ごじらいく

足跡の先に・・・

ボキャブラリーの無さ

2015年09月30日 | 日々のつぶやき

写真展に出品する作品に、1度、自分でタイトルを考えました。

確かに、それらしいタイトルを考えることが出来るのですが、いまいち、インパクトが無いんです。

私の考えが、幼稚すぎるのです。

これは、学歴とかじゃなくて、やはりセンスではないか。と思います。

その上、あまり本などを読んでいないせいで、ボキャブラリーが少ないのです。

なぜ、今までちゃんと勉強とか、本を読んでこなかったのか、悔やまれます。

いつも、そうなんです。

ちゃんとすれば、どうにかなるのに、まるっきり努力すらしない。と言う私の性格の問題です。

本を読んでも、興味がすぐに薄れてしまい、途中で投げ出してしまいます。

そんなこともあり、今では、本すら買わなくなってしまいました。

ボキャブラリーとか、センスは、磨かれていくもんだ。と、今になって気がつきます。

それを怠った自分が情けないのです。

自分がつけたタイトルと、先生が考えたタイトルの違いを、もうすぐわかるはずです。

甘ちゃんは、すごすごと尾っぽを巻いて引き下がるしかないのかもしれません。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真展の写真をチョイス

2015年09月29日 | 日々のつぶやき

10月の写真展の写真が決定しました。

早速、選んでもらった写真を提出します。

思ったとおりの写真で安心しました。

やっぱり、私は、お花の写真がメインになります。

以前、「これは、写真展の候補の写真だなぁ。」と言われていた写真は使われていません。

ちょっと、残念な気持ちです。

タイトルも、先生につけてもらうことにしました。

「大人可愛い。で、お願いします。」と、メールで添えたら、「悩みますねぇ。」と、返事が。

先生は、大人可愛いを知っているのか、心配です。

でも、私がタイトルを考えるよりは、ずっといいものが出来るので、全てお任せです。

前回より、成長してたらいいのになぁ。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

百舌鳥八幡宮

2015年09月28日 | 日々のつぶやき

勇壮なお祭、百舌鳥八幡宮に行ってきました。

私は、あまりこういう賑わいが苦手な方なんですが、力強い神輿を担ぐ担い手に圧倒されます。

どうしても前の方で写真を撮りたい。と言う気持ちが出てきて、人を押しのけてカメラを向けます。

お陰でお神輿を担ぐ人たちに接触しそうになりました。

こんなとき、もっと良いレンズがあればいいなぁ。と思ったわけです。

今回は、エースの女性と共に行動したのですが、どうも写真を撮る方向性が違っているようで、自分が今、何を撮りたいのか、さっぱりわからないくなりそうになりました。

結構な枚数を撮ったにも関わらす、「これ!!」というものもなく、あとで泣きを見ることになりました。

 

お祭。と言うと、私としては、「出店」を思い描くのですが、やっぱり、本分は神事なのです。

だんだん気持ちが、食べ物より、見るほうへ変わってきたような気がします。

こんなとき、カメラに携わって「よかった。」と、思えるようになるまで、3年は経った。っと思います。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

試算

2015年09月26日 | 日々のつぶやき

いつも、月のお小遣いを決めて、それでやりくりしているのですが、今回に限り、なぜか、そのお小遣いだけでは足りないような気になって、いろいろ試算をしました。

やっぱり、試算はしてみるもんですね。

自分が、何に、どれだけお金を使っているのか、一目でわかるのです。

その上で、倹約できるところは、それなりにあることがわかりました。

今回、なぜ、お小遣いが足りなくなったか、考えると、天々の一年に一度のワクチンの代金を頭に入れていなかったのが原因でした。

確かに、これは、かなりのウエイトを占めていて、見るからにお小遣いが減っているのがわかります。

しかし、これは、削ることが出来ないものなので、そのほかのことで調整していかないといけません。

来月は、写真展もあり、それにかかる費用もあって、この時期は物入りなのです。

毎年、同じでありながら、試算をせずに過ごしてきたことは、無謀なことだったのかも知れません。

 

ある人が、月に決まったお小遣いを銀行から引き出してくるより、そのお小遣いを1年にまとめて引き出してやりくりする方が賢いやり方だ。と教えてもらったことがあります。

しかし、変に気が大きくなって、バンバン使ってしまう恐れがあるのです。

人には人のやり方があるように思ってなりません。

これからは、自分なりのやり方で試算を立て、やりくりする能力をつけていこう。と思います。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

