ごじらいく

足跡の先に・・・

実るブルーベリー

2014年05月31日 | ガーデニング
草木にお水をあげていたら、ぷっくり膨らんだブルーベリーの実に目がとまりました。
今回は、自分で受粉していないので、ハチさんたちが、お花の蜜を取りに来たのかもしれません。
以前ほど、実っていないのですが、やっぱり嬉しいです。
植木鉢の下を見ると、ぷっくりした実が落ちていました。
「なんと、もったいない。」と、思いましたが、落ちてしまったものは仕方ないのです。

父が、「ベランダに、子すずめが来ていたぞ。」と、恐ろしいことを言います。
すずめの親子が、ブルーベリーの実を狙っているのでしょうか。
2年ほど前、綺麗な紫になった実を収穫しようと、ベランダに行ったら、もうすでに実がなくなっていたのを思い出しました。
あれは、ちょっと悔しい思いをしていたのです。

今回も取られないようにしようかな。と、思うのですが、実が少なすぎて、ネットを買うお金がもったいない気がして、すずめに対抗して、熟す前にもぐ予定を立てています。

近所のおばさんが、鳩に餌をあげる習慣がついてしまいました。
「あの鳩も、要注意!!」と、気を引き締めているところです。
たった5~6粒の実のために、えらい思いをしています。

また、神戸のブルーベリー園に行って、思う存分収穫して来ようと思っています。
美味しいランチも見逃せません。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SDカード

2014年05月30日 | 日々のつぶやき
機嫌よく、写真の撮影をしていたら、SDカードが使い物にならなくなっていました。
こんなことは、初めてです。
でも、大量に写真を撮っているときでなくて、よかった。と、胸をなでおろしています。

コンパクトカメラを使っていた10数年、SDカードが壊れることなど無かったのです。
一眼レフだと、1年と、ちょっとで壊れてしまうのか。と、驚いています。

これは、たまたまなことかも知れませんが、呆然としてしまいます。

お正月に、写真クラブの先生からのお年玉で、SDカードの争奪戦がありました。
私は、その戦いに敗れてしまったのですが、あれは私のためにあったのだと思います。
なんか、朝からやる気が失せてきました。
「仕方ないなぁ。また電気屋さんにSDカードを買いにいくか。」と、残り少ないお小遣いから、出費しないといけません。

「今月は、お金が飛ぶように逃げていくなぁ。」と、お小遣い帳を眺める次第です。
なんか、悲しくなって、文章がうまくまとまらなくなってきました。
朝の占いでも、散々なことを言われていたのを思い出しました。
占いって、当たるんだんぁ。と、ちょっとだけ信じることにします。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幻の調味料を得る

2014年05月29日 | 日々のつぶやき
今日は、目の検査のため市民病院へ行ってきました。
昨日、予約を入れているので、長い順番を待たずに診てもらうことが出来ました。
簡単な視力検査や、眼圧などをしてもらい、診察もしてもらいます。
「問題ないですよ。」と、簡単に言われ、私の困っている涙のわけは、わからずに済んでしまいました。
目に傷などは無かったみたいです。

診察が終わり、母と病院の近くのスーパー(山陽マルナカ)に立ち寄りました。
いつもは、ガラガラのスーパーなのに、今日はなぜか大勢の人たちが買い物をしています。
お友達に教えてもらった「味覇」を見つけることが出来ました。

真っ赤な缶の調味料なので、「もしかしたら、超辛いんじゃないの?」という、不安感もありましたが、試しに1個買ってみました。
今日の晩御飯は、「塩やきそば」です。
以前、作ろうと思っていたけど、「味覇」が無かったために諦めたものです。

家に帰って、「味覇」を開けて、チラッと味見をしたら、辛くも無く、なんともいい味です。
「塩やきそば」が楽しみになってきました。
中国4千年の味が詰まっています。
これから、ネットで、「味覇」を使った料理をピックアップして、いろいろな料理に挑戦していこうかな。という気分になりました。

