ごじらいく

足跡の先に・・・

笑うけど

2016年04月30日 | 日々のつぶやき

母に、最近、気になっていることを言いました。

それは、「前髪が、徐々に生えてきている。」こと。

ずっと、最近になって、前髪の短いのがワサワサしてきたのか、気になっていました。

私は、ずっとワンレンの髪型で、かなりの長い髪になっています。

それなのに、おでこの周りに2~3cmほどの髪がうっとうしいのです。

母に言うと、「髪をとかすとき、たくさん切れたんじゃないの。」と笑うのです。

私はきれいな髪を伸ばすために、極力、丁寧に髪をとかしていました。

だから、切れ毛などは考えもよらなかったんです。

生え始めの髪を見ていると、産毛が生えてきたんじゃないの? という感覚でいたんですけど、ほっておくと、どんどん長くなってきます。

いつか抜けた髪が、生える周期が来たんでは? と思うんです。

これは、長年、自分の髪をじっくり見ている私の判断は正しい。と思っています。

しかし、今頃になって前髪が風にそよいでいるのは、本当に嫌な感じです。

この前髪が正常な長さになるには、かなりの時間が必要になってきます。

時々、このまま、前髪を作ろうかなぁ。とも思うのですが、「いや。待てよ。せっかく伸ばすのに苦労をしたのに、切ってしまうのは、もったいない。」の意識が沸いてくるのです。

そういうわけで、この風にそよぐ前髪もどきは、髪の毛の赤ちゃんであることは確かなんです。

しかし、ある時期、こんなにいっぱい抜けてたんだ。と、思うと、ちょっと悲しい気持ちも沸いてきます。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お菓子が足りない

2016年04月29日 | 日々のつぶやき

毎回、写真クラブの例会に行くときに、お菓子を差し入れしているのですが、だんだんメンバーが増えていき、目安のお菓子の量が足りなくなっていきます。

やっぱり、お菓子は一つずつ袋物になっているのがいいよね。と思うわけです。

大体、今までは20個未満で余るくらいだったので、スーパーに行ったときに一番お安く売られているお菓子を買い置きしているのです。

5月の例会の出席人数を試算してみれば、なんと、今の買い置きでは足りないことが分かりました。

「何ということ。」と、恐れおののくのです。

また、足りない分を買い足しに行かないといけません。

「誰が、一番にお菓子配りを始めたのか。」と、考えると、私が写真クラブに入る前からやっているようです。

最初は、食べるばかりだったのですが、それでは気の毒になってきて、お菓子を差し入れする側になっていきました。

大体、お菓子を差し入れするのは女性ばかりなので、「おっさんも差し入れろよ。」と、むかっ腹が立つときもあります。

思い切って、お菓子代を請求する。って手もあります。

そうすると、気兼ねなしにお菓子を食べれるし、一回のお菓子代も少なくて済みます。

「でも、そんなこと言えない。」私は、毎回、頭を悩ますのです。

気の弱い私は、懐を痛めていながら、涼しい顔をしてお菓子を配る。そんなことを毎月やっているのです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公園

2016年04月28日 | 日々のつぶやき

用事はないけど、地図を見る機会があり、家の近所に大きな公園があることが分かりました。

「是非に共、行ってみたい公園だ。」と、心ウキウキしているところです。

私の行動範囲は、意外と狭いのです。

同じ道を行ったり来たりして、冒険はしません。

それがあだになっているのを知りました。

ある人から、「いろいろな道を知ることは、認知症の予防になるよ。」と、教えてもらったことがあります。

確かに、知らない道を行くことは、異様にドキドキするんです。

そのドキドキが脳を活性化するみたいです。

同じ道しか通らない私は、もう脳が退化しているような気になります。

「公園。行ってみようじゃない。」と、カメラバッグを提げて乗り込む予定をしています。

綺麗な花壇があれば、言うことなしです。

噂では、うっそうとした林みたいなことも聞きました。

「林なら、面白い虫もいるでしょう。」と、虫狙いな気持ちもあります。

ちょっとずつ家の周辺から開拓するもの一興かもしれません。

楽しみが増えていくのもいいですね。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古傷

2016年04月27日 | 日々のつぶやき
いろいろあって、足の古傷が痛み出しました。
母に、「病院に行け。」と、言われますが、「また、ギプスをはまられたら、どうしよう。」とか、「もう少ししたら、治るだろう。」とか、いろいろな思惑にとりつかれ、動けない状態になっています。
今は、シップを貼って、極力、動くのをセーブしているところです。

まあ、捻挫ではないので、過去の骨折が原因ではないか。と思っています。
とにかく、早く治さないことには、元もこうもありません。
当分、インターバル速歩もお休みです。
最近は、速歩も楽しくなってきているんですが、「おあずけ」は、ちょっと悲しい。
10年間、何もなかったのが、ウソみたいです。

