千曲川の流れのように

年金生活者の徒然

中日2年連続優勝

2011-10-19 | Weblog
 10回裏2アウト。いつもなら岩瀬の登場だが、浅尾の続投となった。マウンドでどんな会話がされたのか興味深い。次の世代への期待からか。落合監督は、選手への感謝の言葉を口にした。オレ流と呼ばれているが、ここにその真髄がある。なぜここで投手を代えないのかと思う場面はしばしばだ。落合は、じっと我慢する。今日の事も大事だが、将来のこと、つまり自分たちの目標はなにかを見据えているのだ。13連戦は不利と考えていたが、落合はそれを逆に味方にした。今後の落合の動向に注目だ。
写真はオリンピックスタジアムの聖火台だ。
コメント