スーパーマルナカに、貢献してみました。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

眼科の予約

2014年05月28日 | 日々のつぶやき
市民病院へ行ってきました。
ちょうど、母も目を患っているようで、2人で自転車でランデブーです。
市民病院は、いつも患者で込み合っています。
すぐに診てもらうわけにはいきません。
仕方無しに、次回の予約だけ取って帰ることにしました。

最近、なんだか、悲しくも無いのに涙がにじんできます。
日焼け止め、お化粧をしている私は、化粧崩れが気になって、気になって仕方ないのです。
ここ2ヶ月ずっと涙で悩んでいました。
このまま治るまで、放っておこうと思っていた矢先、母が「眼科へ行ってくる。」という言葉に、もしかして治るんだったら、診てもらってもいいかな。と、わらにもすがる思いでついていくことにしました。

ちょうど、目も悪くなっているので、めがねを作ることも考えるようになってきました。
どうもテレビを見ている私の顔が、とても険しい表情でいるらしいのです。
自分では、気がついてなかったんですけど。
もう遠近両用のめがねが必要なお年頃になってしまいました。

予約は、明日です。
眼圧検査のピュッが、とても怖いなぁ。と、今から少し震えているところです。
さて、涙は治るのでしょうか。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅仕事

2014年05月27日 | クッキング
梅を漬ける時期がやってきました。
盆栽に付いた梅も取り除き、大小さまざまな梅たちが勢ぞろいです。
私の梅だけでは足りないので、スーパーで1KGほど買い足しました。

以前、お友達に教えてもらった「梅シロップ」を作ろう。と、張り切っています。
今日は、梅仕事を少しやってみました。
梅のへたを爪楊枝で、クリッと取り除きます。
いとも簡単にへたが取れます。
ちゃんと何度も梅たちを水洗いします。
洗った梅は、きっちり乾燥しないといけないので、窓際の風の当たる場所で広げます。
2~3日乾かす予定です。

そうそう、梅を漬ける瓶も熱湯消毒して、綺麗にしました。
梅と一緒に乾燥させます。
数日後には、梅シロップの準備に取り掛かります。

今回、梅を漬けるに当たって、母が渋っていたのです。
「本当にうまく漬かるの?」と、断言は出来ませんが、「何とかなるでしょう。」と言うしかありません。
そして、スーパーへ出かける母に、毎度「梅をいつ、漬けようかな。」などと、言って、梅を買ってきて欲しいことを、さりげなくアピールしている次第でした。
やっと、願いが叶った。と言うことです。

梅が漬かったら「梅ジュース」、「梅ゼリー」などを楽しもうと思っています。
さて、どうなるでしょうか。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ワイルドストロベリーの芽?

2014年05月26日 | ガーデニング
植物園でもらった種より、少し大きい芽らしいものが、ワイルドストとベリーのポットの中に出てきました。
じっくり見ると、「やっぱり、芽?」と思うのですが、まだはっきりわからないので、そのままにしてあります。
以前に、蒔いた種が、やっと芽を出したのかもしれません。

それにしても、芽を出す時期が、あまりにゆっくりなので雑草と勘違いをしてしまいます。
今度は、ちゃんと育てて、種をたくさん取って、ドンドン増やしていこう。と考えています。
あるブログで、種の採取のやり方を知りました。
ちゃんと実をとって、綺麗に乾かして、蒔くのです。
そのブログの写真は、とても魅力的で、たくさんの芽が植木鉢の中に出ていました。
今度こそ枯らさずに、育てようと思っています。

「だんだん、私も植物女子だなぁ。」という気持ちが湧いてきました。
いろいろな庭を眺めているだけで、気持ちが高まってきます。
綺麗なガーデン風の家なんかあるときには、立ち止まって眺めてしまう有様です。
これは、変質者を思わせる行動ですね。
私の家は、庭こそありませんが、陽のさすベランダがあります。
本当は、もっと広いベランダがあるといいのですが、こればかりはどうにもなりません。
ベランダー子として、狭い隙間に植物を置けるように、知恵を絞って、頑張っていきます。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新緑のころ

2014年05月25日 | 天々
6年前の新緑の頃、天々は生まれました。
今日で、6歳になりました。

6年前のある日、天々の画像をネットで見ました。
「とっても可愛い犬」と、一目で気に入りました。
すぐに、ブリーダーさんに連絡をし、いろいろと天々の情報を得ます。
もっと、もっと天々のことが気に入り、ほかの人に取られる前に、予約を入れました。

