勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

のだめカンタービレ 最終楽章 前編

2009年12月20日 | 邦画
2006年にフジテレビで放送され、人気を博した「のだめカンタービレ」の完結編。原作の方も完結みたいなので、本当に最終楽章=完結編と言うことの様です。

この「のだめカンタービレ」、実は、刊行前に原作のストーリーをフジテレビに教えたりしていて、TVやアニメが原作の世界観との破綻を来さないように、密な協力をしているそうです。そう聞いて、原作も読んでみたくなりました。

とは言うものの、前回のTV放送とこの映画の間が若干つじつまが合わない感じ、って言うか、説明不足な気もします。具体的には、谷原章介が演じる松田幸久の件。原作などではきちんと描かれているのかもしれませんが、前回のTVレギュラー放送と、昨年の特番「のだめカンタービレ in Europe」しか見ていないと、話の繋がりが分かりませんでした。雰囲気で理解できましたが・・・。

演技としては、まずは、主人公のだめ=上野樹里。やっぱり、のだめと言えば彼女ですね。TV版のだめのあの特徴的話し方は、彼女の元々の話し方に近いんだそうです。と言うのは彼女、舌の筋肉が弱いと言うか、舌の使い方が上手くないと言うか、元々そう言う話し方の人なのだそうなんです。本人もそれを意識していて、インタビュー記事で、自分の素の喋り方がのだめに似ていると言うことを言っていました。それって(舌が上手く回っていない話し方)役者としてはかなり致命的な気もするんですが、逆に今回は、それを役に活かしているんですから大したモノだと思います。

一方の千秋先輩=玉木宏。3年前と比べて玉木宏は人気俳優になっていますからねぇ。3年前の若手俳優と言う感じから、脂の乗ってきた俳優と言う感じに脱皮してきているのを感じます。元々スリムな彼ですが、この最近の様々な役を演じたことで、より一段と見た目も、物理的にもシャープさが増したような気がしました。

さてさて、この映画はコンサートホールも映像としては意外に重要な訳ですが、オープニングには、ウィーンフィルがニューイヤーコンサートを行う楽友協会ホールが使われています。2年先まで空いていないと言う事だったんですが、突然一日だけキャンセルが出て、撮影に使うことができたそうです。また、ラストシーンのシアター・ブラン(白い劇場って言う意味ですね)のホールと言う設定になったのは(って言うか、シアター・ブランそのものが実在するんでしょうか?)、ぜんぜんパリとは違うスロバキアのレデュタ劇場。スロヴァキア交響楽団の本拠地だそうです。ヨーロッパを西に東に移動していますね(笑)。

劇場だけではなくて、オーケストラの方も重要です。千秋が常任指揮者に就任するルー・マルレ・オーケストラに扮しているのは、ブルノ・フィルハーモニック。チェコのブルノにあるオーケストラだそうです。

今回は、日本に残るR☆Sオーケストラのメンバーの出演シーンは殆どありませんでしたが、いよいよ後編では、そちらのメンバーも絡んでくるようです。楽しみです。

タイトル のだめカンタービレ 最終楽章 前編
日本公開年 2009年
製作年/製作国 2009年/日本
監督 武内英樹
原作 二ノ宮知子
出演 上野樹里(のだめ/野田恵)、玉木宏(千秋真一)、ウエンツ瑛士(フランク・ラントワーヌ)、ベッキー(タチヤーナ・ヴィシニョーワ)、山田優(ソン・ルイ)、谷原章介(松田幸久)、 なだぎ武(テオ)、福士誠治(黒木泰則)、瑛太(峰龍太郎)、 水川あさみ(三木清良)、小出恵介(奥山真澄)、山口紗弥加(並木ゆうこ)、吉瀬美智子(エリーゼ)、伊武雅刀(峰龍見)、竹中直人(フランツ・フォン・シュトレーゼマン)、チャド・マレーン(ポール・デュボワ)、マヌエル・ドンセル(シャルル・オクレール)、ジリ・ヴァンソン(ジャン・ドナデュウ)、マンフレット・ウダーツ(トマ・シモン/ルー・マルレ・オーケストラ コンサートマスター)

