仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

中華蕎麦こばや(福島県福島市)

2016年11月04日 | 福島県

10/26「GALETTe*(ガレット)解散ライブ@新宿ReNY」参戦(過去記事(1)(2))からはや一週間。

ライブの感想を自分なりにアップしようと思っていましたが未だ気持ちの整理がつかないしラーメンと関係ないし求められても無いだろうけど(汗)

「音楽ナタリー」で纏め記事が上がってました。

GALETTe、解散ライブでラストダンス「たくさんの愛をありがとう」 - 音楽ナタリー

セトリまであげてくれてて有り難い(涙)今までも何かの折々にGALETTe(ガレット)の記事をあげてくれてましたし、なんて良いサイトなんでしょう>音楽ナタリー

そして晒される我々ガレッター達(自分含む、笑)

GALETTe*情報bot(@galette_bot)さん | Twitter

 

ライブ中のエピソードを一つ

セトリの全20曲が終わり〆のMCをういたん@古森結衣が担当。

ういたん「みんなが笑顔でいてくれることが私たちにとって一番嬉しい事なので」「皆さん今日は笑って帰って頂けたらと思います」と綺麗にまとめていたのに突然、

ういたん「という訳で…」「もう時間も無いので」「終わっちゃいたいと思います」と急にMC打ち切ってて会場からブーイングされてました(笑)〆トーク下手過ぎか。ののこ「(会場)笑ってますやん(笑)」

ういたん「声のトーンを落としてしんみりしようと思ったんですけど・・・私には難しかったです」と反省の色を見せてトークやり直し、

ういたん「はいという訳でね」「もうここで終わりになりました!」と再び同じ過ちを犯す〆トークに会場から更なる大ブーイング(笑)ののこ「ヤバイね(ういたんは)MC出来ないね…」と嘆かれるやりとり最高でした。

 

ライブとっても楽しかったですが、ダブルアンコール後のMCは涙模様すぎて「解散が悔しい寂しい解散したくない」というメンバーの心情がダイレクトに伝わってきて辛かったな。

グッズはののこデザインのマフラータオルを購入。

赤い風船がGALETTe*で、風船が割れてガレットは解散するけれども、中から4つの風船が飛び出してそれぞれ4名が旅立ってまっすぐ前を向いて行きたいなという意味を込めてデザインされたとの事。ガレットの4名に幸あることを祈りたい。

 

 

さてラーメンの話に

ライブ会場へ車で向かう途中、国道4号線から福島大学が有りますJR金谷川駅方面に少し寄り道。駅の真向いに有ります「中華蕎麦こばや」でお昼を頂きます。

この場所って以前「うから家から」に行こうとして来たことありました。その時うからやは臨時休業で食べられなかったんですが、仕方なく辺りをうろうろしてたら偶然ガンダムを見つけたっけな。

「こいつ!動かないゾ」

まだ有るのかな?あのガンダム…結構デカかったっけ

煮干中華蕎麦(手揉み太縮れ麺)」800円

麺大盛まで同料金との事でここはやはりガッツリと大盛でオーダーです。

醤油色でややダークなスープ色が綺麗ですね。麺の強い縮れもまた良し。見ただけで存分に食欲をそそられます。

さて早速のスープは鶏ガラ、丸鶏ベースっぽく丁寧に取られて油量強く少しラードも香ります。ややふっくらとした動物系印象有り。

醤油ダレは濃口醤油もしくは生醤油主体で強め配合。香り高くゆったりした動物系ベースに一本芯を通します。濃口系なので色の濃さ程のきじょっぱさは有りません。

煮干しは煮出しと香油で投入され数種のブレンドのようで苦味や雑味が少なく魚介系の豊かな旨味を醸し出しています。

特筆すべきは粉から自家製という太麺でしょう。

手揉みで強い縮れを与えられた平打ち麺は見た目からしてインパクト絶大。粒々が見えますので全粒粉でしょうか。

風味としても小麦の粉っぽさが無く芳ばしさよりも小麦の甘さを感じさせる味わい。茹で加減はやや柔らかめながらスープとのマッチングも文句なし。良い麺です。

ネギの他にタマネギのみじん切りが入り強い薬味を醸します。チャーシューは低温調理らしき食感のものでモモ肉とバラ肉の2種が奢られます。

醤油自体の旨味を活かして煮干しでシンプルに組立てつつ、黒胡椒など香辛料でナチュラルに味を調えてあり無化調らしさが十分に感じられる一杯。クオリティ高し。美味いです。

 

季節のおすすめメニューも貼り出されてました。

1日30食限定「塩中華蕎麦」850円

スープベースは煮干中華と共通の模様。ふくらみのある鶏ベースに油量たっぷりめ。

ゆったりとした動物系をシンプルな風味の塩ダレが配合も控えめに味を整えます。

実は塩だけでしたーと後から言われそうな程にシンプルな塩ダレですね。

煮干し~と違って魚介系もあまり感じません。膨らみのある鶏系の風味を数種のネギと香草が薬味を時には葉類の甘さをプラスしてきます。非常に無化調らしい自然な味わいのスープです。

麺は中盛まで同料金との事。細ストレート麺と太縮れ麺から太縮れ麺をチョイスです。コシはやや柔らかめで加水は中程度。するするといけますね。

チャーシューは低温調理の豚モモ部位が2枚。しっとりと柔らかな食感でかなり美味しいです。セージ?醤油スープの時には気がつかなかった洋風なハーブ系の香りが微かに有りますね。手が込んでます。

 

店内に「こばや通信」なる張り紙が。麺についての拘り等が書かれていて待ち時間に読ませて頂きました。手揉み麺のイラストがメデューサのようで味わい深いですね。

祝一周年記念「福島醤油豚骨」ってメニューも気になります。福島産の食材にこだわったメニューとの事で一度食べてみたい。それにしてもすごい達筆です。…字だけでもう美味しそうな予感がしますね(情報に流されるやつ、笑)

(16/10/26)
中華蕎麦こばや/福島県福島市松川町関谷字坂下71

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中華麺館 東遊記 | トップ | 王道家(千葉県柏市) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL