ごじらいく

足跡の先に・・・

ハウツー本

2016年06月30日 | 日々のつぶやき

今、悩んでいることがあります。

それは、写真のハウツー本を買うか。ということなんです。

カメラを始めて数年たったけど、結局、何も写真について学んでいなかったのを痛感します。

ただ、撮りたいものを撮る。ということだけで、いろいろなテクニックが身についていなかったようです。

「さあ、本でも買おうかなぁ。」と、思うけど、どの本を選んでいいか、わかりません。

しばらく、本屋で悩みそうです。

取説も読んでおこう。と、思っても、「これじゃあ、写真についての勉強にはならない。」と、痛感しました。

 

本当は、私は文字を読んで、それを理解するのは苦手なんです。

耳から入ってくる情報をものにするほうが、読むより理解が早いんです。

では、自分で声を出して読んで、その声を聞いたらいい。と思うけど、文字を読むにしても漢字が苦手。

本当に情けないものです。

でも、やっぱり、写真を教えてくれる人がいないので、自分で本を見て勉強するしかないですね。

ちょっと大きな本屋で、じっくり時間をかけてハウツー本を探すことにします。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラーメンの達人

2016年06月29日 | 日々のつぶやき

今日のお昼ご飯は、ラーメンです。

ラーメンと言えば、うちの父の得意技なんです。

まあ、ラーメンと言っても即席の袋麺ですが。

父は、ラーメンを食べるときは、必ず自分で作って食べます。

しかし、今回は家族三人分を全部作ってくれました。

 

まず、お鍋にお湯を沸騰させます。

その時、お醤油を数滴たらします。

沸騰したお湯に即席ラーメンを入れます。(これは普通なんですけど)

ここからが、腕の見せ所です。

決して、麺を揺らしてはならないのです。

ゆっくり、麺が膨らんでくるのを待っています。

お椀に、麺についているスープをためておきます。

そこへ、出来上がった麺とお湯を流し込みます。

あっ!!卵も忘れずに。

 

出来上がったラーメンは、ことのほかおいしかったです。

麺バカ親父の作ったラーメンは、少したらす醤油が決めてなんです。

今回は、少し面が固かったような気がしますが、それは、「気のせい」としてなかったことにしておきます。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

膏薬のにおい

2016年06月28日 | 日々のつぶやき

郵便局に行ってきたんですけど、窓口の順番を待っていると、どこからか膏薬のにおいがプーンとしてきます。

「どこかに、ご老人がいるのかなぁ。」と、周りを見渡しても、お年を召された方は見当たりません。

ふと、同い年ぐらいの女性が前を横切ると、においが増すのです。

膏薬って、こんなにも強烈なにおいがするんだなぁ。と、実感しました。

私も時々、膏薬を貼ることがあるのですが、「これは効くぅ~!!」という感覚はないのです。

においばかりで効き目を感じたことが一度もないのが、実感です。

まあ、それ以来、膏薬を貼ることはないのですが。

 

昔、学生の頃、「いやに肩がこるなぁ。」と、サロンパスを貼って行ったことがあります。

すると、一発で、私の膏薬に気づかれ、年寄り扱いを受けたことがあります。

あの時は、ちょっと恐怖を感じました。

いずれ、私も体中に膏薬を貼って生活をすることになるやもしれません。

その時は、ご愛敬と笑ってごまかすことにします。

それまでは、何が何でも膏薬だけは貼るまい。と思っています。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頭痛の薬

