仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

ラーメン枡はん(福島県郡山市)

2018年02月28日 | 福島県

前回の続き)関東圏でチョコラーメンを頂いた後は一気に帰仙しようと思いましたが宇都宮で力尽きてしまい道の駅で今旅2泊目の車中泊を。

今宵のお供にと宇都宮酒造の「四季桜」という地酒をコンビニで購入。一番安いグレードの物でしたが飲み口がライトで瑞々しくて美味しい。疲れ切った身体にぐいぐい染みこんで行き、倒れ込むように爆睡モードへ。

翌朝目覚めてからアルコールが完全に抜けている事を確認して再び国道4号線を北上。お昼頃に郡山市に立ち寄ってラーメンを頂きます。

 

福島県のご当地ラーメンと言えば「喜多方ラーメン」「白河ラーメン」そして「西会津の味噌ラーメン」が思い浮かびますが、あともう一つ「郡山ブラック」もチェックしておきたい。

今回は「郡山ブラック」が人気の「ラーメン枡はん」へ行ってみます。

年季の入った店構えが雰囲気良いですね。女性店主さんのお店でしたが店内豚肉を煮込んだような良い匂いが立ちこもっていてスープ取りがしっかりしている事が伺えて期待が高まります。

メニュー見るとまぁ安くて驚きます。昭和にタイムスリップしたような気分。

 

濃口ラーメン」550円

こちらが郡山ブラックのメニュー。ほとんどの客がこちらを注文していました。

さて早速のスープは豚骨・鶏ガラベースにさらりと鶏油と豚脂が浮かんでしっかりと取られた動物系が主体。香味野菜もしっかりと入り自然素材の甘味も有って充実感が有ります。

合わせられる醤油ダレは名前の通り濃口醤油主体で香りが豊潤。醤油ダレの配合は見た目よりも全然強くなくて塩気も控えめ。マイルドでバランスの良さが際立っています。

これが郡山ブラックですな。なるほどこれは美味しい。スープを飲むレンゲが止まらなくなります。

麺は中細で加水率は中程度。スタンダードな味わいながらスープとのマッチングは上々。チャーシューはバラ肉部位で固すぎず引き締まった食感のもの。

スープまでしっかりと完食。見た目よりもしょっぱくないので余裕のスープ完飲です。旨し。

 

こちらは「塩ラーメン」450円

今時ワンコインでお釣りが来るとか破格の値段設定が凄い。濃口とほぼ同じトッピング構成なのでお得度はこちらの方が上か。

早速のスープですがベースは共通で元ダレが塩に変更されたのみ。塩ダレはスタンダードなタイプでより昔ながらの風味が味わえる一杯。ただし醤油よりも塩気がやや強くなります。

チャーハン」600円

しっとりめに炒められた炒飯は強すぎず優しい味わいのもの。半チャーハンの2倍の料金なのでもう少しボリュームが欲しいところですが味は合格点。美味しい。

AKB48チーム8を先日卒業した舞木香純(モウギカスミ)さん@福島県代表の記事が地元紙に掲載されているのを発見。昨夏のTBC夏祭りでのライブ(クリックで過去記事へ)が思い出されます。地元でも色々活動されてたんですね。彼女の卒業は残念で正直勿体ない気持ちしかありませんが、これからの彼女の人生に幸多きことを祈りたい。

 

さて「ラーメン枡はん」の郡山ブラックですが富山ブラックのようなインパクトの強さは無くて、逆にナチュラルで優しさがあり食べやすさが光るスープでした。フルトッピングの構成ながら値段も安いしこんな食堂が近所に有ったら通いたくなりますね。塩の方が安いけどやっぱ「濃口ラーメン」がオススメ。

(18/02/12)
ラーメン枡はん/福島県郡山市本町1-14-3

コメント

手打ちラーメン 英 (はなぶさ)(福島県白河市)

2018年02月24日 | 福島県

前回の続き)チョコラーメン遠征のため3日間休みを取り最初の2日間は関東圏をうろうろする予定だったんですが出だしで寝坊してしまい初日は移動するだけの日になってしまいました。下道って結構時間かかりますね(いや高速代ケチっただけの話、笑)ちなみに帰りも下道縛りです。

まぁタラタラとドライブするのも楽しいもので(^^

 

