仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

大山ドライブイン(福島県西会津町)

2018年12月06日 | 福島県

FNS歌謡祭第一夜にてIZ*ONE(アイズワン)移籍メンバー3名(宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美)がセンターを務めた本来版「NO WAY MAN/AKB48」見ましたが、

宮脇咲良センターは思ってたより良かったけれどやはり先日のMステ横山結衣センターバージョン(クリックで過去記事へ)には及ばないなと実感(贔屓目)

とはいえIZ*ONEの活動が忙しい中ここまでパフォーマンスを煮詰めてきた3名は流石。

まぁあとはIZ*ONEに専念して頂いて日本国内では青森県代表・横山結衣センターで行きましょう(願望)

IZ*ONEが『FNS歌謡祭』で初歌唱 宮脇咲良ら擁する日韓合同グループ - コラム : CINRA.NET

そして日本初披露の会津湾 IZ*ONE(アイズワン)のうさだひかる「La Vie en Rose」ですが初めて聞きましたがバリバリのK-POPですね。メンバーの魅力はよく伝わってきたんですが曲が糞つまんない(個人的感想) APINKとかGirl's Dayあたりの曲調に近い印象でしたが、世界は知らないけど日本で受けるためにはT-ARAの歌謡曲路線もしくはオレンジキャラメル的なもっとPOPでキャッチーなメロディが必要なんじゃないかな。

TWICEだってTT以降、第2弾のヒットが出ないのも曲がイマイチだからじゃないですかね?何のかんの言ってもメロディやリズムって大事で。そんな自分が最近気になってるのはGFRIENDの「Memoria」とか良くないですか。ところでGFRIENDの楽曲ってSecretの日本語曲に近い雰囲気有りません?あとMOMOLAND、BLACKPINK辺りも割と聞いてます。K-POPのガールズグループは割と詳しい(笑)

 [MV] GFRIEND - Memoria - YouTube

MOMOLAND「BAAM -Japanese ver.-」 - YouTube

 [MV] BLACKPINK (ブラックピンク) - DDU-DU DDU-DU (日本語 ver.) - YouTube

 

 

「会津湾って会津に海なんてないわ!」(←カミナリ風に時間差ツッコミ、笑)

「うさだひかるって今更デジキャラットなんて誰も知らねぇな!」

 

さて(汗)気を取り直してラーメンの話に

前回に引き続き福島県西会津地方のご当地ラーメンから今回は「大山ドライブイン」に行ってみました。前回の「えちご家」はこちらからの暖簾分けなのだそうで「大山ドライブイン」を弟さんに任せてお兄さんが独立し構えたのが「えちご家」なのだそうです。

それにしてもドライブイン…って言葉の響きが良いすね。店構えも何だか昭和の香りが漂っていて味わい深い。

# ちなみにお店の写真撮ってたら2Fの窓に少年の姿を発見。何やら水鉄砲で遊ばれてました。うーん昭和だなー(笑)

お店は名称通り広い駐車場を構えていますが開店間もなくもう満車に近い状態でかなり流行ってます。メニュー見ると多種にわたっており地元の食堂的な役割をされている模様。

漫画も多数あり。アイスも売ってますね。

 

みそチャーシューメン」950円

写真だと分かりにくいですがドンブリがデカくて迫力有り。

早速のスープですがガラベースはごくあっさり。味噌ダレ配合は適量~やや薄めで塩気控えめ。油量少なくやや淡麗な雰囲気を纏った味噌スープに鍋で煮込まれた野菜の旨味がたっぷりと溶け込んで自然素材の優しい甘さが際立っています。

僅かにゴマ油で香ばしさを高めてあり万人向けの食べやすさが有りますね。野菜は煮込み過ぎない適度なシャキシャキ感を残してありボリュームも十分。

合わせられる麺は加水率高めの太麺でモチモチな食感。スープとの相性も良好です。

チャーシューは小ぶりながら厚めにカットされた3枚で肉味を残した丁寧な仕上がりのもの。クオリティはなかなかで+250円で3枚ならまずまずなんですが西会津エリアだと他店のコスパが良すぎてちょっと負けちゃってますかね。

 

こちらは会津地方~新潟エリアのご当地グルメ。

ソースかつ丼」850円

ご飯にキャベツが敷き詰められてその上にトンカツが鎮座。ソースに浸されながらもカラッとサクサクな食感が残されていてすこし唐揚げに近い揚げ方がされているのかな?

