ごじらいく

足跡の先に・・・

後悔する夢

2013年01月31日 | 日々のつぶやき
明け方、嫌な夢を見て目を覚ましました。
それは、後悔する夢です。

私は、テストを受けています。
問題が、わからず、答えは、白紙か、あてずっぽうで書いていました。
何かの拍子に、前に座っている人の答案用紙が見えました。
答案用紙には、答えが、きっちり埋まっていています。
次に、隣の席の人の答案用紙が見えました。
すると、前に座っている人と、まるっきり同じです。
みんな、ちゃんと勉強しているのがわかり、唖然としました。
多分、私も、ちゃんと勉強していたのに、答えられないのでしょう。
それは、勉強をしている振りをしていただけなのです。

なぜ、真剣に勉強をしなかったのでしょうか。
心の中では、後悔が渦巻いています。

あまりの後悔のしすぎで、目を覚ましてしまいました。
身に覚えのある事だったので、目を覚ましても、過去が怖くて、自分が情けなくて、泣きたくなりました。
これから、後悔をすることのないように、精一杯頑張って、物事に当たろうと、思います。





ペットブログランキング



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メダカの水替え

2013年01月30日 | 日々のつぶやき
冬の間、メダカは、発泡スチロールの水槽で泳いでいます。
冬の水は冷たいので、そんなにしょっちゅう水をかえるわけにはいきません。
だから、水もどろどろになって、水ゴケみたいなものが水槽にへばりつき、とても汚くなりました。

ちょっと寒さも緩んで、活動しやすくなりました。
父もメダカの水槽の水を替えようと重い腰を上げました。
一匹づつ網でメダカをすくい、別の発泡スチロールの水槽に入れ替えます。
綺麗な水槽で泳ぐメダカは、心なしか嬉しそうに見受けられます。
水も綺麗になったし、気分もよくなった父は、ホームセンターに行き、生きた水草を買ってきて、水槽に入れます。
ホームセンターの店員さんの話では、メダカも水草を食べるみたいです。
そして、水草は、冬になると成長をするみたいなことを言っていたらしいのです。
以前、水草を買ったのは、夏の暑い時期。
水草は、瞬く間にふやけてしまいました。

メダカは、綺麗な水槽に生きた水草を入れてもらって、今日も元気に泳ぎ回っています。
私のメダカにも水草を入れてやりたいなぁ。と、ちょっと水草を分けてもらおう。と、考え中です。
早く、暖かくなって、また卵をたくさん孵したいです。




ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

運のよくなる本

2013年01月29日 | 読書
お友達が、ポジディブを唱えるのが羨ましく、本のタイトルを教えてもらい、本を注文することにしました。

77項目ある考え方に、戸惑う私。
読み勧めていると、最初に読んだ項目を忘れていきます。
多分、全部、実行したら、本当に「運がよくなる」生き方が出来ます。
しかし、凡人である私は、項目を絞り込んで実行することに。

私が、これは・・・。と、思うのは、「できること」しかやってこない。です。
どんな困難にも負けない心は、どうやってつくればいいのか。

逆境に強い人は、直面する難題の1つひとつに、隠れた贈り物を見つけようとする。
トラブルを乗り越えるたびに大きく成長し、知恵や闘争心や忍耐力を身につける。

ふつうの人と強運な人との一番の違いは何か。
強運な人は困難なこともチャンスととらえるが、ふつうの人は呪いと考えるのだ。


まさしく、私に言っているような気持ちになります。
いつも壁にぶち当たり、「もうダメだ。何をやっても無駄なんだ。」と、腰砕けになってしまいます。
この項目は、決して忘れてはいけないものだと、強く胸に刻みたいと思います。






ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

住吉大社 楠くん社

2013年01月28日 | 一ノ宮めぐり・パワースポット
商売発達・家内安全の神様

お稲荷さんです。
境内の奥には、樹齢千年を超える楠の大樹があり、江戸時代、人々は楠の神秘的な霊力を祈り捧げていました。
その後、根元に設けられた社にお稲荷さんを祭るようになったといわれています。
現在では、大阪商人を始めとして、全国、さらに海外の信仰を集めるまでにいたりました。
また、祈祷木があり、願い事と、氏名、年齢を書いて預けますと、お祓いをし、祈祷した後、焼き納められます。

