オーディオ彷徨録~JBL4331AからALTEC620A~

今までのオーディオの改良や音楽の遍歴に、今後の改善も紹介。いい音に繋がる方法を色々模索したことや、好きな音楽を紹介する。

WaveGeneの最適ゲイン

2018-12-16 09:37:25 | オーディオ
 WaveGeneをゲイン0dbで使っていると高調波が出ると言うことが、”戯れ言葉 音響測定”と言うブログの”MyAudioの音響測定 Part2-1 MyPCのライン入力” というページで示されていた。そう言えば、WaveGeneのゲインはデフォルトの0dbでずーと使っているが高調波はちゃんと確認していないので今回確認してみました。

 ■1)MyAudioの音響測定 Part2-1 MyPCのライン入力のデータ
 PCは、DELL DIMENSION 8400 でライン入力時に1KHzを出して、2KHzが-60db位出ていました。10次でも若干下がるがー60db弱あります。

 ■2)MyAudioの音響測定 Part2-2 MyPCのマイク入力 のデータ
 PCは、DELL DIMENSION 5400です。マイク入力では、残念ながらWaveGeneをゲイン0dbで使っているのではなく-20dbで使っているデータです。これでは、入力に1KHzを出して、2KHzがー85db、3KHzがー80db、4KHzは、-90db、5KHzが-76db、6KHzは-90dbです。WaveGeneをゲイン-60dbで使っているデータもありますが、これはー20dbより悪いのでゲイン不足のようです。

 ■3)レッツノートCF-S10の測定データ
 私のPCはレッツノートのCF-S10です。データは、

 ①が高調波を調べたもので、緑線が1KHzの瞬時波で赤線がサイン波を1回スイープした時のピークホールドです。赤線のピークホールドは高域が低下しています。上記ブログのように高調波は①の赤○で囲んだ領域では出ていないのでクリップはしていないようです。しかし上記ブログでは、1KHzのダイナミックレンジが100dbあるのですが、当方のデータでは80db位しかないのでダイナミックレンジは低いですが高調波は出ていないようです。
 また、サイン波で高域低下があったので、②でピンクノイズでも見てみましたが、やはり高域低下がありますがこれはピンクノイズの定義でも高域になるのに従って単調低下ですので、ほぼ沿っています。③はホワイトノイズですが、これは赤線のピークホールドで見ると、白色ノイズの定義どおりパワースペクトルの強度が広い周波数範囲で一定=コンスタントで、④の10HzのインパルスのFFTでもコンスタントですのでリニアリティは保っていると思います。ホワイトノイズで高域がヘタっていないので、PCのサウンドボードのアンプのゲインはWaveGeneのゲイン0dbでもコンスタントです。

 WaveGeneのゲイン0dbのデータは、当方はマイク入力で上記ブログはライン入力ですし、上記ブログのマイク入力は-20dbとー60dbですので単純には比較できません。レッツノートCF-S10でライン入力があればいいのですが、見当たらないようです。
 
コメント

千住 真理子さんのストラディバリウスを聴きに

2018-12-13 14:14:51 | クラシック
 前に漆原啓子さんのストラディバリウスを聴きに行ったが、たまには生のコンサートも聴いておかないと耳がオーディオ偏重になると思って、昨夜 千住 真理子さんのストラディバリウス「デュランティ」(2~3億円)を聴きに大阪・福島のザ・シンフォニーホールに行ってきました。

 ■1)ザ・シンフォニーホール
 入り口は、

右にはクリスマスですので木にもLEDライトが青く光っていました。

 入ると、クリスマスツリー


 ■2)会場内
 席は3階のオケに向かって左側です。

 直ぐ下が舞台の左袖になります。上には拡散板が沢山

 後ろ側の天井にも

 3階からの音は、残響が少ないようで、ダイレクトに音が飛んできますので生では珍しくシンバルが耳に痛い。また別のメリットとして1階ではソロが誰なのか重なって見えない時がありますが、上からですのでソロが誰かは一目同然です。

 ■3)第104回 X’MAS ステップ コンサート  12/12(水) 18:50-20:50

 出演者  ヴァイオリン 千住 真理子
      アコーディオン Coba
      指揮   円光寺 雅彦
      オケ   大阪フィルハーモニー交響楽団

 ■4)プログラム

       1.『キャンディード』        レナード・バーンスタイン
       2.『そりすべり』          ルロイ・アンダーソン
       3.『ペニー・ウィッスル・ソング』  同上
       4.『ソング・オブ・ザ・ベルズ』   同上
       5.『eye』                Coba
       6.『上を向いて歩こう』       中村 八大
       7.『ヴァイオリン協奏曲第3番 第3楽章』 サン・サーンス
      ~ブレーク~
       フィドル・パドルの指揮を観客3名を選んでトライしてから
       素人指揮者の3人目はおじ様で奥様はオペラ歌手、ハッピーバースデーをオペラで披露。

