こんな映画見ました~

gooブログのTB機能が終了しました。
これからは、努めてコメントに伺うように致します。
また宜しくお願い致します。

リリィ、はちみつ色の秘密

2009年03月31日 | ラ行

『リリィ、はちみつ色の秘密』
---THE SECRET LIFE OF BEES---
2008年(アメリカ)

監督:ジーナ・プリンス=バイスウッド
出演:ダコタ・ファニング、 クイーン・ラティファ、ジェニファー・ハドソン、アリシア・キーズ 、ソフィー・オコネドー 、ポール・ベタニー


 スー・モンク・キッドの全米ベストセラー『リリィ、はちみつ色の夏』を、ダコタ・ファニング、クイーン・ラティファ主演で映画化した感動ヒューマン・ドラマ。

 1964年、アメリカ南部サウスカロライナ州。
4歳の時に誤って母を銃で撃ち殺してしまい、以来罪の意識を抱えたまま生きてきた少女リリィ(ダコタ・ファニング)。
冷酷な父(ポール・ベタニー )との生活に疲れ果てていたリリィは、14歳となった夏の日、黒人家政婦のロザリン(ジェニファー・ハドソン)が白人から暴力を受けたのをきっかけに、彼女を連れて家を飛び出し、亡き母の本当の心を探る旅に出る。
母の遺品を頼りに、ヒッチハイクでティブロンという町に向かうリリィとロザリン。
やがてその町で養蜂業を営むボートライト家の黒人三姉妹、オーガスト(クイーン・ラティファ)、ジューン(アリシア・キーズ)、メイ(ソフィー・オコネドー)とめぐり会い、ロザリンと共に彼女たちに優しく迎え入れられるリリィだったが…。
(allcinemaより)

------------------------------------------------------------------



ダコタちゃんに泣かされてきました・・・。
人種差別の残る60年代南部の黒人3姉妹の経営する養蜂場で、心が癒されていくリリィを14才のダコタ・ファニングが素晴らしい演技で泣かせてくれます。

母の遺品の中にあった蜂蜜の瓶のレッテルをある町で見つけ、その養蜂場に飛び込んでいったリリィは、そこで不思議な安らぎを覚えます。
実はそこは母親が居たことがあった場所だったのです。

そこで、母の軌跡を見出すリリィ。
その辺りの心の機微が本当に上手く出せるのですね~ダコタちゃん。。。

リリィの幼い頃のアクシデントや、両親の幸せだったこともあるシーンなどの織り込み方もタイミングも良かったです。

これからの彼女がますます楽しみになって来ました。

ジェニファー・ハドソンも良かったですネ。
彼女と黒人姉妹が楽しそうに歌いながらキッチンに立つシーンがあるのですが、歌い上げないで~って思ってしまいました(笑)。
鼻歌程度で止まってました(笑)。
哀しく歌うシーンも素敵でしたネ。


 








コメント (4)   トラックバック (8)
この記事をはてなブックマークに追加

レールズ&タイズ

2009年03月27日 | ラ行
『レールズ&タイズ』
---Rails & Ties---
2007年(アメリカ)

監督:アリソン・イーストウッド
出演:ケヴィン・ベーコン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、マイルズ・ヘイザー


『ミスティック・リバー』のケヴィン・ベーコンとマーシャ・ゲイ・ハーデン共演によるドラマ。
子供はなく、癌に冒されているミーガン(マーシャ・ゲイ・ハーデン )とその夫・トム(ケヴィン・ベーコン )。
ある日、トムの運転する列車が少年と彼の母親を乗せた車を轢いてしまう。
(TSUTAYA DISCAS :イントロダクション)


------------------------------------------------------------------



日本未公開レンタルDVDで鑑賞です。
監督はアリソン・イーストウッド。
クリント・イーストウッドの娘です。
この映画はケヴィン・ベーコン主演ということで見てみました。

トム(ケヴィン・ベーコン)は妻の病気が治らないことを知っていながら、仕事をしていることで気を紛らわそうとしている。
そんな時睡眠薬を飲んで線路に立ち止まる母子の車を撥ねてしまう。その後かろうじて助かった子供がトムを責めに訪ねて来る。
妻のミーガンは、その子供の面倒を見ることで残り少ない時間を生きようとした。