「あれから、6年が経つのか。」と、しみじみ家族で語らいます。
父は、天々を愛知県まで迎えに行ったときのブリーダーさんの顔まで、まだはっきり覚えているそうです。
私は、天々に早く会いたくて、ずっと夢にまで出てきたくらいです。

今日は、写真クラブの撮影会を休んで、天々の顔を見ていました。
6年経つけど、やっぱり可愛いです。
天々の写真を撮りたいけれど、うまく撮れなくて、カメラをもつ手が憎らしいほどです。

今日は、何度も「天々」って、呼びました。
すると、何度も振り向くのです。
「お前は、天々なんやね。」と、頭をなでてやります。
なんか、子供を持つ親の気持ちが、痛いほどわかるようになってきました。
天々は、永遠の3歳児です。
一番可愛い盛りです。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

風邪の原因

2014年05月24日 | 日々のつぶやき
5月の上旬から、ついこの間まで風邪の症状が続きました。
病院で風邪薬を処方してもらって飲んでいたのですが、なかなか風邪の症状が治まらないのです。
だんだん怖くなってきていたところです。

ある夜中、トイレに起きました。
すると、かぶっているはずの掛け布団を蹴ってしまっていて、布団がはがれた状態になっていました。
トイレを済ませ、また布団の中にもぐりこむと、今度は暑くて眠れないのです。
それが原因だったのです。
ずっと、冬の布団で寝ていた私は、夜中じゅう布団をかけていないのです。
「これでは、あかん。」と、合い布団に切り替えて眠ると、あの忌々しい風邪の症状が消えてしまったのです。

ずっと、風邪は父のものが移っていたと思い込んでいたのですが、結局、自分で引き起こしていたのです。
なぜ、風邪が治らないのか。もっと真剣に考えるべきでした。

毎年、寝具はきちんと気温に合わせて代えているのですが、今回に限って、何も考えずにいたのです。
洋服だってそうだ。と思います。
今は、合いものを着るのが当たり前なのです。
それすら、考えることも出来なかったのです。
これを機に、季節に合わせた生活をしようと、布団も洋服も全部やり変えました。
「日本は、季節があって本当に面倒な国だ。」と、写真を趣味にしている者として失格な発言をしています。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食いすぎっ!!

2014年05月23日 | 日々のつぶやき
以前、受けた健康診断の結果を聞きに行きました。
本当は、母と一緒に健康診断を受けたので、一緒に結果も聞きに行こう。と思っていたのですが、母は、尿検査で引っかかり、再検査を受けるため日にちを指定されてしまったのです。
いろいろと用事のあった私は、全ての用事を済ませ、「結果を聞きにいく。」と言う使命をおびて、いそいそと病院へ向かいました。

長らく待合室で待たされたのですが、いよいよ順番がきて、いざ診察室へ。
先生は、「あなたは、お酒は飲まないし、タバコも吸わないみたいですね。」と、問診表を見ながら言います。
そして、血液検査の結果を見て、「・・・・・AST、ALT、γ-GTPが、かなり高いですね。中性脂肪も高い。・・・あとは、大丈夫みたいですね。」と、そのあと、少し無言になって、私に検査結果の用紙を渡しながら、食いすぎっ!!」と、言い放ちました。

うなだれる私。
確かに、食べるわりに運動はしていません。
しかし、そんな大声で言わなくても・・・。と、思うのです。
そんなわけで、少し間食は控えることにしました。
多分、保健センターから呼び出しを食らうでしょう。
また、「ダイエットしろよ。」と、指導を受けるのです。
なんか、あ~あ。という気持ちになってしまいました。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

植物女子ベランダー子

2014年05月22日 | ガーデニング
野菜作りに勤しむ老年の先輩に、野菜作りの楽しさを教えてもらい、「何か、ベランダでも出来る野菜があるから、作ってみなさい。」と、トマトの作り方を教えてもらいました。