2016年06月27日 | 日々のつぶやき

朝方から、「頭が痛いなぁ。」と、思いながらも起きることもせず、そのまま眠っていました。

普通、眠ると頭痛は無くなる。というのが常の私は、「なぜだろう。」と、思うのです。

朝、起きても頭の芯がズーンと痛いのです。

身支度も済み、まだ痛いので、横になっていたのですが、痛みが取れず、薬を飲むことに。

大体の痛みは取れたんですけど、目の奥の痛みが取れません。

「薬が効かないのかなぁ。」と、思いつつも再度、薬を飲むのも怖いので、我慢のしどころです。

いつからこんなに頭痛がするようになったか考えると、30歳を回ったころから薬を飲んでいたような気がします。

こういうのは年齢に関係があるのかなぁ。と考えますが、いろいろな健康番組を見ていると、若い女の子も頭痛で悩んでいるようなことを知りました。

年齢ではないようです。

最近、いろいろな健康番組をよく見るようになって、脳梗塞やら、脳溢血など、頭に関する怖い症状におびえるようになりました。

もうそろそろ、怖い病気にかかってもおかしくない年齢に差し掛かり、どう対処したらいいのか、自分ではわかりません。

早い人では、若年性アルツハイマーになる方もおられます。

脳の病気は、本当に怖いです。

健康番組を見なきゃいいのに、見てしまう。

そんな自分にあきれ果てる、今日この頃です。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

涼しくていい感じ

2016年06月26日 | 日々のつぶやき

暑さに弱い私は、今日のようなすがすがしい風の吹く日は、とても快適に過ごせています。

梅雨の中休みで、お日様が顔を出していますが、吹く風は、どことなく冷たいのです。

ちょっと前に、母に、「夜、眠れなくなった。」と、愚痴をこぼすと、「着ているパジャマが分厚くて、眠れないのでは?」と、教えてくれます。

そんなこともないのだけれど、忠告をしてくれるのでありがたく聞くことにしました。

ちょっと冷たい気温になったら、眠れたので、やっぱりパジャマが悪かったのかなぁ。と、反省すら沸いてきます。

 

ベランダの植木にお水をあげるのも、「お水が冷たくて、お花がかわいそうかも。」と、思うけど、冬はもっと冷たいお水なので、「これでいいんだなぁ。」と、たっぷりのお水をあげることにしました。

なすびを見ると、「もうこれ以上は大きくなれない。」という実った実の叫びに、収穫をしました。

明日は、なすび料理をしてもらうことになりそうです。

涼しい日は、とてもいい感じで、いろいろやりたいことも、すんなりいきそうで、「何をしようかな。」などと考えることもできます。

根っからのぐうたら者の私は考えるだけで、何もすることもないけど、やっぱり、こんな日は、体がよく動くなぁ。と、感心します。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母の付き添いで病院へ

2016年06月25日 | 日々のつぶやき

どうも、最近食事がおいしくない。という母に、父が、「一度、病院へ行って診てもらえ。」と、言って病院で内視鏡の予約を取ってきた母。

そして、今日、その内視鏡の日なのです。

母一人では心もとない。と、父に付き添いを頼まれました。

私が行っても、別に何もすることがない。と思いつつも母に付き添って病院に行ってきました。

ほとんど待合室で、ボーっとテレビを見ることになります。

 

母は、名前を呼ばれて、診察室に入っていきます。

付き添いなら一緒に入ればいいのに、そのまま待合室で、母が出てくるのを待つことに。

長々と待っていると、渋い顔をした母がハンカチで口を押えて診察室から出てきます。

どうも、鼻から内視鏡を通して、食道、胃、十二指腸まで診てもらったみたいです。

母が、「ここんとこに、どうも食べ物が詰まって。」という、食道に炎症があったらしいのです。

診察では、去年の今頃も同じことを言って、内視鏡検査をしていたそうです。

自分の体の悪くなる時期を覚えていなかったみたいです。

「まあ、ガンでなくてよかった。」と、炎症止めの薬をもらって帰りました。

母は、すぐに悲劇のヒロインになってしまって、食事をするのを控えてしまいます。

体が悪くなったら、即、病院に行ってもらいたい。と、思うのですが、やっぱり、付き添いは必要なのかなぁ。と、思ってしまいます。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カサブランカの味

2016年06月24日 | 日々のつぶやき

ほのかに香るカサブランカ。

本当においしいソフトクリームでした。

ゆり園では、「ぜひ、ゆりの香りのソフトクリームを食べよう。」と、約束していました。

前回のゆり園では、食することができず、悔しい思いをすることに。

念願かなって食べたソフトクリームは、格別の味でした。

一瞬、「マンゴー味も食べたいなぁ。」という気持ちも出てきたんですけど、迷いを振り切って本当によかったです。

外の空気は、よどむような湿気で、「早く食べないと、溶けてしまいそう。」と、焦りもあったんですけど、じっくり口に含むと、冷たいカサブランカ。

また、次に行った時も、きっと、カサブランカがいいなぁ。

「おいしいね。」と、言い合える人がいて本当によかったなぁ。

来年、行くときは、きっと晴れ。

青い空と海と、綺麗なゆりを、是非、見てみたい。そんな気持ちになりました。

曇り空では、ちょっと絵になりませんよね。

晴れ女がいるから、きっとお日様も笑顔になるのでは。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベビーオイル

2016年06月23日 | 日々のつぶやき

そろそろ、いつも使っているベビーオイルが底をつきます。

母に、「いつものお店でベビーオイルを買いに行こうかな。」などと話していたのを覚えていたようで、昨日、母の買い物のついでにその店に寄ったそうです。

しかし、品切れみたいで、ベビーオイルは売っていなかったそうです。

もうほとんどオイルが無い状態なので、焦る私。

仕方がなく、また今日、そのお店に立ち寄ることを考えます。

ベビーオイルは、メーカーを選ばなかったら、どんなものでもあるんですけど、その店のオリジナルなので結構安く買えます。

そういうので、ずっとその店のベビーオイルを重宝しているのです。

自転車で、お店に行けば20分ほどかかります。

お店に行けば、いろいろなコーナーがあり、ペットも売られていて、結構楽しく過ごせるのです。

また、今日行って、金魚などを見てみようかな。など考えます。

品切れだと困るのですが、オイルが無いと本当に困るのは私なんです。

昼から頑張って自転車をこぎます。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞洲ゆり園

2016年06月22日 | 日々のつぶやき

ゆり園に行ってきました。

久々のゆり園は、とても静かでゆっくり楽しめました。

以前に、「ゆり園に行こう。」と、言っていたんですけど、お友達の大事なワンちゃんが病気に倒れ、「今年は、もうゆり園にも行けないかも。」と、思っていました。

急に決まったことなので、慌てふためいて用意をしました。

ゆり園は、やっぱり綺麗で、うっとりします。

この梅雨の湿気がなかったら、もっと楽しめたかも。って思ってしまいます。

今回は、ゆり園プラス、紫陽花も見ることができて、ほんとラッキーでした。

ラッキーなのは、お花ばかりではありません。

お友達が気を効かせてくれて、この間の旅行のフォトブックも作ってくれていたのです。

家に帰るまで、それがフォトブックであることさえわかっていなかったんですけど。

結構な力作な写真が勢ぞろいしていて、本当に懐かしさがこみあげてきました。

私も負けないように頑張って、いい写真を撮っていきたいなぁ。と、やる気が出てきました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ショック

2016年06月21日 | 日々のつぶやき
どうも私の思惑が外れてショックを受けることになりました。
メールのやり取りで、どううまく伝わるか考えず、相手方に送ってしまったようです。
その返信に、「私の言いたいことは、そんなことじゃない。」と、返信したいけど、もう無理なのが分かり、結構抜け殻のような感じになってしまいました。
ある意味、ショックを通り越して、もううずくまって寝ていたい気持ちです。
女性なら絶対に通じる話ですが、男性には通じないことかもしれません。
ちょっと恐怖すら感じます。
性別によって例え方を変えないとダメみたいでした。

本当に、私は無能です。
夜、寝る前に怒り狂ってお友達に送ったメールを見たら、余計に腹が立って、なかなか寝付けないことになりました。
なんでわかってくれないんだ。と、さらに自分を追い込みます。
こんなとき、お友達と家が近かったら愚痴りに行くのになぁ。と、思いました。

今日は、寝不足で体がくたくたです。
ただぼんやり過ごすのもいいのかも。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

切羽詰まったもの

2016年06月20日 | 日々のつぶやき
写真クラブを辞めてある程度、切羽詰まったものが無くなりました。
毎月、毎月写真を提出することを常としていて、「何を撮ったらいいか。」日ごろから考えていたんですけど、そういうことから解放されると、結構、楽なような気になります。
写真の先生から、「しんどかったら、別に写真を提出しなくていいよ。」と言われていたんですけど、月謝を払うのだから、何が何でも写真を提出して元を取らねば。と躍起になっていました。

「これからは、好きなものを自分なりに撮ればいい。」と、思いつつ、あのしんどかったことから解放されると、一気にやる気が失せてくるような感じになります。
会社に勤めながら写真を提出されていた方は、本当にすごいなぁ。と思いました。
今は、頭の隅では本でも買っていろいろ勉強しなきゃなぁ。と思いつつも、「まあ、明日でいいか。」と、先延ばしになります。
なんか、今は切羽詰まったことからの後遺症が出て、「自由っていいなぁ。」と、カメラさえ鞄から出さないことになります。
ほんと、自分を律することって、本当に難しいことです。
さて、これからどうするか。今は、何も考えることができず、ただふらふらしているばかりです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早起き

2016年06月19日 | 日々のつぶやき
今日は、めちゃくちゃ早起きをしてしまいました。
たいがいは一人で寝ているんですけど、夏に向けてクーラー代を節約するために家族総出で寝ることになってしまったんです。
だから、朝早くに目が覚めても身動きが取れず、音を立てて家族を起こさないようにしないといけません。
一緒に寝ている天々をおもちゃにして、朝から遊んでしまいました。