という展開で話は進みます。
私はなかなか面白く感じました。
マーシャ・ゲイ・ハーデンの演技が良かったです。
ケヴィン・ベーコン、もう少し個性を出しても良かったかと思いますが、抑えた演技がまた良かったのかとも思います。
未公開映画ですが、オススメします。




コメント (8)   トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ヒーロー・ウォンテッド

2009年03月25日 | ハ行
『ヒーロー・ウォンテッド 』
---HERO WANTED---
2008年(アメリカ)

監督:ブライアン・シュメルツ
出演: キューバ・グッディング・Jr、レイ・リオッタ


アカデミー助演男優賞受賞俳優、キューバ・グッディング・Jr主演によるクライムアクション。
ごみ収集屋のリーアム(キューバ・グッディング・Jr)はある日、炎上した車から子供を救いヒーローとなる。
そんな中、彼は好意を抱くケイラの気を引くためにある計画を企てるが…。
(allcinemaより)

------------------------------------------------------------------



日本未公開レンタルDVDで鑑賞しました。

話が前後して始まるので、初めは暴力シーンばかりでこれはダメだ・・・とちょっとガッカリ・・・。
次第に話が繋がり始めると面白くなってきました。


キューバ・グッディング・Jr扮するリーアムは妻を交通事故で亡くしてから、生きる気力を失くしていた。
しかしある時ケイラという女性に会い、人生をやり直そうと決心する。
銀行に勤める彼女の気を引くため、友達に頼んでやらせ芝居を打つ。
しかしこの友達の仲間がそれを利用して銀行強盗を働き、不運にもケイラは打たれ、意識不明となってしまう。
それからリーアムの復習が始まる・・・。

という展開で、レイ・リオッタはリーアムを追う刑事役なのですが、レイ・リオッタなのにぃぃ、という位あっさりと演じてくれちゃってます。(^_^;)

話の展開はなかなか面白かったのですが、なんだか物足りなさが残るのです。
もっと女性との美しいシーンや、刑事とのスリリングな絡みが欲しかったですね。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファニー・ガール

2009年03月22日 | ハ行

『ファニー・ガール』
---FUNNY GIRL---
1968年(アメリカ)

監督:ウィリアム・ワイラー
出演: バーブラ・ストライサンド、オマー・シャリフ 、ウォルター・ピジョン


“ショウ・ビジネスでは成功しない”という、ストラコシュおばさんの占いが見事に外れ、ファニー( バーブラ・ストライサンド)はジークフェルド氏(ウォルター・ピジョン)の舞台に立つようになる。
その手引きをしてくれたのは、有名なギャンブラーのニック(オマー・シャリフ)だった。
彼女は彼に恋をする。が、つれない放蕩児の彼が再びファニーに会ったのは一年後ボルチモアでのこと。
競馬で持ち馬を出走させる彼は彼女に求婚するつもりでいたが大損し、面目ないのでこれから豪華客船に乗り込みポーカーで一稼ぎするつもり、と告げて立ち去る。
ファニーは、すでに出港した客船をタグ・ボートで追いかけ自ら彼の胸に飛び込んで行く……。
(allcinemaより)

------------------------------------------------------------------



アカデミー賞の季節になると、TVで放送されているのは知っていましたが、今まで見てなかったのです。
やっとTV録画して見ました。

20年代のジークフェルドのショウの大看板だったファニー・ブライスの伝記ミュージカルの映画化で、バーブラ・ストライサンドがアカデミー主演女優賞を受賞した作品です。
ということは、ファニー・ブライスなる人物は実在なのでしょうか~。

バーブラの迫力ある演技につきる映画ですネ。

美人でないが才能ある女性が、舞台で成功し人気者になる。
そして恋をし、家庭を持つ。夫のニックは彼女を愛しているが彼女の仕事と人気に愛情が潰されてしまう・・・。
舞台での成功と愛する人と人生を共にすることが相容れない現実を切なく歌い上げてのラストです。

ニック役のオマー・シャリフは、ドクトル・ジバコよりずっとずっと素敵でした!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロレンツォのオイル/命の詩

2009年03月21日 | ラ行

『ロレンツォのオイル/命の詩』
---Lorenzo's Oil---
1992年(アメリカ)