昼頃に丁度白河市に着いたのでここはラーメン食べておくしかない! 数あるラーメン屋の中から地元で人気の老舗店「手打ちラーメン 英(はなぶさ)」 へ行ってみました。

店前の駐車場の他に店の裏手にも駐車場が有ります。行列が出来ていて少し並びます。

ワンタンメン(しょうゆ)」730円

早速のスープですが、豚骨と鶏ガラベースに香味野菜が入り醤油ダレが配合適量。醤油ダレは香りの良い濃口醤油主体でカドは無く甘さがやや控えめ。昔ながらのラーメンのスープで優しい懐かしさを感じます。

スープ表層に鶏油が多めに浮かびスープにコクをプラス。元ダレの甘さを控えた分ナチュラルな鶏の甘みで上手くバランスを取られてますね。

麺は加水率高めの太麺で手揉みのような強い縮れを持たせたもの。茹で加減はラヲタ的にはやや柔らかすぎですがお店のロケーションを考えたら許せる範疇でしょう。

ワンタンはチュルチュルな食感のものが4、5個。これで100円プラスってのはズバリ安い。追加すべき一品。

 

塩ラーメン」680円

ランチタイムは半ライス無料との事で(無くなり次第終了)有り難く頂きます。

スープベースは醤油と共通で肉味が効いており微かに薫製味を感じます。表層には鶏油が浮かびこちらもコクが深い味わい。

塩ダレは熟味を効かせたスタンダードなタイプ。塩気は弱くなく動物系ベースにしっかりと味の芯を作り出しています。

チャーシューは縁の赤いタイプ。郷愁すら感じますね。今やなかなか見かけなくなりましたが白河では「とら食堂」「すずき食堂」など老舗店ではお馴染みのスタイルになっています。

卵も面白い。味玉でなくゆで卵なのは見ての通りなのですが、1/2サイズかと思ったらこれスライスなんですね(笑)でもこれが入ることでビジュアルがグッと引き締まるという効果あり、お見事。

 

さてスタンダードを突き詰めたような普遍の一杯でしたが特に麺とワンタンが美味しい。するするっと粋に頂きたい。そしてメニューの中に「学生ラーメン」ってのを発見。高校生のみ大盛り特盛サービスとの事でこれは羨ましい。ん?小中学生は対象外なのだろうか?謎です。

(18/02/10)
手打ちラーメン 英(はなぶさ)/福島県白河市二番町6

コメント

同気食堂(福島県西会津町)

2017年11月30日 | 福島県

ハロウィン間近の10月某日、東京渋谷WWWに向けて出発してみました。輝ける彼女たちに会うために!!(クリックで過去記事へ

今回ライブ前後含め3日間休み取ったのでスケジュールにも余裕あるはず。

と言う事でライブ前日は福島に立ち寄って観光三昧してみました。

道の駅ばんだい」では一度食べてみたかった「そばソフトクリーム」300円を頂きます。

道の駅ばんだい

甘さ控えめ濃厚なミルクソフトに素朴でそばの味がブレンドされて何とも不思議な組合せながら、蕎麦特有の香ばしさが生きていて味は良好。

売店では「きんときまんじゅう」170円を購入。町の名物の金時芋がふんだんに入ってて美味しい。車中のオヤツに重宝しそう。

ふくしま手帳を販売中。「予定がなくても寂しくない」ってキャッチコピーが秀逸。

自転車旅行者向けに空気入れを貸出しサービスあり。って事ですが、自転車の空気入れに英式・仏式・米式って有るんですね。

普段「道の駅」って営業時間外に車中泊をするばかりだったけど、昼間の道の駅もいろいろ地域色が見えたりして楽しいですね。

 

 

さて昼食は福島でラーメンを

福島県のご当地ラーメンと言うと喜多方ラーメン(会津も含めて)と白河ラーメンが有名ですが、なんと西会津にもご当地ラーメンがあるらしい。

って実は「ケンミンショー」でチラッと見ただけのにわか知識なのですが、何でも野菜ドカ盛りの味噌ラーメンが名物だとの事。一杯分ずつ野菜を鍋で味噌スープで煮て?それをドンブリに移すという手の込んだ製法が気になって早速立ち寄ってみました。

ケンミンの秘密|秘密のケンミンSHOW

今回伺った「同気食堂」は創業85年の老舗食堂で、肉屋さんと併設されておりラーメン以外にも「焼肉定食」「馬刺し定食」や「カツ丼」が人気との事。

店内に入るとナポリタンの匂いが漂います。ああそうか食堂だからスパゲティとか有るんだ、とメニュー見たらパスタなんて有りませんでした。じゃあ何だろうこのナポリタンの香り(^^; トンカツ類のウスターソース系かな。

