ごじらいく

足跡の先に・・・

一粒万倍日

2014年02月28日 | 日々のつぶやき
今日は、一粒万倍日です。
一粒万倍日とは、何ぞや。と、思う人もいると思います。
ある金運カレンダーに記された日のことです。

〔一粒万倍日とは〕
一粒のモミでも蒔いてておけば、万倍の実りを得る意味。
何事をするのも吉とされる。
但し、その日に借金などの苦労の種を蒔くと、それも万倍になるとされている。

私は、この一粒万倍日の日に何をしようかな。と、考えました。
急に、働くことも出来ません。
かといって、ただ、吉日にコタツで丸まってやり過ごすのも、どうかなぁ。と、思っていました。
そして、考えた末、自分の未来を見つめることにしました。
未来に花を開かすために、どうすればいいか、考えました。
自分に投資する。ということです。
今まで、ただ、欲しいと思ったものを買っていました。
この欲しいだけではなく、未来の自分にどう返ってくるか、というのも見据えようと思います。
もしかしたら、いいものが返って来るかもしれません。
でも、ただの無駄遣いになるのもあります。
よく吟味し、吉となるように、自分で持っていくように仕向けます。

今日は、一粒万倍日、万倍の幸せになるように、がんばります。





ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日から頑張る

2014年02月27日 | 日々のつぶやき
2月の中旬ぐらいに、「よし、今度こそ、ダイエットを成功させるぞ。」と、決心しました。
徐々にはありますが、少しずつ体重が減ってきているのがわかり、「うぉ~。」って、感じになりました。

しかし、頑張っている途中で、風邪を引き、気持ちが萎えてくるのが手に取るように伝わってきました。
あれだけ、盛り上がった気持ちは、久しぶりだったのです。
風邪が治り、ようやく、気持ちも明るくなります。
本当は、今日からダイエットを頑張ろう。と思おうとしたのですが、もう少し余裕を持って、明日から、また気持ちを切り替えて頑張ろう。と、思います。

2月は、本当に短くて、あっという間に月末が来てしまいます。
「2月は、にげる。3月は、去る。」という具合に春の足音を聞くのは、もうすぐのようです。
何とか春までに、少しでも余計な贅肉を落としたい。と、思います。
しかし、食べ物をセーブするダイエットは、私の性に合いません。
体を動かして、汗をかこうと思います。
以前に、買った速乾性のシャツを引っ張り出してきて、テクテクウォーキングを楽しもうと思います。





ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寝込む父

2014年02月26日 | 日々のつぶやき
私の風邪がうつったのでしょう、父が寝込んでしまいました。
今回の私の風邪は、ちょっと悪質な感じで、熱は引いても、なかなか本調子にはなりません。
だんだん、胃腸が重くなったような感じがしてきて、動くのもやっとです。
しかし、母一人に買い物に行かせるわけにもいかず、同行しています。
買い物から帰ると、ホッとして、動く気にはなりません。
今回は、本当にノックアウト状態です。

昔、私は、気管支が弱く、熱ばかり出していたそうです。
熱が出ると、母は、私をオブって、医者に走っていったそうです。
おぼろげながらの記憶の中で、先生が、注射をしようとして、看護婦さん達や、母や先生が、体を押さえつけられていたのに、そのときに限って、暴れなかったみたいで、「偉かったねぇ。お利口さんやねぇ。」と、褒められたことがあります。
多分、熱が出すぎて、暴れる気力もなかったのです。
まあ、今でも注射は苦手ですけど。

今日は、とても暖かで、気持ちのいい日です。
こんな日に、病気で憂鬱な気分でいるのは、本当に辛いです。
今回は、父に風邪をうつしたのですが、この風邪は、次には母にうつっていくような感じです。
母が風邪を引くと、途端に家の中が回らなくなります。
それだけは、本当に避けたいなぁ。と、思います。





ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダウン

2014年02月25日 | 日々のつぶやき
とうとう、昨日は、風邪のための高熱でダウンしてしまいました。
私は、あまり熱に強くないので、少しの熱でも、頭がフラフラしてしまうのです。
目がかすむなぁ。と、思って体温を測ってみると、38.5度もありました。
「とにかく、寝ないと。」と、急いで布団を引いて、横になります。
高熱のために、目が冴えて芯から眠ることが出来ないのですけど、横になるだけで、体が楽になります。

夕飯は、食べたくはなかったのですが、食べないと眠れない。と思うので、無理して、胃に押し込みます。
また、そのままお風呂に入らず、布団の中へ、どうしても目が冴えて眠れません。
睡眠導入剤を飲んで、朝まで眠ることができました。