以前新潟で頂いたものとも一寸異なっていて地方・お店によってかなりオリジナリティが存在しているらしい。ソースにもこだわりが有るようでなかなか奥が深いです。旨し。

 

西会津ではスタンプラリーを開催されてました。「えちご家」「同気食堂」の名前も見えますね。

 

さて「大山ドライブイン」ですが”ドライブイン”の割には国道49号線から一本入った閑散とした場所にあって店前は一方通行だし最初わかりづらかったのですが、どうやら昔はこちらが49号線の本道だったようで新道が出来て脇に引っ込んだ形なんだらしい。

分かりづらい場所に有っても常連さんには何ら問題は無くて多数の来客が有って人気の程が伺えました。タイムトリップしたような昭和の雰囲気を味わえる一杯。

(18/06/23)
大山ドライブイン/福島県耶麻郡西会津町野沢字浦道添甲34-1

コメント

えちご家(福島県西会津町)

2018年12月04日 | 福島県

福島県西会津地方へドライブで行ってきました。

仙台から下道だと国道4号線を福島市まで南下し磐梯山の合間を走る国道115号線を会津若松まで抜けて国道49号線を行くのが最短のようですが、個人的には米沢から国道121号線の山中をすっ飛ばして喜多方へ抜けるルートの方が楽しい。

途中携帯圏外っぽい山中をひたすら走るので車のトラブルとか有ったらしんどいとは思いますが(笑)空いてて路面状態が良いので特に夜間移動にオススメ。特に熱塩温泉辺りから喜多方市の市街地を見下ろす景色はなかなかの絶景になってます。

夜仕事終わりでそのまま走り始めて「道の駅にしあいづ 交流物産館よりっせ」に到着したのが夜中の3時頃。こちらは施設が新しくトイレが綺麗なのでよく利用させて頂いてます。

車中でDVDを流してコンビニで購入した発泡酒を一缶開けた頃にはぐっすりと爆睡モードに。これもプチ車中泊の醍醐味ですな。

 

翌朝目が覚めたのが朝9時頃。

道の駅で買い物を済ませた後は西会津の市街地に移動して下調べしておいた町に一軒しかないケーキ屋さんを目指します。なかなか見つからずナビで調べてようやく発見。

結構…長閑なロケーションに「イシイ洋菓子店」が有りました。

店舗はおばあちゃんが一人で営まれているようでパンとケーキが全部安い。

最初カスタードと札が立ってたのでカスタードって頼んだら通じなくて、よくよく聞いたらこれアップルパイで札の立て間違いだって。ですよね(笑)逆にカスタードがどんなのかキニナル。アップルパイも1ホール1000円とか価格破壊も良いとこ。

ついつい沢山買ってしまいましたが味もバタークリームをたっぷりと使った懐かしいような味わいで個人的に大好きな味でした。

値段もロケーションもお店のおばあちゃんも(笑)全てがノスタルジックで昭和にタイムトリップしたような不思議な感覚に満たされました。なんかいい店見つけたな。おばあちゃんいつまでもお元気でお店続けて下さいね。

 

 

さて昼食は西会津でお目当ての味噌ラーメンを頂きます。

福島県のご当地ラーメンと言うと喜多方ラーメン(会津も含めて)と白河ラーメンが有名ですが、なんと西会津にもご当地ラーメンがありまして野菜ドカ盛りの味噌ラーメンが知る人ぞ知る名物になっています。

こちら製法が独特でして一杯分ずつ野菜を味噌スープを入れた鍋で煮込んでそれをドンブリに移すという手の込み具合で、効率は悪いですがスープに野菜の旨味をしっかりと移したスープは絶品。以前「同気食堂」(店名クリックで前回記事へ)に行ったことが有りましたが今回はライバル店(?)「えちご家」に行ってみました。

駅前徒歩2分の主幹線沿いにありましたが平日のせいか驚くほど車通りが少なくて静かで長閑なロケーションが逆に最高ですね。そんな中でも昼時だけ?ラーメン店の駐車場に車が続々集まってきてました。

店舗は昭和を感じる老舗らしい佇まい。「年金感謝デー」の旗が立ってましたが客層も何となくそんな感じの方が多いかなぁ(^^;

メニューはいろいろ有りますが味噌がメイン。ご当地グルメのソースかつ丼も有り。

 