10年前、ギプスをはめられ動けなかったころ、ほんと、難儀しました。
足をやられると、こんなに大変なことになるとは、その頃、思ってもいませんでした。
そして、今、またもや、動けないことに、ちょっとイラッとします。
階段も、一歩ずつしか上り下りができないし、足をかばいながらの生活は「つらい」の一言です。
痛みが引いたら、また、元気に歩きたおします。
それまでは、おとなしく養生することにします。

なんか、この痛みが夢であってくれ。と、思うのは今だけでしょうか。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ごしごしおばさん

2016年04月26日 | 日々のつぶやき

なるべく、近所の方とは挨拶をすることにしています。

しかし、近所には、「ちょっとおかしいんじゃないの?」というご夫婦がおられます。

こちらがきっちり滑舌をよく挨拶をしても、口になかで、「ごしごし」と、もごもごされているおばさんがいるのです。

「何、言っとるんじゃ。」と、腹が立ちます。

旦那さんと言えば、顔を合わすと、ものすごい怖い顔をして、無視をして通り過ぎます。

「この夫婦、かなり頭がおかしい。」と、思うほかありません。

 

日曜日になると、おかしな新興宗教を崇拝していて、いそいそ二人で出かけるのです。

この新興宗教には、私も迷惑をかけられてことがあります。

駅で電車を待っていると、「浄化してあげます。」と、手をかざすのです。

結構、恥ずかしい風景なのです。

最近では、おかしな宗教団体の方が来られても、「結構です。」と、断ることにしています。

 

変な宗教を拝んでいるから、おかしくなるのか。

おかしいから、適当な宗教に入るのか。

全く、私にはわかりませんが、ほんと、迷惑かけられています。

きっと、そのご夫婦の頭の中は、おかしな渦が巻いているのではないか。と、思います

腹が立つから、名前を出してやりたいけど、あえて、それは避けておきます。

今度、おかしなことを言ったら、「ちゃんと挨拶せえ。」と、注意をしてやろうか。と、シュミレーションしてしまう私です。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっとだけ楽しい気分

2016年04月25日 | ガーデニング

私が育てている多肉の「月美人」が、いつの間にか、子株をつけていました。

「これは、お友達にプレゼントしよう。」と、ムフフな気分。

丸っこくて、可愛い多肉なので、きっと気に入ってくれるはず。

今度、会ったときに渡せるように大事に育てることにします。

そうそう。今度会うとき。と言えば、旅行かな。

でも、いろいろとニュースを見ていると、どうも危険地域みたいです。

物見遊山ではいけないかも。

毎日、ネットで調べているんですが、半分以上、諦めムードでいます。

まあ、旅行だけで会うこともないので、「多肉プレゼント会」と、勝手に表し会うのも楽しみ。

また、春にはサボテンのバーゲンがあるかも。と、沸き立つ胸をなでおろしながら生活もしています。

もっと、いろいろな多肉を集めて、花を咲かせるのもいいよね。

今度は、中級の多肉を目指して、頑張るぞ(*^^*)

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

綺麗に掃除

2016年04月24日 | 日々のつぶやき

日頃は掃除をしない私なんですが、つい最近、母がウエットガーゼで私の部屋を拭き掃除をした後のガーゼを見せつけられると、真っ黒に汚れているのでショックを受けました。

「そんなに汚れていたんだ。」と、床をしげしげ見ても、そんなに汚れているようではありません。

ちょうど、両親も外出しているときに、思い切ってじぶんの部屋の階だけ掃除をしました。

雑然と置いたこまごまとしたものが邪魔で、結構、時間がかかります。

「日ごろから、ちゃんと掃除をせなアカンなぁ。」と、思うようになりました。

私が掃除をしたときは、ウエットガーゼは、そんなに汚れていません。

なぜ、そんなに汚れていたのか、不思議でした。

しかし、掃除をし、床に落ちているこまごましたものを片づけると、人が住めるような環境になります。

私は、やるときは、きっちりするけど、それを持続できないのです。

ちゃんと定期的に日にちを決めて掃除をする習慣をつけないとダメなようです。

そして、いらないものは捨てる。という一番難しいこともしていかないといけません。

ほんと、私の部屋はいらないものでいっぱいです。

難しいけど、頑張って片づけて、掃除をする癖を身につけていこうと思います。(理想ですけど)