選挙応援の電話

2015年09月25日 | 日々のつぶやき

電話が鳴りました。

「この時期の電話は、選挙応援の電話かも。」と、思いながら、電話に出れば、やっぱり選挙の電話でした。

でも、いつもと違うのです。

それは、私宛の電話だったのです。

いきなり、私の名前を言われて面食らってしまいました。

大概は、誰宛とも言わず、電話に出た人が選挙応援の話を聞くことになるのですが、名指しされるのは初めてでした。

どうも、紹介人が、私のいとこなのです。

何も私を紹介する必要がないと思うのですが、名前を出されて、ムッとします。

実は、もう期日前投票に行ったあとなので、もう関係がないのです。

適当に相槌を打ち、「さっさと終われ。」とばかりに、急いで電話を終わるのを待ちました。

一日に、一通か二通の電話が鳴るこの時期、「結構、ウザいなぁ。」と、思うわけです。

投票に行く人は、もうとっくに入れる人を決めていて、本当は、投票に行かない人に紹介をしたらいいのです。

もうすぐ、宗教がらみの政党の人たちが来るのではないか。と、冷や冷やしているんですけど。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白玉殿

2015年09月24日 | ガーデニング

この間の愛仙園で買ったバーゲンのサボテンです。

「白玉殿」と言う名がついていて、5月頃にはピンクの花を咲かせます。

以前、買った同じようなサボテンがありましたが、あれは、可愛がり過ぎて枯らしてしまいました。

本当に残念です。

この白いとげが、なんとなく気に入って、再度買ってみたんですけど、以前買ったサボテンより2倍ほど大きいので、「ちょっとやそっとで、枯れないのではないか。」と、思っています。

なるべく、定期的にお水を与え、お日さまの元へ出して、自然に育てることにしています。

出来れば、子株など増えればなぁ。などと、甘い考えもあります。

そのときは、お友達にプレゼントしたい。と思っています。

この白玉殿は、ずっと見ていても、なぜか飽きないサボテンです。

「この白さがいいのよ。」などと、毎日、うっとりしています。

一番、目の届く場所に置いて、愛でる機会も多いサボテンです。

これで、1年もったら、今度は、もう1つ可愛いサボテンを増やそうかなぁ。などと考えています。

また、バーゲンどきに、お友達と一緒に愛仙園に行けたらいいなぁ。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春菊の種まき

2015年09月23日 | ガーデニング

もうすっかり、植え付けの土が乾いて「春菊」の種まきができるようになりました。

せっせと、土をプランターに入れ、フカフカな土に種を蒔いていきます。

いっぱい芽が出るように、思いっきりたくさんの種を蒔きました。

種袋の裏に、4日~7日くらいで芽が出るようです。

結構、気温も高いので、早く芽が出るかもしれません。

 

ふと、気付くと、お鍋料理が頭に浮かびます。

私の育てた春菊も、その中にあるのでは・・・? と思うのです。

秋から冬にかけて、お鍋が美味しい季節です。

しかし、猫舌の私には、ちょっとつらいものがあるのです。

やっぱり、春菊は「おひたし」にしようかな。

種を蒔くとき、いつも、なぜかウキウキします。

気は早いですが、収穫まで、もうシュミレーションが出来てしまいます。

しかし、今回は、春菊の練習。と割り切って成長させることに終点をおきます。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱり写真が好き

2015年09月22日 | 日々のつぶやき

ここ2ヶ月、心がすさんで写真を撮る気すらなくなっていました。

写真クラブに提出する写真すら撮ることもなくなっていました。

「私の趣味である写真も、ここまでか。」と、うっすら写真から遠のくことになりそうになりかけていたんですけど。

まあ、最後に秋の花である「彼岸花」でも撮ろうか。と、重い腰を上げて、数枚、写真を撮り始めたら、あんな気重だった気持ちが、すっかりどこかへ吹っ飛んで、「やっぱり、写真は好き。」と、確信することになりました。

何が、気を重くしていたのかは、定かではありませんが、「このまま写真を辞めずに良かった。」と言う気持ちが出てきました。

多分、スランプもあったのかもしれません。

心が弱くなっていたのも事実です。

「来月、お友達とコスモスを撮りに行くのも、どうかなぁ。」と、密かに気落ちしていたのです。

しかし、また、やる気が出てきました。

気が落ち込んでいるときや、何もしたくないときは、本当に何もしなくてもいいんです。

そのことが今わかって、ホッとしているところです。

無理しない趣味が一番、自分に合っている。と、実感しています。

さて、次は何を撮ろうか。考えるだけで、気持ちはもう前へ進んでいる。そんなところです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土を乾かす

2015年09月21日 | ガーデニング

もう、インゲン豆の収穫に陰りが見えたので、今度は、「春菊」を植えるために、一旦、土を綺麗に乾かすことにしました。

プランターには、意外にたくさんの土が入っていて、湿り気を飛ばすために、新聞紙を広げ、その上に平らに土を広げて乾かします。

このシルバーウィークは、天気予報では晴れの確率が高いので、2~3日で乾きそうです。

 