まだ、本調子でなないのですが、スローモーションのような動きで、何とか朝から動くことができました。
風邪は、引き始めが肝心だと思いました。
いくら、楽しい撮影会があっても、心を鬼にして、休まなければいけません。
今回は、いい勉強になりました。





ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪城の梅撮影会

2014年02月23日 | 日々のつぶやき
今日は、大阪城の梅林を撮影しに行きました。
でも、本当は、風邪を引いてしまって、家族から「人に迷惑をかけるから、行くのを止めなさい。」と、止められていたのです。
せっかくの近場の撮影で、しんどくなったら、いつでも帰れるので、無理をして、参加しました。

大阪城の梅林は、三分咲きで、あまり見るところがありません。
しかし、日曜日なので、人はいっぱいです。
最近、めっきりカメラを触っていなかったので、勘が鈍ってしまっていました。
先生に「この梅が、一番綺麗に撮れるよ。」と、教えてもらいながら、撮影します。
残念ながら、風邪のせいで、鼻が詰まって、梅の芳しいにおいを感じることが出来ませんでした。
梅の香りに誘われて、蜂達も忙しそうに、蜜を集めています。
私の目の前に、いい具合に蜂が飛んできました。
「今だ。」とばかり、シャッターを切ります。
お陰で、いい写真を撮ることが出来ました。

この分だと、まだまだ、梅の花見の見ごろは、先のほうです。
体調を整えて、またチャレンジしたいと思います。
今度も蜂をメインに撮りまくります。
多分、明日は、ダウンしてしまいそうです。




ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

落ち込む

2014年02月22日 | 日々のつぶやき
ここ数日、変に落ち込んで困ります。
多分、発端は、叔父の葬儀だと思っています。
あれ以来、やたら心も体もしんどくて、何もする気がしないのです。
まあ、家にずっといる身なので、これといって、絶対にしないといけないことというのはないのですが、ふさぎこんでしまった心が、なんというか哀れで、どうすることも出来ないのです。
葬儀自体は、別に問題もありませんでした。
多分、自分の心の持ち様が、変わってきたせいだと思います。

母が気を使って、しゃべりかけてきます。
しかし、言葉を発することも、億劫になって、生返事になります。
こんな気持ちを一掃するために、元気よく接骨院に行ったのですが、やっぱり、おしゃべりするのも、やっとの状態で、揉んでもらった足を引きずるようにして帰ってきました。
誰かに、「これは、気のせいだよ。」と、言ってもらいたいけど、くどくされるのも、どうかなぁ。と、思います。

早く復活したい気持ちで毎日を過ごしているけど、なかなかままならない現実に、「しんどいなぁ。」と、つぶやく私です。
明日は、写真クラブの撮影会。
気を取り直して、元気に出席しようと思います。





ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

買い物への同行

2014年02月21日 | 日々のつぶやき
父がひざを痛め、数週間経ちました。
いつも、母は、父と買い物に行くのですが、父は買い物へ同行できません。
したがって、母の買い物には私が付いていくことになってしまいました。

はじめは、それでも、楽しかったのですが、だんだん、自分の時間が裂かれているような気になって、「なんだかなぁ。」と、思うようになりました。
母は、私の空いた時間に合わせてくれているようですが、今一つ自由を奪われた気分になるのです。

私の一日は、写真の構想を練るのに、忙しい(?)のです。
天気予報などを確認して、いい天気で、いい時間帯を狙って写真を撮ることに使っているのです。
まあ、普通のサラリーマンからしたら、「こんな堕落した生活を、よく送るなぁ。」と、思われるかもしれません。

まあ、今までこんな感じで生活をしていたのだから、本当にもったいないことだと思います。
買い物に同行するようになって、物の値段を知るようになりました。
どこのスーパーが安い。とか、今日の特売商品。とか。目に付くようになりました。
これが、主婦の感覚です。
今のうちに、いい勉強をさせてもらって、未来へ役に立てたらいいなぁ。と、思うようになりました。




ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しわ

2014年02月20日 | 日々のつぶやき
母に、「しわが出来ている。」といわれ、ハッとしました。
肉の詰まった肌が張っている中に、しわができるなんて、とんでもないことです。
「どこ?」と聞くのが怖くて、心にひびが入りそうな思いをしながら耐えました。

もう、顔にしわが出来ても可笑しくない年頃なのです。
つい最近、叔父の葬式のとき、同い年のいとこと会いました。
小奇麗にしているのですが、やっぱり歳は隠せないのです。
それを見た私は、「人のことばかり言えないなぁ。」と、反省しました。
無茶苦茶おばさんになってしまったら、開き直ることが出来るのですが、今の歳は微妙なのです。
お互い外見のことは触れずに終わりました。
彼女も、私のことを「デブったおばさんみたい。」と、思っているでしょう。