       8.『フィドル・パドル』        ルロイ・アンダーソン
       9.『リベル・タンゴ』         アストル・ピアソル
      10.『サラマンドラ』          Coba
      11.『チャールダーシュ』       ヴィットーリオ・モンティ
      12.『ウエストサイドストーリーからメドレーでマリア~トゥナイト等』   レナード・バーンスタイン
      13.アンコール『ウエストサイドストーリーからタンゴ』

 ■5)気になった曲
 
  2.『そりすべり』 
   オーディオ的には、雪の中をソリが進む様子を表すスズの音やトナカイの足音をリズムにした木魚の音やムチの音はスラップスティックで印象的に表現できていた。
  4.『ソング・オブ・ザ・ベルズ』
   NHKののど自慢で使うような長細い10本位縦に並んでいるチューブラーベルズが柔らかい良い音を出していた。優雅で華やかなワルツ。
  5.『eye』             
   Cobaのアコーディオンは、左側に鍵盤、右側にボタン(120個)があるタイプで13Kgもあるが見えないのに良く演奏できるなと思う。CDでのコンピュータビートの代わりに今日はパーカッションを使用している。バンクーバー五輪で高橋大輔が使って銅メダルを取ったので覚えている方もいるかも。少しアドリブというかエモーション過多かな。しかしエキゾティックでセンチメンタルなテーマは美しく力強く切れ味があって色気がある。タンゴ・フラメンコ系のリズムに乗って情熱的にイタリアのカステルフィダルドの夕暮れ時の街が真っ赤に染まってフラメンコダンサーが踊っている情景が浮かんでくる。
  7.『ヴァイオリン協奏曲第3番 第3楽章』 サン・サーンス
   千住さんの奏でるストラディバリウスは、絹の1本の糸から紡がれたような滑らかで線の細い美しい音を醸し出す。プレイはエモーショナルに流れず、正統派。ラッサンとフリスカのような動と静のシーンが繰り返して、開始後4分20秒後位からラッサン的な落ち着いた平安なパートがあり、続く6分10秒位からはフリスカ的なスリリングな展開になり8分過ぎからはクライマックスに入っていく。9分30秒からは真のクライマックスになって11分38秒でエンド。クライマックスへのもって行き方が重層で多彩である。

  9.『リベル・タンゴ』        
  曲の前にCobaさんが逸話を。40年前に作曲を大学で学んでからイタリアでアコーディオンを修行しに行くと山本直純さんに話したら、”楽器をやりたいのなら何故直ぐにイタリアに行かないんだ!”と諭され、そこで何が重要なのか気付かされたと。またイタリアでコンクールに優勝したりして日本に帰ってきたら、直純さんが真っ先に電話してきて”オーケストラがやって来た”に呼んでいただいたが、その時のオケが今日の大フィルだったので大フィルにも恩がある。

 情熱的で哀愁も漂う心躍るタンゴ。アコーディオンが良く似合う。カスタネットがタンゴのムードを醸し出す。

  10.『サラマンドラ』         
   サラマンドラとは想像上の生き物で手に乗る位の小さなトカゲもしくはドラゴンのような姿をしており、燃える炎の中や溶岩の中に住んでいる。四大元素を司る精霊(四大精霊)のうち、火を司るもの。ジュンバのリズムがピアソラに傾倒するCobaらしさを。情熱的で切なくて、やはりこれはタンゴ。しかし千住さんのストラディバリウスがたまにしか聴こえない。アコーディオンの音が勝ってしまう。やるのならソロをもっと分けるとかした方が良かったかなと思う。千住さんが、クラシック以外は初めてと仰っていたので少しそれも影響していたかも。
 
  11.『チャールダーシュ』   ヴィットーリオ・モンティ 生誕150年
   7.のサン・サーンスも良かったのですが、わずか3分47秒と短い曲ですがこれが一番でした。荘厳なイントロの後に、ヴァイオリンのテーマが華やかにスムーズにセンチに哀愁たっぷりにラッサンを奏でる。続いてフリスカがアップテンポで続く。ブレークがあってラッサンからフリスカで終わる。このフリスカのスピード感と言うか浮遊感はトレーンの”アイル・ゲット・バイ”や”ロシアン・ララバイ”を思い出す。
 
