オーディオ彷徨録~JBL4331AからALTEC620A~

今までのオーディオの改良や音楽の遍歴に、今後の改善も紹介。いい音に繋がる方法を色々模索したことや、好きな音楽を紹介する。

ワールド牧場

2018-10-19 17:58:23 | 日記
 最近は気候が丁度良い季節が短く直ぐに寒くなるので、今の内にと言うことで、クーちゃんを連れて”ワールド牧場”へ今日行ってきました。

 ■1)アクセス (住所:大阪府南河内郡河南町白木1456−2)
 家からは阪神高速空港線~環状線~松原線~西名阪道~阪和道~南阪奈線道路経由で車で1時間で行けます。行きは環状線の渋滞で20分余計に掛かりましたが帰りは難波までの渋滞が5分程度でしたので、1時間で帰れました。富田林経由でしたが、だんじりのお祭りの提灯の飾りが何箇所もありました。

 ■2)牧場内
 入り口前は、駐車場になっています。牧場内は

 下側が駐車場で、中央の赤い建物が幾つかあるのが入り口や動物との触れ合いや金魚釣りやフードコートがあります。上の方に牧場・ドッグランがあり、右上にちびっ子広場、右中央にイルカと鯨のプールがあります。

 ■3)到着~牧場まで
 入り口は、

 入ると、フードコートとバーベキューのテーブル

 七面鳥がいます。

 少し行くと馬の家

 馬の左には、カピバラがクーちゃんとご挨拶

 牛の乳搾りもできます。

 ロバと怖そうなクーちゃん

 犬や豚もいましたが、羊とヤギも

ポニーとクーちゃん

フラミンゴも


 ■4)牧場からプール~猛禽類
 牧場に出ると馬がいましたがクーちゃんはおっかなびっくり

 ドッグランでご満悦

 プールの説明ですが、中国人の旅行者も来ていました。

 こちらはバンドウイルカ

 ハナゴンドウも

 猛禽類ふれあい館の説明

 その中にいた地上最大級のフクロウで”トルクメニアンワシミミズク”

 牧場には珍しい亀もクーちゃんとご挨拶


 割りとコンパクトに施設が纏まっており、効率的に回ることが出来るので短い時間(昼食込みで3時間弱)でも結構楽しめました。
コメント

服部緑地公園でクーちゃんと散歩

2018-10-03 22:33:20 | 日記
 最近は、台風21号があったり雨が多かったりでクーちゃん(チワワ7歳)とも遊びに出かけていない。ということで10/1に近くの服部緑地公園に行ってきました。MUSE SE47μFの評価をちょろっとやってから出かけました。

 ■1)アクセス
 車で家から15分位で行けるので近くて便利です。ここも台風21号の被害があり先週くらいからやっと全部が通れるようになったとか。被害の跡もありました。

 ■2)公園内 (甲子園球場の約33倍もあるようです。広い!)
 地図がありました。

 色々な施設があります。テニスコート、乗馬、バーベキュー、プール、野球場、花壇、陸上競技場、人工芝サッカー場、野外音楽堂、遊戯設備等々結構充実しています。池も6つくらいあります。

 ■3)散歩
 第二駐車場から歩いていくと、池が

 クーちゃんも快調に闊歩しています。暫く行くと子供の遊戯設備があります。

 こういうのも。

 遊戯施設を超えると、中央広場

 そこを過ぎると大きな木が倒れていたようで切られています。台風21号の跡。直径80cm位ありました。

 途中で折れている木も、結構太いです。

 これはでかいです。クーちゃんもびっくり

 根っこの根元の一番太い所は、高さで2.5m以上あります。立ち入り禁止です。それを抜けると円形花壇、綺麗に咲いてます。

 クーちゃんもご機嫌

 梅塚古墳もあったようですが、公園が作られた時に殆どなくなったとか。


 台風21号の被害の凄さに唖然としたり、でも花壇は何とか咲き誇っていたり、古墳があったりとても良い経験ができました。近いので又来たいと思います。


 
コメント

7月について

2018-08-03 17:00:58 | 日記
 今年の7月は、暑かった。今でも暑いが、西日本の豪雨も凄かった。また7月といえば、ジョン・コルトレーンの命日がありましたね。

 ■1)西日本豪雨
 近年、夏の暑さは異常です。その高温にも影響されているのか、異常気象が多い。熱帯で起こるような豪雨が最近多いように思う。地球温暖化が影響しているかもしれない。私は、人類は、戦争やバイオハザードのようなウイルスで滅亡するのではなく、100年後位に温暖化の末に海面が上昇して陸地が殆どなくなって、尚且つ50度位の気温になって滅亡するのではないかと思う。
 先月の西日本豪雨については、7/30時点で亡くなられた方は、225人、未だに行方不明の方も11人おられるとのこと。私も何かできることは無いかと考えたが、この年で、ぎっくり腰を持っているので、ボランティアに行ったとしても役に立たない。仕事もあるので、時間も中々とれない。嵐のメンバーが、1億円も寄付をされたということであるが、当方も額は少ないが寄付を赤十字社にしました。