みそ焼豚メン」900円

早速のスープですがおそらくベースは豚骨ガラで油量適量。見た目よりしっかりとした動物系ベースに合わせられる味噌ダレは赤白のブレンドか会津味噌でしょうか。配合たっぷりと味噌の香りを漂わせてきます。僅かにピリ辛で隠し味にゴマ油とニンニクほんのひとつまみのようで風味が豊か。

野菜は煮込みで入り手間をかけた分スープとの親和性が高くなっています。野菜には挽き肉が入りスープに肉味をプラス。普通の味噌ラーメンを頼むとチャーシューが入らないのでその補完にもなっている模様。

ですが、たった200円でチャーシューが5枚入るのならば頼まない手は無いですね!!(^^ チャーシューはバラ肉ロールで小ぶりながら厚みもあり肉質も良し。しっかりと火が入り固めな食感ですが逆にこの野菜たっぷり味噌スープに上手くマッチしています。

麺は平打ちの多加水でモチモチな食感をやや柔らかめで提供。少し今風な麺に見えますが昔からこれなのかな?ボリュームも十分でたっぷりの野菜と共に食べ応え十分。

ここまで滋養に満ちた美味しいスープを残す訳には行かないですね、って事でしっかりと完食です。旨し。

# 店内にはサイン色紙が多数飾られていて老舗らしい歴史の重さを垣間見せてくれてました。右下のはケーシー高峰さんかな。

 

さて食べ終わって店を出たときに町中にメロディが流れてきてあれ?正午?と思って時計を見たら11時30分でした…。え?何故11:30に音楽が流れるのか?(笑)謎が深まりますがそれはまたいつか解明していきたい。

(18/06/15)
えちご家/福島県耶麻郡西会津町野沢字上原乙2431-1

コメント

ラーメン枡はん(福島県郡山市)

2018年02月28日 | 福島県

前回の続き)関東圏でチョコラーメンを頂いた後は一気に帰仙しようと思いましたが宇都宮で力尽きてしまい道の駅で今旅2泊目の車中泊を。

今宵のお供にと宇都宮酒造の「四季桜」という地酒をコンビニで購入。一番安いグレードの物でしたが飲み口がライトで瑞々しくて美味しい。疲れ切った身体にぐいぐい染みこんで行き、倒れ込むように爆睡モードへ。

翌朝目覚めてからアルコールが完全に抜けている事を確認して再び国道4号線を北上。お昼頃に郡山市に立ち寄ってラーメンを頂きます。

 

福島県のご当地ラーメンと言えば「喜多方ラーメン」「白河ラーメン」そして「西会津の味噌ラーメン」が思い浮かびますが、あともう一つ「郡山ブラック」もチェックしておきたい。

今回は「郡山ブラック」が人気の「ラーメン枡はん」へ行ってみます。

年季の入った店構えが雰囲気良いですね。女性店主さんのお店でしたが店内豚肉を煮込んだような良い匂いが立ちこもっていてスープ取りがしっかりしている事が伺えて期待が高まります。

メニュー見るとまぁ安くて驚きます。昭和にタイムスリップしたような気分。

 

濃口ラーメン」550円

こちらが郡山ブラックのメニュー。ほとんどの客がこちらを注文していました。

さて早速のスープは豚骨・鶏ガラベースにさらりと鶏油と豚脂が浮かんでしっかりと取られた動物系が主体。香味野菜もしっかりと入り自然素材の甘味も有って充実感が有ります。

合わせられる醤油ダレは名前の通り濃口醤油主体で香りが豊潤。醤油ダレの配合は見た目よりも全然強くなくて塩気も控えめ。マイルドでバランスの良さが際立っています。

これが郡山ブラックですな。なるほどこれは美味しい。スープを飲むレンゲが止まらなくなります。

麺は中細で加水率は中程度。スタンダードな味わいながらスープとのマッチングは上々。チャーシューはバラ肉部位で固すぎず引き締まった食感のもの。

スープまでしっかりと完食。見た目よりもしょっぱくないので余裕のスープ完飲です。旨し。

 

こちらは「塩ラーメン」450円

今時ワンコインでお釣りが来るとか破格の値段設定が凄い。濃口とほぼ同じトッピング構成なのでお得度はこちらの方が上か。

早速のスープですがベースは共通で元ダレが塩に変更されたのみ。塩ダレはスタンダードなタイプでより昔ながらの風味が味わえる一杯。ただし醤油よりも塩気がやや強くなります。