犬は、あまり深い眠りをしないものだ。と思っていたのですが、意外とすやすや眠っていて、触りまわしてもなかなか起きないものなんです。
ある意味、図太いのかもしれません。

早起きをすると、用もないのにお手洗いに行ったり、お水を飲んだり、時間をつぶすのに必死になります。
いつもは、時間が経つのも早いけど、遅々として時計の針が動かなかったりするのは、とても不思議です。
雨が降っていないかったら、そっと部屋を出て、天々を連れて散歩に行ったりしよう。と思ったんですけど、あいにくの雨。
目論見が外れました。
結構、2時間ぐらい布団の中で、一人遊ぶことになります。

そんなこんなしていると、目が覚める時間がきて、一人はしゃいで起きることになります。
まあ、こんなことは年に1回か、2回あるんです。
早起きは三文の徳と言いますが、本当に「徳」なのか、私にはわからなかったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

額縁

2016年06月18日 | 日々のつぶやき
昨日は、写真の額縁を引き取りに行ってきました。
簡単に、額縁を渡してくれればいいものを、会ってお茶する。ということもあります。
まあ、普通の話ですが、もう写真クラブを辞めてしまって、「もう会うこともないかも。」と、思いながら話をするわけなので、適当になります。
相手は、問題が無くなれば、復帰をするものだ、という考えも持たれていて、すごく好意的にお話をしてくれます。

写真クラブの現在の状態も教えてくれます。
なんか、どうもうまくいっていないようで、軽い愚痴みたいなことになります。
私も自分の調子が良くなったら、「復帰してもいいかも。」という気になりました。
もともと、メンバーが嫌になって辞めたわけではなく、体の調子が思うようにならないのが原因ですから。
「今度の撮影会は、長居公園だから来てもいいよ。」などと、笑い話などします。

帰りに、最寄りの駅まで車で送ってもらい、額縁を持ったら、異様に重いんです。
「家の近くまで車で運んであげるよ。」と言われますが、ご近所に変な噂好きな方に見つかったら怖いので、遠慮しました。
ひーひー言いながら、家にたどり着くことになりました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どうしても眠れないとき

2016年06月16日 | あの頃
会社勤めをしていたとき、流行ったのが、「心理テスト」でした。
いろいろな心理テストをしてもらったんですけど、一番心に残ったのが、「夜、どうしても眠れなかったら、どうする?」というものでした。
周りにいる人たちは、それぞれに、「音楽を聴く。」とか、「本を読む。」とか、本当に千差万別な答えが出てきました。
その時、私は、「睡眠薬を飲む。」という答えを出したのです。

「夜、どうしても眠れないとき。」というのが、本当は、「失恋したとき。」ということです。
それぞれの人たちは、「そうなんだ。」と、自分の答えが普通だったのを喜びました。
しかし、「睡眠薬を飲む。」と、答えた私は、「非情な奴。」というレッテルをはられました。

私は、何も、容量を超えて飲むんではなく、普通に翌日、元気に起きれるだけの薬を飲む。という意味で言ったのです。
朝、起きても寝不足であくびばかりしているのは、体に悪い。と思いました。
その頃は、「睡眠薬」は、自殺する薬として脚光を浴びていたのです。

今思えば、心理テストは、たわいないお遊びですが、結構、人の心の深さを思い知るテストかもしれません。
今、あの時の心理テストをしても、同じ答えをしてしまうかもしれません。
あの時も、今も、私は結構、ドライな性格をしているかも。と、思ってしまうのです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風呂屋

2016年06月15日 | 日々のつぶやき

父がポリープの切除入院している間に、家の掃除をしようと思っていたんですけど、やる気がダダ下がりになってしまいました。

それは、茶の間で母がテレビを見るのが原因なんです。

私は、周りにいる人が、一緒に「さあ。やろう。」と、盛り上がってくれないと、やる気が出ないんです。

しかも、天敵のテレビのスイッチが入ると、もうやる気すら出てこなくなります。

母は、私が一人で盛り上がって掃除をするものだ。と思っていたようです。

長年、一緒にいて私の性質をまだ見抜けていなかったみたいです。

もし、掃除をしてほしかったら、テレビ云々より、外出してくれたほうがテンションが上がります。

母は、掃除をしない私に、「あんたは、風呂屋か。」と、ののしります。

まあ、風呂屋だけに、「湯だけ。」に「言うだけ。」みたいなことです。

結局、掃除は、また気が向いたときにすることにします。

いつ、気が向くかわからないですけど。

綺麗な家に住みたいのは、だれしも思うことなんですよね。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加