ものぐさ日記

ひとり遊びが好きな中年童女の日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最近お気に入りのインド料理店

2012年06月25日 | インド
 先週は2回都内に出かける用事があったのですが、2回とも同じインドレストランで食べました。  うまい!南インド料理好きにはおすすめ。特に平日のランチはかなりお得です。予約が必要ですが、土曜日の夜には、ハイデラバード・ビリヤーニができるとか。  ビリヤーニというのは、西アジアの米料理です。都内には数多くのインドレストランがあって、中には「ビリヤーニ」を置いてあるところもありますが、ビリヤーニとは . . . 本文を読む
コメント (4)

踊らにゃソンソン

2012年06月24日 | ローリング・ストーンズ
 あんまり宣伝もしていないサントリーのSTONES BAR。三種類しか手に入りませんでしたが、どうも「浮き彫りベロ瓶」のホップ瓶は、市販されていない模様。「STONES BARが飲める店」でしか手に入らないらしい。仕方ないので、六本木まで出かけてきました。  六本木駅は構内からもうこんなよ~!! ヒルズ↓    ヒルズ・カフェで、「浮き彫りベロ」…ローリン . . . 本文を読む
コメント (4)

STONES BAR

2012年06月19日 | ローリング・ストーンズ
 サントリー ストーンズ・バー  きのう(6月18日)から発売だと思って、都内でさんざん探したんだけど、みつからなくて、(サントリーダメじゃん)と思ったけど、きょうが発売日だったのね~。やっとこの3本だけ、西武池袋店のスーパー、「ザ・ガーデン自由が丘」で見つけたけど、フライング販売だったのかな?きょうは久喜の酒屋、コンビニを何軒かあたったけど、見つからなかったので、3本だけでも買えてラッキー . . . 本文を読む
コメント (2)

父の名前

2012年06月17日 | その他
 きょうは父の日。舅は結婚する十年以上前に亡くなっていますし、私の父も15年前に亡くなったので、父の日のプレゼントはなし。    父が15年前に亡くなって、菩提寺から、俗名を聞かれた時、我々家族一同は顔を見合わせ、即答できませんでした。  というのも、父の名前が「ノリマサ」なのか、「ノブマサ」なのか、はっきりしなかったから。たしかに、以前は、「ノリマサ」と名乗っていたのですが、晩年 . . . 本文を読む
コメント (4)

勝手に憶測言語学21「とぶ/はねる」

2012年06月16日 | 日本語・ことば
 NHKの大河ドラマ『平清盛』が不評だそうですが、平安時代末期というのはなかなかおもしろい時期で、私は毎週楽しみに見ています。で、先週の再放送を見ていたら、「首を刎ねよ!」というセリフがあって、「はねる」ということばにひっかかってしまいました。  どうして首を切ること(だけ)を「はねる」って言うのかな~??    他に「はねる」というのは、    兎が「跳ねる」    水を「撥ねる」 . . . 本文を読む
コメント (3)

『漂流するトルコ』

2012年06月09日 | 
 部屋を片付けようと、少しずつ本を捨てているところですが、捨てる紙ありゃ拾う紙あり…どうしても買いたくなる本もあります。これもそんな1冊。  『漂流するトルコ』 小島剛一著 有限会社旅行人出版    バックパッカーのための旅行雑誌「旅行人」が2012年度上期号を以て休刊しました。月間→季刊→年2回と、年間発行数は減ってきていましたが、内容はますます . . . 本文を読む
コメント (6)

ゆうちょ銀行にはこりごり

2012年06月03日 | まいにちのできごと
 住む人がいなければ二束三文の価値しかない不動産名義の書き換えはまだですが、ようやく亡母の預貯金等の遺産相続手続が完了しました。戸籍謄本などの資料集めから、丸3か月。 各金融機関の書類をファイルしたもの(左)と、登記簿謄本、印鑑証明書等のあまり(右)   *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  遺産相続の手続は、ファイルを作って、できうる限り効率的にやったの . . . 本文を読む
コメント (2)

キーヨが死んだ

2012年06月02日 | まいにちのできごと
 尾崎紀世彦さんが亡くなりました。    同級生が新御三家(西城秀樹、野口五郎、郷ひろみ)に夢中な頃、私のアイドルはミック・ジャガー、尾崎紀世彦、布施明と、小学生の頃から渋好み。「ミック・ジャガーやキーヨ、アミターブ・バッチャンが好き」と言ったら、「ワイルド系が好きなんですね」と言われたことがありましたが、私にとっては、3人とも、「ワイルド」というよりむしろ「ジェントル」で「お茶目」な男性。キ . . . 本文を読む
コメント