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

揚羽蝶

2016年04月23日 | 日々のつぶやき

今日は、母方の叔母のお葬式です。

子供の頃は、とても可愛がってくださった方ですが、大人になって、もう会わなくなりました。

そんなこんなで、いろいろ噂では、「元気そうだ。」ということは聞いていたんです。

数年前に、階段から落ちて、入院やらで、もう家では面倒を見ることもできなくなり、施設に入られたそうです。

お見舞いも行かずにことを済ませていたんですが、訃報の連絡が届きました。

今まで、死に対してぞんざいに考えていた私ですが、もう両親もいつどうなるか。という考えが出てきました。

私が家族を持っていれば、両親の死よりも大切な家族を思いやることができたでしょうが、今は子供の身、いずれ一人になることが怖いと感じるようになりました。

 

今回、叔母の送別には参加しませんでしたが、ふと、窓の外を見ると、「こんなところに、揚羽蝶が・・・。」という場面に出会いました。

迷信だと思うのですが、お別れに来てくれたのかも。と、ふと心の底が熱くなりました。

本当に優しい人が亡くなると、寂しい気持ちになります。

今日は、母の気持ちに寄り添いながら、母の帰宅を待つことにします。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日差しが暑い

2016年04月22日 | 日々のつぶやき

もう、夏の日差しか。と、思った昼下がり。

日除けに帽子をかぶって、撮影に行ったんですけど、髪の毛が濡れるくらいに汗をかきました。

今頃が一番、日差しが暑いんですね。

5月を過ぎるころから梅雨に入る頃は、また気温が下がってくるのは、いつものことなんですけど。

カメラのレンズも故障から復活し、「さて、一人撮影会にでも行くか。」と、ぶらぶら近所を歩くことに。

本当は、もっと花がきれいな4月上旬から中旬にかけての頃が一番なんですけど。

私のやる気がなかったせいで、一番いい時期を外してしまいました。

おまけに、今月は写真クラブの撮影会に参加しないので、いい写真が撮れるか、どうか心配です。

「今頃の植物園は、さぞやきれいなんだろうなぁ。」と、思いながらも二の足を踏んでいます。

これから、ちょっと頑張って一人撮影会を頑張ってみようと思っています。

まずは、チューリップ。

もう時期を外したんですけど、残りのチューリップがきれいなので、「パチリ」と、一枚。

日に透ける花びらがきれいです。

カメラを持って歩いていると、やたら人がこちらを見ます。

綺麗なカメラ女子なら、見てもらっても構わないんですけど、もう○○代のカメラおばさんは、気恥ずかしいのです。

しかし、頑張っていい写真を撮ります。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナッスーと ビー

2016年04月21日 | ガーデニング

今日は、ホームセンターに行き、ナスビの苗を2株買ってきました。

新聞の折り込みチラシを見た瞬間、「ビビッ!」ときたんです。

「どうしても買わなくっちゃ。」と、雨の中、父に頼んで車を出してもらい、吸い寄せられるようにガーデニングコーナーへ向かいます。

「一番大きく育っている苗を。」と、一番大きい苗と、その次の苗を買いました。

慌てて植えたものだから、プランターが汚れているのまで気が回らなくなっています。

今日は、雨。

プランターの淵についた泥も洗い流してくれるでしょう。

2株に名前を付けました。

一番大きいのが、「ナッスー」、その次の苗には、「ビー」

夏には、たくさんの実がついてくれるのを楽しみに育てます。

今は、小さな苗なので、もう少し大きくなったら支柱をたててやらねばなりません。

結構、手間のかかるナッスーとビーです。

「天ぷら」「なすの煮びたし」「焼きなす」「なすびぞーめん」

考えたら、よだれが出てきます。

今度こそ、失敗は許されません。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こだわり

2016年04月20日 | 日々のつぶやき

私は、元来、こだわりのない人間なんです。

しかし、この単調な日々の中で、なにかしら「こだわりを持って生きる」というのも、ちょっと憧れの一つなんです。

いろいろこだわりを持つ人も身の回りにはいるんですが、「それは、ちょっと・・・ 」と、思える人も中にはいるんですけど、その人は、その人なりの楽しみがあるようです。

まあ、爪の垢を煎じて飲めば、それなりのこだわりが出てくるのではないか。と思うんですけど。

とにかく、何かこだわって生きるのも一つの手ではないか。と思います。

でも、今頃、何をこだわるか、考えても一向にいい案が浮かばないんです。

ない頭で考えたんですけど、いつも尻切れトンボで終わることが多い私は、ちゃんと完結できるまで頑張ってみる。ということを心がけようと思いました。

そのうち、自分で考えたことを最後までやり通すことができるようになるのではないか。

そんな安易なことを思っています。

いい見本が、お友達です。

なんでも始めたことは、最後まで頑張っている人のように見えます。

何かあったら、彼女を見習うことにします。

いいですよね。こだわるということは。

