アブリコのCinema散策

のんびり映画でも観ませんか

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

永遠のアフリカ 2000年 アメリカ

2010-08-21 | ドラマ
人生をやり直す目的で、いま在る場所からあえて遠い地へ移ろうとすることは、生半可な気持ちではできないだろう。
かねてからアフリカへ行ってみたいと考えていたクーキーは、恋人パウロの勧めもあって、息子のエマと共にアフリカへの移住を決意する。
北イタリアから、自然と共存する大地へと居を移すことは想像以上のものであろうが、彼女はそれを受け入れた。

環境を変えたからといって、全てがプラスになるとは限らない。
アフリカでは苛酷な運命がクーキーを待っていたのである。
夫のわがままも、象牙目的の密猟の実態や、家が倒壊しそうなほどの凄まじい砂嵐も辛いものだった。
しかし、彼女にとっての最も厳しく深い悲しみは、夫と最愛の息子の死であって・・・。

アフリカに来ていなければ、こうした事態にはならなかったのか。
「もし・・・こうしていたら」と、人は思う。
だが、これは彼女自身が選んだ道でもある。
彼女は、母親や友人から「イタリアへ帰ってくればいい」と再三言われたが、二人が眠るこの地を離れる気はなかった。
それに、夫パウロの忘れ形見である小さな娘もいる。
彼女の意志は強かった。
その後クーキーは、自然保護論者となり、アフリカに住み続けたそうである。

キム・ベイシンガーとヴァンサン・ペレーズの共演ということで、かつてのセクシー俳優同士だから、何かある?と期待はしてみたものの、やはり「かつて」の言葉が正しいように、特にこれといったスペシャルシーンはありませんでした(笑)。
ヴァンサンも過去に、カトリーヌ・ドヌーブやイザベル・アジャーニといった熟女を相手に奮闘しとりましたが、今回はずいぶんあっさりとした味付けになっていた模様であります。
コメント

人生は、時々晴れ 2002年 イギリス・フランス

2010-08-08 | ヒューマン・ドラマ
我々は、家族や友人、恋人、さまざまな人たちにに支えられながら暮らしている。
信頼し合い、助け合い、また、愛情を確かめ合うことで安心するのである。
しかし、そうした中にいながらも、孤独だと感じてしまう哀しさは、誰にでも訪れる可能性がある。

妻は仕事と家庭のはざ間で孤独になる。
夫は仕事と自分の甲斐性の無さに孤独になる。
息子は仕事に就かず、口答えばかり。
家の中は冷えていった。

息子の入院をきっかけに、夫婦は本音を出し始める。
夫は、妻からもう愛されてはいないのだろうと嘆く。
妻は、そんなことはないと涙を流す。
冷えきった家庭の中で、しばらく会話らしい会話もなかったせいか、お互いを見失いそうになっていたフィルとペニー。
世間一般でも、話をしなくなる夫婦は多いのだろう。
「昔はなんでも話してくれたのに、今はなんにも話してくれない。」なんて密かに思っている夫人たちも少なくないのかもしれない。
マイク・リー監督は、こうした心情を描写させたらピカイチである。
人の孤独さがズシリと響く、重い人間ドラマを無理に格好をつけず、洗練された映像で見せる。

ずっとずっと同じ表情でいたフィルが、ペニーと再び気持ちを分かち合えた喜びに笑顔を見せたときは、なんだかとってもよかったなぁと思えた。
両親の笑顔に、子どもたちは惑いながらも嬉しかっただろう。
家族の輪が見えたようなラストシーンが温かい。
コメント