監督:ジョージ・ミラー
出演:ニック・ノルティ、スーザン・サランドン

不治の病、副賢白ジストロフィーに侵された息子を救うために奮闘する夫婦の実話を、「マッドマックス」のG・ミラーが映像化した作品。
平凡な銀行員オーギュスト(ニック・ノルティ)の息子が、不治の病に侵された。病院の治療もむなしく、息子の容体は日をおって悪化していく。
オーギュストと妻ミケーラ(スーザン・サランドン)は、自分たちの手で治療法を発見するべく様々な文献を読みあさるが……。

スーザン・サランドン演じる母親は、鬼気迫る迫力を持っており、我が子を一心に思う気持ちを的確に表現していると感じられるが、静かな情熱を持って身を削るように黙々と研究を続けるノルティ演じる父親と較べると、一方的で自己中心的なように見え共感しづらい。
G・ミラーの視点は家族の絆より、医学会に対する諷刺の方を強く向けられていて、お涙頂戴的に仕上がってない所は好感もてるが、結局は実話というリアリティに助けられた感がある。
息子演じるザック・オマリー・グリーンバーグは好演。
(allcinemaより)


------------------------------------------------------------------




再見です。
最近自分のブログのindexを整理しているうちに、以前見た映画でオススメに上げている映画をもう一度見たくなったのです。

この映画は事実に基づいたお話しなんですネ。
私は、この"事実に基づいた"っていうのだけで、半分"感動モード"になってしまうのです。単純なんです(笑)。
しかし、これはかなり強いショックを受けました。
医学の専門でない一般の人が、ここまで自力で子供を助けようと奔走したという事実に、アメリカ社会の力を見せ付けられた気がしました。
映画では1983年とありますので、その頃の日本はまだまだ社会の力がそこまで及ばなかったろうと思います。
解説では「スーザン・サランドン演じる母親は、~~一方的で自己中心的なように見え共感しづらい。」とありますが、私はすっかり共感してしまいましたネ。
ニック・ノルティ、スーザン・サランドンのしっかりした演技は、事実を事実として伝えてくれたように感じました。

コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

7月4日に生まれて

2009年03月20日 | 英数字

7月4日に生まれて
---Born on the Forth of July---
(1989年アメリカ)


監督:オリヴァー・ストーン 
出演:トム・クルーズ、ウィレム・デフォー  

社会派映画として有名な監督オリヴァー・ストーンは、自らもベトナム従軍の経験を持つ。実話に基づく小説の映画化。
正義感に燃えて行ったベトナム戦争で車椅子生活を強いられる事となってしまった青年の葛藤を描く。

--------------------------------------------------------------

 

これを見た時、タイトル通りまさしくアメリカ~!を感じました。ベトナム戦争とは???に悩むアメリカそのものを真正面にたたきつけた映画ですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピアノレッスン

2009年03月20日 | ハ行

ピアノレッスン
---The Piano---
(1993年オーストラリア)

  
監督:ジェーン・カンピオン  
出演: ホリー・ハンター、 ハーヴェイ・カイテル、アンナ・パキン、サム・ニール 

19世紀の半ば、エイダ(ホリー・ハンター)はスコットランドから、娘(アンナ・パキン)と一台のピアノとともにニュージーランドに嫁いできた。迎えに出た夫となるスチュアート(サム・ニール )は、ピアノは運ぶのに重過ぎると、浜辺に置き去りにしてしまう。
そこで、原住民のマオリ族に同化しているベインズ(ハーヴェイ・カイテル)は自分が引き取り、エイダにピアノのレッスンをしてくれればピアノを返すと提案する。やがて、エイダはベインズに心を開いていく。

-------------------------------------------------------------------

 

アカデミー賞脚本賞、主演女優賞(ハンター)、助演女優賞(パキン)受賞 を取った作品です。ちょっと、変わった愛を見事に、綺麗に描いていると思います。この中では、ハーヴェイ・カイテルはくせがあるが魅力的です。
ホーリー・スモークでは、この魅力が出てなかったのが残念です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野のユリ

2009年03月20日 | ナ行

野のユリ(1963年アメリカ)
---Lilies of the Field---
  
監督: ラルフ・ネルソン  
出演: シドニー・ポワチエ、リリア・スカラ、

気楽な旅を続けているホーマー(シドニー・ポワチエ)はアリゾナ砂漠のはずれでエンストをおこし、一杯の水をもらうため立ち寄った井戸で修道女たちと会った。
東独を亡命してきた彼女達は、荒地を耕し、やがては教会を立てるという希望を持っていた。ホーマーは、そこでマリア院長(リリア・スカラ)に協力を求められ、仕方なく手伝うことになる。

