黒い冷凍庫(冷凍品=文芸社、栗田工業、幻冬舎R等、クンちゃんブログ自費出版関連記事!クリタ創業者野崎貞雄氏発禁本全文)

旧文芸社=日本文学館、幻冬舎R等自費出版(費用著者負担エディション)よろず相談室 クンちゃんのエディタールームの過去記事

神奈川県警(交通部第2交機隊?)の熱心な仕事ぶりに感動!(空白期報告)

2014年07月30日 20時51分53秒 | ありふれた日常

  おだあつではやたらと安全運転ドライバーが多いワケ   

      
       ターゲットをSAに誘導=2014年1月25日、大磯SAで。
        車両ナンバーが、「ね!(よく)見ろや!」ってのもどういうもんだかねえ! 


 いつ寄ってもトイレがぴかぴかの「おだあつ(小田原厚木有料道路)大磯サービスエリア」でボーッと休憩していると、拡声器の「この先で停車します」とかいうアナウンスと共に2台の乗用車が駐車場のはずれに入ってきました。
 見ていると、うしろの車から男児と女性が出てきて早足でトイレに向かいました。運転していた男性はやや緊張した表情で降り立ち、前の車へ。
 先導してきた車の中には、青色制服を着たふたりの人物。ヘルメットをかぶっているようです。

 これが、トイレへ急ぐべき緊急事態に見舞われた一般車両を発見し、迅速に誘導してきた交通機動隊覆面パトカーの姿なのだ!

 というわけではありません。

 単なる速度違反の検挙風景。
 しっかし、SAに連れ込まれるのは珍しい!初めて見ました。
 高速道路上の検挙を目撃するのは後述のように日常茶飯事なンですが、いつもこちらが一瞬のうちに走り去ってしまうので、このときのようにじっくり拝見する暇はありません。覆面のナンバーを確認できたのも初めてでした。

 ここ3年超の間、埼玉と伊豆の隠居小屋を往復すること月に2、3回。したがって、道行は100回を軽く超えたという計算です。
 埼玉から首都高大橋ジャンクション経由で東名に入り、東名厚木と小田原を結ぶ“おだあつ”を抜けるのですが、毎度毎度、ホントに毎度毎度なんです、速度違反の検挙現場にソウグウすることになるのは。
 片道で少なくとも1回、往復で2回は、緊急電話エリアや、やや広めの路側帯に停車し、停車させられている2台の車を見ることになります。

 ですから、
 おだあつでは、2車線の左側・走行車線を法定の70キロでのろのろ走っている10台程度の車群(車列)に自分が追い付いても、「なにをもたもたしてやがんのかねえ」などと、うっかり追い越してはなりませヌ、決して。
 この車群のたいてい先頭に、神奈川県警の稼ぎ頭(と思われる)、第2交機隊(と思われる)の覆面パトカーが潜んでいて、ターゲットが追い越して行くのをエンジンを殺してじっと待っているのです。(覆面に気づいて、あわてて70キロに速度を落としたため、覆面の前に1、2台の地元一般車両が残っていることもある。ひょっとして、こういうポジションの場合は、違反速度測定は出来ないのではないかという疑問がありますが、未解決。ご存じの方は教えてくだされ!)

 このシチュエーションを知らないアポ車がさぁーと追い越して行くと、違反速度の特定に必要なのかひと呼吸の静けさの後、緊急回転灯は出てくるは、サイレンは鳴リわたるは、の検挙劇が展開されることになるのです。
 かく目撃談を披露するクンちゃん人も、過去、2回、“あやしいモタモタ車群”を抜き去ろうとして、先頭のシルバーメタリック車を見たらブルー制服にヘルメットの旦那がふたり乗っているのが見えたので、あわてて左手で敬礼して速度を落とし、車群をやり過ごしたことがあります。
 追い越しの際、自車に追随してくる自車と同等速度の車があると、旦那方に気づいても速度を落とせず、自車だけ検挙という事態になりかねないので、ほんまに慎重にせねばなりませヌ。

 今回のタイトルQに対しては、「覆面がいないときは、ぶっ飛ばしている車ばかりのおだあつ」という禅問答的Aがふさわしいようです。


(文中、「第2交機隊」としたのは、いつだったかおだあつ厚木インターで降りて厚木方面に行こうとしたら平塚方面に行ってしまって、まもなく「第2交機前」という交差点があったことと、おだあつの平塚-大磯間に「第2交機隊平塚連絡所」というのがあることから類推したものです。間違っていたら、ただちに修正いたします。なお、今度、現地に行って、長らくの疑問である「他にどういう車種・ナンバーの覆面が在籍しているか」聞いてみたいと思っています。みなさん、どうぞ安全運転で!)
コメント