まぁそんなこんなで古き懐かしき食堂の雰囲気漂う店内はすでに満席。少しだけ行列に並びます。たっぷりの地元の新鮮野菜と肉屋の利を生かしたチャーシューが絶品との評判を聞いていたので今回頼んだのはこちら。

みそチャーシューメン」800円

みそラーメン700円にプラス100円でチャーシューメンに出来るのなら頼まない手はないですね。

あいにく厨房は見えず製法が目で確認はできませんでしたが、製法に手間がかかるため頼んだものが出てくるまでに相当時間がかかりました(苦笑)時間はかなり覚悟した方がいいです。まぁこれも美味しいものを食べるための我慢。

さて登場するは野菜の爆盛り。並みの二郎インスパ店よりも余裕で多いのではないでしょうか(^^; キャベツ主体にタマネギ、モヤシ、ニンジン、etc...日頃の野菜不足を一気に補いましょう。挽き肉も入ります。

さて早速のスープですがベースは鶏ガラであっさりめ。さらに豚脂がスープにたっぷりと入ってやや油量多めでこってりとした動物系がベース。

味噌ダレは会津味噌をメインに胡麻油がブレンドされており香ばしさ満点。配合も濃いめでややしょっぱ気味ですが大量の野菜をやっつけるのにはこれくらいでOK。胡麻油の香りも食欲をマシマシに盛り上げてくれます。

鍋で煮られた野菜の甘味がスープに溶け出しており生姜、ニンニクが強く効いていて身体がほてりますね。唐辛子系の辛さは無いですが生姜が辛くて汗が止まらない。

麺は平打ちの中細麺で加水率高め。茹では柔らかめで提供。老若男女が食べやすいようにという老舗のロケーションを感じさせます。

チャーシューは小ぶりに見えますが厚みが有ってなかなかのボリューム。何と言っても5枚乗ってプラス100円は安過ぎですし味も良い。流石肉屋さん。注文必須で。

なんとかかんとかスープまで完食。二郎インスパの茹でモヤシとは段違いに歯応えが有るので咀嚼に口が疲れました(笑)

 

さて「同気食堂」ですが町の繁華街にあるはずなのに何とも長閑なロケーションなのが良い。店舗は肉屋と食堂が併設になっており一寸分かりにくいですが、ガラスの戸の方が肉屋さんで木の入口が食堂の方です。

老舗と言う事で常連さん達は慣れっこのようでしたがラウンドも愛想もそんなには良くないんですけれども逆に田舎の食堂らしくてそんな雰囲気って嫌いじゃないですね(文章が長い)味とコスパで勝負といきたい。ごちそうさまでした。

(17/10/28)
同気食堂/福島県耶麻郡西会津町野沢原町乙2168

コメント

喜多方ラーメン 一平(福島県喜多方市)

2017年11月06日 | 福島県

前回の続き)上越市で至高の一杯を頂いたあと店を出たのが21時頃。このまま富山県まで行けるかなと思ってましたが二日しか休みを取っていないのでそろそろ復路へつかなくては。富山行はまたの機会に。

 

帰り道は同じ道を通っても面白くないので新潟市から国道49号線を福島方面へ東進してみます。

トイレを借りに「道の駅にしあいづ」に寄った時点で午前3時。強烈な眠気に襲われてシートを倒して今宵はここで車中泊と相成ります。コンビニにビール買いに行く気力も無く眠ってしまいました。道の駅ってアルコール売ってないんですよ、まぁ当然か…。

ちなみにこちらの道の駅はトイレが超綺麗でウォシュレット完備なので個人的にお気に入りの道の駅になってます。

 

会津と言えば昨年「さざえ堂」を見に行きました。

会津若松市の白虎隊の墓所のある飯盛山の中腹に建つ正式名称「円通三匝堂」 と言う建築物なのですが、こちらは入口から出口まで同じ道を一切通らず三階まで上って降りるという特殊な二重らせん構造の建物になっていて木造の建築物としては世界でも例を見ないものだらしい。

数年前にみうらじゅん氏&安斎肇氏が出てたゆるキャラのTV番組で見て一度行ってみたかったんですよね(^^

ほぼ日刊イトイ新聞-みうらじゅんに訊け! ──この島国 篇──

当時の皇太子殿下も来た由緒ある施設との事。

建物内から会津の景色を眺めることも可能。

ピサの斜塔と肩を並べちゃいますか(笑)

