宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

農薬の適正使用に関する講習会を開催しました。

2016年02月25日 09時08分47秒 | ⑤安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営

2月17日,大崎市古川の農産物直売所「旬の店・シンフォニー」の会員を対象に,農薬の適正使用に関する講習会を開催し,12名が参加しました。
 北部地方振興事務所担当者から,農薬使用者に関係する法律やポジティブリスト制度,全国で発生した農薬残留基準値超過事例について情報提供した後,大崎普及センターから,実際の使用の際における農薬ラベルの見方や使用回数の数え方,ドリフト防止対策など農薬使用時に注意すべきポイントを説明しました。
 また,農薬使用後の記帳の重要性と記入方法について説明し,例題をもとに実際に記帳方法の演習を行いました。
  参加者からは,「基本事項を再確認できてよかった」「お客様に安全・安心な農産物を届けるため,使用基準をしっかり守って農薬を使っていきたい」などの意見が寄せられました。
  普及センターでは,今後も安全で安心できる農産物の生産に向けた支援を続けていきます。

<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター   
  先進技術班
 TEL:0229-91-0726 FAX:0229-23-0910

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仙南地域で初めて!農家民宿... | トップ | いちじく先進地視察 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む