに合わせて撮ってみました。
暗いところで動くものを撮るときの条件です。
今度阿波踊りにも使えそうです。
シャッタースピード優先モードで、シャッタースピード250(早い)です。

 

  

 

コメント

月下美人

2014-08-17 08:26:29 | 花・植物

終わってしまった月下美人を捨てられないでいらしたJさん。お預かりして撮影しました。
茎を切って水に差したりしましたが、運命は変えられませんで、でも最後もきれいです。

 

  

 

コメント (2)

ヘビ茄子と桐岡ナス

2014-08-14 18:10:52 | 食べ物

ヘビ茄子(吉祥寺oisixで購入)
桐岡ナス(佐賀県の伝統野菜、阿佐ヶ谷佐賀物産店㈱竹八で購入)

トマトだけだはなくナスもいろんな種類が東京に集結しています。
どちらも柔らかくてすぐに火が通りおいしいです。

  

 

 

 

コメント

夏も痩せない

2014-08-13 10:17:25 | 食べ物

食欲のない人のために、いつもの食べ物をこんな風に形を変えたら?と思うのですが
私にはあてはまりません。逆に夏太りしています。
せっかくみんな入るようになっていたスカートがまたダメになりました。

ダイエット、ダイエットが主流で、夏痩せと言う言葉がなくなりました。
昔はクーラーがなかったから、夏は食欲が落ちるのが常識だったんだろうと思います。
おにぎりが丸いと何個でも食べてしまいます。気を付けてください。

 

田原俊彦コンサート情報は下記です。

http://www.toshihikotahara.com/event.html


  

 

 

 

 

 

コメント

杉並産レモン

2014-08-12 10:00:14 | 食べ物



杉並産レモンをいただきました。

一番手前の普通のレモンの3倍の大きさです。

後ろは普通のレモンとすだちです。

コメント

田原俊彦35th Anniversary

2014-08-09 19:50:46 | 俊ちゃんのこと

 


このところ田原俊彦三昧なんですね。

デビュー以来リリースしたシングル69曲すべてを収めた
CD5枚組が発売されてテレビ雑誌など露出が増えています。
若くてかわいい声だった時代の曲を53歳で収録しなおしています。
歌い方・キーは変えず大人の味が加わり聞き惚れます。
(写真をクリックしてください。69曲のメドレー動画が見られます。)


実際そのすべてを歌うコンサートも二日にわたって開催されました。
その模様を皆さんに伝えたいのだけど、あまりにも面白くて素敵で
言葉にすることができなくて、一人でにやにやするだけだったのですが、
どうしても伝えたくて書くことにします。

大きくないステージだから客席との距離が非常に近くて、私なんか
足さばきから、足を上げるごとに揺れる出来のいいパンツの布の
揺れ具合まで見えてそれはそれは美しかったです。

ご紹介している動画でわかると思いますが、たくさんのヒット曲がずらり
これを一曲一曲丁寧に歌って踊ってくれました。
80年代「歌のベストテン」「夜のヒットスタジオ」「トップテン」など当時たくさんあった
歌番組でこれらの歌はどれだけ流れたかしれません。

合間のトークは抜群の可笑しさで笑い転げます。

かと思えば衣装はまるでメンズ雑誌を見ているようなハイセンス、ながい足、
細い、顔小さい、どこをどう見ても脂ぎったおじさんではありません。

映像に出てくる様々な演出のかわいく、楽しく、そしてかっこよい
これらが、歌っているバックで大画面で映し出されたんです。

みんな一度は見たことのある映像なんですが、大写しにされると
迫力があって、懐かしさも手伝って「うおーっ!!!」「うおーっ!!!」と
悲鳴が上がるのです。
トシちゃんが人生そのものと言うファン歴35年の人たちにとって涙なくして
見られない映像もあるのです。

前で歌っている本人は、なんで悲鳴があがるのかわからなくて驚いて
あわてて後ろ向きになるんです。
ああ、これか!と言う感じで、そして自分も見とれて・・・と言うか、
しばらく後ろ向きのまま歌っているんです。

その瞬間が会場とトシちゃんとが一体化して面白くて仕方がないのです。


「みんなぁ、若いころの俺の映像見てうおーっ!って言うの、やめてくれる?
今の俺がじじいでみじめじゃない・・・・」と言うのですが
「うおーっ!!!」は止まりません。

歌いながら「俺に集中しろっ!!」って怒鳴るのです。
目の前で歌ってるトシちゃんを見ないで大画面ばかり見たくなるのです。

大画面、とってもかっこいいんだもの。
どちらもトシちゃんなんだからいいじゃんね。

この企画は自分で考えたんだそうですが、しらないよ!

このやりとりが非常に面白かったのと、メドレー形式でさらっと歌い流す
のかと思っていたのが、一曲一曲丁寧に歌ったことが素晴らしい
ステージでした。
かわいいあどけない表情での10代の曲、苦境の時代に歌った
人生歌、それを酸いも甘いもかみ分けた50代での歌声は柔らか
味が加わり魅了します。
かわいい曲、ワイルドな曲、バラードと、素がシンプルだから
何を演じても素敵です。

東京でのイベントが多いのですが、見られない地域の方に一人でも
多く見に来てもらえるよう頑張ると言っています。

夏から秋へのコンサート各地で行われます。

年をとればとるほど楽しい時間を多くすごしたいものです。
若いときと違って、楽しさは自分から意識して積極的に求めなけば
やってきません。
トシちゃんコンサートは、底抜けに明るく理屈抜きで楽しい時間を過ごせます。
温泉に行くのを一回やめてコンサートへ、脳や心の温泉も必要です。

あ、習慣としてコンサート中は基本スタンディングです。
でも大丈夫、周りがみんな私より若くて元気だからそっちへなびきます。

コンサート情報は下記で見られます。
下記に近くの会場がある方、一度体験してみませんか?

http://www.toshihikotahara.com/event.html


 

 

 

コメント (5)