朝から、選挙の期日前投票に行ってきたので、その帰りに「春菊」の種も購入しました。

結構、やる気満々で、楽しみが増えます。

種袋に書かれてある、植え方より、ぎっしりプランターに種を撒くつもりです。

春菊も初めての野菜の植え付けなので、失敗するかも知れませんが、今年は「練習、練習。」と、自分に言い聞かせているところです。

 

もうインゲンのツルも片付けたんですけど、なんか根っこを引っこ抜いたとき、「キャー。助けてぇー。」と言う声が聞こえそうでした。

「もう、あなたの時代は終わったのよ。ふふふ・・・。」と、無造作にツルを切り、ネットも片付けました。

今年のインゲンの練習どおり、来年は、もっと収穫できるように頑張ろうと思います。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バーゲンのおまけ

2015年09月20日 | 日々のつぶやき

今日は、久々、お友達と買い物に出かけます。

多肉&サボテンの即売会で、なんと1000円以上を買うと、おまけがもらえます。

いろいろ吟味し、選んだ商品は追々UPしますが、今回は、おまけでもらった多肉で「月美人」がいいなぁ。と思って、即、選んでしまいました。

こういう多肉は、育てるのが難しい。と思っています。

水加減、日光の当たり具合など、これから、研究していきます。

 

お友達は、相変わらず「若いなぁ。」と、思うのです。

どうも、同い年には見えない容姿をして、ちょっと羨ましい気分です。

横を歩いていると、親子に見えるんじゃない? と、ドキドキします。

あと20年もすれば、祖母&孫に見えてしまうのかも。

とにかく、ちょっと気後れしてしまいます。

いっぱい話したいことがあったけど、元気そうな姿を見て、ちょっと安心しました。

ランチもしましたが、これは、気後れせずに、早食いでもいい感じです。

そういうのは、同じなんだなぁ。と、思いました。

また、来月、会うことになります。

今度は、2人して、花の似合う乙女であることを祈ります。

 

多肉の植木&アンパンマンのポシェット、どうもありがとう。

帰りに、お礼を言うのを忘れてしまいました。

ポシェット、どう使おうかなぁ。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

桔梗の種

2015年09月19日 | ガーデニング

夏前くらいに、花を咲かせた桔梗が、いい具合に枯れ、種サヤにいっぱい種を含んでいる状態になりました。

天気もいいし、「そろそろ種を収穫しようか。」と、重い腰を上げました。

今回、5つほど花を咲かせたのですが、種を取るために、切り戻しをせずに、そのまま枯らしたのです。

案の定、種サヤにはいっぱいの種が入っていました。

来年の春、植えるかどうかはわかりませんが、「一応、取っておくか。」と、言う具合です。

この桔梗は、どうして手に入れたかは、もう忘れたのですが、結構、いい思い出風に心が温かくなるのです。

きっと、嬉しい思いをしたのかなぁ。と、勝手に解釈をしているのですが。

毎年、春ぐらいに、「にょにょ。」と、新芽を出し、嬉しい思いをさせてくれます。

そして、毎年、蕾が開くのを見ているのです。

今年は、いつもと違って、日の当たる場所に移動させ、いっぱい、いっぱい陽を浴びせました。

植え替えは考えていませんが、結構、大きな球根になっているんじゃないか。と思うんです。

桔梗は、紫ばかりだと思っていたのですが、白の桔梗もあるみたいで、是非とも見てみたいなぁ。と思っています。

また、来年綺麗な花を咲かせてくれると嬉しいんですけど。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6個の数字

2015年09月18日 | 日々のつぶやき
今日の星占いで、ラッキー数字は、11でした。
そういうこともあり、この数字を何かに利用できればなぁ。と思うのです。

ふと、「ロト6」の宝くじの数字を変えよう。というのを思いつきました。
この6つの数字の中に、11を入れて、そのほかを適当な数字を入れていきます。

気分良く宝くじ売り場に行き、「お願いします。」と、シートを出したんですけど、機械に通した宝くじ売り場のお姉さんが困り顔をしています。
何も考えず、ずっと待っていると、「あの・・・。数字が7つありますけど。」と、言うのです。
「やべぇ。」と、1度取り消して、新たに数字を書き込んでいきます。
「じゃあ。お願いします。」と、お姉さんに渡したら、今度も、渋い顔をするのです。
「あの・・・。数字が5つしかないんですけど。」
平謝りで、あとの1つの数字を書き込んで、お願いしたら、今度は、すんなり機械に通ることが出来ました。
きっと、お姉さんの心の中は、「当てる気ないんじゃない?」というのが聞こえてきそうです。
ほんま、今日に限って、滅茶苦茶な私は、数字すら数えることが出来ない愚か者でした。
「こんなんじゃ、当たりっこない。」と、ちょっとガッカリします。

