ごじらいく

足跡の先に・・・

ムスカリの種を植える

2017年03月19日 | ガーデニング
数年前に、枯れたムスカリから採取した種を植えました。
普通、ムスカリは球根を植えるのが一般的ですが、種からでも植えれるそうです。
しかし、花をつけるのが3年後ぐらいだそうです。
たぶん、しっかり球根が出来てから花が咲くんだと思います。

3年って長いようで、あっという間なんです。
私の年齢になってみれば、1年がほんとすぐに済んでしまいます。
母が、「1年って、びっくりするくらい短いわねぇ。」と言います。
母の年齢になれば、1年の短さは半端じゃないのかもしれません。
まあ、3年じっくり待ってムスカリの可愛い紫の花を見ることにします。

ムスカリがちゃんと芽が出るように、目の届く茶の間の部屋のベランダに置きました。
水をあげるのを忘れてはいけないので、霧吹きを用意して、「ムスカリ用。」として準備しました。
自分で言うのもなんですが、ほんと待つのが好きなんです。
待っていると、何かいいことが起こりそうで、たまらなく心地いいんです。
今回は、ムスカリの芽が出ることを待つのですが、ムスカリにかこつけて春を待っている気分です。
だんだん暖かくなる日差しに、ちょっと目を細めながら空を見上げるのもいいですね。


ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天天の爪切り | トップ | 天天のカット »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。