早速、苗を買いにホームセンターへ。
私のプランターでは、2本が限界なので、2本のトマトの苗を購入しました。
やっぱり、土を触っていると、なぜかウキウキした気持ちになります。
本当は、一番陽の当たる場所に置きたかったのですが、そこはハーブ達の場所なので、仕方なく北のベランダへ。
かすかに当たるお日さまに、「これで、良し」と、OKマークを出しました。
何か足りないぞ。名前をつけてあげました。
「キャサリン」と「エリザベス」です。

キャサリンは、少し枝が細かったかな。と、思いましたが、葉がしっかりしているので、立派は子供を生みそうです。
エリザベスは、上へ上へと枝が伸びています。真っ直ぐな枝になりそうです。

母が、「しっかりした支柱と立ててやらないと、フニャっとするよ。」と、支柱を探してくれました。
お陰様で、いい支柱が手に入りました。

私のベランダは、植物がいっぱいになりました。
夏には、トマトがわんさ取れる予定です。
そうそう、ハーブも健在です。
楽しみなベランダになりました。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

つらかった撮影会 其の3

2014年05月21日 | 日々のつぶやき
葛城山にツツジが咲いています。

遠目からは、色鮮やかなツツジですが、近くに寄ると、ほとんどのツツジの花がしおれかけ、枯れかけなのです。
「3年前に来たときは、ものすごい綺麗なツツジが咲いていました。」と、観光客が教えてくれます。
今年は、不発だったようです。
一応、カメラには収めたのですが、一抹の悲しさが胸を覆います。

急な山を一回りして、一緒に来た撮影隊と合流しました。
「まあ、せっかく来たのだから、集合写真でも撮りましょうか。」と、ツツジをバックに撮影しました。

「さあ、ロープウェイが込むから、急いで帰りましょう。」と、そそくさと帰ったのですが、帰りのロープウェイで、また、2時間待たされました。
だんだん、身体が疲れてくるのがわかります。

2時間待ちましたよ

8分かけて、ロープウェイが山をつたいます。
帰りのバスも込み込みで、ずっと立ちっぱなし。
何度も電車を乗り換えて帰りました。
心の中で、「もうこんなところに二度と来るか」と、少し苛立っていると、ほかの人が「来年も、頑張ってリベンジしましょうね。」と、のたまいます。
「・・・・そうですね・・・」と、結局、私は、自分の優柔不断な性格に落胆するのです。

結局、1時間の撮影のために、12時間以上かけて収穫無しでした

ご拝読ありがとうございました。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

つらかった撮影会 其の2

2014年05月20日 | 日々のつぶやき
ああ、葛城山・・・

ロープウェイに乗るまでの間、約3時間以上どうやって時間をつぶすか考えました。
「そうだ。我々は写真クラブの人間だ。周りを写そう。」と、待ち時間カメラを取り出し、シャッターをきりました。
しかし、あふれかえる人、人、人で、景色など、あって無いようなものでした。
一緒に行ったご婦人が、「トイレに行きましょう。」と、誘われたので、トイレの文字が書かれたところに行くと、なんと、長蛇の列。
トイレに入るにも、30分も要してしまいました。

やっとの思いで、トイレから戻ると、「昼食を食べましょう。」と言うので、持っていったパンをかじりました。
和やかにお話をしましたが、待ち時間が余りに長いので、話も尽きてしまいます。

やっと、ロープウェイに乗るところまでこぎつけました。
ロープウェイは、8分間隔で、50人乗りです。
どれだけ人がいるかわかるでしょう。

山頂まで8分かけて登っていきました。
山頂から眺めると、目的のツツジがありません。
山の裏手にあるのです。
またもや、山道を15分かけて登っていきました。

やっと、眼下に真っ赤に広がるツツジ園が広がります。
しかも、急な山肌に吸い付くようにツツジがあります。
「1時間、思いっきり写真を撮って、元の場所に集合しましょう。」と、みんながバラバラに散らばりました。
「さあ、お茶でも飲んでから、ツツジを撮ろう。」と、ペットボトルのお茶を飲み干し、ツツジを撮り始めました。
すると、一緒に行ったご婦人が、私についてくるのです。
自由の利かなくなった私は、もう写真を諦めました。