----------------------------------------------------------------

大きな映画賞の主演男優賞(オスカーも)をシドニー・ポワチエが総なめにした映画です。
ビデオ、レンタルショップなどでは見当たらず、ようやくWOWOW放送で見られました。


シドニー・ポワチエはアフリカ系アメリカ人俳優の道を切り開いた先駆者です。公民権運動以前に、ハリウッドでこんな活躍が出来たことが素晴らしいですよね。しかし、公民権運動がさかんになると影が薄くなるということも皮肉なことです。
スクリーンから離れていた時期もありましたが、テンゼル・ワシントンがオスカーを手にして、「貴方をどこまでも追いかけて行きます!」ってポワチエに向かって話しかけたのがテレビに映し出されましたが、やはりそういう存在なのでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏休みのレモネード

2009年03月20日 | ナ行

夏休みのレモネード

---Stolen Summer---
(2002年アメリカ)
  
監督: ピート・ジョーンズ
出演:エイダン・クイン、ケヴィン・ポラック、

カトリックの家庭で育つ少年ピートは活発だがいたずら坊主。ユダヤ教信者を改宗させれば救われると信じ、ユダヤ教会に通いつめる。が、そこで知り合ったラビの息子ダニーは白血病を患っていた。ピートはダニーのために何が出来るかを、幼い心で真剣に考える・・・。

-------------------------------------------------------------------

ベン・アフレックとマット・デイモン(ご存知天才コンビ)が、オンライン脚本コンテストで1万2千本から選んだ作品ということです。

宗教をこえた二人の少年の心温まるお話です。思わずホロリと来てしまう作品です。
 




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コールドマウンテン

2009年03月20日 | カ行

『コールドマウンテン 』

---Cold Mountain---
(2003年アメリカ)

  
監督:アンソニー・ミンゲラ 
出演: ジュード・ロウ、ニコール・キッドマン、レニー・ゼルウィガー、ドナルド・サザーランド、ナタリー・ポートマン

南北戦争末期の1864年。ヴァージニア州の戦場で戦っていた南軍の兵士インマン(ジュード・ロウ)は、従軍して3年になる。インマンにとって、故郷コールドマウンテンと、彼の帰りを待ち続ける恋人エイダ(ニコール・キッドマン)だけが心の支えだった。インマンはついに死罪を覚悟で脱走を図り故郷へ向かって歩み出す。一方その頃、エイダは愛する父(ドナルド・サザーランド)を失ったが、流れ者の女ルビー(レニー・ゼルウィガー)に助けられながら、インマンの帰りをひたすら待ち続けていた。

-----------------------------------------------------------------



お話は、戦争に行った男が脱走して、ひたすらに待つ女の下に帰る、というところでしょうか。
流れ者のルビーがその筋書きを、生きることの現実、女の逞しさなど、大きく膨らませてくれています。
ニコールとレニーの扮する対称的な女性が、面白かったです。二人とも上手い!です。
ジュード・ロウの映画を久し振りに見たような気がします・・・。そして、レオンでお馴染みのナタリー・ポートマンを、母親役で見せてくれてます。
私は、是非にとお薦めしたい1本です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画indexを作ってみました。

2009年03月20日 | ご挨拶&お知らせ

ようやく、私のブログの映画indexをアップいたしました~。

2005年6月開設からアップしました映画の記事をindexから見ていただけるように致しました。

これからも、古い記事などにもTBをどんどん付けてくださいませ。
拙いブログですが、徐々に私らしくしていきたいと思っております。

ブログを開設以前に見た映画で、記事アップしていない作品もたくさんありますが、好きな映画だけでもピックアップして記事にしてみたいと思っております。

宜しくお願い致します。


↑庭の雪柳です。
「小米花」は雪柳の別称デス。^^

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エンドゲーム 大統領最期の日

2009年03月20日 | ア行

『エンドゲーム 大統領最期の日 』
---END GAME---
2006年(アメリカ)

