宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

「大崎の米『ささ結』ブランドコンソーシアム」がアグリフードEXPO大阪2016に出展

2016年03月07日 09時13分00秒 | ⑨農村地域の振興に向けた取組支援

 平成28年2月18日~19日にATCアジア太平洋トレードセンター(大阪府大阪市)において,国内最大級の国産農産物の展示商談会「アグリフードEXPO大阪2016」が開催され,大崎市から「大崎の米『ささ結』ブランドコンソーシアム」が出展し,昨年の秋から本格的に販売が開始された大崎市の米「ささ結(ササニシキ系新品種「東北194号」)」のPRを行いました。
 ブースでは,ささ結の白米の試食や,ささ結から作った日本酒の試飲を行い,米穀商や酒造メーカーなどを中心に,様々な業界からバイヤーが訪れました。白米については,「あっさりしていてとてもおいしい」「様々な料理に合いそう」といった声や,日本酒については「すっきりしていて飲みやすい」といった声が聞かれ,白米,日本酒ともに好評でした。
 また,試食や試飲の感想以外にも,ロゴのデザインやパッケージに対する反応も大きく,シンプルなロゴデザインが訪問者の注目を集め,特に2合の真空パック(キューブ型)は大きな注目を集めていました。商品として取り扱いたいと興味を示すバイヤーも見られ,今後の販路拡大が期待される商談会となりました。
 普及センターでは,今後ともコンソーシアムの一員として,栽培技術等の各種支援を行ってまいります。

<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター 地域農業班
 TEL:0229-91-0727   FAX:0229-23-0910

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GAP研修会を開催 | トップ | ハウスぶどう栽培(短梢せん定)... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む