千曲川の流れのように

年金生活者の徒然

坂城大橋

2013-01-21 | Weblog
 人間ドックの結果でγGTP値が非常に高いとの診断。これは、アルコール性の肝臓に関する障害だ。秋から酒量を劇的に減らした、飲み会以外は、週1,2回の飲酒とした。土曜日に血液検査を行い、結果、66と正常値の域に達した。前回は88で基準値を超えていたが、今回は基準値内となった。ここまで、出来れば依存症ではないですねとは、医師のコメントだ。酒量が少なったのは、歳のせいかも知れない。習慣とは、良いほうにも悪いほうにも影響する。環境を変えれば、変われることことを実感した。ところでKindleだが、我が家に無線ランを導入し、と言っても大したことではないのだが。Wi-Fiでウェーブに接続できるようになった。結構楽しい。電子辞書などと比べると、お得だ。でもね、1分以内で本がダウンロードできてしまうので、どんどん購入してしまいそうで危険だ。そこが、AMAZONの狙いなのだが、とりあえず、「マネジメント」「あたらしい憲法のはなし」「とんび」「道を開く」を購入した。著作権の切れた芥川や漱石は無料で入手できる。大人の玩具としては、今のところ満足している。
写真は、15日、坂城大橋から千曲川を望む
コメント

雪のため

2013-01-16 | Weblog
 移動販売の監査日だったが、昨日の大雪のため、責任者が同乗することになり、中止とした。集品センターは商品の入荷遅れ、横持便の遅延などセンター現場は大変な一日になった。10年ほど前に同じようなことがあった。長野県は、高速道路がないと途端に混乱する。
コメント

高速道通行止め

2013-01-15 | Weblog
 松本センターの監査日だったが、高速道路が通行止め。松本までR19で3時間かけて出かけた。久しぶりのR19だったが、疲労はピーク。家路は、職場から1時間かかり、通常なら5分ほど分岐点に到着。なんだかなー。
コメント

Kindle

2013-01-14 | Weblog
 昨年末から品切れだった「Kindle」が思いがけず、予定より早く届いた。細かいマニュアルはない。感覚で使い方を探る。単行本で購入した「64」は定価より安い値段で購入できる。電子ブックなんかと思っていっていたが、意外と便利だ。とりあえず、ドッラーカーの「マネジメント」と「とんび」を購入した。マネジメントは、単行本を持っているが、いつでもどこでも読めるのはありがたい。著作権の切れた芥川や漱石は、青空文庫版で無料で、ダウンロードできる。しばらくは拙者のおもちゃになりそうだ。3Gで使っているがWI-HIも使えるとあるが、よくわからない。無線ランにしないといけないらしいことまでたどり着いのだが。ゆっくり、使い方を勉強しようと思う。個人的には、六法全書などが使えると嬉しい。
写真は、「姨捨から千曲川を望む」2012.12.10
コメント

遅ればせながら

2013-01-10 | Weblog
 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
 「ソロモンの偽証」宮部みゆきは、いじめから自殺した事件を追う中学生が裁判を行う展開。昨日の報道で、同様の事件が注目されている。全部で3巻の超大作だが、読み手を飽きさせないのは、さすがだ。ところで、第1巻は夏の発売なのだが、年末に購入するとなんと初版だった。ここからは拙者の推測だが、版元は宮部みゆきだから「売れるはず」と考え、大量?の部数を用意したが、思惑は見事に外れた。だからと言って、作品の価値が下がるわけではない。理由は、1巻が1,890円と高額。しかも3巻なので、6,000円近い投資になる。なかなか手が出ないというのが真相ではないか。文庫化されれば、一気に爆発となるや。アマゾンでこの本(ソロモン)を検索すると、「64」がおすすめ「この商品を買った人はこんな商品も買っています」に登場する。思わず注文した。今週末は、初めて読む「横山秀夫」に取り掛かろうと思う。
コメント