最近、目が悪くなってしまって、物を見るにも、目頭に力を入れて見るようになりました。
お陰で、眉間に薄いしわが出来ているのは知っていました。
このシワを何とかしたいと、指で広げるのですが、どうにも日頃の行いが悪くて、いくら伸ばしても取れません。
だんだん自分が。というか、老化が怖くなります。
「誰もが通る道。」と、諦めて、これ以上、しわが増えないように心がけようと思います。





ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外出

2014年02月19日 | 日々のつぶやき
今日は、母とお寺参りをしました。
今日は、ちょうど祖父の命日だったので、お寺さんにお経を読んでもらいます。
平日の朝は、人も少なく、あっという間にお参りは終了しました。
お寺は、天王寺の近くだから、あべのハルカスも見ておこうと、タクシーに乗り、ハルカス前まで行きました。
ハルカスを見るのは、今日で2度目です。
しかし、何度見ても、素晴らしい建物です。
ハルカスを撮りたいがために、カメラも持っていったのですが、一人おのぼりさんになってしまうのが、とても恥ずかしくて、カメラをバックから出すことも出来ませんでした。
なんという不覚です。
また、展望台が開通したら、少し顔を出そうとたくらんでいます。

昼食の時間には早かったので、ハルカスでお茶をしました。
「あのハルカスの中にいる。」と、思ってワクワクしていたのですが、やっぱり、中より外から見る建物の素晴らしさには及びません。
うまく言えないのですが、ハルカスを見ていると、本当に時間が経つのを忘れてしまいます。
一緒にいた母は、その素晴らしさに気づいていないようです。
なんと、もったいないことでしょうか。
また、何かの用事を作って、見物に行くことにします。





ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

疲れすぎ

2014年02月18日 | 日々のつぶやき
朝から、なんとなく調子が悪いなぁ。と、思っていたのですが、そのまま用事があったので、出かけてしまいました。
歩いていても、いつもの調子ではありません。
だんだん怖くなってきて、早急に家に帰り、体を休めたのです。

昼ごはんを食べて、少し横になったのですが、なかなか回復することもなく、「こんなはずじゃないのに。」と、どうすることも出来ず、コタツで丸くなっていました。
母に言うと、「葬式の疲れが出たのではないか。」と。
日頃、人と接することをしない私なので、人に疲れたのが、いっぺんに吹き出たのではないでしょうか。
頭は、くらくらするし、食欲もなくなって、全く動く気も失せています。
少し眠ることが出来たら、すっきりするのかもしれませんが、横になっても変に頭だけが動いている感じがするのです。

やっぱり、私は、人の大勢いるところでは、疲れてしまうのかもしれません。
本調子になるまで、おとなしく休養しようと思っています。
いつから、こんなストレスに弱くなったのか、考えてもわかりませんが、徐々に人に馴れていこうと思います。





ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年02月17日 | 日々のつぶやき
叔父の通夜、葬式に出席しました。
叔父は、もう80を超えるご老体で、大往生だと思いました。
さすがに、人徳のある人で、出席した人は、驚くほど多かったのです。
その中に、偏屈な私がいました。
歳はいっても、人の死に接したことが、あまりなく、どう死をとらえていいか、わかりません。
式には出ても、悲しい気持ちにはなれず、「怖い」という気持ちが先行し、なるべく遠目で死を知ることができました。

出棺前の死者に手向けるお花を棺に入れるのが、手が震えて投げ入れるようになってしまいました。
棺の周りで、涙する親類達の中に混ざって、一人死体への恐怖におののいていました。
こういうことは、馴れなのかもしれません。
だんだん歳をとってくると、人の死に会うことが多くなります。
今までは、両親が、私の代わりに、その死に接してくれていました。
いずれ、自分の両親の葬儀に出席しないといけない日がくるでしょう。
そのときは、大人の対応が出来るか。どうかが、いささか疑問です。
今は、死について考えるのはよそうと思います。




ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

段取りが狂う

2014年02月15日 | 日々のつぶやき
我が弟のことです。
みんなが、仕事のことを心配して、「お通夜には来なくていい。」と、宣告していたのに、「どうしても来る」というので、家族の段取りが狂ってしまいました。
本人は、祭事だから顔を出さずにはいられない。と変な気を回してしまって、周りの人の気遣いを無にしているようでした。
まあ、私もどちらかというと、「来て欲しくない。」部類の人間です。
あまり言うと、語弊があるのですが、「顔を合わすのも嫌。」なのです。
弟の性分を知っているがゆえの考えですけど。
母は、弟夫婦が来たら、ご飯はどうするか。
家に泊まらせるか。
と、真剣に考えています。
父との考えの相違に喧嘩が勃発しそうな剣幕です。
こんなことなら、葬儀があることを教えなければ、良かったのに。と、私は、密かに思うのです。

