アブリコのCinema散策

のんびり映画でも観ませんか

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

裏切りのサーカス 2011年 イギリス・フランス・ドイツ

2017-08-05 | ミステリー&サスペンス
1973年11月、英国諜報部〈サーカス〉のチーフであるコントロールは、ある作戦の失敗による責任を受け、その座を退くこととなった。
彼の右腕であるスマイリーと共に。
翌年、スマイリーの元に依頼が入る。
一度解雇された身であり断るも、この件は君が適任だと推される。
サーカス幹部の中に、二重スパイがいるらしい。
その"もぐら"を探し出すのが仕事であった。
かつてコントロールが言っていたらしい。
"腐ったリンゴ"がいると。

〈身内〉にスパイ・・・。
確かにここ何年も、作戦は失敗の連続であった。
さすがにこれはどこかで漏れているとしか考えられない。
スマイリーは考える。
かつての部下であったギラムと、警視庁保安部の元警部メンデルを自分につけ、"もぐら"を探るべく行動に出る。

イスタンブールからリッキー・ターが密かに帰国する。
彼は重要な秘密を握り、現地から打電していたのだが、それも何者かによって崩され、逆に彼がサーカスとKGBからも狙われる羽目になってしまった。
その日 —— 11月20日の記録(重要証拠)を得るため、スマイリーは保安課の11月の当直日誌を持ち出してくるよう、その危険な任務をギラムに命じる。
しかしその日のページだけ、破り取られてしまっていた。

東西冷戦時代を背景に難解な部分があるため、集中していないと、この作品は観ているうちにどんどんわからなくなってくる。
スマイリーが解雇される前後の話が行ったりきたり、急な場面の切り替えや、何より説明らしきセリフがないため、一度観た限りでは置いてけぼりを食ってしまう。

スマイリー役のゲイリー・オールドマンが渋カッコよかった。
ブチ切れる役柄のイメージが強かったオールドマンだが、本作品では実に見事な演技ぶり。
年を重ねた感と同時に、やはり役者だなあと、感心しきりである。

スパイ映画でおなじみの派手なアクションや過激な銃撃戦。
そして大爆破にプラス、ちょっとお色気といったエンターテインメント盛りだくさんなシーンは、ここでは出てこない。
静寂といってもいいほどのこの映画は、その静けさの中に潜む緊張感がかえってとても魅力的であって、何度観ても新たな発見のできる稀有な作品である。
スパイものの中でも秀逸で、実に知的だ。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« おみおくりの作法 2013年 ... | トップ |   

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ミステリー&サスペンス」カテゴリの最新記事