さざえ堂近くにある茶屋でご年配の(失礼)女性店主さんから話をお伺いする事が出来たのですが、昔のさざえ堂って今のようには管理されておらず観音像(仏像?)が建物内の随所に置いてあったらしい。子供たちの遊び場になっていて鬼ごっことかかくれんぼとかしてたんだとの事。

まさにこの看板のような光景が見られたんでしょうね。

 

 

さて翌朝は朝ラーを頂くべく喜多方市へ移動。

仙台で朝ラーを提供して人気の「和一 一平分店」の(店名クリックで過去記事へ)店主が修業された本店の方「喜多方ラーメン 一平」へ行ってみます。

こちら朝7時OPENで通勤時間は結構混雑するらしい。最近移転されて広い店舗になったとの事。店内は光を沢山取り入れるような作りになっていて席数も十分。綺麗で明るくて雰囲気良し。

メニューは定番の醤油系の他に味噌も有りました。平日11:30~14:00までライスサービスも有るらしい。

 

ラーメン」600円

ザ・喜多方ラーメン的な様式美が素敵ですね(^^

さて早速のスープですが豚骨ガラは清湯でクセ無く綺麗に取られており油量は適量。適度なコクが有って見た目ほどあっさりと言う訳では無いバランス印象です。

醤油ダレは気持ち強め配合でやや酸味を伴うような味わい。煮干し主体の魚介系が強めに効いていてミネラルな塩気が強めに立っている印象有り。さらにスープ中に肉味がしっかりと効いていて旨味が芳醇。これは美味しい。

じとじとラーメンだとここに背脂チャッチャが乗っかってより動物系が増してくると思われます。

麺は加水率高めの中太麺縮れ麺でつるつるの喉越しのもの。食感は固すぎず程よいモチモチな茹で加減で提供されます。

チャーシューはいわゆる喜多方スタイルのバラ肉で脂身も使うタイプ。醤油ダレできっちり味付けしてあり味付けがやや濃いめ。これはライスが進みそう。

ここまで「和一 一平分店」とほぼ同じスープと麺の仕上がり印象ですね。外さない美味しさ有り。スープまでしっかりと完食です。旨し。

 

月曜の朝9時頃に伺いましたら通勤前の朝ラーラッシュは終わってて割と空いててのんびり食事が出来ました。駐車場も十分に確保されていてドライブの寄り道にも便利そうです。仙台和一のルーツを確認出来た一杯。ごちそうさまでした。

(17/07/10)
喜多方ラーメン 一平/福島県喜多方市松山町村松字石田1453

コメント

中華蕎麦こばや(福島県福島市)

2016年11月04日 | 福島県

10/26「GALETTe*(ガレット)解散ライブ@新宿ReNY」参戦(過去記事(1)(2))からはや一週間。

ライブの感想を自分なりにアップしようと思っていましたが未だ気持ちの整理がつかないしラーメンと関係ないし求められても無いだろうけど(汗)

「音楽ナタリー」で纏め記事が上がってました。

GALETTe、解散ライブでラストダンス「たくさんの愛をありがとう」 - 音楽ナタリー

セトリまであげてくれてて有り難い(涙)今までも何かの折々にGALETTe(ガレット)の記事をあげてくれてましたし、なんて良いサイトなんでしょう>音楽ナタリー

そして晒される我々ガレッター達(自分含む、笑)

GALETTe*情報bot(@galette_bot)さん | Twitter

 

ライブ中のエピソードを一つ

セトリの全20曲が終わり〆のMCをういたん@古森結衣が担当。

ういたん「みんなが笑顔でいてくれることが私たちにとって一番嬉しい事なので」「皆さん今日は笑って帰って頂けたらと思います」と綺麗にまとめていたのに突然、

ういたん「という訳で…」「もう時間も無いので」「終わっちゃいたいと思います」と急にMC打ち切ってて会場からブーイングされてました(笑)〆トーク下手過ぎか。ののこ「(会場)笑ってますやん(笑)」

ういたん「声のトーンを落としてしんみりしようと思ったんですけど・・・私には難しかったです」と反省の色を見せてトークやり直し、

ういたん「はいという訳でね」「もうここで終わりになりました!」と再び同じ過ちを犯す〆トークに会場から更なる大ブーイング(笑)ののこ「ヤバイね(ういたんは)MC出来ないね…」と嘆かれるやりとり最高でした。