結局、人の思いを踏み倒して、自分だけの判断で行動する弟夫婦に、家族全員、辟易としてしまいます。
しかし、叔父を送りだす祭事なので、滞りなく進行していってほしいなぁ。と、思うのです。






ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブラックフォーマル

2014年02月14日 | 日々のつぶやき
どうしても、すぐに喪服が必要になりました。
父方の叔父が亡くなってしまったのです。
たいがいは、葬列に出席などしないのですが、父の顔を立てて出席することになりました。
今まで持っていた喪服は、完全にサイズが合わないため、新たに購入することになります。
最近は、洋服を買うこともなくなって、自分のサイズがどれくらいか、さっぱり知ることが出来ません。
今までで最大のサイズを試着すると、全く入らないのです。
焦りました。
そんなに太ってしまったのか。と。
母に、次から次へと入るサイズの喪服を試着室に持ってきてもらいました。
でも、ことごとく入りません。
「これでもか!!」と、言うサイズを持ってきてもらいました。
それは、やっと入るぐらいのサイズでした。
愕然とします。
父が「あまり、きつきつなものを着ると、もっと太って見えてしまう。」と、言われて、もう一サイズ大きめなものを試着しました。
これで、やっと着ることが出来るものでした。

もうひとつ、値段を見て、再度びっくりしました。
大きいサイズは、普通より値段が張るのです。
このことを踏まえて、やっぱり、「ダイエットしよ。」と、思いました。
昔みたいに、ガリガリではなく、普通サイズの洋服を着れるように。と






ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リップの失敗

2014年02月13日 | 日々のつぶやき
母との買い物で、100均に寄るというので、いろいろと店の中を見て回りました。
私一人で行くときは、買うものが決まっているから、チャッチャと買い物を済ませて帰るのですが、母は、丹念に店の中を見て回るので、ついつい私も商品をしっかり見ることが出来ました。
ゆっくり、時間をかけて商品を見ると、欲しいものがいっぱいです。
でも、心を鬼にして心惹く商品に渇を入れていきます。

母は、化粧品売り場に行ったとき、とうとう買いたい衝動が抑えられず、リップを手にしました。
いつもは、早々に売り切れてなくなる色が、そこにはあったのです。
薄いピンクのリップに心惹かれ、買い物かごに・・・。
そんなしょうもないことで、心がウキウキします。

家に帰って、買ったリップを唇に塗りました。
でも、ピンクの色が薄すぎて、化粧をしていないときの顔と変わりはないのです。
私の想像していた顔は、ピンクのぷっくりした唇がキュートに見えるはずだったのです。
私の肌の色が、少し黒くてリップの色が、余計に顔色を悪く見せます。
お値段の高い化粧品は、試供品などがあって、自分の肌に合う色を見つけることが出来る利点があります。
次、買うときは、もっと肌の色に合うリップを捜そうと思います。





ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

居眠り

2014年02月12日 | 日々のつぶやき
昼食を食べて、すぐに眠るのを止めて数日経ちました。
しかし、寝る習慣がついている私にとっては、ものすごく負担になります。
家族も、だんだん厳しくなってきて、お膳を前に座りながらの居眠りを監視するようになってきました。
「食べたら、すぐに買い物に行くよ。」と、母は、外出着に着替えます。
私も、眠い頭で、服を着替え、買い物に行く準備をします。

母は、もう2~3日分の買い物は済ませていて、ただ歩くだけのために、スーパーに私を連れて行くのです。
有難いと思うのですが、昼寝の魅力にはかなわないのです。

頭がすっきりしていたら、会話も、もっと楽しめるのですが、体がだるおもなので、一寝入りしたい思いが先にきます。
ただ、ぼんやり歩いていると、母が「あそこに、薬屋さんが出来たよ。」とか、「向こうの信号まで行って曲がろうか。」と、気を使っているのがわかり、ちょっと情ない気持ちになります。

余談ですが、一緒に歩いていて、だんだんと体重を減らしているのが、母です。
なぜ、一緒に歩いているのに私は、体重が減らないのか、全くわかりません。
だんだん、いい体型になっていく母を羨ましげに、毎日を過ごしています。






ペットブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加