チャーハン」600円

しっとりめに炒められた炒飯は強すぎず優しい味わいのもの。半チャーハンの2倍の料金なのでもう少しボリュームが欲しいところですが味は合格点。美味しい。

AKB48チーム8を先日卒業した舞木香純(モウギカスミ)さん@福島県代表の記事が地元紙に掲載されているのを発見。昨夏のTBC夏祭りでのライブ(クリックで過去記事へ)が思い出されます。地元でも色々活動されてたんですね。彼女の卒業は残念で正直勿体ない気持ちしかありませんが、これからの彼女の人生に幸多きことを祈りたい。

 

さて「ラーメン枡はん」の郡山ブラックですが富山ブラックのようなインパクトの強さは無くて、逆にナチュラルで優しさがあり食べやすさが光るスープでした。フルトッピングの構成ながら値段も安いしこんな食堂が近所に有ったら通いたくなりますね。塩の方が安いけどやっぱ「濃口ラーメン」がオススメ。

(18/02/12)
ラーメン枡はん/福島県郡山市本町1-14-3

コメント

手打ちラーメン 英 (はなぶさ)(福島県白河市)

2018年02月24日 | 福島県

前回の続き)チョコラーメン遠征のため3日間休みを取り最初の2日間は関東圏をうろうろする予定だったんですが出だしで寝坊してしまい初日は移動するだけの日になってしまいました。下道って結構時間かかりますね(いや高速代ケチっただけの話、笑)ちなみに帰りも下道縛りです。

まぁタラタラとドライブするのも楽しいもので(^^

 

昼頃に丁度白河市に着いたのでここはラーメン食べておくしかない! 数あるラーメン屋の中から地元で人気の老舗店「手打ちラーメン 英(はなぶさ)」 へ行ってみました。

店前の駐車場の他に店の裏手にも駐車場が有ります。行列が出来ていて少し並びます。

ワンタンメン(しょうゆ)」730円

早速のスープですが、豚骨と鶏ガラベースに香味野菜が入り醤油ダレが配合適量。醤油ダレは香りの良い濃口醤油主体でカドは無く甘さがやや控えめ。昔ながらのラーメンのスープで優しい懐かしさを感じます。

スープ表層に鶏油が多めに浮かびスープにコクをプラス。元ダレの甘さを控えた分ナチュラルな鶏の甘みで上手くバランスを取られてますね。

麺は加水率高めの太麺で手揉みのような強い縮れを持たせたもの。茹で加減はラヲタ的にはやや柔らかすぎですがお店のロケーションを考えたら許せる範疇でしょう。

ワンタンはチュルチュルな食感のものが4、5個。これで100円プラスってのはズバリ安い。追加すべき一品。

 

塩ラーメン」680円

ランチタイムは半ライス無料との事で(無くなり次第終了)有り難く頂きます。

スープベースは醤油と共通で肉味が効いており微かに薫製味を感じます。表層には鶏油が浮かびこちらもコクが深い味わい。

塩ダレは熟味を効かせたスタンダードなタイプ。塩気は弱くなく動物系ベースにしっかりと味の芯を作り出しています。

チャーシューは縁の赤いタイプ。郷愁すら感じますね。今やなかなか見かけなくなりましたが白河では「とら食堂」「すずき食堂」など老舗店ではお馴染みのスタイルになっています。

卵も面白い。味玉でなくゆで卵なのは見ての通りなのですが、1/2サイズかと思ったらこれスライスなんですね(笑)でもこれが入ることでビジュアルがグッと引き締まるという効果あり、お見事。

 

さてスタンダードを突き詰めたような普遍の一杯でしたが特に麺とワンタンが美味しい。するするっと粋に頂きたい。そしてメニューの中に「学生ラーメン」ってのを発見。高校生のみ大盛り特盛サービスとの事でこれは羨ましい。ん?小中学生は対象外なのだろうか?謎です。

(18/02/10)
手打ちラーメン 英(はなぶさ)/福島県白河市二番町6

コメント

同気食堂(福島県西会津町)