[2009/12/20]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パブリック・エネミーズ | トップ | アバター »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「のだめカンタービレ最終楽章前編」 (日々“是”精進!)
のだめカンタービレ最終楽章前編&後編(3CD)「のだめカンタービレ最終楽章前編」を鑑賞してきました二ノ宮知子の同名人気漫画を上野樹里、玉木宏主演でテレビドラマ化し、大ヒットとともにクラシック・ブームも巻き起こした「のだめカンタービレ」を銀幕に昇華、新た...
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編♪  (★ Shaberiba )
楽しかったぁああ!!でも。思いもよらない切ないラスト。このままで4月まで待てと〜!!ムギュー!!あっ。ついのだめ言葉が(笑)
『のだめカンタービレ最終楽章 前編』完成披露試写会@東京国際フォーラム ホールA (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w今回は、3度エキストラに出掛け、キャストや撮影現場を間近で見たり、バッチリ映っちゃったり(エキストラレポート)なんかもした、ドラマ『のだめカンタービレ』の続編、『のだめカンタービレ最終楽章 前編』の完成披露試...
のだめカンタービレ最終楽章 前編 (せるふぉん☆こだわりの日記 )
見てきましたよ〜、のだめ。 連ドラから3年。なんか早いもんだなぁぁ ではでは・・
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (シネマDVD・映画情報館)
二ノ宮知子の同名ベストセラーコミックをテレビドラマ化し高視聴率を記録した「のだめカンタービレ」が前後編の映画版になって登場。天才的なピアノの腕と独特な感性を持つヒロイン、通称・のだめと、一流の指揮者を志すエリート青年・千秋の恋と音楽に懸ける青春が展開す...
『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』 (ラムの大通り)
----これも人気テレビシリーズの映画版だよね。 スペシャルか何かを偶然観て、 よく分からないと言っていなかった? 「うん。あれはたまたま観たわけだけど、 不思議だったのがのだめなるヒロインの口調。 この人、どこか問題を抱えているのかと思った。 でも、これもいわ...
映画 『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』 を觀た (仙丈亭日乘)
生マングースに會つてきた!
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」みた。 (たいむのひとりごと)
ブラボー[E:note] ずっと楽しみに待っていた『のだめカンタービレ』の完結編。原作は一足先にクライマックスを迎えているが、ドラマはドラマ、アニメはアニメそれぞれに完結編を制作してくれるフジテレビに
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (LOVE Cinemas 調布)
原作は二ノ宮知子の同名漫画。というよりももはや大人気TVドラマ『のだめカンタービレ』の最初で最後の映画化といったほうが良いだろう。上野樹里や玉木宏以外にもテレビシリーズのメンバーが勢ぞろい。監督はTVドラマの演出も手がけた武内英樹。製作はフジテレビにこ...
のだめカンタービレ 最終楽章 前編☆独り言 (黒猫のうたた寝)
さすがというかフジTV、公開前日にはSPドラマの再放送ときましたか(笑)ええ、策略にまんまとかかってもかまいません。公開初日は、仕事も休みでラッキーっと『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』にいそいそと出かけてしまう猫。漫画ではまって、TVドラマはどうなのよ?...
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
二ノ宮知子の同名コミック、TVドラマともに大人気のラブ・コメディの劇場版。国際音楽コンクールでの優勝後、千秋は仏のルー・マルレ・オーケストラの常任指揮者に。だが、そのオケは財政難の上、団員の雰囲気は最悪だった。愕然とする千秋だったが、気を取り直して、の...
■のだめカンタービレ 最終楽章 前編見てきちゃいました・・・ブヒッ (AKATUKI DESIGN )
待ちに待った「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」をまたまた松戸のシネサンシャインで見てきちゃいました。 20:00以降はレイトショー料金なのと近いのが素晴らしい! でも、ちょっと音響はやっぱり良くなかったかな・・・ せっかくの素晴らしい音楽だったのにちょっと...
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (Akira's VOICE)
暴走のちステップアップ。  
のだめカンタービレ最終楽章前編 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
のだめと千秋先輩のでこぼこコンビが、繰り広げるクラシック音楽を題材にしたコメディタッチの映画だ。本場ヨーロッパのコンサートホールでロケをしたので、臨場感がたっぷりで楽しめる。特に千秋役の玉木宏は指揮ぶりがうまい。後編が待ち遠しい。