また、また、続きは明日です。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つらかった撮影会 其の1

2014年05月19日 | 日々のつぶやき
やっぱり、私は山が嫌いです。
山が相手だと、不利な立場に立たされるのです。

今日は、奈良の葛城山に行ってきました。
「ロープウェイも整っているし、ただ行って写真を撮るだけ。」と、軽い気持ちで撮影会に臨んだのですが、自然&渋滞をなめてはいけません。
山は、普通で考えても坂があります。
どうあがいても山道は避けて通れないのです。
しかし、渋滞が私の立場を悪くしたのです。
乗り合いバスが渋滞に阻まれ、前へ進めなくなりました。
運転手は、軽い口調で、「歩いて30分の距離なので、料金を安くするので、歩いていける人は、どうか歩いてください。」と、言います。
私は、どうしてもバスで行きたかったのですが、一緒に行った健脚の老人達が「動かないバスに乗っていても仕方ないから歩こう。」と、言うのです。
私の頬につたう一筋の涙など、気にもとめなかったのです。
仕方無しに歩きましたよとぼとぼと・・・。

歩いても、歩いてもロープウェイまではたどり着かない。
重い身体を引きずって、やっとの思いでたどり着いたら、ロープウェイの乗り場には、ごった返す人々。
午前9時に着いたのに、ロープウェイに乗れる整理券の時間を見たら、お昼の1時。
「きゃー。」ですよ。

続きの愚痴は明日です。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンドウさん

2014年05月18日 | 日々のつぶやき
ずっと、父と風邪のキャッチボールをしている私は、いつも身体がしんどいんです。
何かあると、すぐに横になって、「しんどいなぁ。しんどいなぁ。」と、つぶやくことが多くなりました。

すると、「しんどい。しんど。しんどう。・・・シンドウさん。」と、ある人の顔が浮かんできました。
シンドウさんは、写真クラブを入部するとき、同じ日に入部した男性です。
年も近くて、真っ先に友人にならないといけない人でした。
しかし、写真に対する熱さが、私と違っていたのです。
私は、まずカメラの撮り方から教えてもらおう。と思っていましたが、彼は、もうすでに上級者の腕前を持っていました。
毎月ある写真の講評の日になると、「今回は、どこで撮影しましたか?」と、ことあるごとに声をかけてきます。
小さな声で「・・・家の近所です・・・・。」と、答える日々が続くと、だんだん心が痛んできました。
そのうちに、シンドウさんを避けるようになっていったのです。
それを、察したシンドウさんも私に近づくこともなくなってきました。
今では、犬猿の中(?)のように教室の端と端に座るようになりました。

「しんどいなぁ。」と、横になる私は、なんかの呪いのように浮かぶシンドウさんの顔が怖くなり、口をつむぎました。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

調子が悪い

2014年05月17日 | 日々のつぶやき
ずっと、風邪の症状が抜けず困っています。
風邪の薬の飲み始めてから、下痢にも悩むことになりました。
もう1週間以上も、調子の悪い日々を過ごすことなります。

鼻が詰まると、頭までボーっとするんだなぁ。と言うことが、わかりました。
日頃、元気に過ごしているので、風邪を長引かす辛さが、あまりわかっていませんでした。
小さな病院で、薬を処方してもらったのですが「治らないなら、大きな病院へ行ってください。」と、見放された気分になりました。
1週間も風邪の症状を保ちつつの暮らしが、こんなに苦しいものなんだ。ということを身をもって感じるのです。

私は、大きな病気にはならないので、それは、本当にありがたいなぁ。と思っています。
下痢も食事をしたら、もよおすので、トイレから離れることは怖いことです。
月曜日、撮影会があるのですが、ちょっと怖い思いで臨まなければいけません。
この際、紙おむつもありかなぁ。と、思っています。

こんな状態ですが、また元気になると、人を労わる気持ちも失せてしまうのかな。と、薄情な気持ちも持ち合わせている私です。
人間、少しぐらい弱っているほうが、優しい気持ちになりますね。
早く元気になるように、薬は欠かさず飲み続けようと思います。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加