2017年11月30日 | 福島県

ハロウィン間近の10月某日、東京渋谷WWWに向けて出発してみました。輝ける彼女たちに会うために!!(クリックで過去記事へ

今回ライブ前後含め3日間休み取ったのでスケジュールにも余裕あるはず。

と言う事でライブ前日は福島に立ち寄って観光三昧してみました。

道の駅ばんだい」では一度食べてみたかった「そばソフトクリーム」300円を頂きます。

道の駅ばんだい

甘さ控えめ濃厚なミルクソフトに素朴でそばの味がブレンドされて何とも不思議な組合せながら、蕎麦特有の香ばしさが生きていて味は良好。

売店では「きんときまんじゅう」170円を購入。町の名物の金時芋がふんだんに入ってて美味しい。車中のオヤツに重宝しそう。

ふくしま手帳を販売中。「予定がなくても寂しくない」ってキャッチコピーが秀逸。

自転車旅行者向けに空気入れを貸出しサービスあり。って事ですが、自転車の空気入れに英式・仏式・米式って有るんですね。

普段「道の駅」って営業時間外に車中泊をするばかりだったけど、昼間の道の駅もいろいろ地域色が見えたりして楽しいですね。

 

 

さて昼食は福島でラーメンを

福島県のご当地ラーメンと言うと喜多方ラーメン(会津も含めて)と白河ラーメンが有名ですが、なんと西会津にもご当地ラーメンがあるらしい。

って実は「ケンミンショー」でチラッと見ただけのにわか知識なのですが、何でも野菜ドカ盛りの味噌ラーメンが名物だとの事。一杯分ずつ野菜を鍋で味噌スープで煮て?それをドンブリに移すという手の込んだ製法が気になって早速立ち寄ってみました。

ケンミンの秘密|秘密のケンミンSHOW

今回伺った「同気食堂」は創業85年の老舗食堂で、肉屋さんと併設されておりラーメン以外にも「焼肉定食」「馬刺し定食」や「カツ丼」が人気との事。

店内に入るとナポリタンの匂いが漂います。ああそうか食堂だからスパゲティとか有るんだ、とメニュー見たらパスタなんて有りませんでした。じゃあ何だろうこのナポリタンの香り(^^; トンカツ類のウスターソース系かな。

まぁそんなこんなで古き懐かしき食堂の雰囲気漂う店内はすでに満席。少しだけ行列に並びます。たっぷりの地元の新鮮野菜と肉屋の利を生かしたチャーシューが絶品との評判を聞いていたので今回頼んだのはこちら。

みそチャーシューメン」800円

みそラーメン700円にプラス100円でチャーシューメンに出来るのなら頼まない手はないですね。

あいにく厨房は見えず製法が目で確認はできませんでしたが、製法に手間がかかるため頼んだものが出てくるまでに相当時間がかかりました(苦笑)時間はかなり覚悟した方がいいです。まぁこれも美味しいものを食べるための我慢。

さて登場するは野菜の爆盛り。並みの二郎インスパ店よりも余裕で多いのではないでしょうか(^^; キャベツ主体にタマネギ、モヤシ、ニンジン、etc...日頃の野菜不足を一気に補いましょう。挽き肉も入ります。

さて早速のスープですがベースは鶏ガラであっさりめ。さらに豚脂がスープにたっぷりと入ってやや油量多めでこってりとした動物系がベース。

味噌ダレは会津味噌をメインに胡麻油がブレンドされており香ばしさ満点。配合も濃いめでややしょっぱ気味ですが大量の野菜をやっつけるのにはこれくらいでOK。胡麻油の香りも食欲をマシマシに盛り上げてくれます。

鍋で煮られた野菜の甘味がスープに溶け出しており生姜、ニンニクが強く効いていて身体がほてりますね。唐辛子系の辛さは無いですが生姜が辛くて汗が止まらない。

麺は平打ちの中細麺で加水率高め。茹では柔らかめで提供。老若男女が食べやすいようにという老舗のロケーションを感じさせます。

チャーシューは小ぶりに見えますが厚みが有ってなかなかのボリューム。何と言っても5枚乗ってプラス100円は安過ぎですし味も良い。流石肉屋さん。注文必須で。

なんとかかんとかスープまで完食。二郎インスパの茹でモヤシとは段違いに歯応えが有るので咀嚼に口が疲れました(笑)

 

さて「同気食堂」ですが町の繁華街にあるはずなのに何とも長閑なロケーションなのが良い。店舗は肉屋と食堂が併設になっており一寸分かりにくいですが、ガラスの戸の方が肉屋さんで木の入口が食堂の方です。

老舗と言う事で常連さん達は慣れっこのようでしたがラウンドも愛想もそんなには良くないんですけれども逆に田舎の食堂らしくてそんな雰囲気って嫌いじゃないですね(文章が長い)味とコスパで勝負といきたい。ごちそうさまでした。

(17/10/28)
同気食堂/福島県耶麻郡西会津町野沢原町乙2168

コメント