末社の正式参拝ルート
 1.種貸社 (資金調達)
 2.楠くん社 (商売発達)
 3.浅沢社 (芸能、美容)
 4.大歳社 (集金満足)

是非とも、商売をされている方に行って欲しいパワースポットですね。
正式なルートを回り、確実に儲けを得ましょう。
私は、浅沢社、美容に興味が湧いていました。
なぜか、素通りをしてしまいました。
次回行く時は、正式ルートを回り、浅沢社を重点的に拝みたいと思っています。
今よりも綺麗になれたらいいなぁ。






ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和菓子のアン

2013年01月27日 | 読書
本屋へ足を運んだ時、何気なく手に取ったのが、小説「和菓子のアン」でした。
表紙の絵が、可愛かったのと、ざっくりしたあらすじに心を奪われました。

デパ地下の和菓子屋「みつ屋」で働く女の子「梅本杏子」(うめもと きょうこ)通称 アンちゃん。
18才のちょっと太めの女の子。
プロフェッショナルだけど個性的すぎる店長や同僚に囲まれる日々の中、歴史と遊び心に満ちた和菓子の奥深い魅力に目覚めていく。
謎めいたお客さんたちの言動に秘められた意外な深層とは?
和菓子のミステリーです。

私は、どちらかと言うと、和菓子より洋菓子のほうが好きです。
でも、この本を読んで、和菓子の面白さを知りました。
今度、是非、和菓子のお店を覗いてみたい気分になりました。

そういえば、何年か前に、作家の「坂木司」さんの小説を読んだことがありました。
偶然とは言え、また坂木さんの小説を読むとは思ってもいませんでした。
結構、面白い内容に引き込まれていくとは・・・。
縁なのでしょうか。





ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風の強い日

2013年01月26日 | 日々のつぶやき
昨日から、風が強くて、布団を干していても、なぜか心配な気持ちになります。
あまりの風の強さに、ブルーベリーの鉢植えが全部倒れてしまいました。
いくら起こしても倒れるので、そのままにしてあります。
昨日から、寒さが増してきました。
やっぱり冬なんだなぁ。という風です。
こんな日は、こたつで、つくもって暖かくしているのが一番です。

朝は、ずっとエアコンをつけていました。
暖かい風が、フ~と吹いてきます。
すると、なぜか、こたつから這い出し、天々と遊びたくなります。
天々も遊ぶのが嬉しいのか、部屋中を駆け回ります。
ふと、鏡に自分の姿が写りました。
前から見ていると、そうでもないのですが、横から見ると、ものすごい厚みがあり、「OH,NO 」と、声を上げたくなります。
これが、何気ない日常です。
容赦なく写る鏡の前では、形無しです。
鏡の部屋で暮らしていると、多分、ノイローゼになってしまうのではないかと、ありもしない妄想に愕然としてしまいます






ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

住吉大社 種貸社

2013年01月25日 | 一ノ宮めぐり・パワースポット
昔は、稲種を授かって、豊作を祈る。という信仰がありました。
種貸社で「種銭」というお祓いをした硬貨を授かり、これを商売などの元手に加えて商売すれば、増殖繁栄するといわれています。

また、種貸社では、子授けの神として授与している「種貸人形」というお守りがあり、子宝を望まれる方に人気です。

ちなみに、一寸法師は、子宝に恵まれなかった初老の夫婦が、住吉大社に祈願して授かった子どもなのだそうです。

私も「種銭」が欲しくなりました。
いいアイデアが欲しい時、この「種銭」をお守りとして、持っていればいいのです。
次に、行った時は、この「種銭」を購入して、いいアイデアをしぼりだし、自分の身を立てようと考えています。
お守りも侮っていてはいけませんね。
持っているだけで、気持ちが落ち着きますよね。





ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

住吉大社 撫で兎

2013年01月24日 | 一ノ宮めぐり・パワースポット
神功皇后が、住吉の地に住吉大社を祀ったのが、辛卯の年(211年)卯月の卯日だとされることから、住吉神社ではウサギが神使とされています。
また、卯の花が、ゆかりの花とされています。