 

ライブとっても楽しかったですが、ダブルアンコール後のMCは涙模様すぎて「解散が悔しい寂しい解散したくない」というメンバーの心情がダイレクトに伝わってきて辛かったな。

グッズはののこデザインのマフラータオルを購入。

赤い風船がGALETTe*で、風船が割れてガレットは解散するけれども、中から4つの風船が飛び出してそれぞれ4名が旅立ってまっすぐ前を向いて行きたいなという意味を込めてデザインされたとの事。ガレットの4名に幸あることを祈りたい。

 

 

さてラーメンの話に

ライブ会場へ車で向かう途中、国道4号線から福島大学が有りますJR金谷川駅方面に少し寄り道。駅の真向いに有ります「中華蕎麦こばや」でお昼を頂きます。

この場所って以前「うから家から」に行こうとして来たことありました。その時うからやは臨時休業で食べられなかったんですが、仕方なく辺りをうろうろしてたら偶然ガンダムを見つけたっけな。

「こいつ!動かないゾ」

まだ有るのかな?あのガンダム…結構デカかったっけ

煮干中華蕎麦(手揉み太縮れ麺)」800円

麺大盛まで同料金との事でここはやはりガッツリと大盛でオーダーです。

醤油色でややダークなスープ色が綺麗ですね。麺の強い縮れもまた良し。見ただけで存分に食欲をそそられます。

さて早速のスープは鶏ガラ、丸鶏ベースっぽく丁寧に取られて油量強く少しラードも香ります。ややふっくらとした動物系印象有り。

醤油ダレは濃口醤油もしくは生醤油主体で強め配合。香り高くゆったりした動物系ベースに一本芯を通します。濃口系なので色の濃さ程のきじょっぱさは有りません。

煮干しは煮出しと香油で投入され数種のブレンドのようで苦味や雑味が少なく魚介系の豊かな旨味を醸し出しています。

特筆すべきは粉から自家製という太麺でしょう。

手揉みで強い縮れを与えられた平打ち麺は見た目からしてインパクト絶大。粒々が見えますので全粒粉でしょうか。

風味としても小麦の粉っぽさが無く芳ばしさよりも小麦の甘さを感じさせる味わい。茹で加減はやや柔らかめながらスープとのマッチングも文句なし。良い麺です。

ネギの他にタマネギのみじん切りが入り強い薬味を醸します。チャーシューは低温調理らしき食感のものでモモ肉とバラ肉の2種が奢られます。

醤油自体の旨味を活かして煮干しでシンプルに組立てつつ、黒胡椒など香辛料でナチュラルに味を調えてあり無化調らしさが十分に感じられる一杯。クオリティ高し。美味いです。

 

季節のおすすめメニューも貼り出されてました。

1日30食限定「塩中華蕎麦」850円

スープベースは煮干中華と共通の模様。ふくらみのある鶏ベースに油量たっぷりめ。

ゆったりとした動物系をシンプルな風味の塩ダレが配合も控えめに味を整えます。

実は塩だけでしたーと後から言われそうな程にシンプルな塩ダレですね。

煮干し~と違って魚介系もあまり感じません。膨らみのある鶏系の風味を数種のネギと香草が薬味を時には葉類の甘さをプラスしてきます。非常に無化調らしい自然な味わいのスープです。

麺は中盛まで同料金との事。細ストレート麺と太縮れ麺から太縮れ麺をチョイスです。コシはやや柔らかめで加水は中程度。するするといけますね。

チャーシューは低温調理の豚モモ部位が2枚。しっとりと柔らかな食感でかなり美味しいです。セージ?醤油スープの時には気がつかなかった洋風なハーブ系の香りが微かに有りますね。手が込んでます。

 

店内に「こばや通信」なる張り紙が。麺についての拘り等が書かれていて待ち時間に読ませて頂きました。手揉み麺のイラストがメデューサのようで味わい深いですね。

祝一周年記念「福島醤油豚骨」ってメニューも気になります。福島産の食材にこだわったメニューとの事で一度食べてみたい。それにしてもすごい達筆です。…字だけでもう美味しそうな予感がしますね(情報に流されるやつ、笑)

(16/10/26)
中華蕎麦こばや/福島県福島市松川町関谷字坂下71

コメント