Chimney角屋のClimbing log

基本的にはクライミングの日記ですが、ハイキング、マウンテンバイク、スキー、スノーボードなども登場するかも・・・。

早起きの効能

2016-01-08 01:03:33 | 日常

新年の誓いは「早起きすること」と「お酒を控える」です。

三日坊主に終わらないように過していますが、早くも「早起き」には素晴らしい効能があると感じています。「早起き」といっても、私の場合は朝の9時です。何せ仕事が終わるのが夜中の1時ですから、それからぐずぐずしていると、寝るのは夜中の3時近くになってしまっていたのです。でも、誓いを立ててから2時前には寝るようにしています。そうすると、今まで10時とか11時に起きていたのが、無理なく9時に起きられます。

1時間か2時間早く起きるだけで、昼間の活動時間が長くなります。それだけで今まで溜まっていた懸案事項が毎日一つづつ片付いて行きます。しかも健康のために朝起きた後の散歩も毎朝出来るようになりました。

時間を夜中から朝にシフトしただけですが、夜中に何かやろうとしても疲れていてなかなかやる気にならないのですが、朝起きてやるとフレッシュなので何でも効率よく出来ます。特に軽い散歩の後だと、体も頭も目覚めているので効率がいいようです。

もうひとつ大切にしようと思っているのが「さあ、やるか」という言葉です。今は冬ですから、なかなか布団から出られませんが、「さあ、やるか」と一言発するだけで布団から出られます。懸案事項に取りかかるときにも、「さあ、やるか」と言うだけで重い腰があがります。腰が上がれば懸案事項はすぐに片付きます。たいていは手をつければすぐに片付くことばかりですから。事を行う時間より、手をつけるまでの時間の方がよっぽど長いのです。やってみて分かったことでした。

やり始めて2週間ほどですが、続けて行きたいと思います。もうひとつの「お酒を控える」の方はぼちぼち進めています。


この記事をはてなブックマークに追加