宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

平成26年大崎地域認定農業者連絡協議会通常総会及び研修会が開催されました

2014年07月28日 12時54分47秒 | ⑨農村地域の振興に向けた取組支援
 大崎地域認定農業者連絡協議会の平成26年度通常総会及び研修会が7月18日に開催されました。佐々木郁郎会長から「県内約5,000の認定農業者のうち,大崎管内でその約3分の1を占める。我々の中で意見を取りまとめ,発信していく責任がある」という挨拶がありました。
 総会終了後の研修会では,東北大学大学院の冬木勝仁先生による「農政改革と認定農業者の役割」と題する講演を頂きました。また,みやぎ農業振興公社から「農地中間管理事業」についての情報提供がありました。
講演では,復興途上の宮城県は国が掲げる「攻めの農林水産業」の一つのモデル地域になっており,他県に比べ特に「農業の産業化」の影響が強いが,地域の生業としての農業と産業としての農業を上手く結合する「地域農業」をイメージすることが重要で,それを担う認定農業者の役割は大きいとのお話がありました。参加した認定農業者は真剣に聞き入っており,その後の懇親会でも様々な意見交換がありました。
 普及センターでは今後も認定農業者と一体となり,地域農業の振興に努めてまいります。


<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター  地域農業班 TEL:0229-91-0727 FAX:0229-23-0910
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第9回栗原市畜産共進会開催 | トップ | JAみやぎ仙南花卉部会がお盆... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む