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (心のままに映画の風景)
プラティニ国際音楽コンクールでの優勝後、 千秋(玉木宏)は、かつてシュトレーゼマンも指揮を務めた由緒ある“ルー・マルレ・オーケスト...
映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 (Serendipity !)
 待望の映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」を公開初日に観た。  出演は連ドラ、スペシャル版に引き続き、テオ役になだぎ武を加えて、上野樹里、玉木宏、ウエンツ瑛士、ベッキー 山田優、福士誠治 吉瀬美智子・竹中直人、瑛太 、水川あさみ 小出恵介ら。  原作マ...
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (小部屋日記)
(2009/日本)【劇場公開】 監督:武内英樹 出演:上野樹里/玉木宏/瑛太/水川あさみ/小出恵介/ウエンツ瑛士/ベッキー/山口紗弥加/山田優 待ってくださいね先輩。 今すぐ追いつきますから。 二ノ宮知子の同名ベストセラーコミックをテレビドラマ化し高視聴率を...
『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』 (2009) (よーじっくのここちいい空間)
いやあ、この映画版はホント面白かったです。いや、「楽しかった」のほうが近いかな。(^_^)  のだめが進級試験で弾く「トルコ行進曲」のように、遊び心に溢れていて独りよがりで薄っぺらくて、キラキラ輝いているくせにチャラチャラしていて、楽曲を深く理解して弾いてい...
「のだめカンタービレ 最終楽章〜前篇」 (NAOのピアノレッスン日記)
〜この冬、映画館がコンサートホールに変わる〜 原作・ドラマ・アニメ、すべて見つくしたのですから当然見なくちゃ!! 2009年 日本 (東宝)    09.12.19公開監督:竹内英樹     製作:亀山千広    上映時間:121分原作:二ノ宮知子脚本:衛藤...
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 憧れと反発 (はらやんの映画徒然草)
漫画、アニメ、TVドラマと人気のコンテンツ「のだめカンタービレ」の実写版映画の前
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」ダメオーケストラを見事に再建した千秋の指揮者プロデビュー (オールマイティにコメンテート)
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」は2006年に放送されたドラマ「のだめカンタービレ」の続編で千秋先輩を追ってパリに留学したのだめが千秋との共演を目指して毎日課題曲に励むも、千秋がプロの指揮者となってオーケストラの公演で成功させていく事で距離が離れそ...
のだめカンタービレ最終楽章 前編 (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
のだめカンタービレ最終楽章 前編’09:日本 ◆監督: 武内英樹「ホームレス中学生」(TV) 「のだめカンタービレ」(TV) ◆出演:上野樹里、玉木宏、瑛太、水川あさみ、小出恵介、ウエンツ瑛士、ベッキー、山口紗弥加、山田優、谷原章介、なだぎ武、福士誠治、吉瀬美智子、...
のだめカンタービレ最終楽章前編 (単館系)
個人的に最近の月9の中では傑作なんではないかと思うのだめカンタービレ ついに映画公開! あらすじとか説明不要・・・だよね?多分 見ど...
のだめカンタービレvol.42 映画<のだめカンタービレ最終楽章・前編> (美味−BIMI−)
のだめ見てきました〜〜〜! レイトショーで映画終わったら12時(疲)!@@! でも面白かった〜。行って良かったです。 期待を裏切らなかったです。 あちこちに散りばめられた細かいギャグに、映画館中で笑いが起きてました! この漫画で、クラシックファンは確実...
のだめカンタービレ♪ (Lemon Tea のマイブーム)
メリー☆ラクリマクリスティ 今日は映画のお話デス。 映画『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』を観たよ。 感想は・・・面白いです まぁ〜TV的な感じもするが・・・。 でも、オケの演奏を映画館で聴くってのは 大迫力ですよ。やっぱり 選曲もい...
【のだめカンタービレ 最終楽章 前編】はい。のだめ祭りです (映画@見取り八段)
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 監督: 武内英樹    出演: 玉木宏、上野樹里、ウエンツ瑛士、ベッキー、福士誠治、なだぎ武 公開: ...
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (玉木宏さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆玉木宏さん(のつもり) 玉木宏さんは、現在公開中の映画『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』に千秋真一 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
【96.2Kg】 「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」を観てきました♪ (街のクマさん 炎のダイエット日記)