翡翠の撫で兎
 平成23年卯年元日に登場しました。
 撫でると、無病息災になります。

あとで、住吉さんのことを調べたら、いろいろとうさぎにまつわるものが、いっぱいできました。
ウサギの手受け水、ウサギの瓦など、とても興味のある物ばかりです。
先にわかっていたら、きっといろいろ探して、写真を撮っていたことでしょう。
なんと、もったいないことをしました。
これから、パワースポットに行く時は、入念に調べてから行こうという知恵も沸いてきました。

翡翠の兎には、「どうか、天々がお利口になりますように。」と、頭をなでました。
きっと、神の使いのうさぎさんは、かなえてくれると思います。
うさぎさんが、神の使いだなんて、本当にかわいいですね。






ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おろしじゃかいものクリームスープ

2013年01月23日 | クッキング
NHKのきょうの料理ビギナーズを見て、夕飯に一品作ってみました。
とろ~りとした、クリームスープです。
とてもおいしくて、おかわりしたくなりました。


材料(2人分)
  じゃがいも (小) 1個(80g)
  牛乳    カップ 1と1/2
  塩     小さじ 1/2
  バター   大さじ 1弱(10g)
  トッピング 
     細ねぎ 適量  
     黒こしょう (粗ひき) 少々


1. 細ねぎは端から細かく切る。じゃがいもはヒーラーで皮をむく。

2. 小さめの鍋に牛乳、塩、水カップ1/2を入れ、鍋の上でじゃがいもをすりおろして直接加える。こうするとじゃがいもが変色しにくく、水にさらす手間が省ける。

3. 2の鍋を中火にかけ、よく混ぜながら煮る。

4. 煮立ったら(表面にボコボコと気泡が出てきたら)、弱火にして、よく混ぜながら2~3分間煮る。
とろみがしっかりとついて、ポッテリしてきたらOK。

5. バターを加え、弱火のまま混ぜて溶かす。細ねぎをのせ、黒こしょうをふる。


私は、ちょっと失敗して、水カップ1/2を入れるのを忘れてしまいました。
濃厚なクリームスープをめしあがれ。




ペットブログランキング
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

メリーの死

2013年01月22日 | 日々のつぶやき
天々の永遠のライバル、メリーが亡くなってしまいました。
もう、かなり高齢の犬だったメリーは、近所の人気者。
丸々太って、コロコロの黒のトイプードルです。

日ごろは、メリーのことなど気に留めていなかったのですが、さすがに亡くなったと聞くと、寂しい気持ちになります。
メリーが山本さんの家に来たのは、山本さんの娘さんが、犬の美容師になるための練習台としてでした。
でも、結局、メリーは、一度も練習台になることもなく、生涯、愛犬として飼われたのです。
温和な犬で、いつも近所の路地をトコトコと歩き回って、人に可愛がられている犬でした。
その反対に、飼い主以外には懐かず、人を見ては吠えたおす天々は、人気がありません。

寒い日が続くと、生き物は死んでしまうのでしょう。
先代の犬も亡くなったのは冬の寒い日。
「もっと、気をつけてあげればよかった。」と、反省の日々を送ったのも、息が白くなる冷たい冬でした。
メリーは、空の階段で、迷わずに天国の扉の前にいるのでしょうか。
小さな命が消えていくのは、本当に悲しいものです。






ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にんにく

2013年01月21日 | 日々のつぶやき
母と料理雑誌を見ていて、おいしそうなソースの特集があることを知りました。
どれも簡単に作れて、しかも味もいいし、いろいろなおかずにかけることが出来ます。
「どれもおいしそうだねぇ。一度作ってみようか。」と、レシピを読み上げると、「にんにく」を使ったソースもありました。
母は、にんにくが苦手なのです。
においもきついし、どこか韓国を思わせるのがいやなのです。
私はと言うと、「まあ、にんにくもあってもいいんじゃない?」程度のものです。
母がいる限り、にんにくを使った料理は、作れません。

かすかに、香るにんにくなら、私は大好きです。
母は、餃子にも、にんにくは入れません。
ちょっと、物足りない気がします。
「何でも食べないと、大きくなれませんよ。」と、子どもなら叱れるのですが、もう老年に達している人には、言えない叱り文句です。