カネマンダーシゲシゲこと金坂滋(元?)行政書士はどうしてる?(空白期報告)

2014年07月28日 07時24分56秒 | 文芸社=日本文学館商法の表と裏


  転居していないようだが、
 行政書士の表示は出ていない、とのこと
 

  
 というようなわけで、今年前半のブログ空白期間を埋めようとしていたところ、クンちゃん犬の件で茫然と過ごす日が続いて、すっかり出鼻をくじかれてしまったのでした。

 空白期間にもいろんなことがあったのですが、2月の2度目の大雪では屋根からの落雪で1階の張り出しベランダが大破(伊豆)してしまったとか、3月だったか、ある朝、自宅近くの路上をクンちゃん犬と歩いていたら、げっ!素っ裸の男に出会っちゃったり(埼玉)とかね、追い追い、順不同にてご報告したいと思っています。

 さて、いささか旧聞に属しますが、4月6日の鬼蜘蛛ねえさんのブログにカネマンダーシゲシゲこと金坂滋さまの消息が掲載されていました。

   http://onigumo.sapolog.com/e412886.html  (「鬼蜘蛛おばさんの疑問箱」廃業勧告を受けていた金坂滋行政書士)

 カネマンダーシゲシゲといえば、自分の職務上請求書を違法に悪用し(適法に悪用、ってのはないか!)、文芸社から頼まれた興信所に頼まれて鬼蜘蛛ねえさんやらご家族の戸籍をはじめとする個人情報を入手、文芸社に報告していた格好の、あの男。
 当クンちゃんブログでもかなり取り上げました。
   http://blog.goo.ne.jp/92freeedition44/c/db69b802b4797a2aa49bddb36a2bc83b>


 ねえさんによると、「日本行政書士会連合会の行政書士検索で金坂滋と検索しても該当者がなく、処分を受けて廃業したものと思われる。」というのですから、東京都行政書士会も遅まきかつ渋々ながら断を下したものとみられます。

 しかし、この団体をまったく信用していないのがクンちゃん人ですから、このねえさん記事を見て、前にも江東区大島(おおじま、と濁る)団地の金坂事務所を見学に行ってもらったことがある旧知のQ氏(フジの花で有名な亀戸天神の近くに居住)に電話をかけ、「ちょっとシゲシゲのところへ行って、ほんまに辞めたのかどうか聞いてきてくれ」と頼んだのでありました。そのときのやりとりは、次のとおり。

  Q  そんなこと、直接聞きにくいよ、いやだなあ。

 ク ン あほだね、おまいは、いつまでも! 直接聞きにくかったら、「なんか、こちらでは他人の住民票とか戸籍謄本とか、有料で取ってくれると聞きましたけど」とか言って仕事の依頼を装うんだよ!

    それじゃ、よけいやばいよ、今回はなんとか勘弁してくんないかなあ。

 ク ン あっ、そう。いいよ。んじゃ、例のやつ、いますぐ耳を揃えて、

    わかった、わかった、すぐ行ってくるから・・・。


 翌日の午後、Q氏から下の画像が送信されてきました。

 
 
    

 本人不在で面談出来なかった、という電話連絡ののちに送られてきましたから、確かに訪問してきましたよという証拠、のつもりだったのでしょう。

 彼のリポートによると、①以前の訪問時には存在した1階郵便受けと居室玄関の氏名等表示、それから行政書士である旨の表示が見当たらなくなっている。②しかし、電気メーターは動いている。③インターフォンは電源が入っているが、コールしても反応なし。④居室ベランダ側から見上げたが、洗濯物などはなく、しっかりカーテンが引かれていた。⑤近所の人の話では、最近、廊下等で会ったことはない、ということでした。

 廃業していなくても、懲戒処分中は連合会の名簿から削除されている可能性は残るが、鬼蜘蛛ねえさんの報告どおり、廃業した可能性が高いようです。ここでも最終的に切られたのはトカゲの尻尾たるシゲシゲだけで、調査発注者の文芸社、社名不詳の興信所は安泰でした。よそでは刑事事件に発展したというのにね。まあ、シゲシゲも口止め料はもらったでしょうが、結論的には割にあわないお仕事だったのではないでしょうか。
コメント

ありゃ、こんなもんが!

2014年07月26日 06時27分00秒 | ありふれた日常

  沼津千本松原から見た富士山に・・・んっ。

   

   

   
コメント