コメント

定在波評価後のルームシミュレーション

2018-12-07 14:04:45 | オーディオ
 前回行った定在波評価後のスピーカー位置で定在波シミュレーションをやってみました。

 ■1)特徴的な定在波波形
 これは以下の②が特徴的なのでこれを再現できるかを目標としました。


 ■2)奥行きをそのまま入れた場合 評価ソフトは、前と同じ:StndWave2Ver09
 奥行きは、2.64mなのでそのまま入れてみたのが、以下で

 50Hzに緩いディップがありますが、これは②と似ています。65Hzと95Hzにピークがありますが75Hzにディップが大きく、上の②とは違っています。②で350Hzから盛り上がっているのは似ていると思います。

 ■3)前回フィットした奥行きを1.9mにした場合
 壁に本棚とかあるので、奥行きをその対応で1.9mにすると、

 55Hzに鋭いディップがありますが、これは②でも55Hz辺りですので良く似ています。70Hz~100Hzにピークがありますが形が②と良く似ています。350Hz以上の盛り上がりは、■2)の方が似ています。

 ■4)固有モード (幅W:奥行きD:高さT)  ■3)の奥行き1.9mの場合で検討
 55Hzのディップは、対応するモードは見当たりません。②のピーク69Hzは、W:D:T=2:0:0(W方向の2次:69.4Hz)です。②のピーク85Hzは、W:D:T=1:0:1(79.6Hz)と0:1:0(D方向の1次:90.5Hz)の加算、②の95Hzのディップは、W:D:T=1:1:0(96.9Hz)か、ケース■2)の2:1:0(95.2Hz)と思います。
コメント

低音の定在波評価とスピーカー位置

2018-12-06 15:42:32 | オーディオ
 低音の遅延を前回測定したので、定在波にも興味が移って、定在波(以降干渉・反射も含み定在波と記す)評価をちゃんとやり直すことにしました。12/7青字改定12/8赤字追加
 ■1)現状と評価後の部屋のレイアウト
 これは以下の図で説明します。12/9図中に書棚と本箱を追加

 左側のスピーカーは扉の右にあるので左側の壁から1.87m離しています。ラックから離すとしても壁からは1.77mが限界ですが今回は評価後1.77mに変更しました。右側のスピーカーは前回8KHzのピークを平坦化できるので、1.55mにしていますが、今回は評価しましたが最適条件は変らずで変更しませんでした。今回定在波対策でスピーカーを動かしましたが、奥行きが2.64mしかないので奥行き方向は無理で、動かすのは長手方向になります。

 ■2)評価状況
 評価中は、両側のスピーカーをラックから20cm以上離していましたので下記の状況。

 最終的には以下のように、左側のスピーカーをラックから24cmに離しました。(今までは14cmなので10cm移動) 右側は、ラックから11.5cmから最終的には変更しませんでした。
 

 ■3)評価方法の見直し
 従来は、変化の良く判るMy Speakerでは両チャンで評価しており左右の差は無視していましたので、今回左右別々に評価しました。Wave.Gneの場合は、左右別々に評価していましたが変化に鈍感なので詳細評価は出来ていませんでした。

 ■4)FFT評価結果 左側のスピーカー
 これは以下。

 ①は、現状の620Aがラックから14cmの距離の場合で70Hz以下の低音を出す2231Aを付けて評価しましたが、赤〇で囲んだ領域が低音の定在波等の影響でのピークとディップです。70Hz以上が主体なので②以降は2231Aを切っています。②は現状で2231Aを切って620A+2405のみにした場合で低音40Hzから駄々下がりです。70Hzのピークが大きく90Hzのディップもあります。③は、620Aをラックから10cmに近づけた場合で、赤〇で囲んだ80Hz付近が上がっています。逆に620Aをラックから19cmに遠ざけた場合は、赤〇で囲んだ80Hz付近が下がっています。ラックから更に620Aを離していくと、

 ⑤が24cm、⑥が28cmですが、この辺りはほぼ安定してピークは低くなっています。⑦は33cmまで遠ざけた場合です。⑤⑥とそんなに変わらずですが、100Hz付近のディップは寧ろ深くなっています。従って2231Aを切って聞く場合も考慮して最適条件は24cmと判断し、2231Aを加えてFFTを撮ったのが⑧です。

 ■5)FFT評価結果 右側のスピーカー
 これは以下。上記の部屋のレイアウト図の右側には書棚(高さ2mが効いていると思う)があり奥行き方向のスペースが2m位に短くなっているので左側より定在波等のディップが深い。下のグラフでラックから遠ざけるに従って100Hzのディップが深くなるのはその為と思う。書棚は左側の本箱の位置に移動したいが、マンパワー&時間がない。

 ①は、現状の620Aがラックから11.5cmの距離の場合で70Hz以下の低音を出す2231Aを付けて評価しましたが、赤〇で囲んだ領域が低音の定在波等の影響でのピークとディップです。70Hz以上が主体なので以降は2231Aを切っています。②は現状で2231Aを切って620A+2405のみにした場合で低音40Hzから駄々下がりです。80Hz付近のピークが大きく100Hzのディップもあります。③は、620Aをラックから5cmに近づけた場合で、赤〇で囲んだ170Hz付近のディップが深くなっています。逆に④で620Aをラックから16.5cmに遠ざけた場合は、赤〇で囲んだ100Hz及び170Hz付近のディップが大きく下がっています。ラックから更に620Aを離していくと、