昔、私が、食べれなかったキムチも、今では、おいしく食べれます。
人の味覚って、変わっていくのでしょうね。




ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馬鹿は風邪をひく

2013年01月20日 | 日々のつぶやき
昔のことわざで「馬鹿は風邪をひかない」というのがありますが、あれは、ちょっと違うのではないかと思い始めています。

昨日、朝から調子が悪く、動くのもやっとの状態でした。
「これでは、あかん。」と、風邪薬を服用し、1時間程度、横になっていると、薬が効いたのか、体が楽になりました。
風邪をひくような寒い格好はしていませんが、風邪によく似た症状でした。

馬鹿は風邪をひかないとは、何を言いたいのか。私にはよくわかりませんが、風邪をひくこと自体、自己管理が出来ていないのです。
ひいては、風邪をひくことは馬鹿なのです。

馬鹿である私は、母に心配されながら、丸一日かけて、病気を治し、今朝から元気になりました。
病気になると、変に後ろ向きな考えになり、自虐的な言葉ばかり吐いてしまいます。
これではいけませんね。
やっぱり、自己管理をきっちりし、健全な精神で自分を労わることが大事だと思いました。
今回は、寝込むほどひどくはならなかったのが、幸いしています。
早めに薬を飲んで、暖かくしていないといけないですよね。





ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全身タイツで暮らしたい

2013年01月19日 | 日々のつぶやき
冬場になると、いつもコロコロになるくらい着込む私。
動きにくいったらありゃあしない。

夕方、天々の散歩から帰り、お風呂に入るまでの時間、おばシャツとタイツ姿で時間をつぶします。
すると、ものすごい動きが楽で、ずっとその姿のまま暮らしたいと思いました。
部屋が、ポカポカだったら、全身タイツで過ごしたいという欲求が、ふつふつと湧いてきます。
しかし、倹約家の父は、そんなルーズな私の思惑にメスを入れます。

冬は、好きな季節です。
でも、着ぶくれするのは、嫌なのです。
もう少し、室内の温度を上げてもらって、セーターの1枚も脱げたら、言うことないのですが・・・。
春になったら、”江頭2:50”、”エスパー伊藤”並みに、全身タイツ張りの格好で過ごそうかな。と思っています。
それとも、風邪をひかない強いからだになればいいのかもしれません。
春は、まだまだ先のようです。






ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

住吉大社 初辰まいり

2013年01月18日 | 一ノ宮めぐり・パワースポット
住吉大社独持のお祭り「初辰まいり」です。

「初辰まいり」は、毎月最初の辰の日に、住吉大社境内になる種貸社、楠くん社、浅沢社、大歳社の四社をそれぞれお参りする慣わしです。
4年を一区切りとして48回参拝すれば、満願成就となり「四十八辰」つまり「始終発達する」といわれています。

お参りをして、招き猫の小さな置物を買います。
それを、48匹そろえると、それよりも大きな招き猫と交換してもらえます。
一番大きな招き猫と交換してもらえるには、20年以上も通わないといけなくなります。
毎月、「すみよっさん」に通うのも、ちょっとした習慣になりますよね。

ちなみに、招き猫の右手が、上がっているとお金が入ってきて、左手が上がっていると、人を呼びます。
商売をされている方は、両手が上がっていると嬉しいですね。
我が家の招き猫は、左手が上がっています。お金より人を呼んでいるのかもしれません。






ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

住吉大社 おもかる石

2013年01月17日 | 一ノ宮めぐり・パワースポット
住吉大社のほど近くに大歳社においとしばし社の中に「おもかる石」があります。





願い事を祈念し、この「おもかる石」を持ち上げて、軽く感じれば願い事が叶い、重いと感じれば願い事が叶わないといわれています。

私は、前日、まだ見ぬ「おもかる石」を思い、どうすれば、軽く感じるか対策をたてました。
おかげで眠れないほどでした。
私は、欲を出し、願い事を1つに絞らず、「願い事が叶いますように。」と、漠然とした祈念をして、石を持ち上げてみたところ、石は、ズッシリ重くて、願い事は叶いそうにないと、石に叱られたように感じました。

おみくじを引いたら、「凶」。
ビックリしました。
神社に「凶」のおみくじは、入っていないと教えられていましたから。
内容は、このみくじにあう人、現状を打破する気概を持とう。と、現状に甘えてばかりの私にきつい言葉。
神様は、やっぱり人を見て、福を与えたり、叱ったりするのだ。ということを知りました。

次に、「おもかる石」を持ち上げた時は、軽く感じるように、体を鍛えようと、密かに企む私が、心の中にいました。





ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加