宝くじ売り場を去り際に、「当たりますように。」と、声かけをしてもらったんですけど、この声かけをされたら、全く当たらないというジンクスが私にはあるのです。
帰りの道で、なんかため息が出て、数字を数えることも出来ない脳に叱咤することさえ出来ずに家に着きました。
ほんま、落ち込みます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんか悪い気がする

2015年09月17日 | 日々のつぶやき
写真展に飾った写真を整理するのに、「なにか、いいファイルがないかなぁ。」と、100均で探したのですが、どうも大きさが合わなくて、どうしたものか。と、悩んでいました。

ちょうど、写真クラブの例会の日、たまたま隣に座ったエースの女性に、そのことを話したら、「先生に聞いてみたら?」と、言うので、帰宅してすぐにメールしました。
すると、100均には、そんなファイルが売っていなくて、カメラのメーカーで買えばいい。と教えてくれます。
まあ、100円でなく、1080円なんですけど。
しかし、定価は1600円以上なんですけど、先生を通じて買えば、1080円におまけしてもらえるのです。
どうしようか、迷ってしまいしまいました。

エースの女性に、そのことをメールすると、もう先生に直接メールして、買うことになっていました。
なんか、私が無理やり買わせたような気になって、「本当に申し訳ない。」気持ちが胸に広がります。
100円ならともかく、1080円もするものなんです。
そのことを、先生に探りを入れると、「エースの女性も、しまえる箱がギュウギュウになって、助かった。と喜んでいます。」と、フォローしてもらいました。
でも、やっぱり、かつがれている気分が捨てきれず、「申し訳ない。」のです。
お金が絡むことは、もう人に教えるんじゃない。と、勉強になりました。
自分が、お金でキュウキュウ状態なので、特にそんな気持ちになるのかも知れませんね。
反省しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外は雨でも心は晴れ々

2015年09月16日 | 日々のつぶやき
今日は、朝から両親が弟夫婦の家に行きました。
別に、居てもいなくても、私は自由なんですけど、ちょっとタガが外れて自由な気持ちがするのです。
だって、何をしてもいいんですから。
昼寝だって、いつまで寝ていてもいいし、自分の好きな番組を自由に見れるし、お昼ご飯も自分の好きな時間に食べてもいいんです。
そう考えると、いつも自由でありながら、少し不自由な生活をしていたのかも知れません。

今日は、自由な私ですが、突然訪れる両親を迎える弟は、窮しているのかも。
いつも大きな庭を草はらにしていて、家のメンテナンスをしていない弟に、両親は激を飛ばすために行ったようなものです。
せっかく、大きな家を持っていても綺麗に使わないと、やはり、近所迷惑な場合もあります。
草はらにしていたら「蚊」が湧きますし、周りの家の景観も悪くなります。
自分は良くても近所は、どう思っているか、わからないのです。

今日は、雨ですが、私の心は晴れマーク。
自由気ままに時間を潰すことが出来ます。
時々、両親が、退屈しのぎに旅行なんか行ってくれると、気ままな時間が作れるので大歓迎です。
今回は、弟が犠牲になりますが、両親の気晴らしになるなら、ドンドン出かけてもらうと、本当に有り難いんですけど。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

容赦なし

2015年09月15日 | 日々のつぶやき
写真クラブの例会の日、ぞくぞくとメンバーが教室に集まります。
つい最近、絵画を始めた幹部の女性が、いきなり、「10月3日行けるよね。」と、私に話しかけるのです。
なにがなにか、わからない私は、ドギマギするのです。
よく話を聞いてみると、その幹部の女性の所属している絵画教室から絵画展があるようでした。
まあ、駅にして2駅ぐらいの距離なので、自転車で行ける範囲です。
予定もなかったので、「行けます。」と、返事をしました。

しかし、本当に容赦ない話です。
先に、私のスケジュールを聞いておいて欲しかったのです。
大概は、予定のない私ですが、たまに用事がある場合もあります。
「ついでに、食事会をしましょう。」と、話は盛り上がっているのです。
それも、私のいない間に決まったことで、「聞いてないよ。」と、つっこみを入れたい気持ちになります。
なんか、いつの間にか、メンバーに加えられ、適当にあしらわれている感じがするのです。
まあ、今は無職なので問題はないのですが。

「ふん どんな絵なのか、見てやろうじゃない。」という気分になります。
しかし、いざ絵画展に行くと、「ステキねぇ。」なんて、褒めてしまう自分がいるんですけど。
結局、スカを引いてしまう運命なのが、癪ですわ。
また、良いこともある。って、自分に言い聞かせてしまう。変な癖が出てきそう



コメント
この記事をはてなブックマークに追加