おはようございます!またまた早朝の更新になりました。クマです。たぶん3時間しか寝ていないです(^^;)
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/12/19製作国:アメリカ上映時間:分監督:武内英樹出演:上野樹里、玉木宏、ウエンツ瑛士、ベッキー、山田優、谷原章介、なだぎ武、吉瀬美智子、伊武雅刀、竹中直人Story:プラティニ国際音楽コンクールでみごと優勝に輝いた千秋は、かつてシュトレーゼマンも...
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (いい加減社長の映画日記)
もうこれは、はずしようがないでしょ。というわけで、「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」を鑑賞。これも公開日に観たのに、感想は今頃^^;【ストーリー】プラティニ国際音楽コンクールで優勝後、千秋は、“ルー・マルレ・オーケストラ”の常任指揮者となる。早速マル...
映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 (FREE TIME)
元日はファーストデーだったので、映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」を鑑賞。
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (みすずりんりん放送局)
『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』を観た。  パリで行われた国際指揮者コンクールで優勝した千秋真一(玉木宏)は、ついに指揮者と...
映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 (FREE TIME)
元日はファーストデーだったので、映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」を鑑賞。
★「ジュリー&ジュリア」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みも爆睡し過ぎで、一本のみの鑑賞。 最近活躍が目立つ新旧!女優、 メリル・ストリープとエイミー・アダムスの共演作。
のだめカンタービレ (映画的・絵画的・音楽的)
 本年の劇場鑑賞映画の第1番目として 「のだめカンタービレ/最終楽章 前編」を、吉祥寺の映画館で見ました。  この映画は2部作の前半に過ぎず、後編は4月中旬の公開を待たなくてはならないということで、それではあまりに間隔があきすぎではないかと思えて、余り観る...
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (blog mr)
 音楽と芝居が結合するとすごいパワー。  冒頭のベトシチとクライマックスの『序曲 1812 年』でグッときてしまった。コンサートみたいに拍手したくなったもの。  玉木宏も上野樹里もあいかわらず炸裂している。  福士誠治が男っぽくなっていた。  千秋の指揮シーン...
のだめカンタービレvol.44 映画2回目!^^!<のだめカンタービレ最終楽章・前編> (美味−BIMI−)
のだめの映画!2回目行っちゃいました〜〜! アニメ<のだめカンタービレvol.43 アニメ・フィナーレ 第1話 「Lecon 1」> を見た後に観る映画は、また違く感じました。。。 あらすじ詳細は、前回の記事、 <のだめカンタービレvol.42 映画<のだめカンタービレ最...
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版))
 TVシリーズからだいぶ間があいて、なぜ今頃映画化なんだろう?なんて思いつつ、結局見に行ってみた。  が、復習して行かなかったのはちょっとまずかったかな…。説明とか一切ないので、全く初めての人は見ない方がいいかも。  今回は千秋の活躍が中心で、のだめ...
のだめ、だめじゃん…シネマ『のだめカンタービレ最終楽章 前編』の感想 (マダムNの覚書)
シネマ『のだめカンタービレ最終楽章 前編』の感想です。
『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』@ユナイテッドシネマとしまえん (映画な日々。読書な日々。)
プラティニ国際音楽コンクールでの優勝後、千秋はルー・マルレ・オーケストラの常任指揮者に。早速オケの偵察に行く千秋だったが、まったくやる気の感じられない団員たちの態度を目の当たりにし、がく然としてしまう。一方、のだめはコンセルヴァトワール(音楽学校)の進...
のだめカンタービレ 最終楽章 前編(復習上映会) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[のだめカンタービレ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2010年28本目(27作品)です。 【あらすじ】 プラティニ国際音楽コンクールでの優勝後、千秋真一(玉木宏)は、ルー・マルレ・オーケストラの常任指揮者に抜擢さ...
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (のほほん便り)
以前、後編映画の公開を記念して公開された、テレビ特別編とあまりにも印象が違ったので、思わずアングリしてしまいました。 いや、シーンの端々は、そのもの!なんですがね。今更ながらに、編集によるトータルバランスの差を痛感 なかなかにヨカッタです。逆に、こ...