千曲川の流れのように

生協職員の徒然

大晦日の鯉

2017-12-31 | Weblog


大晦日恒例の農協で鯉の販売中。鯉を捌いている。鯉こくは、この地方ではお正月料理でこれがないと始まらない。拙者は苦手なのだが😱
信州では〈お年とり〉と言う風習がある。大晦日の午後といっても、地域性がある。3時位から始まるのは木曽地方。我が家は夕食どき。魚がメイン。鰤と鮭の地域に二分される。ご馳走を食すのだ。他の地域はどうなっているんでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 今日のブチ | トップ | 2018年 明けましておめでと... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (バンドマン2号)
2017-12-31 14:34:21
この鯉新鮮です。でも私も苦手なお魚です。この頃はお忙しそうですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事