粘り強く生きることを目指して頑張ります。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

種植え

2016年04月19日 | ガーデニング

「早めに、植えよう。植えよう。」と思っていた種をやっと今日植えました。

インゲン豆と、ワイルドストロベリーの種です。

3日目から水に浸し、外皮が柔らかくなるのを待っていました。

結構、種を植えるのは楽しい作業でした。

インゲン豆は、去年は北側のベランダに植えたのですが、どうも日差しの状態があまりよくなく、いい収穫ができませんでした。

今度は、南側のお日様がサンサンと降り注ぐ中に植えようと思っています。

今回よりいい場所は、ほかにありません。

ワイルドストロベリーは、とにかく、株を増やそう。という考えで種を植えることになります。

結構、たくさんの種を植えたんですけど、きっと、その中で1つか、2つくらいしか芽が出ないだろうなぁ。という感覚です。

 

ベランダには、もう諦めたブルーベリーも花をつけました。

ちゃんと世話をしたら、また再生するかもしれない。という期待もあります。

父が勝手に置いた椿の葉も青々としています。

これからが若葉の季節。

緑がいっぱいのベランダは最高です。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恐怖の夜中

2016年04月18日 | 日々のつぶやき
おとといの寝入りばなから、昨日の朝にかけて、一睡もできませんでした。
人生初の出来事です。
別に、ストレスが溜まっているというわけでもなく、心配事があるわけでもないのです。
完全に目が覚めた状態で、そのまま真夜中中、布団の中で過ごすことになってしまいました。
見るものと言えば、「時計」だけ。
ある意味、恐怖でした。
夜は、寝るものと決まっている私にとって、眠れないのは、どうかしている状態で、朝を迎えて布団から這い出すと、むっちゃローテーション。
寝不足の日は、大体、下痢と決まっているので、トイレに駆け込むことになりました。

「きっと、これは、病気に違いない。」と、日曜日である昨日、布団を敷きなおして「何としても寝てやるぞ。」と、必死をこきました。
結局、また、午前中は目が冴え、「これでは、アカン。」と、午後から睡眠導入剤を服用して、またもや布団の中で戦いました。

寝すぎて頭がボーっとなるのもつらいけど、眠れないのはもっとつらい。
何が原因かは、定かではないので、もっと怖い。
「もう、眠れないのはこりごりだ。」と、昨日の夜は、睡眠導入剤を服用し、早々と寝ました。
普通に戻った今日、変な疲れが残り、起きてるのか、眠っているのかわからないだらけた昼間を過ごしています。
「徹夜をしたことがない。」というのが、私の自慢だったけど、意味不明な徹夜は全然意味がない。と、仕切り直しの夜なんです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レンズの修理

2016年04月16日 | 日々のつぶやき

ピントの合わなくなったレンズを修理に出し、やっと返ってきました。

なんか、あまり関係ないけど、レンズを修理に出している間、やる気すら出てこず、ひたすら修理が終わるのを待つことになりました。

これで、やっと呪縛から解かれて思いっきり楽しむことができます。

どうも、オートフォーカスがうまく働かず、部品ごと変えてもらったみたいです。

今の私は、「何を撮ろうかな。」と、ワクワクする胸を抑えつつ、空想の世界へと旅立っています。

保証期間のある間に、全部の不調を直してもらいたい。そんな姑息な考えも沸いてくるのです。

そんなんだから、きっといいことも起こらないんですよね。

家電の命は、大体が5年程度。

だから、下手すると、保証期間が切れてから、家電が故障する。ということになります。

その点では、私のカメラのレンズの寿命は早かったのかもしれません。

今まで、家電を買って、修理するまで使ったことがありません。

あと、1年ちょっとで、保証期間が切れてしまうので、そこからが私のカメラの扱いが試されることになりそうです。

まあ、とにかく、修理が終わってよかったということです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サボテンの花

2016年04月15日 | ガーデニング

何気に植木に水をあげていたら、サボテンの白玉にピンク色を発見しました。

「おおぉ~!!」と、歓喜の声をあげてしまいました。

去年のサボテンのバーゲンで買ったもので、今まで何の変化もないサボテンだったから。

言うまでもなく、お水をたっぷりあげてしまいました。

ほんと、サボテンの育て方は、何度試してもうまくいかないことばかりでした。

今度は、子株が増えるのを待つことになります。

その前に、植え替えが先かな??

小さな変化を見せるサボテンは、ほんと可愛い奴です。

以前かった春姫星は、見事に姿を消してしまって、「あ~あ。」と、がっくりしていました。

あまり過保護ではダメみたいです。

しっかりお日様に当てて、お水もあげ惜しみをしないこと。

それが、今に至りました。

また、サボテン熱が再復活しそうです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加