監督:アンディ・チェン
出演: キューバ・グッディング・Jr、アンジー・ハーモン、ジェームズ・ウッズ、バート・レイノルズ


キューバ・グッディング・Jrが大統領暗殺の真犯人に迫るシークレット・サービスを演じるポリティカル・サスペンス・アクション。
アレックス・トーマス(キューバ・グッディング・Jr)はアメリカ合衆国大統領ハーモン・ハワードの警護を担当するシークレット・サービスのエージェント。
職務に忠実で優秀なトーマスだったが、ある日、式典に出席した大統領が彼の目の前で暗殺されてしまう。
事件の取材に乗り出した新聞記者のケイト・クロフォード(アンジー・ハーモン)は、やがて実行犯の背後に謎の集団の影を突き止める。
一方、事件にショックを受けたトーマスは休職を願い出るが、そんな彼の前にケイトが現われ、真相究明のための協力を求めるのだった…。
(allcinemaより)


----------------------------------------------------------------



冒頭いきなりシークレット・サービスの目の前で大統領が暗殺されてしまう。
かなりショッキング始まりでした。
だんだん真相が明らかになっていく過程はなかなかスリリングで面白かったのですが・・・。

なにかちょっと物足りない感じでした。
女性の嫉妬から来る暗殺、想定に無理があったように感じます。
好みにもよるでしょうけど、作りが甘い感じが残ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

index(アイウエオ順)

2009年03月20日 | 映画Index


アイウエオ順


・ア行
    ------

    ---イウエオ---

・カ行

    ---カキクケコ---


・サ行

    ---サシ---


    ---スセソ---

    
・タ行

    ---タチツテト---

・ナ行

    ---ナニヌネノ---

・ハ行
    ---ハヒ---

    ------

    ---ヘホ---


・マ行

    ---マミムメモ---


・ヤ行
 
 
ワ行

・英数字




お気に入りの俳優のフィルモグラフィー

*ポール・ニューマン

*ロバート・ダウニー Jr.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ザ・リバー

2009年03月19日 | サ行

『ザ・リバー』
---THE RIVER---
1984年(アメリカ)

監督:マーク・ライデル
出演: メル・ギブソン、シシー・スペイセク 、スコット・グレン


先祖伝来の土地を守ろうとする農民と、土地開発に乗り出してくる大企業との激しい駆け引き。
現代アメリカの農場経営が抱える問題点と“人間にとって土地とは何か”というテーマを正面から描いた作品。
農家の夫婦に扮したM・ギブソンとS・スペイセクが骨太な演技を見せており、また「未知との遭遇」等の名カメラマン、ヴィルモス・ジグモントが農場の四季を絵のように美しく捉えている。
(allcinemaより)

---------------------------------------------------------------------




先日TV放映で鑑賞。
メル・ギブソンの作品は、ほぼビデオ鑑賞していたつもりでしたが、ふとTVを見たら、知らない映画だったので、吹き替えでしたがそのまま鑑賞しました。

両親の眠る土地を守りたいトム(メル・ギブソン)と妻のメイ(シシー・スペイセク)。
湿地の土地は雨のたびに水が溢れ出す。
大企業の経営社ウエイド(スコット・グレン )は、その土地を沈めてダムの建設に野心を燃やす。
トムは土地を売らない。ウエイドの嫌がらせが始まる、という展開です。

しかし、必死に土地を守るトムに、ウエイドが一歩譲るところでラスト。
基本的な農業問題は、変わらない・・・というテーマの投げかけです。

リーサル・ウェポン (1987)のリッグス刑事でブレイクする前のピュアなメルを見ることが出来ました~。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画目次の作成

2009年03月17日 | ご挨拶&お知らせ

先日やっと新しいテンプレートにしてみました。
なかなか使い勝手が良さそうです。
でも、気が付くと「このブログで検索」というボタンがないのですね(汗)。

追記:このブログのテンプレート、一番上の検索窓で、「このブログ内」で
検索出来るのでした!
教えてくださったmiyuさん、ありがとうございます。


今まで、私はインデックスをサボっていて、作っていませんでした。
作ろうと何度も挑戦しては、投げ出してました。

今までの、「このブログで検索」も、けっこういい加減な結果しか出ないケースもありましたけどね。

来て頂いた方はきっとなんて不便なブログなんだぁぁ~って思われていたかもしれません。(^_^;)
自分のためにもindexをまとめようと思っています。
途中まで製作してありますので、なんと頑張ってみま~す。



コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加