ものぐさ日記

ひとり遊びが好きな中年童女の日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『聖者たちの食卓』

2014年11月23日 | 映画
 ついでがあったので、(う~ん、ちょっと見たいけど、どうしようかな?)と思っていた映画を見てきました。渋谷アップリンクで上映中の『聖者たちの食卓』。    インド・パンジャーブ州、アムリットサルにある、スィク教の大本山、「黄金寺院」での食事風景(食事の支度、食事、食事の後片付け)を写したドキュメンタリー。    インドは他宗教、多言語、他民族の国家ですが、スィク教を信仰 . . . 本文を読む
コメント (6)

『めぐり逢わせのお弁当』

2014年09月28日 | 映画
 シネスイッチ銀座ほかで上映中のインド映画、『めぐり逢わせのお弁当』。    インドでは、宗教などの理由で、各自、食べられるものが違うので、昼食は自家製のお弁当が一般的。ムンバイはインドきっての大都会で、遠距離通勤者も多いのですが、電車の混雑ぶりは東京よりひどいくらい。しかもインドの伝統的な弁当箱というのは、直径15~20cmくらいの筒型が3~4段重なった巨大なものなので、満員電車に . . . 本文を読む
コメント (2)

マダム・イン・ニューヨーク

2014年07月20日 | 映画
 久しぶりに、いいインド映画を見てスッキリ。『マダム・イン・ニューヨーク』。   *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *    シャシは、姑、夫、娘、息子と暮らす主婦。料理がうまく、ラッドゥーというお菓子を作って、近所に小売りもしているが、おいしくて評判だ。だが、サラリーマンの夫や、反抗期の娘は、英語 . . . 本文を読む
コメント (2)

『CHALO DILLI  デリーに行こう!』

2014年03月16日 | 映画
 『神さまがくれた娘』と同じ日に見た、もう1本のインド映画。こちらはヒンディー語映画というか、ばりばりのボリウッド映画。   *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *& . . . 本文を読む
コメント

『神様がくれた娘』

2014年03月16日 | 映画
 というわけで、凶暴な体力・気力を少しでも押さえるために見た2本のインド映画のうちの1本目。   *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  チョコレート工場で働くクリシュナの知能は6歳児程度だが、彼には5歳の娘、ニラーがいた。ニラーの母バーヌマティーは、親の反対を押し切って、クリシュナと駆け落ち結婚をしたが、ニラーを出産時に亡 . . . 本文を読む
コメント

『スタンリーのお弁当箱』

2013年08月05日 | 映画
 わずか96分のインド映画、『スタンリーのお弁当箱』(Stanley ka Dabba)を見に行ってきました。   *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *    ムンバイの小学生、スタンリーは、歌や踊りがうまくて、機転の利くクラスの人気者。でもなぜかいつもお弁当箱を持ってこないので、友達がお弁当を分けてあ . . . 本文を読む
コメント (4)

『ZINDAGI NA MILEGI DOBARA』(人生は一度きり)

2012年10月12日 | 映画
 オーディトリウム渋谷でやっているインディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパンにも行ってきました。というか、『ビラルの世界』と会場は同じなので、10:30から16:00近くまで昼抜きで、そのままいただけですけど。見たのは、2011年制作、『ZINDAGI NA MILEGI DOBARA』(人生は一度きり)。   *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *   . . . 本文を読む
コメント (2)

『ビラルの世界』

2012年10月08日 | 映画
 そういうわけで、三連休の中日はインド映画。まずはドキュメンタリー映画の『ビラルの世界』。  コルカタで、目の見えない両親、祖母、祖母の姉、弟と暮らす3才の男の子、ビラールの日常生活をカメラで追った作品。  ビラールの両親はふたりとも目が見えないけど、父親は字も書けるし、母親は家事をこなしているし、他の人の手を借りずに生 活しています。借金して始めた電話屋(STD州外電話、ISD国際電話)の商 . . . 本文を読む
コメント (2)

週末からインド映画

2012年10月04日 | 映画
 あさって、10月6日(土)から、オーディトリウム渋谷でインド映画をいくつか上映します。    まずは、『ビラルの世界』。コルカタ(カルカッタ)のスラムでたくましく生きる3才の男の子のドキュメンタリー。    午後からは同じオーディトリウムで、、インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン2012を1週間にわたり開催。最近のインド映画が多いし、いくつか見たい作品があ . . . 本文を読む
コメント (4)

映画『イラン式料理本』

2012年09月17日 | 映画
 久しぶりに岩波ホールで映画を見ました。『イラン式料理本』。 *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *    モハマド・シルワーニ監督の知り合い、6家庭の台所で、料理を作る課程を撮影。   1.監督のお母さんの友人(50代前半。14才の時、40才の男性と結婚)→インゲン豆のポロ(炊き込みご飯)  2.監督の義 . . . 本文を読む
コメント (2)

『RA・One』

2012年08月19日 | 映画
 新入社員なので、有給休暇に余裕がなく、今年は夏休みなし。でも金曜日は一日だけ休みをもらいました。懸案のゆうちょ銀行の手続を済ませ、インド映画にGO!  シャー・ルク・カーン主演のSF映画『RA・one』。 *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *    イギリス在住のシェーカル・スプラマニアム(=シャー・ルク・カー . . . 本文を読む
コメント

『THE DARK KNIGHT RISES』 ダークナイトライジング

2012年08月11日 | 映画
 今年の結婚記念日は、母の形見分けのため帰省していたので、久しぶりのデート映画。ちなみに前回のデート映画は、『ハラがコレなんで』(2011年11月)でした(笑)。    ノーラン版バットマン三部作の完結版。『バットマン ビギンズ』(2005)、『ダークナイト』(2008)も、すっばらしかったのですが、今回も上質。『ダークナイト』は、作品としてのクオリティーは高かったと思うのですが、あ . . . 本文を読む
コメント

『ロボット』

2012年05月31日 | 映画
 話題のインド映画『ロボット』を見てきました。『ムットゥ踊るマハラジャ』のラジニーカントとボリウッドのトップクラス女優、アイシュワリヤー・ラーイ共演で、SFX多用で、制作費は豪華なインド映画の中でも破格に高い37億円、世界興収(興行収入?)100億円超とか。   *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  ロボット工学博士のバシー(ヴァ . . . 本文を読む
コメント (2)

3 idiots

2012年01月04日 | 映画
 2009年制作のインド映画、『3 idiots』。日本でも2010年の9月に『3バカに乾杯』という邦題で限定公開されましたが未見。9月のナマステ・インディアで買っておいたのをようやく見ることができました。 *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *     ファルハーンは大学のクラスメイトだったチャトゥルの電話に呼び出され、仮病を . . . 本文を読む
コメント

『パイレーツ・オブ・カリビアン-生命の泉-』

2011年07月17日 | 映画
 土曜日は22回目の結婚記念日。暑い日でしたが、たまには映画でも見るべぇ…と、夫と出かけました。とはいえ、2人の趣味が合いそうな映画もなかったので、キース様の出ている「パイレーツ・オブ・カリビアン」に決定。    結婚して22年というのもあっという間だけど、前回、キース様の出た「パイレーツ・オブ・カリビアン-ワールド・エンド-」を見たのが、もう4年前!恐ろしいくらい時間 . . . 本文を読む
コメント (2)