例年は、故里納税で返礼品を楽しんでいるのですが、今年は返礼品という気にもなれず。何かのお役に立てれば嬉しいのですが・・・

 ■2)コルトレーンの命日
 7月17日は、コルトレーンの命日でした。1967年5月7日、ボルチモアで最後のコンサートを行った後、7月17日、肝臓癌で亡くなっています。既に 51年も過ぎているのですね。もう半月も経ったが、今日は、お気に入りの”スタンダード・コルトレーン”と”ラッシュ・ライフ”と”ブラック・パールズ”と”ラウンド・ミッドナイト”でも聴いてみるかな。

コメント

今日は、鶴見緑地へ

2018-05-11 15:27:27 | 日記
 今日は良い天気なので、クーちゃんの散歩を兼ねて鶴見緑地へバラ園を見に行きました。犬の散歩もできて、自宅から車で30分位で行けるので便利です。

 ■1)入り口~大池まで
 北西の駐車場へ停めたのですが、バラ園へは、中央第一駐車場の方が近かった。入ると案内板が。

 バラ園は、右の上の方です。直ぐに乗馬苑があります。

 馬が居ますね。写真を撮っている私の後側に競技(練習)場があります。
 これを超えると、パークゴルフ場がありました。

 そこからは、ヨーロッパの各国の庭園ブースを通ります。ここは、オーストリア。
 モーツアルト?がヴァイオリンを弾いている黒い像が。

 次は、フランスです。クーちゃんも早く行こうとリードを引っ張ります。

 バラ園に近づいたところで、山のエリアの案内板が。ここは、現在地を見ると大池の近くです。


 ■2)バラ園 3800m2、310品種、1400株あるそうです。
 やっと、バラ園に入りました。ピンク系のバラが綺麗。今はバラが満開。眩しくて目が…

この真っ赤なバラも綺麗です。

 奥に大きな風車が。

 風車をバックに。赤と黄色のマリーゴールドがいいですね。

 ブルー紫のネモフィラとのコントラストもいいな。

 バラ園の中に5月のイベントの案内板。

3色のバラとクーちゃん。眩しそう。


 3)帰り道
 帰り道は、アジア・アフリカの庭園ブースの道を通りました。マレーシアのブース。

 近場で犬が散歩できて、駐車場も1時間半で400円と安かったし、今日はとっても有意義な散歩ができました。色んな犬とも出会えたので、クーちゃんも満足です。
 
コメント

京都小旅行 ~模型見学~

2017-12-23 09:46:21 | 日記
 前回、松尾大社の少し北にあるてんぷら”松”さんでのサプライズな昼食を載せましたので、今回はその席で隣におられた親戚の方に五重塔を作っていると言う話を聞いたので、その後にそれを見せて頂いた話です。

 ■1)お住まい
 お住まいは、日本三沢の一つにも数えられる広沢の池の西です。広沢の池と言えば毎年12月には池の水位を下げコイを収穫する鯉揚げが有名ですね。989年(永祚元年)に遍照寺の建立にあわせ庭池として本堂の南に造営されたとも云われて云るので歴史は古いようです。てんぷら”松”さんから車で10分位で着きました。もう仕事はリタイヤされていますので、悠々自適の毎日を過ごしておられます。広沢の池の東側には、タモリさんもブラタモリ#36で入った石室のある 「大覚寺古墳群」の狐塚古墳などなど、京都の隠れた古墳スポットがあります。

 ■2)作品
 これは話に聞いて想像していた以上でした。先ずは、話に出てきた 仁和寺の五重の塔です。これは余りに見事だと、太秦警察署の所長室に半年間展示されたようです。

 扉等も全て本物と同じく開いたりするのです。次は、右に清水寺の三重塔を

 これを材料の木から作るとのこと。次は、伏見桃山城です。この下にある桃山高校に私は通っていました。

 次は、金閣寺です。壁に金箔を貼れば良いのにと言った所、それは難しいとのこと。奥様が昔その仕事もしておられたが、この壁等には難しいと言うことです。左側に出っ張った所にはベンチ・長腰掛も作っておられます。
 引き戸も全て開いたりしますし、下の写真の開いた扉の奥に見えるのは仏像の台です。

 仏像までは作っていないとか。右側の引き戸も開いてみました。

 軒を下から覗くと、

 垂木がリアルです。夜のライトアップ。幻想的な夜のムードです。

 幻想的な金閣寺です。屋根も真直ぐではなく本物と同様のスロープを作っています。

 次は、銀閣寺。屋根が4面中2面がこれからです。後1ヶ月くらいで完成するようです。

 銀閣寺の屋根の完成している面と、左は、大リーグのサイン入りボールの置き台を作られた。


 私のオーディオなんかは足元にも及ばない優れものでした。製作期間は、1個につき1年を超えるということで、最初7から8回位は現地に行って見てから、図書館等で図面等資料を探してから制作に入るとのこと。入念な準備も必要なんでしょう。この日はサプライズの連続で感動の一日でした。
コメント