O's Note

いつまで続くか、この駄文

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ジェネリック

2008-07-31 21:00:00 | 多分駄文
 今日は訳あって病院へ。
 病名はうすうすわかっていても、医師にそうだといわれるのがしゃくで(苦笑)、今まで行かなかったのですが、試験も一段落しちょっと時間が取れたので行ってみました。
 病名は小生が思っていたもので、時々リハビリに行くことに。
 薬も処方してもらったので、その病院の近くの調剤薬局に行くと、初めての薬局だったので住所や氏名、現在服用している薬など、基本的なことを書かされました。その中の一項目に「ジェネリック医薬品を希望しますか」という項目がありました。聞けば、最近制度が変わって、医師が「ジェネリックはダメ」といわない限り、薬剤師の判断でジェネリックに変更することが可能になったそうです。
 新しもの好きの小生、ジェネリック希望に○。
 今回処方してもらった薬はごく一般的な効能の薬なので、ジェネリックでもいいかなと思ったわけですが、薬を処方してくれ、小生に手渡そうとしたとき、薬剤師の方は「効能も主成分も同じなのですが、添加物が違っているんですよねー」と一言。
 「どんな違いがあるんですか」と聞けば、「ごく稀に添加物に合わない人がいるんですよねー。これ、ちょっとした豆知識です」とのこと。
 すでに処方も終えて持ち帰ろうとしたときに豆知識なんていわれても・・・。
 「合わない場合はどうすれば?」と聞けば、「お医者さんにいって、別の薬と変えてもらってください。」
 「?」
 小生、薬剤師さんのいっている意味がわからずキョトンとしていると「添加物で合わないかどうかはわからないんですよ。」
 「はあ。」
 でもそれって、添加物の問題じゃなくて、お薬の種類の問題なんじゃないでしょうかね? 
 ところで、もらった「製剤別比較表」を見れば、標準薬の薬価は1錠22.30円、ジェネリックの方は6.40円でずいぶん違うように感じられますが、3割負担で考えると、6.69円と1.92円で1錠あたり4.77円の差。これってビミョーなところですね。

 ところで今日で7月も終わり。
 というわけで、こっそり家出します。(苦笑) 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« チトがっかり | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

多分駄文」カテゴリの最新記事