 ⑤は22.5cmまで遠ざけた場合で100Hz及び170Hzの両ディップが更に深くなっていますので右側はラックから620Aを遠ざけるのはよくありません。ラックから近い限界を探ろうとして⑥で10cmの場合を採って見ましたが①を比較してほとんど変らないので最適条件候補にしました。ラックから10cmの条件で2231Aを追加し左は最適条件⑧で両チャン鳴らしたのが⑦で、⑧がラックから右側が従来条件の11.5cmで左側が24cmの条件でFFTを採ったものですが、赤〇で囲んだ180Hzのピークが⑧では低くなっていますので⑧を最終的な最適条件としました。また従来とそんなに大きく変ってはいませんが200Hz以下が10dbに収まる良い低域(これにはラックを木製にして天井まで物を置いて空間を区切っているのも寄与)と思います。当面これで聴いてみます。⑧は低域から高域になるのに従って音圧がなだらかに5db位単調減少していく私が理想とするスロープになっています。
 とりあえず、カインド・オブ・ブルーとマイ・ファニー・バレンタインを聴いてみたのですがライブ感も充分で変なブーミングや篭りのようなものはありません。従来との変化は正直判らないというところですが定位がクリアーな感じがしています。
 クラシック音楽館の9/23放映のジョナサン・ノットのマーラーの10番から”アダージョ”なんか聴いていますと、ホール感も良く出て、躍動感のある音のマーラーになっています。5番の”アダージェット”が一番好きですが10番の”アダージョ”も良いです。因みに今は上記評価も含めNW逆相にしています。その理由はまた後日上げます。
コメント

JBL2231Aの低音の遅れ

2018-12-01 21:07:41 | オーディオ
 前回、604-8Gの低域の遅れを測定した。今回は、JBL4331Aに付いている2231Aの低音の遅れをインピーダンスカーブやトーンバースト波形から算出した。

 ■1)実験状況~トーンバースト波形観測~
 これは以下のように行った。先ずは、左側のユニットから

 マイクは、ユニットセンターの中心軸上で10cmの超ニアー・フィールド。次は、右側のユニットの測定状況


 ■2)最低共振周数f0cの遅延時間
 前回紹介のブログ~サブウーファーの音の遅れを測る2~によりますと、スピーカーの遅れは、最低共振周数f0c、バスレフポートの共鳴周波数fdのピークのところで大きくなるということで、先ずは、f0cから算出しました。

 この③から左側を、④から右側を出しました。上記ブログの説明を引用させて頂き、下記のように算出。尚、ζmが0.1を超えると誤差が大きくなるとのことですので、以下は前回の8Gより誤差は少ない。

 これより2231Aの左側のf0cの遅延は、3.8ms、右側のf0cの遅延は、5.1msとなります。これは当方が前回計った604-8Gの3.6ms~2.5msと比べると、少し悪くなっていますが周波数が62Hz⇒46Hzに下がっているのでこんなものでしょう。しかし上記ブログのパイオニアHTP-S333付属 (16cm)の5.5ms(101Hz)と比べると短い。

 ■3)バスレフポートの共鳴周波数fdの遅延時間
 これは、前回紹介ブログの~サブウーファーの音の遅れを測る1~によりますと、トーンバーストの包絡線から算出できるようです。

先ずは②の右側は、fd=13Hzの時、立上り 38ms、立下り 38msとなります。④の左側は、fd=13Hzの時、立上り 36ms、立下り 38msとなり、f0c同様左側が若干良い。尚、①の包絡線からも遅延が算出できるのでやってみたら、14msになりましたが、■2)のインピーダンスからは5.1msとなりました。この差は?です。
 こちらも604-8Gの立上り19~25ms、立下り15msと比べると大幅に悪いですが、fdが何せ13Hzですから大目に見ましょう。この音は唸りと言うか、洞窟の奥でティラノサウルスがうめいていると言うか、ズッと聴いていると低周波騒音で精神を痛める音です。
 尚、fdのトーンバーストの最初と最後に2倍の高調波が出ていますがf0cでは見られません。604-8Gでもfdでのみ出ているのでこれはバスレフ共鳴起因で出ていると思います。これをカットしようとしてチャンデバで最低の44Hz設定(実質70HzでLPF)でカットしてみましたが、波高が1/2になる程度でカットできません。~26Hzなので20Hz位でLPFできないと切れないと思います。
コメント